江戸時代

江戸時代についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 江戸時代から
  • [江戸時代] ブログ村キーワードわたくし橘咲は、江戸で母上、父上、妹と四人で暮らしておりました。六年ほど前の初秋だったと覚えておりますが、ある日目を覚ますとこの現代という場所に来ていたようでございます。現代の方々は「多分タイムスリップというものだろう」とおっしゃっていらっしゃいました。この六年という月日の間、何度か江戸に帰ったことがありまするがこれもまた前触れもなく目が覚めると、家族の暮らす江戸だっ・・・続きを読む
  • 橘咲の徒然日記 橘咲さん橘咲さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

江戸時代を含むブログ記事

みよさん
  • 網走の宿
  • 風呂で誰もいない筈なのに確かに音がしました。気味が悪くてゾクゾクしました。そうなると、鏡に映る自分の姿にさえ怯えます。鏡が沢山あって、自分が動くとあちこちで私の影が動いて怖い!空気清浄機の音さえ怖い!江戸時代の地図が貼ってあって、なんだか魂を感じるものが溢れている。フロントを通る時に宿の旦那さんに話したら、 「あぁ、木がきしむ音だよ。すみませんねぇ」ですって。建物を作っている木材がきしむのかな?あぁ、怖か...
  • ゆず色の風みよさんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 平成29年、宿赤城神社祭礼、神輿渡御その4
  • 早稲田村二金五百園也ヲ寄付スルコト」を条件として「流山橋」とした。歴史を遡ると、江戸幕府は戦略上利根川や江戸川に橋を架けることを厳禁し、村人の生活のために小舟による渡しを許可した。流山の江戸川流域には江戸時代から明治、大正にかけて利根運河川口から約1キロメートル間隔で深谷新田の渡し、尼谷の渡し、上新宿の渡し(六兵衛の渡し)、南の渡し(半割の渡し)、羽口の渡し、加村の渡し(やっからの渡し)、丹後の渡し、幸房...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
aoiさん
  • 「七十二候」の意味と読み方/気候の変化がよくわかる!
  • と同様に、古代中国でつくられたものですが、二十四節気が古代から変更されていないのに対して、七十二候の名称は何度も変更が繰り返されてきました。 ? 日本でも、日本の風土や気候に合うように何度か変更され、江戸時代には「本朝七十二候」がつくられています。 ? 明治に入ると、それまでとは大幅に異なる七十二候が「略本暦」に掲載されましたが、現在主に使われているのは、この時につくられた七十二候です。 ? 現在の生活の...
  • ちょっと気になる役立つ情報aoiさんのプロフィール
我呂羅さん
もゆさん
  • 珪藻土スプーン soilのその後
  • ど、ものすごく値段がお安いkarariも気になりました。左がsoil お値段1,200円(送料込み)右がkarari お値段が240円(送料別)購入した際は、soilが日本製で原材料の土にもこだわって江戸時代から続く、左官技術も生かされている点に惹かれて高いけど、やっぱこっち!と選びました。その時のブログに、park house note*のいけこさんが書いてくださったコメントが気になって中国産の珪藻土に...
  • ふたりで暮らすもゆさんのプロフィール
さくらパパさん
  • 2017年10月19日 「第36回 南総里見まつり」 −予告編− (館山)
  • 、とっても賑やかで華麗な祭りを紹介しますその祭りは、今年で第36回目の開催となる、千葉県館山市の秋の風物詩「南総里見まつり」「南総里見まつり」は、戦戦国代に安房の国を支配した戦国大名「房総里見氏」と、江戸時代の伝奇小説「南総里見八犬伝」の世界を現代に再現した一大イベント今年の開催日は、10月21日(土)館山市内24地区から、山車・御船・屋台・神輿など総勢24基が参加します。武者行列には、全国から募集した伏...
  • さくらと寅の日記さくらパパさんのプロフィール
たらさん
  • 有名な人だった山寺常山邸(長野県長野市)
  • は何だろう…と気になり、立ち寄ってみた。ここの正体は松代藩の中級武士、山寺家の屋敷。幕末、山寺常山という人を輩出し、藩政を助け、佐久間象山、鎌原桐山と共に三山と称えられた人。無料で中を見学できる。  江戸時代末期築と推定される表門と、昭和期に建てられた書院が残っている。山寺常山。何かの呼称だと思ったが、人名だったとは。更に佐久間象山と肩を並べるほどの人の屋敷跡だったとは。ある程度、歴史の知識はあったつもり...
  • れきし手帳たらさんのプロフィール
アートヒロさん
  • 漫画や絵を描く表現者が落語を聴く事で得られる不滅の価値とは
  • 者は落語が持つ豊かな世界観を吸収し自らの創作に活かしていくべきである。本日は粕川が落語について、落語の魅力、落語がどう漫画や絵の創作に生きるのかについて書いていこう。スポンサードリンク落語とは落語とは江戸時代に誕生した日本の伝統的な話芸のことで、話の最後に「オチ」がつくという特徴がある。落語は江戸時代に誕生し、当時の庶民に愛されてきた笑いの伝統芸能である。落語はシンプルでいて奥の深い芸術だ。落語の構成は「...
  • アートとマンガで自己表現する創造人生アートヒロさんのプロフィール
皿尾城の空の下さん
  • 行田市の原点 日本一の足袋産業
  • 他にはないオンリーワンを見つけ活かし、発信してきた結果であり、ひと時の観光産業の喧騒に終わることなく、続いてほしい、そして何より地元の人にそうした歴史を知って欲しいと話していました。 行田足袋の起源は江戸時代貞享年間(1688)までさかのぼります。写真は「享保年間行田町絵図」三軒の足袋屋が記されています。行田で足袋作りが盛んになった理由として?材料の綿花の栽培が盛んであったこと?近隣(羽生・熊谷)で藍染が...
  • 皿尾城の空の下皿尾城の空の下さんのプロフィール
ひだりゅーさん
  • 元自衛官の四国遍路案内、81〜85番札所を更新しました【ぎゃーてい】
  • 言われています。83番札所 一宮寺|悪人が入れると頭が抜けない?「地獄の釜」伝説【記事はこちら】83番札所「一宮寺(いちのみやじ)」は、元々は讃岐一宮・田村神社の別当寺として整備された霊場であります。江戸時代の延宝7年(1679年)、当時の高松藩主である松平頼常によって、神仏の分離が行われました。これは歴史上でも珍しい出来事で、明治の神仏分離より200年も早く行われたものでした。一宮寺の本堂左手には薬師如...
  • ひだりゅー通信局〜おもしろ記事から役立つ知識など〜ひだりゅーさんのプロフィール

