フルトヴェングラー

フルトヴェングラーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フルトヴェングラー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フルトヴェングラーを含むブログ記事

<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
  • ◇クラシック音楽LP◇クレメンス・クラウスのハイドン:交響曲第88、93番/シューベルト:交響曲第8番「未完成」
  • された録音は、そう多くはなく、このLPレコードは貴重な録音である。クレメンス・クラウスは、ウィーン音楽院で学んだ後、各地の歌劇場で研鑽を積む。1929年にウィーン国立歌劇場の音楽監督、さらに翌年には、フルトヴェングラーの後任としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任する。この時代に、ベルクの「ヴォツェック」などの意欲的なレパートリーを取り上げるなど、進歩的な一面を持ち合わすが、このことも災いしてか、...
  • <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さんのプロフィール
fm-woodstockさん
fm-woodstockさん
  • 英国DECCA録音の面目躍如☆鬼才指揮者の若き日の名演 マゼール指揮ウィーン・フィル チャイコフスキー・交響曲第4番
  • 間関係を築いていったという。 このウィーン・フィルとの録音の前に、ドイツ・グラモフォンでベルリン・フィルとの録音もある。30歳の史上最年少でバイロイト音楽祭デビューを飾った時の録音で、わずか数年前までフルトヴェングラーが指揮し、今は帝王カラヤンが君臨する天下のベルリン・フィルを相手にしている。その5年後、名匠カルーショーが(5番のプロデュースを最後に)身を引いた後のことだ。当時のレコード会社の協定では掟破り覚悟のギ...
  • 熊本地震復興を応援するアナログ・サウンド!fm-woodstockさんのプロフィール
<クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
ながおけいこ(P)さん
  • 【クラシック】衝撃の扉を開けてみる。そこにあるのは真実だろうか?
  • とたくさんいらっしゃるんですがね) バレンボエム(2015) フランス・ブリュッヘン(18世紀オーケストラ=古楽器) アーノンクール カルロス・クライバー バーンスタイン カラヤン ベーム フルトヴェングラー こんなところでしょうか。 ご興味のある方はお暇な時に聴き比べてみてくださいね。 、...
  • お茶会〜Quintett〜五重奏ながおけいこ(P)さんのプロフィール
バーンハートさん
fm-woodstockさん
  • 名曲名盤縁起?理不尽と闘った名指揮者に捧げる壮大な序曲〜ワーグナー歌劇《タンホイザー》序曲
  • ットを、イギリスの音楽評論家ノーマン・レブレヒトが、「現代の棒振り機械に対して敢然と戦う存在」と評しているのは象徴的だ。1972年にはキール歌劇場の音楽監督に就任するとロンドンの聴衆に「ヴィルヘルム・フルトヴェングラーを彷彿とさせる」と評され、彼の情熱的かつ個性的な音楽は、1974年のボストン交響楽団への客演を機に世界の知るところとなった。1983年にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に転じる。そして「...
  • 熊本地震復興を応援するアナログ・サウンド!fm-woodstockさんのプロフィール
やいっちさん
  • クラシック本を読む楽しみ再び
  • 房新社)  片山杜秀著の『クラシックの核心 バッハからグールドまで』を読了した。「クラシックでも、近現代の辺縁を偏愛してきたクラシック批評の異彩が、ついにモーツァルト、ショパン、ワーグナー、マーラー、フルトヴェングラー、カラヤン、クライバーらの魅力を語る」といった本。  車での営業仕事。車中での楽しみは、待機中の読書だが、運転中となると、音楽。といっても、ロートルの吾輩が好むような、昭和歌謡は、DJなどラジオパーソ...
  • 無精庵徒然草やいっちさんのプロフィール
パンセ(みたいなものを目指して)さん
  • ボーッと連想に身を任せる心地よさ
  • させるものでもないイマイチのれない気分のときに不意に「カー」とカラスの声がしたカラスの影が地面をすっと通り過ぎていくその瞬間から神経は昔のボーッとしている時のモードになった京都のお寺さんにいるときも、フルトヴェングラーのお墓にいたときもそうだったが鳥の声は耳にとどくというよりはもっと内側のなにかに響くようで、それが連想の連鎖のきっかけになった歩いていると耳に入るのは「シュッ、シュッ」というダウンのコートの擦れる音定...
  • パンセ(みたいなものを目指して)パンセ(みたいなものを目指して)さんのプロフィール

フルトヴェングラーを含むブログ村メンバー

  •  
ナオGさん
furtwanさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

フルトヴェングラーについて