足利尊氏

足利尊氏についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [足利尊氏] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

足利尊氏を含むブログ記事

とめのかくれがさん
  • 新田義貞挙兵の地 生品神社
  • いに鎌倉幕府に対して挙兵します。この生品神社で挙兵した時、わずか150騎だった義貞の兵は鎌倉幕府に不満を持つ武士衆とどんどん合流しあっと言う間に何万の大軍になりました。義貞が挙兵した理由ですがもちろん足利尊氏らの動きも知っていたとは思いますが義貞も鎌倉幕府と領土の件でトラブルを抱えていたようです。ただそのような武士は当時非常に多くモンゴルの元寇を撃退した後、恩賞が充分に出なかったので落ちぶれた武士が多く義...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
本のパートさんさん
  • 『こんなに変わった!小中高教科書の新常識』話題ネタにも便利 大人が読んで面白い本です
  • は しないようですびっくりですよね? こんなに変わった!小中高・教科書の新常識???そんな 今の常識が たくさんあるんです??たとえば「士農工商」はなかった武士は一番上だが 農工商にランクはなかった「足利尊氏像」→「騎馬武者像」足利尊氏ではないらしいアルコールランプ使用停止危ないので今はボンベ式ガスコンロ高校の基礎解析の教科書今は数学が「数?」「数?」「数?」「数A」「数B」「数活用」に 基礎解析なんてい...
  • 書店パートの私の今一番おすすめな本本のパートさんさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(155) 文観を追え(27)・文観の活躍
  • ・東寺大勧進職・建武二年(1335)東寺一長者(真言宗のトツプ)・建武三年(1336)大僧正に任じられる しかし、後醍醐天皇による「新政(建武の新政)」は、前回にみたように失敗し、吉野にこもりひとすら足利尊氏の北朝打倒を目指し祈り続けました。 足利氏を後(うし)ろ楯(だて)とする北朝に対して、南朝方の劣勢は覆うべくもなく、延元四年(1339)八月十六日、後醍醐天駁は京郡奪還の夢を果たすことなく、吉野に逃れ...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
hidさん
  • 熊野神社 三次市畠敷
  • 練習用2018/4/22(日) 午前 1:22熊野神社 三次市畠敷旧社号を若一王子神社と称す当熊野神社は紀元440年頃に雄略天皇が創建したと伝えられます。由緒は社蔵古文書「若一王子権現古證記」に記され足利尊氏による社殿修造の記録も残る。神仏分離により明治三年今の社名に改められました。神社北東にそびえる標高420mの比叡尾山には中世当地に君臨した豪族三吉氏の居城址があります。比叡尾山城大きな山城です。五年前...
  • ZRX1200Sツーリング城hidさんのプロフィール
nicu_fightさん
  • 大切に想えることのために戦うこと: We are good family.
  • 生を駅まで送っていった自分です。車の中は鎌倉幕府の滅亡を描いている太平記のDVDをかけている最近なのですが、そのドラマの話になり、自分はこのドラマが好きで、武田鉄矢さん演じる楠正成が真田博之さん演じる足利尊氏に語る「戦は勝てるときだけ戦うものではないと思う。自分が大切に思えることのために戦うことは例え、その戦いの中で命を終えようとも負けではないと思っている」と伝え、尊氏が倒幕を決意するきっかけのシーンが好...
  • がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよnicu_fightさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(154) 文観を追え(26)・建武の新政は失敗
  • をたいせつにしましたが、倒幕に活躍した武士に対しては恩賞が少なく、また、当時の武家社会につくられていた慣習を無視したりしたため、くの武士たちから不満をもたれるようになりました。 このような動きをみて、足利尊氏は武家政治の復活を計画して兵をあげました。 そのため建武の新政は、事実上、2年半で終わりました。南北朝の展開 足利尊氏は、別に新しい天皇をたて、1338年、みずからは征夷大将軍となり、京都に幕府をひら...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
岐阜の安さん
  • H-30 四国花遍路 69 〜 72
  • 今日は四国霊場 69〜72です観音寺近辺の順打ち参拝順序は 67番⇒70番⇒68+69番⇒71番をお勧めします 何故かは地図を見れば一目瞭然ですよ 【69番 観音寺】 室町時代には足利尊氏の子・道尊大政大僧正が住職として45年間住職を務めていたお寺です本堂は室町時代の朱塗りの建築で国指定重要文化財宝物館には平安〜鎌倉時代の「仏涅槃像」をはじめ鎌倉時代の「琴弾宮絵縁起」室町時代の「不動二...
  • 安 明高(大先達)のお遍路便り岐阜の安さんのプロフィール
K2さん
  • 上野国 ・ 山名城
  • 山道へ。 応永2年(1395年)、当時尹良親王の拠っていた寺尾城(寺尾中城)の東南城塁として、山名氏によって築かれた。新田義重の子義範を祖とする山名氏は8代にわたってここを居城としたという。時氏の時、足利尊氏に従って諸国を転戦、子氏清の時「六分の一殿」と呼ばれるまで飛躍することになる。戦国時代は土豪木部氏の居城。1563年に武田信玄に攻略された以降は尾根伝いの根小屋城の支城となった。 整備された山道は快適...
  • 青の傭兵K2さんのプロフィール
Ellieさん
  • 鎌倉 報国寺 仏像
  • ド3つ星)「竹の寺」とも称され、孟宗竹の美しい竹林で有名です。インドで見たような仏像が♪石仏が並んでいます。苔むした石灯籠♪お地蔵様も♪「やぐら」(横穴式の納骨窟・供養堂)報国寺は 室町幕府初代将軍 足利尊氏の祖父・家時が開基となって創建、関東公方・足利持氏の嫡男 義久が自害した、足利公方終焉の地だそう。(2月下旬〜3月下旬)「サンシュユ 山茱萸」の咲く時に又訪れたいです。→ 浄妙寺へ ↑クリック有難う...
  • Ellie's BouquetEllieさんのプロフィール
ふかつさん
  • 某信長の野望
  • 元の神社等には香宗我部氏が長宗我部氏に取って代わったとの伝承もあり、系図は複雑でわからない部分が多い。秋通の跡は宗通・成通・朝通・重通と直系で相続された。14世紀の重通の次男・秀頼(甲斐孫四郎入道)は足利尊氏の命で長宗我部信能と共に介良庄の平定を行ったり、1362年に香宗我部の一族が物部庄を得たりと勢力を拡張している。15世紀の応仁の乱では上洛し、土佐国守護の細川氏率いる東軍に加わっている。秀頼ののち時秀...
  • 暗号通貨の雑記帳ふかつさんのプロフィール

足利尊氏を含むトラコミュ

足利尊氏
  • 足利尊氏
  • 足利貞氏の次男。室町幕府初代征夷大将軍。御家人を従え、鎌倉幕府を滅ぼし室町幕府を開く。
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
天龍寺
  • 天龍寺
  • 天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
室町幕府 管領 細川頼之
  • 室町幕府 管領 細川頼之
  • 室町幕府の足利尊氏以来60年続いた南北朝を終決させた義満と頼之。義詮が死の直前、枕元に二人を呼び『頼之、汝に一子を与える』『春王、汝に父を与える』『二人して、天...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

足利尊氏を含むブログ村メンバー

  •  
たがさん
山崎屋三男さん
たかちゃんさん
  • 足利尊氏たかちゃんさんのプロフィール
  • 足利尊氏の生涯

足利尊氏を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

足利尊氏について