大正天皇

大正天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大正天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大正天皇を含むブログ記事

駄目男/快道メーカーさん
  • 犬町・猫町情報
  • のバルティック艦隊に完勝した日本海海戦を記念する日。10月17日―神嘗祭(かんなめさい)。新穀を神に献上する日。11月23日―新嘗祭(にいなめさい)。新穀を天皇陛下が始めて召しあがる日。12月25日―大正天皇崩御の日。 などがあって、一見して、今に比べ、いかに休日が少なかったか瞭然である。現行は何とかの日、かんとかの日と休みだらけ、恐らく世界一休日の多い国ではないか。ただ残念な事はバラバラで纏まっていない...
  • 快道ウオーキング駄目男/快道メーカーさんのプロフィール
grace ayaさん
  • 未来を見る力 イメージする力
  • プリンセス&プリンスの皆さまいかがお過ごしでしょうか?grace ayaです。先日大正天皇がご静養されていた田母沢御用邸記念公園に伺い日本文化の素晴らしさに改めて感動していました。高貴な方々が同じ畳を踏んで同じ襖をご覧になっていた、と想像するだけでワクワク 優雅な気持ちになりました。実際に...
  • graceful Musegrace ayaさんのプロフィール
ハーちゃんさん
  • バスハイク 3 沼津御用邸 完
  •    沼津御用邸記念公園 1893年(明治26年)7月、大正天皇(当時は皇太子)の静養のためにと御用邸(別荘)を、静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)の島郷御料林内に造営した。1969年(昭和44年)、御用邸が廃止され、沼津市へ移管され、翌年の1970年(昭和45年)...
  • 春ちゃんとチビまるハーちゃんさんのプロフィール
@部員ひとり@さん
  • 【旅行】伊勢神宮の旅 2018年9月17日
  • もちろん真ん中は歩かず右側通行!川の中にある柱は上流からの流木から宇治橋を守るための『木除け杭』玉砂利を歩きながら、清められます!僕の心が!『神苑』這松の緑が清しい神聖な庭園です。木の柵で囲まれた松は大正天皇が皇太子の時にお手植えになった記念の松だそうです。明治中期までこの一帯まで民家が立ち並んでいたそうですよ。つまり内宮(神域)内まで家々があったということですね?神苑には神様の使いでもある鶏が見られる事...
  • こちら旅ポタ系自転車部@No Bicycle No Life!@部員ひとり@さんのプロフィール
三重県で腰痛整体ならさん
  • 【松阪市】日本の名城100選 松坂城址・松阪公園【公園案内】
  • と、ペットの入城が禁止されてしまう可能性が有ります。フンの後始末などマナーを守って利用してくださいね。公園内の施設等案内公園内にはいくつかの有料施設があります。松阪市歴史民俗資料館当時の皇太子(のちの大正天皇)が松阪公園へ行啓したことを記念して建設された飯南郡図書館の建物を利用した資料館。松阪市立歴史民俗資料館(旧飯南郡図書館)本館、松阪市立歴史民俗資料館(旧飯南郡図書館)倉庫は国の登録有形文化財に登録さ...
  • 三重県で選ばれる腰痛整体〜選ばれるのには理由がある三重県で腰痛整体ならさんのプロフィール
なまさやさん
  • 茄子作春日神社の参道?東高野街道(枚方市・茄子作〜交野市・星田)
  • で左が東高野街道、右が山根街道です。「大峰山」と記された道標は1855年に建てられたもので、「右:宇治 左:京八幡道」と刻まれています。上の山辻(大峯山道標)大正3年に付近一帯で陸軍の大演習が行われ、大正天皇が閲兵されました。「閲武駐蹕記念碑」はそれを記念して建てられた碑です。大正天皇の閲武駐蹕記念碑この後、第二京阪を潜り府道20号線を暫く南下します。このあたりは上の山遺跡と呼ばれ、弥生時代の神殿と見られ...
  • エナガ先生の講義メモなまさやさんのプロフィール
ATALASさん
  • 第201回 連載200回突破記念特番「海に消えた消えた道(1) 佐和田矼道」
  • ね橋の様子として、「大橋」と呼ばれていた石積みのいわゆる“めがね橋”の写真が掲載されていました。【伊良部村誌(1978年)に見る、なかよね橋。当時は大橋と呼ばれていた】(clickで拡大)時代的には、大正天皇の即位の礼(御大典)の記念事業として、伊良部村の一大公共工事が行われました。1915(大正4)年に、伊良部−佐和田の5字を縦貫する「五ヶ里道」の完成です。この「大橋」もそれに関連して架橋されたものなの...
  • ATALAS BlogATALASさんのプロフィール
HASANAさん
  • ドイツと日本と原節子、そして松岡洋右
  • 親王 (後の昭和天皇) 誕生1902年 (22歳) 帰国、 同年日英同盟が締結される1904年 (24歳) 外務省入省、 同年日露戰争勃発 (〜 1905年)1910年 日本による韓国併合1912年 大正天皇即位 (7月)1914年 第一次世界大戦 (〜1918年)1921年 (41歳) 外務省退官1923年 関東大震災1926年 昭和天皇25歳で即位 (12月)1927年 (48歳) 満鉄副総裁193...
  • WHERE ARE YOU ?HASANAさんのプロフィール
カンナさん
  • 京都の御大礼
  • を迎えております。そして来年(平成31年)には平成天皇が譲位され元号が変わり、その年には新たな天皇の即位の礼や大嘗祭が盛大に行われることとなっております。明治になって天皇が東京にお移りになってからも、大正天皇や昭和天皇の即位礼と大嘗祭は京都で行われて参りました。大正4年(1915)の大正の御大礼は京都御所の紫宸殿で行われ、饗宴は二条城の現在の清流園の辺りに新たな建物が新築され行われたようです。この記念の年...
  • 京の畦道カンナさんのプロフィール
lionmanさん
  • 続・続 人間機雷 322
  • 雲峰寺の月心老師は宗教家でありながら、昭和最後の剣聖と崇められ、あらゆる武道を極めていた。そのうえ弘法大師の流れをくむ入木道五十三世の伝統を受け継ぎ書家としても高名であったし、四書五経にも造詣は深く、大正天皇に進講されたこともある。そのおり皇室から二十一史の下賜があった。 二十一史は、中国の古代から元代までの各王朝の歴史書の総称で、中身は「史記」、「前漢書」、「後漢書」、「三国志」、「晋書」、「宋書」、...
  • 酒場人生覚え書きlionmanさんのプロフィール

大正天皇を含むトラコミュ

大正時代
  • 大正時代
  • 大正時代とは、大正天皇の治世を指しているが、後世では大正デモクラシーに基づいた安定期として見られることが多い。第二次世界大戦前の日本における転換期に当たる。短い...
  • トラックバック数:108 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:歴史ブログ
日蓮
  • 日蓮
  • 日蓮(にちれん)(1222年3月30日(貞応元年2月16日)) - (1282年11月21日(弘安5年10月13日))は、鎌倉時代の仏教の僧。法華経の題目を重んじる諸宗派が宗祖とする。死...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:哲学・思想ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

大正天皇について