徳川光圀

徳川光圀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川光圀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川光圀を含むブログ記事

黒田裕樹さん
  • 「徳川綱吉」=「暗君」説は本当か? その1
  • えられている時代といえば、17世紀後半から末期にかけての元禄(げんろく)時代でしょう。では、元禄時代の頃でもっとも有名な歴史上の人物といえば、皆さんは誰の名を思い浮かべるでしょうか。やはり水戸黄門こと徳川光圀(とくがわみつくに)ではないでしょうか。放送開始以来40年以上の長きにわたるテレビ時代劇の主人公として有名な黄門様は、勧善懲悪の代名詞とされ、21世紀の現代でも人気が高いですね。ところで、ドラマにおけ...
  • 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
すけちゃんさん
  • 【'17茨城水戸城下町巡り5】水戸から秋の訪れ
  • mのひょうたん形の湖です。桜並木の遊歩道が湖をぐるっと囲っており、ウォーキングやジョギングが楽しめます。またボートやサイクリングの貸出しも行っており、市民や観光客の憩いの場となっています。湖畔西側には徳川光圀公像が建っており、近くの「好文茶屋」や「好文cafe」ではゆっくりくつろぐこともできます。徳川ミュージアムは千波湖の先にあるのですが、ここを歩いていると、秋桜の花が辺りを埋め尽くすように咲いていました...
  • のほほーんとThomas Lifeすけちゃんさんのプロフィール
sekiraiさん
  • 1707 徳川ミュージアム 刀剣プロジェクト成果展?
  • 秀吉、徳川家康、水戸徳川家伝来。関東大震災で被災。「天王寺屋会記」によれば、津田宗及は天正八年二月廿二日に京都にて信長より名刀22口の拝見を許されている。その中にこの短刀も含まれていた。脇差 銘 国光徳川光圀所用、水戸徳川家伝来。関東大震災で被災。元禄七年小石川の水戸藩邸にて光圀が家老の藤井紋太夫を手討にした時に用いた脇差。徳川光圀所用 鉄黒漆横矧胴具足徳川光圀所用 黒地葵紋金蒔絵印籠徳川光圀所用 流水の...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
すけちゃんさん
  • 【'17茨城水戸城下町巡り4】常磐神社と偕楽園
  • から歩くと直ぐに偕楽園の入口が見えてきます。偕楽園内に入り、しばらく歩くと常磐神社が見えてきます。この付近は静かな雰囲気なので、朝早く起きて散歩したい感じです。常盤神社のご祭神は、水戸徳川家第2代藩主徳川光圀公(義公)と第9代藩主徳川斉昭公(烈公)二柱を祀ったお宮で、明治6年に創建されました。社殿は戦災で焼失しましたが昭和32年12月に鉄筋コンクリート造り、銅板葺きの近代的堅牢豪宕な神明造りに再建されてい...
  • のほほーんとThomas Lifeすけちゃんさんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「逆転」21 イトコ同士の真逆な信念
  • の最終勝者となり、江戸幕府を開いた徳川家康(1543-1616年)の 子孫にはこんな人たちも混じっていました。 家康→  三男・秀忠→庶子・保科正之(1611-1673年) 家康→十一男・頼房→三男・徳川光圀(1628-1701年) ここでの保科正之の父“秀忠”と、徳川光圀の父“頼房”とは、24歳離れた 兄弟(共に家康の子)ということですから、要するに正之と光圀は共に家康の孫 であり、両者は17歳違いの「...
  • ヤジ馬の日本史住兵衛さんのプロフィール
つらたんさん
  • 封印された星の神様を祀る!茨城県日立市【大甕神社】行ってみた!ぶらり寺社巡り
  • おおみかしず)神宮とも称されます。創祀は不明だそうですが、日本神話の中で、神武天皇即位より前の「神の治めた時代」まで遡るそうです。すっげえなオイ!( ºωº ; )神社自体は、元禄8年(1695年)に徳川光圀の造営によって整えられたそうです。実はこちらの神社、2柱の神様をお祀りしているんですが、全国的にも珍しく面白い逸話がある神社なんです。2) ご祭神 その1:武葉槌命(たけはづちのみこと)ご祭神お一人目...
  • 毎日つらたん。つらたんさんのプロフィール
ykkyyさん
  • 吾唯足知
  • 〜吾、唯足るを知る〜《「吾唯足知」》 水戸黄門こと徳川光圀公が寄進した、枯山水の石庭で有名な京都大雪山龍安寺という禅寺にある蹲踞に「吾唯足知」(吾れ唯足るを知る)と刻まれている。真ん中の水を入れる四角を共有すると上から時計回りに「吾唯足知」(われ ただ たる...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
そば雅さん
  • 蕎麦好き今昔
  • 蕎麦店や屋台で頻繁に蕎麦を食べたようです。然し蕎麦の愛好家は庶民だけだはなく、上流といわれる人達にも好まれました。天皇・法皇・大名も然りです。記録では徳川綱吉の生母・桂昌院蕎麦好きで知られる水戸黄門(徳川光圀)出雲松江藩主(松平治郷)。昔の大名、皇族、そして現在の蕎麦好き有名人・著名人、探せば際限なくでてきますね。ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンをクリックして頂きますと励みになります。 ↓...
  • そば雅そば雅さんのプロフィール
ソングバードさん
  • 大洗海岸を早朝散歩
  • 町に鎌倉時代に開かれ、当初は大網御坊と言いましたが、空如の代に至って、願入寺と号するようになりました。 その後、移転を繰り返し、江戸時代の延宝(1673〜1681年)以降に 常陸国水戸藩第2代藩主の「徳川光圀」により、大洗の祝町に移されたそうです。山門の扉には、その時の名残でしょうか葵の御紋が彫られています。願入寺の本堂や開基堂には、本尊の阿弥陀如来立像の他、親鸞聖人の画像や香合などの県指定文化財が保管さ...
  • さきたま自然日記(別館)ソングバードさんのプロフィール
東行(とうぎょう)さん
  • ニャン太郎の歴史エッセイ 第6回  幕末を別の視点から
  • という掛け軸がかかっている。尊王つまり天皇を尊び夷人つまり外国人を打ち払うという事。 尊王と攘夷は元々別の思想。 幕府の泣き所  水戸藩は、江戸幕府が開かれて以来、国学をずっとやって来た。二代目藩主の徳川光圀は日本の古代からの歴史編纂という途方もない事業を立ち上げ、これが全て終わるまで200年の歳月を費やした。  水戸藩は早くから、幕府は天皇からの信託統治組織であるとの認識だったが、自分も御三家の一員だっ...
  • 歴史エッセイ 江戸時代中心に by ニャン太郎東行(とうぎょう)さんのプロフィール

徳川光圀を含むブログ村メンバー

  •  
みっく君さん
  • 徳川光圀みっく君さんのプロフィール
  • 徳川光圀の生涯

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川光圀について