足利尊氏

足利尊氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [足利尊氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

足利尊氏を含むブログ記事

キキミミさん
  • 海外「日本は素晴らしい国だ!」縄文時代から第二次大戦まで!奥が深い日本の歴史に海外興味津々(海外反応)
  • んなゆるいつながりにもかかわらず日本はモンゴルからの攻撃(1274、1281)をしのいだ1333年から1336年にかけて建武の改革がおこなわれた後醍醐天皇が力を取り戻そうとしたものですが長くはつづかず足利尊氏が室町幕府をつくるしかし室町幕府は長くは続かず日本は戦国時代(1467〜1568)にはいる織田信長は火器を輸入する事によって強くなり安土桃山時代(1568〜1600)を築き上げた家柄ではなく能力で家来...
  • 海外反応 キキミミキキミミさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(16)〜廉子〜
  • 足利尊氏を忌み嫌う(或いは、警戒する)護良親王は、どうにかして尊氏を側に置こうとする父・後醍醐天皇による親政への参加に対しても消極的姿勢であったと云われます。そして、後醍醐帝の強い要請を断れず政務に戻った北畠...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
FirstLightさん
  • 七尾城(その1)
  • ・・・・・・・っということで、石川県は能登半島の付け根近くにある七尾城でございます。城跡フリークにとっては常識中の常識。畠山氏が室町時代に足利尊氏より賜った能登半島地域、代々続いていたけれど、上杉謙信に攻められて、一度は撃退したものの、再度の攻撃に耐えかねて落城。どうやら裏切りにあった模様。その後、信長により前田利家の居城となるも、山城ならでは...
  • 気分はいつも二日酔いFirstLightさんのプロフィール
末永能登守14611514さん
  • 第十三章2末永清連の乱・清連の母の出自、葛西満信登米移動の理由
  • うか、おいらにはわかりません。むしろ何の気兼ねも無い所に住みたかっんじゃない?なんて書くとまたコイツくだらねー冗談書いてるよ、とツッコまれそうですが、元々葛西嫡流家の6代当主清貞は発祥の地・葛西御厨を足利尊氏に奪われて以来、葛西御厨の奪還を目指し、日和山城を拠点に、東北南朝勢力の主要メンバーとなっていたのです。しかも日和山城には元々葛西清貞の弟武治が城主を務めていたところへ兄貴が居候然と上がり込んだのです...
  • 土芥の一類〜奥州葛西家臣末永氏一族〜末永能登守14611514さんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 孤高の武闘派天皇、後醍醐帝(15)〜きな臭い新政〜
  • 名越家の生まれ=名越太郎時兼とも称す)が挙兵。信濃守護・足利一族の小笠原貞宗を急襲し勝利した時行軍は、武蔵を抜けて鎌倉へ進軍。この報を受けて各地に散っていた北条方が集結して中先代の乱へと続いていく。 足利尊氏には、期待していた庶長子・竹若丸があった。竹若丸も、義弟(嫡子)千寿王同様に鎌倉幕府に軟禁状態だったが、共に救出されたものと考えられる。千寿王は新田義貞の陣に向かい、鎌倉倒幕の"もう一人の"総大将とし...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
jf0rakさん
  • 東寺(教王護国寺)
  • 海の命日に供養を行う「御影供」(みえく)などの儀式を創り上げたのも宣陽門院でした。これらの儀式は今日も御影堂などで行われています。中世以後、東寺は後宇多天皇や後醍醐天皇により援助を受け繁栄しました。 足利尊氏は東寺に本陣を置き新田義貞軍を防ぎ、室町時代の幕を開けました。織田信長も足利尊氏にならい本陣を置き、安土桃山時代が始まりました。信長の跡を継いだ豊臣秀吉は永禄6年(1563)の落雷で焼失した五重塔の再...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
譲二 6世さん
  • 第六一五回 富賀岡八幡神社(南砂)
  • 宝六島と呼ばれていた寛永初期、京より永代島に移り暫く当宮を拠点に活動していた長盛法師が、当宮に奉祭されていた「八幡像」を、深川八幡宮に移し勧請したことによります。この「八幡像」は、源三位頼政、千葉氏、足利尊氏、鎌倉公方基氏、管領上杉氏から太田道灌へと伝えられ、特に道灌より厚い崇敬を受けていたものであります。 享保年間には、境内に桜、松あわせて三万本が植えられ、八代将軍吉宗公お手植えの矢竹なども存在しており...
  • 江戸御府内千社参詣譲二 6世さんのプロフィール
ふみえさん
とうたんさん
  • ももクロ横浜 その2 鎌倉
  • 宮護良親王の幽閉の地という場所を見つけて、鎌倉宮へ向かうことにしました。護良親王は後醍醐天皇の皇子でありながら、鎌倉幕府討伐に際しては自ら先頭を切って武器を持って戦った勇猛で知られる人物です。討幕後は足利尊氏と対立し、尊氏を討とうとしたのですが、結局後醍醐天皇に見捨てられ、鎌倉の地に幽閉された後、尊氏の弟直義に殺されてしまいます。尊氏をとって護良親王を見捨てた後醍醐天皇は結局尊氏と対立し、南北朝時代が始ま...
  • とうたんのまち歩き(滋賀を中心に)とうたんさんのプロフィール
およまるさん
  • 頼朝、安房国に上陸する【治承・寿永の乱 vol.36】
  • 話はこちらの一覧からどうぞ 今回からは、頼朝が日本史上でもそうそうない大逆転劇をみせ、はじめて平家本軍とぶつかったとされる富士川の戦いまでをお話してみようと思います。(こういう形での大逆転は、他には足利尊氏の九州からの逆転でしょうか・・・) では早速。 真鶴岬(まなづる-みさき)から海路、房総半島へ向かった頼朝一行がようやく安房国平群(へぐり)郡猟嶋(りょうしま)〔今の千葉県鋸南町(きょなん-まち)...
  • ひとり灯のもとに文をひろげておよまるさんのプロフィール

足利尊氏を含むトラコミュ

足利尊氏
  • 足利尊氏
  • 足利貞氏の次男。室町幕府初代征夷大将軍。御家人を従え、鎌倉幕府を滅ぼし室町幕府を開く。
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
天龍寺
  • 天龍寺
  • 天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
室町幕府 管領 細川頼之
  • 室町幕府 管領 細川頼之
  • 室町幕府の足利尊氏以来60年続いた南北朝を終決させた義満と頼之。義詮が死の直前、枕元に二人を呼び『頼之、汝に一子を与える』『春王、汝に父を与える』『二人して、天...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

足利尊氏を含むブログ村メンバー

  •  
たがさん
山崎屋三男さん
たかちゃんさん
  • 足利尊氏たかちゃんさんのプロフィール
  • 足利尊氏の生涯

足利尊氏を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

足利尊氏について