江戸時代

江戸時代についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 江戸時代から
  • [江戸時代] ブログ村キーワードわたくし橘咲は、江戸で母上、父上、妹と四人で暮らしておりました。六年ほど前の初秋だったと覚えておりますが、ある日目を覚ますとこの現代という場所に来ていたようでございます。現代の方々は「多分タイムスリップというものだろう」とおっしゃっていらっしゃいました。この六年という月日の間、何度か江戸に帰ったことがありまするがこれもまた前触れもなく目が覚めると、家族の暮らす江戸だっ・・・続きを読む
  • 橘咲の徒然日記 橘咲さん橘咲さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

江戸時代を含むブログ記事

と〜じさん
  • 熊本 平山温泉 フローラほか
  • 平山温泉に移動しまして、フローラに行く前に、近くにある平山橋を見てきました。28 12 熊本 平山温泉 平山橋 1 posted by (C)と〜じ江戸時代末期に造られたというアーチ式石橋、平山を通る主要な道筋は必ずこの橋を渡っていたとのこと。 明治10年の西南戦争の時、平山は3度にわたって戦場となったので、薩軍もこの橋を渡ったものと考えられるそうです。...
  • ちょっと温泉に行ってみますかと〜じさんのプロフィール
館長さん
  • 2017年05月24日のつぶやき
  • fortune_ukyou / 占い師 右京RT @543life: にっぽんのいろ「抹茶色(まっちゃいろ)」茶道は千利休によって安土桃山時代に完成され、江戸時代には「茶の湯」として庶民にも浸透し、「抹茶色」も誕生しました。インスタグラムhttps://t.co/pf2QUpjFBc#暦生活 #にっぽんのいろ… at 05/24 21:53fortune_uk...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
たっしーさん
  • 岡寺
  • (おかのみや)の跡に、奈良時代の高僧・義淵僧正(ぎえんそうじょう)が創建したと云われている。山門前の石柱にも書かれてあるように西国三十三ヶ所観音霊場の七番目札所としても有名。 本堂をはじめとする諸堂は江戸時代以降の再建だが、御本尊の如意輪(にょいりん)観音菩薩は奈良時代のもの。こちらのお像は塑像(そぞう)という技法で作られ、木で作った骨組みに漆などを混ぜた粘土を盛り上げた後からお顔や飾りの彫刻をほどこして...
  • プロの解説!京都観光・奈良観光のツボたっしーさんのプロフィール
obattiさん
  • 那須温泉日帰りバス旅行  2
  • 出来るので楽しんでいましたが私たちはお酒は飲みませんので 建物やお庭を散策させて頂きました皆さんビールで良い気持ちになりまして 一路東京へ向かいました東北自動車道 途中トイレ休憩で寄った羽生パーキング江戸時代にタイムスリップしたような素敵なパーキングでしたトイレ休憩15分の滞在時間でしたので館内をゆっくり散策出来なかったのが残念です...
  • おばっちのブログobattiさんのプロフィール
キラ星さん
  • 鬼平犯科帳が大好きです
  • 。その中で長谷川平蔵が火付盗賊改の長官となったのは同年10月らしい。 このような歴史を知った上で番組を見るともっと面白いはずです。テレビの前でワクワクしながら最後の捕り物へのストーリーを楽しんでいる。江戸時代の建築物や食べ物、風習などを知ることも楽しい。 五鉄という小料理屋で酒を飲みながらつつくシャモ鍋が美味しそうです。 長谷川平蔵が食べ物の講釈をするから江戸時代の料理方法がわかる。『鬼平犯科帳』(おに...
  • 趣味あれば楽ありキラ星さんのプロフィール
徒然日記さん
  • 室根山・895m〜2017・恒例の登山・・・3
  • 歩いて15kmを往復。そんな馴染みの室根山、64歳10か月でも登るんです。折壁から見た、室根山・895m「田植えの壇」を過ぎて、更に急登。姫瀧への分岐。登山道を外れて、姫瀧見物に向かう。姫瀧巨岩あり、江戸時代の刑法学者・芦東山が籠ったという伝説がある。籠岩というらしい。ネコノメソウシロバナエンレイソウやったぁ、オクエゾサイシンを見付けた。珍しいね、室根山では初対面。登山道に戻る。spring epheme...
  • 徒然日記徒然日記さんのプロフィール
makiさん
  • 花宵道中
  • 【概略】 江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っ...
  • いやいやえんmakiさんのプロフィール
巴屋 サムライさん
  • #甲冑 #鎧 の 袖や #籠手 、お預かりして一気にヤフオク出品予定です。今日中に終わる...
  • ち...ええ吊り灯篭、入りました。これもオークション出品予定です。 #骨董 #古民家 #時代物 #...所用で松陰神社。所用終了しましたが、自転車できてしまって(この近辺に来るのに公共の乗り物大...江戸時代の鎧胴出品しました!よろしければお暇な時に覗いてみてくださいませ(*´ω`*) ...子どもの受験の時に験担ぎで神棚にお供えしてた梅の鐔 梅は季節のみならず、天神様の暗喩だっ...図書館で...
  • 巴屋の日本の古美術、刀装具、骨董屋あれこれ巴屋 サムライさんのプロフィール
あかりんさん
  • 子供の熱中症対策 予防になる服装や水分補給の飲み物、生活習慣は?
  • がよく回れば、体の熱も放出されやすくなりますね^^牛乳は、運動後30〜60分後に飲むとさらに効果的です。・甘酒こちらもまた、運動でぐったり疲れ気味なお子さんにおすすめです。ビタミンB群が豊富な甘酒は、江戸時代から夏バテ対策の飲み物とされてきました。なのでもともとは、夏の飲み物だったのです。水分とともに、汗で失われがちなビタミンB群など、様々な栄養補給ができます。甘さのほとんどは果糖なので、砂糖ほどのカロリ...
  • あかりんのお役立ちメモあかりんさんのプロフィール
takaさん
  • 【治療265日目】空気の乾燥時期が過ぎたので、シャンプーの頻度を戻す
  • 、1日2回では間違いなく多過ぎます。専門家は「2日に1回が良い」という意見が多いです。だから、私もシャンプーは2日に1回にしていました。そもそも、毎日髪の毛を洗うようになったのは1930年頃からです。江戸時代以前は、月に1回程度でした。現代人は髪の毛の洗い過ぎです。その結果、接触性皮膚炎を引き起こしやすくなってしまったのです。ヘアケアをしているつもりが、髪の毛に悪いことをしているという皮肉なことになってし...
  • AGA治療日記〜AGA治療薬で抜け毛・薄毛が治った!takaさんのプロフィール

