道元禅師

道元禅師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [道元禅師] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

道元禅師を含むブログ記事

tenjin95さん
  • 逆水洞流禅師『在家血脈授与式』について
  • である(差定の各項目名は、拙僧が適宜付した)。・堂頭登座 ・受者三拝 ・浄道場 ・堂頭垂誡 ・奉請三宝 ・懺悔 ・洒水灌頂 ・三帰戒 ・四弘誓願 ・諸仏大戒授与 ・血脈授与 ・普回向(ただし、回向文は道元禅師『出家略作法』に準ず) ・三拝 ・退堂この中で気になるのは、「四弘誓願」「諸仏大戒授与」「血脈授与」であろうと思う。それ以外は、普通の授戒(喪儀法に於ける授戒含む)などとそう変わらないからだ。そこで、...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
幽村芳春さん
  • 正法眼蔵 行持(下) 31
  • 太祖慧可大師の説話について道元禅師の注釈はまだ続きます。太祖慧可大師のお陰をもって釈尊が説かれた最高の正しい教えを見たり聞きする事ができた偉大な恩義と言うものは、およそ人間の姿をしている人にとっては誰がそれを忘れてよいという事があろう...
  • 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 「安名」の語について
  • し遡ることが出来たので、それを記事にしておきたい。なお、前回の記事では、中国などでの用法に着目して記事にしたけれども、今回は宗門に於ける諸清規・諸作法から検討してみたい。まず、繰り返しになるけれども、道元禅師に由来する『出家略作法』には江戸時代の面山瑞方禅師校訂本(『得度略作法』)も含めて、「安名」の語は出ていない。確認だが、弟子に授けるもの(名前を書いた紙)も、「名前を与える」意味での語の両方とも出てい...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
笹鶏さん
  • 生を明らめ、死を明らめ
  • 生を明らめ、死を明らめ2017-10-12 04:23:01 |身辺雑記道元禅師「正法眼蔵」は極めて難解な書物である。曹洞宗の僧侶でありながら、挑戦しても読解できないできた。今は取り掛かる気力がない。正法眼蔵は読み解けないが、せめてそのダイジェスト版が修証義は、お経として唱える。...
  • 地場・旬・自給笹鶏さんのプロフィール
幽村芳春さん
  • 正法眼蔵 行事(下) 30
  • 太祖慧可大師の説話について道元禅師の注釈は続きます。過去における沢山の祖師方の清い行いや戒律の保持によって形付けられた我々の体を、無駄に妻子の下僕のような立場に置き、妻子の玩弄に任せて戒律を破ったり、堕落したりして行くことを残念に思わ...
  • 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 安名と戒名について
  • 準備品」については、妥当性云々ではなくて、もう、そういう風に呼んでしまうことにしたのだろう。いつ頃から始まった名称なのか?江戸時代の得度関係の文献にあるようだが、その辺は詳しく別の記事にしておきたい。道元禅師はそういう風に使われていないのだが、江戸時代には敢えて新たな名称の採用したものか。それで、?作法名と禅籍などでの使用例とは、同じだといえるだろうか。ここで確認しておきたいのは、実質的に出家の名を師匠が...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
愛国 清澄さん
  • 法華経は真剣に詠まねば
  • (因みに日蓮正宗M講でだけ?では、詠み人知らずとして教えています、何故かは判りません。)  後白河天皇(1127〜1192)・平安時代「法華経の たきぎのうえに降る雪は 摩訶曼荼羅の 花とこそみれ」 道元禅師(1200〜1253)・鎌倉時代、曹洞宗「この経の 心を得れば世の中の うりかふ声も 法を説くかな」 日蓮大聖人(1222〜1283)・鎌倉時代「たち渡る 身の浮雲もはれぬべし たえぬみ法(のり)の ...
  • 世間を渡るってのは辛いねぇ愛国 清澄さんのプロフィール
幽村芳春さん
  • 正法眼蔵 行持(下) 29
  • 太祖慧可大師の説話について道元禅師の注釈は続きます。太祖慧可大師の恩義に報いるに当たっては、体や命を差し出してもなお不足であるであろう。一つの国、一つの城を差し出しても決して十分とはいえない。国や城は他人に奪われる事もあれば親子の間で...
  • 正法眼蔵=坐禅幽村芳春さんのプロフィール
tenjin95さん
  • 今日は『正法眼蔵』「眼睛」巻に学ぶ
  • 、眼睛霹靂なり。おほよそ、渾身はおほきに、渾眼はちひさかるべし、とおもふことなかれ。往往に老老大大なりとおもふも、渾身大なり、渾眼小なり、と解会せり。これ未具眼睛のゆえなり。 「眼睛」巻本巻に於いて、道元禅師は主として、本師・天童如浄禅師の上堂語を拈提する形(他は、洞山良价禅師の語も一則のみ採り上げる)で筆を進めておられる。それで、以前も別の記事で指摘したかもしれないが、道元禅師は如浄禅師の上堂語(実質的...
  • つらつら日暮らしtenjin95さんのプロフィール
Sofiaさん
  • 総持寺
  • 今日は、鶴見にある総持寺に行ってきました。総持寺は、福井県の永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山です。曹洞宗は、鎌倉時代に道元禅師が中国からその教えを伝え、瑩山禅師が全国に広めた、坐禅の修行をする宗派です。以前より一度来たいと思っていましたが、かなり大きなお寺ですね。横浜でこれほどの広い敷地を持つお寺があったとは、驚きました。三...
  • I Love You!Sofiaさんのプロフィール

道元禅師を含むブログ村メンバー

  •  
幽村芳春さん
SRJさん
大仙さん
  • 道元と親鸞大仙さんのプロフィール
  • 親しみのある道元禅師と親鸞聖人の教えについて、書いていきたい。
サイフーさん
  • ZEN BLOGサイフーさんのプロフィール
  • 社会人の坐禅と動中の工夫について。道元禅師や曹洞宗西方寺の宮崎慈空老師のことばを掲載^^

にほんブログ村

>

キーワード

>

道元禅師について