キリスト

キリストについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 十字架
  • [キリスト] ブログ村キーワードキリストは人類の罪を十字架を背負う事によって、肩代わりしたと言われる事が有ります。その考え方によって人生をより良く生きる事が出来るなら、それはそれで良いと思います。ただあくまで霊的真実という観点から見るとどうなのでしょうか。霊的な意味での罪は、決して観念的なものでは無く、魂の奥に潜み人の人生に対して影響を持つ実在の力と言えます。確かにキリストは宗教・思想を超えたあまり・・・続きを読む
  • Ordinary Man WalkさんWalkさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

キリストを含むブログ記事

tamakingさん
Y's クロニクルさん
  • カラフルなアジアの寺院とムスタファセンター@ひとつの街でいくつも美味しいシンガポール
  • 籍国家になっていたのです。英国の植民地となり東インド会社が置かれ当初から自由港として機能させた結果です。なので宗教も主に中華系の人々の儒教、道教、仏教、マレー系のイスラム、インド系のヒンドゥー教そしてキリスト教などシンガポールの街を歩くと色々な宗教の寺院を見る事ができます。中でも華僑と呼ばれる人々の多くが信仰する儒教、道教、仏教の寺院の派手さが目立ちます。赤と金色でキンキラ〜これは儒教でしょうか?皆様、微...
  • Y's クロニクルY's クロニクルさんのプロフィール
今、出発の刻(たびだちのとき)さん
  • 山口サビエル記念聖堂(山口県山口市亀山町)
  • 2回市内の通りにあった井戸端で布教していた。丁度昼休みの時間帯でサビエル像の周囲でお弁当を食べている人がいた。 また、園児を迎えに来た若い母親の姿も多かった。地域住民の憩いの場になっている感じがした。キリスト生誕2000年 大聖年の鐘 私も平和を祈り鳴らしてみた。心に響くいい音だった。サビエル記念聖堂 イタリア人神父のコンスタンチノ・ルッジェリと建築家ルイジ・レオニのデザイン。 テントを模した大きな屋根が...
  • 今、出発の刻(たびだちのとき)今、出発の刻(たびだちのとき)さんのプロフィール
販売員のスキルアップ講師&現役販売員 前田妙さん
  • 正体不明なんですルヌラエ
  • 紀元前3000〜2000年頃に欧州に定住を始めたケルト人ヨーロッパ人の最も古い祖先民族の一つですケルト民族は、金属の細工が得意で、装身具や武器、実用具が残っています キリスト教化したのは5〜6世紀なんですが、その前に使われたジュエリーには用途不明、いったいこれは何につかったのか??ルヌラエは薄い金で作られ、縁は模様が刻まれています ヴィクトリア&アルバート美術館のジュエ...
  • ジュエリーコーディネーターの売上が伸びる接客術販売員のスキルアップ講師&現役販売員 前田妙さんのプロフィール
旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!さん
  • 555 1月20日(毎週土曜日に更改しています)
  • 。又ある時から母は、世界救世教に入信。それを不思議と思わなかったです。父は並べてある、仏壇、金光教、世界救世教と毎日お祈り。 従業員の要求でモラロジーの集まりに貸したり、中には、創価学会員いたり、兄はキリスト教で、お婆さんは霊友会、我が家は何でもありでした。ある時、上の兄は、義姉さんの実家に行って確か天理教に入って来ました。節制が無い日本人らしい家庭と言えます。それよりももっと全く特別な特殊な宗教家庭と言...
  • 旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!さんのプロフィール
バイブルランドin高島さん
  • 旧約聖書が誕生したオリエントの風土
  • ベット文字が代表例です。しかし、イスラエル時代に書かれた旧約聖書は、いくつもあった古代オリエント文明は足元に及ばない影響を西欧社会、ひいては全世界に与え、今日に至っています。その最大要因は、旧約聖書がキリスト教会によって、新約聖書とともに経典とされたからです。「この聖典化がなかったらキリスト教会もオリエントの中で単なる地方文化として埋没していただろう」とマックス・ウェヴアーが「古代ユダヤ教」で指摘している...
  • バイブルランドin高島バイブルランドin高島さんのプロフィール
toneketさん
  • 不調のときは身体の声を聴いてあげる
  • ツイートtoneketさんの読者になろうブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります読者になる記事はありません今日はCT結果&診・・・画像つき記事応援お願いいたします… 2018-01-14キリストの愛 2018-01-13メンタルヘルスと「が… 2018-01-12教え子、遠方より来た… 2018-01-06もっと見る記事はありません次の記事今日はCT結果&診・・・ブログトップ記事一覧画像一覧...
  • 肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)toneketさんのプロフィール
宮じいさんさん
  • 花紀行(5211)-ハニー・バンチ バラ-
  • トルコの国花 である。 普通チューリップといえば、オランダを想像 するが、チューリップはトルコ原産で、それがヨーロッ パに広まった。進行方向右手に、ボスフォラス海峡が見える。 更に進 んで行くと、何とキリスト教会があった。 聖エレーネ 教会である。 イスラムの敷地内に、キリスト教会とは 驚いた。トプカプ宮殿は、メフィット2世時代の1467年に完 成した。 トプカプとは大砲の門、という意味で、ボス フォラス...
  • 宮じいさんの花紀行宮じいさんさんのプロフィール
Mickyさん
  • Крещение
  • インタビューを受けていました。もちろんプーチン大統領も。写真はクレムリンの公式ホームページから。ロシア正教の行事であるこのクレシェーニエは「洗礼」という意味です。それというのも1月18日はかのイエス・キリストがヨルダン川で洗礼を受けた日だからだそう。ここから赤ちゃんが洗礼を受ける時も水につける、という習慣が来ているのだとか。なので、この池に開けられた穴もロシアの十字架型です(普通の十字架の横棒が二本、足元...
  • モスクワ奮闘記Mickyさんのプロフィール
Pomtaさん
  • ドイツ人とその文化を理解したいなら、聖書は一度読むことを勧めたい
  • に残っていた。そして、こちらに来てからドイツ人の行動などを見ると、詰まるところその考えの拠り所は聖書なのだろうと思い当たることが多い。そもそも、クリスマスやイースターと言ったドイツの祝日や祭事はすべてキリスト教の由来であるし、ドイツ人の名前も多くが聖書から来ているのだから、当然といえば当然だろう。EUと言う共同体も根っこにキリスト教と言う共通の精神世界があるからこそ成り立っているのは間違いない。そういう訳...
  • ぽんたのドイツ観測所Pomtaさんのプロフィール