江戸時代を含むトラコミュ

石川
  • 石川
  • 石川県は日本の北陸地方の県。県域は令制国の加賀国と能登国にまたがる。江戸時代には前田家の加賀藩百万石となり、日本三名園の一つである兼六園が造営され、加賀友禅など...
  • トラックバック数:2696 TB参加メンバー数:202人カテゴリー:旅行ブログ
2012年5月21日 金環食(金環日食)
  • 2012年5月21日 金環食(金環日食)
  • 日本人 8000万人が見られる歴史的天体ショー!那覇、福岡、広島、大阪、金沢、東京、仙台、札幌!2012年5月21日 月曜日、日本列島の太平洋沿岸部に沿って金環食(金環日食...
  • トラックバック数:270 TB参加メンバー数:200人カテゴリー:科学ブログ
坂本龍馬
  • 坂本龍馬
  • 江戸時代末期の土佐藩士である。父は土佐藩郷士・坂本八平で次男、母は幸。兄は権平、姉は千鶴、栄、坂本乙女(おとめ)。「龍馬」は本来は「りゅうま」と読むべきであるが...
  • トラックバック数:1012 TB参加メンバー数:126人カテゴリー:歴史ブログ
節分
  • 節分
  • 節分(せつぶん、またはせちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。特に江戸時代以降は立...
  • トラックバック数:196 TB参加メンバー数:102人カテゴリー:その他生活ブログ
江戸時代
  • 江戸時代
  • 江戸時代 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。国語作文教育研究所・宮川俊彦教育研究室http://www.miyagawa.tv...
  • トラックバック数:871 TB参加メンバー数:86人カテゴリー:歴史ブログ

江戸時代を含むブログ村メンバー

  •  
まさこママさん
ここれっとさん
ヒジハラさん
金沢文庫さん
RYOKAさん

江戸時代を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 韓国は日本の敵国ですか?レス: 0/70(458件)政治ブログ
  • きました。こうしたながれが、そのまま近代までつづいたのが朝鮮半島における国家の歴史です。江戸時代は、朝鮮半島の王権も中国大陸の王権も安定しておりましたので、宗主国選びで内紛がおきることがなく、...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 頼時代に起こった史実の「木曽事件」→「天目山」と大して変わらない展開です信玄が強いというのは江戸時代の捏造というのに同意見です神君家康公が負けた相手が弱いと困るので最強扱いになっただけ信長が強...

にほんブログ村

>

キーワード

>

江戸時代について