平安時代

平安時代についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ■鎌倉と陰陽師「安倍晴明」
  • [平安時代] ブログ村キーワード 安倍晴明(921−1005)は、平安中期の陰陽師で天文を良くし、占いとか祈祷で厄病を払った事で知られている。摂津の国(現大阪)の阿倍野に生まれ、平安時代、時の朝廷に厚遇されたと言う。ひところ、この陰陽師は映画とかアニメに登場し、広く知られた存在だが、京都で活躍したと伝えられている。ところが、昨日北鎌倉を観光中、「安倍晴明」なる碑を見付けた。JR北鎌倉駅から建長寺方面に・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

平安時代を含むブログ記事

ルルママさん
  • 半綜絖のもじり織(5)難しい! 奥が深い!
  • ロバート・キャンベルさんがこんな話をしていましたキャンベルさんは、今「伊勢物語」の現代語訳をなさっているそうで「薄物」という言葉が出てきたとき、紗とか絽が浮かばないと「伊勢物語」は読み解けないそうです平安時代に半綜絖があったかどうかわかりませんが身分の高い人の着物で、カラムシで織られていたようです正倉院にも、羅の布が収められていますそんな古くからあったなんて、奥が深いです? 紗・絽・羅の変化織紗と絽には、...
  • ルル紀行ルルママさんのプロフィール
kous37さん
  • 大塚ひかり「女系図でみる驚きの日本史」続き。
  • ら倫子が正妻で明子は別宅という感じだろうけど、そんなに差がついているのだなあと。御子左家も家祖の長家も決して悪い生まれではないということは改めて思ったが、摂関家との差はそうやってついたのだなと。また、平安時代のモテ男といえば在原業平な訳だけど、摂関期にもおそるべきモテ男がいたこと。小式部内侍の「大江山」の歌のエピソードに出て来る藤原定頼という男が当時の才女を総なめにしたイケメンだったと初めて知った。一番す...
  • Feel in my boneskous37さんのプロフィール
ほっこりさん
  • ザ・タイガース瞳みのる、京都を語る★府民ホールアルティ
  • ある京都(山城)西部をニューヨークのウエストサイドになぞらえ、いろんなエピソードを語りたい」という。もともと大学で文学を学んだ理由は「平安文学を勉強したかったから」。催しでは、紫式部や清少納言らによる平安時代の物語と地元との関わりを教師経験を生かし解説する。また、鷹峯で生まれた琳派などの絵画、ザ・タイガースやザ・フォーク・クルセダーズといった京都発の音楽についても語る。楽曲も2、3曲披露する。【 2017...
  • ClubFame京都−Topics&News−ほっこりさんのプロフィール
ぺんさん
  • 加瀬台4号墳-5号墳-6号墳
  • おり、その跡地はシベリアヘラジカの展示となっています。〜??加瀬台6号墳こちらは径24m、高さ4mほどの規模があり、墳頂には浅間神社が祀られています。しかし2013年に行われた調査により、古墳ではなく平安時代に築かれた経塚であることが明らかになっているそうです。西側から撮影。かなり高さがあるのが確認できます。墳頂部の浅間神社。〜○探訪日 2017.09.05○所在地 神奈川県川崎市幸区南加瀬○参考資料「川...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
borderlineさん
  • 【西国巡礼】Day18-1.亀の恩返しの伝説が伝わる第22番札所「総持寺」の御朱印
  • 三十三所巡礼18日目?昨晩は、公園での仮眠が寒くて眠れず・・・朝6時に西国第22番札所「総持寺」へ到着!境内のベンチでぽかぽか暖かい朝日のもと、朝8時の御朱印授与までウトウト・・・zzz「総持寺」は、平安時代に中納言・藤原山蔭卿が、幼き日に淀川に落ち、生命の危機を大亀に救われたことへの報恩として寺を建立し、亀の背に立つ観音像を造立したのが始まりとされます。また、亀の恩返しの逸話は、「今昔物語」や「源平盛衰...
  • 御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜borderlineさんのプロフィール
月詠@月草さん
  • 09/19のツイートまとめ
  • 」武侠風創作ファンタジー「白虎奏伝」執筆中。一日一回目標に更新しています。感想など頂けたら嬉しいです。https://t.co/ccPee95ScB〈拡散希望〉 09-19 19:30 和風創作(平安時代)中心に絵・小説などを作っていますサイト→ https://t.co/VDRqoFL1kK 09-19 21:02 (定期)雑貨屋アリスの白うさぎさんよりマグカップなどグッズを委託販売しています。...
  • 月詠遊戯録月詠@月草さんのプロフィール
沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 記録があるそうです。 なぜ摂津能勢村から献上されるのかは、応神天皇が皇太子の時に、猪に危難を救われた事が起源との事です。 非常に似た話は、国魚となっている 「鮎」 にもあります。 ちなみに平安時代に書かれた 源氏物語の若紫の段に『その夜さり、亥の子餅参らせたり かかる御思いのほどなれば  ことことしき さまにあらで こなたばかりに をかしげなる 檜破籠などばかりを』訳:その夜のこと、(館...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 記録があるそうです。 なぜ摂津能勢村から献上されるのかは、応神天皇が皇太子の時に、猪に危難を救われた事が起源との事です。 非常に似た話は、国魚となっている 「鮎」 にもあります。 ちなみに平安時代に書かれた 源氏物語の若紫の段に『その夜さり、亥の子餅参らせたり かかる御思いのほどなれば  ことことしき さまにあらで こなたばかりに をかしげなる 檜破籠などばかりを』訳:その夜のこと、(館...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 記録があるそうです。 なぜ摂津能勢村から献上されるのかは、応神天皇が皇太子の時に、猪に危難を救われた事が起源との事です。 非常に似た話は、国魚となっている 「鮎」 にもあります。 ちなみに平安時代に書かれた 源氏物語の若紫の段に『その夜さり、亥の子餅参らせたり かかる御思いのほどなれば  ことことしき さまにあらで こなたばかりに をかしげなる 檜破籠などばかりを』訳:その夜のこと、(館...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
まろぱぱさん
  • 台風一過の連休最終日は地元公園そして旧跡見学へ
  • の上に立っているためか公開する遺跡としてはあまり整備されていません。こちらももう少し整備して三河国分尼寺とセットで公開したら面白いのに。 せめて草くらい刈って欲しい。ここの銅鐘は三河国分寺建立時に近い平安時代に作られたものと考えられていて国の重要文化財にしてされています。触れますが突くのは止めておきました。これらが奈良時代から平安時代にかけて作られたというのはロマンがありますね。 歴史好きにはたまりません...
  • アウトドアときどきインドアライフwithまろまろぱぱさんのプロフィール