キリストを含むトラコミュ

キリスト教
  • キリスト教
  • キリスト教に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
  • トラックバック数:7753 TB参加メンバー数:197人カテゴリー:哲学・思想ブログ
仏教 キリスト教 宗教なんでも語ろう
  • 仏教 キリスト教 宗教なんでも語ろう
  • 仏教やキリスト教、そのほかの宗教についてなんでも本音で語りましょう 感動した話でも良いし 酷い目にあった話でも結構です また経典に関する情報も交換しましょう み...
  • トラックバック数:3478 TB参加メンバー数:160人カテゴリー:哲学・思想ブログ
† 心の病を背負うクリスチャン
  • † 心の病を背負うクリスチャン
  • キリスト者(教派問わず)で、精神疾患を抱えた方々のサイト広場です。 障害当事者だけではなく、支援者・医療従事者や、心の病に理解して寄り添って下さる方々のご参加も...
  • トラックバック数:4216 TB参加メンバー数:114人カテゴリー:哲学・思想ブログ
〜神と共に〜惟神(かんながら)
  • 〜神と共に〜惟神(かんながら)
  • 精神世界(スピリチュアル)とは、特別な世界ではありません。日々の生活の中、映し出されるその全て。その現象の全ては、神と共に有りましょう。有り手在るすべてが平安で...
  • トラックバック数:1107 TB参加メンバー数:84人カテゴリー:ライフスタイルブログ
宗教ミステリー
  • 宗教ミステリー
  • ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』がベストセラーになりました。ここではキリスト教義にかかわる秘密がミステリーの要素になっています。このように宗教そのものある...
  • トラックバック数:136 TB参加メンバー数:33人カテゴリー:本ブログ

キリストを含むブログ村メンバー

  •  
☆牧師の妻☆さん
アカデミー学院長さん
Hiroさん
「死ぬまでに必ず聖書を…」斎藤博之さん
ダニーボーイさん

キリストを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 八百万の神様レス: 0/8(13件)哲学・思想ブログ
  • ないと「何もできねぇのか?(苦笑」という役立たず よりも何人かの仏・菩薩。。。または一人で全知全能のキリストやアル・ラー(アッラー)、他の神話:例 ギリシャ神話 等の神々のほうが存在して欲しいですあ、精霊...
  • 究極の選択レス: 0/80(307件)哲学・思想ブログ
  •  愛のために犠牲になったものは、キリストの復活よろしく、墓の中から出てきてくれると信じます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

キリストについて