道元禅師

道元禅師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [道元禅師] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

道元禅師を含むブログ記事

芳瑩さん
  • 大黒天発祥の寺「大黒寺」 (羽曳野市)
  • 閉じており、プラスチックの鎖がしてある参拝者は自由に外して、中に入ってもいいと書いてあった。では、失礼して本堂修理中私感です曹洞宗大本山永平寺には、今年「開山1300年 白山聖地を訪れた」日本曹洞宗の道元禅師(高祖承陽大師)が宋から帰国する前夜に、白山権現が碧巌録の写本を助けたとの伝承がある。このことから曹洞宗大本山永平寺は、白山権現を永平寺の守護神・鎮守神としており、毎年夏には永平寺の僧侶が白山に参詣し...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
幽村芳春さん
  • 正法眼蔵 授記 1
  • た。それが「授記」という事の意味になろうかと思うわけであります。この授記と言う言葉も普通の経典にはたくさん出て来ますが、それを具体的な重要な問題として取り上げて解説された方は比較的少ない訳であります。道元禅師のように一つの文章にまとめ上げてその授記と言う問題を取り上げて解説された方は、私の知る限りでは他に承知しておらないと言うふうな問題がある訳であります。道元禅師がなぜこの授記と言う問題を取り上げられたか...
  • 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 面山瑞方禅師の伝戒作法について
  • ので、面山禅師のものだといわれても、違和感は無い。それから、奥書についてだが、今回挙げた口訣は寛保3年11月5日に示されたという。年譜を見ると、同年、面山禅師は61歳で、5月に上洛して「坂城」へ行き、道元禅師の真蹟数品、義雲禅師真筆の『宝慶記』、或いは『羅漢講式草本』などを見たという。なるほど、つまりはこの頃、詳しくはどこにいたかが分からないことになる。また、永福会編『面山瑞方禅師二百二十回小遠忌紀要』を...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
秀春さん
  • 「法華経」坂本幸男・岩本裕訳注 岩波文庫
  • うことです。「貧しい男」の自我意識の芽生え、また、「常不軽菩薩」の迫害という思想はキリスト教には必須のものです。日本には、日蓮上人を筆頭に、この書物に不抜の信仰をあらわした偉人が多くいます。聖徳太子も道元禅師も法華信奉者でした。仏典の文章は、じつに大らかな円満具足したもので、本当に平安な心から語り出されたものだと強く感じられるものです。偉大な教えと知恵に溢れたコスミックな大きさを持つ唯一無二の書物です。2...
  • Hideの本と詩とエッセイのブログ秀春さんのプロフィール
nihondoreiさん
  • 石川と福井の土鈴
  • 訳が分かりました。 次に福井県ですが、残念ながら実は福井には殆ど土鈴がありません。その中で唯一ご紹介するのは永平寺のお土産土鈴です。永平寺のお土産として作られた土鈴です。このすりこぎ土鈴は曹洞宗開祖道元禅師の「身をけずり、人に尽くさんすりこぎのその味知れる人ぞ尊し」という言葉に因んだものです。  お土産の小坊主さんの土鈴も可愛いです。素焼きで彩色のない土鈴は日本一厳しい修行道場として有名な永平寺に相応し...
  • 鈴を振りふりnihondoreiさんのプロフィール
市堀玉宗さん
  • 坐禅の面目・土俵の違い?!
  • 物とかという話ではない。どちらも自己を確立するための宗教的実践の世界の話ではあり、臨済はその修行体系の中で「坐禅」が「開悟・見性」のための「手段」としての位置づけが強いということ。方や曹洞宗に於いては道元禅師以来の「菩提樹下に於ける釈尊成道後の坐禅」であるという意義づけが先行していよう。つまり「坐禅」が「手段」ではなく「成道そのものとして目的化」されてあるというものだ。もっと言えば「手段」と「目的」が切っ...
  • 再生への旅市堀玉宗さんのプロフィール
幽村芳春さん
  • 正法眼蔵 海印三昧 29
  • 曹山本寂禅師と僧侶との問答について道元禅師の注釈は続きます。銘記せよ。ここで包含(一切のものを包み込む)と言う表現が使われているけれども、この包み込むと言う意味は執着という事ではない。包含という事はとどめないと言う事でもある。その事は拘束され...
  • 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 『仏祖正伝禅戒鈔』「或問」1参究
  • 仏祖の正伝であるという。具体的には、伝法式の行法として、七日間の加行を要する。その内、5日目の夜に伝戒(『仏祖正伝菩薩戒作法』)、6日目の夜に伝法(『伝法室内式』)を行うのが通例である。ただし、これは道元禅師の時代から同様だったかというと、実はそうでもない。そもそも、道元禅師の時代には、『伝法室内式』が無かったようであり、『仏祖正伝菩薩戒作法』で、実質的な『嗣書』に当たる『血脈』を授受していたというのが実...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
tkharryさん
  • 今ここで自己を忘れる
  • 仏道を習うというは、自己を習うなり 自己を習うというは、自己を忘るるなり 自己を忘るるというは、万法に証せらるるなり  (道元禅師) 禅の修行というのは、どんな形であれその根本は、、 「自分」 を手放し、ただ今ここの目の前の取り組みの中へと深まりつつ、 そこに溶け去ることをいかに実現するかといったところに極まり、、 その...
  • 悟りの世界に遊ぶだけ〜♪(*^o^)乂( ̄ー ̄*)tkharryさんのプロフィール
活かして生きる   〜山里の寺便り〜さん
  • 懺悔(さんげ)9
  • 懺悔(さんげ)92017-12-11 00:00:00 |仏教道元禅師は「仏道の為に仏道を修す」といっておられます。大きく懺悔をみれば、自分の罪ばかりか、すべての罪が「法」となって現われて自他の罪業は清浄無垢(しょうじょうむく)と成るのです。自分の為にする懺悔はもとより...
  • 活かして生きる 〜山里の寺便り〜活かして生きる   〜山里の寺便り〜さんのプロフィール

道元禅師を含むブログ村メンバー

  •  
幽村芳春さん
SRJさん
大仙さん
  • 道元と親鸞大仙さんのプロフィール
  • 親しみのある道元禅師と親鸞聖人の教えについて、書いていきたい。
サイフーさん
  • ZEN BLOGサイフーさんのプロフィール
  • 社会人の坐禅と動中の工夫について。道元禅師や曹洞宗西方寺の宮崎慈空老師のことばを掲載^^

にほんブログ村

>

キーワード

>

道元禅師について