平安時代を含むトラコミュ

平安時代
  • 平安時代
  • 平安時代の出来事、人物、文化などなど平安時代の記事ならなんでも結構です!
  • トラックバック数:699 TB参加メンバー数:38人カテゴリー:歴史ブログ
平清盛
  • 平清盛
  • 平安時代末期,平氏の全盛期をきずいた武将。保元の乱・平治の乱で源氏をおさえて中央政界に進出し、1167年に太政大臣となり、むすめの徳子を高倉天皇の后(きさき)と...
  • トラックバック数:423 TB参加メンバー数:36人カテゴリー:歴史ブログ
高野山
  • 高野山
  • 高野山は、和歌山県にある標高約1,000メートル前後の山々の総称。平安時代の西暦819年頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗の聖地であり総本山金剛峯寺が...
  • トラックバック数:75 TB参加メンバー数:34人カテゴリー:旅行ブログ
嵐山
  • 嵐山
  • 嵐山は京都府京都市の観光地。本来地名としては西京区を指し、左岸は右京区嵯峨であるが、観光案内等では嵯峨地区を含めた渡月橋周辺全域を一まとめに嵐山と称する事が多い...
  • トラックバック数:78 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:旅行ブログ
春日井
  • 春日井
  • 市域は濃尾平野と尾張丘陵に広がる。市の南部には庄内川が流れ、JR中央線及び国道19号が市を横断している。また、市の西部には県営名古屋空港の一部があるほか、市庁舎や商...
  • トラックバック数:786 TB参加メンバー数:25人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

平安時代を含むブログ村メンバー

  •  
馬場 精子さん
くじょうさん
徳薙 零己さん
りゅうらさん
tonioさん

平安時代を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • 自分の国の旗や歌を掲揚するのは当たり前。日の丸は江戸幕府が定めたものだし、君が代は平安時代の和歌が起源。どちらも戦争には関係ない。国旗と国歌を戦争に絡めるのは、歴史を知らない者だ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

平安時代について