江戸時代を含むトラコミュ

石川
  • 石川
  • 石川県は日本の北陸地方の県。県域は令制国の加賀国と能登国にまたがる。江戸時代には前田家の加賀藩百万石となり、日本三名園の一つである兼六園が造営され、加賀友禅など...
  • トラックバック数:2696 TB参加メンバー数:202人カテゴリー:旅行ブログ
2012年5月21日 金環食(金環日食)
  • 2012年5月21日 金環食(金環日食)
  • 日本人 8000万人が見られる歴史的天体ショー!那覇、福岡、広島、大阪、金沢、東京、仙台、札幌!2012年5月21日 月曜日、日本列島の太平洋沿岸部に沿って金環食(金環日食...
  • トラックバック数:270 TB参加メンバー数:200人カテゴリー:科学ブログ
坂本龍馬
  • 坂本龍馬
  • 江戸時代末期の土佐藩士である。父は土佐藩郷士・坂本八平で次男、母は幸。兄は権平、姉は千鶴、栄、坂本乙女(おとめ)。「龍馬」は本来は「りゅうま」と読むべきであるが...
  • トラックバック数:1012 TB参加メンバー数:126人カテゴリー:歴史ブログ
節分
  • 節分
  • 節分(せつぶん、またはせちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。特に江戸時代以降は立...
  • トラックバック数:196 TB参加メンバー数:102人カテゴリー:その他生活ブログ
江戸時代
  • 江戸時代
  • 江戸時代 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。国語作文教育研究所・宮川俊彦教育研究室http://www.miyagawa.tv...
  • トラックバック数:871 TB参加メンバー数:86人カテゴリー:歴史ブログ

江戸時代を含むブログ村メンバー

  •  
まさこママさん
ヒジハラさん
ここれっとさん
RYOKAさん
勢蔵さん

江戸時代を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 韓国は日本の敵国ですか?レス: 0/70(458件)政治ブログ
  • きました。こうしたながれが、そのまま近代までつづいたのが朝鮮半島における国家の歴史です。江戸時代は、朝鮮半島の王権も中国大陸の王権も安定しておりましたので、宗主国選びで内紛がおきることがなく、...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 頼時代に起こった史実の「木曽事件」→「天目山」と大して変わらない展開です信玄が強いというのは江戸時代の捏造というのに同意見です神君家康公が負けた相手が弱いと困るので最強扱いになっただけ信長が強...

にほんブログ村

>

キーワード

>

江戸時代について