川端康成

川端康成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 古都 川端康成
  • 川端康成の名作「古都」が映画化するそう。原作の小説はこれですね↓古都 (新潮文庫)って、私は読んだことないですけど。レビューを見ると、川端康成は言葉選びの美しさがよく評価されてるみたいです。雪国読んで特に何も感じなかった私は一体・・(;´Д`)ブログ村タグ[川端康成] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • まくろさん日記 まくろさんさんまくろさんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

川端康成を含むブログ記事

テッキトゥさん
木村松峯(峯子)さん
  • 伊豆新聞掲載=8日「川端康成の伊豆」へ送迎バス
  • 伊豆新聞掲載=8日「川端康成の伊豆」へ送迎バス2017年09月21日 19時49分23秒 |新聞<記事の内容抜粋>河津町が運行、先着30人河津町は、伊豆市民文化ホールで10月8日に開くイベント「ふるさとと文学2017『川端康成の...
  • 書道家・墨象家・木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
kyonta1357さん
  • 秋ですね〜”まだ見ぬ歌の巓を目指して!in大阪”
  • かんで…惠ちゃんの歌声が風景に溶け込んでいくようでした。しみじみといいですね〜語彙が乏しくてごめんなさい。 握手会では「私、美都子です」と自己申告する方が増えたとか 読書の秋、若い頃読んだ京都が舞台の川端康成の小説「古都」読み返してみようかな。違う環境で成長した後出会う双子の千恵子と苗子の物語。 内容紹介より捨子ではあったが京の商家の一人娘として美しく成長した千重子は、祇園祭の夜、自分に瓜二つの村娘苗子に...
  • kyonta1357のブログkyonta1357さんのプロフィール
てんてんさん
  • (人が)ありました。
  • 家との交流などを描いている。例によって、読みながら「ほー」、「そんなことも」と思ったことを紹介することに。まず、「源氏物語」の現代語訳について、お互い「源氏」の訳を成し遂げた田辺聖子氏との対談の中での川端康成氏の評価である。?与謝野晶子訳は、一番わかりやすい。?谷崎潤一郎訳は、訳文を原文の長さまで合わせている。また、学者に見てもらっていて正確である。ただ、「あれは訳とは言えません。あれは『源氏』そのもので...
  • てんてんの記てんてんさんのプロフィール
岡崎展久さん
  • 脳細胞の話
  • 桑田佳祐にせよ、小田和正にせよ、アリスにせよみんな、若い時の曲しか残っていません。吉田拓郎もかな・・・小椋佳もそうか。映画監督も同じで、黒澤も、伊丹十三も悩んで、自殺を図りました。川端康成も・・・・ロビンウイリアムスもかな?人を楽しませるのは大変なことです。上の人にしか、上のひとの気持ちはわかりません。繊細だから、いいものが作れますが繊細だから、つぶれます。人間も頭脳のおかげでやってき...
  • 中学受験必勝法岡崎展久さんのプロフィール
風花さん
  • [Twitter]2017年09月19日
  • 2017-09-19 19:38:38 via Twitter for Android @lyra_sonus: 五木寛之『冬のひまわり』。描写がほんとにいいの! 冒頭の一文は川端康成『雪国』レベルに匹敵するほど印象的(『雪国』あんまり好きじゃないけども)。 私も、思い出してしまっても、こういう小説のワンシーンのような思い出しかたなら活… URL 2017-09-19...
  • 空の高さを知る風花さんのプロフィール
バビロン東長崎さん
  • 内臓
  • eet広告を非表示にする関連記事2017-06-27叔母叔母が先週死にこれから通夜へ行く電車の中で書いている。叔母…2017-06-07志賀直哉「佐々木の場合」最近日本の文学をちょこちょこ読む少し前に川端康成を読んでこ…2017-06-04私の生きてきたもしかしたら昨日の続きのような話になってしまうが私が十代の…2016-12-27食事をすると腹が立つ昨日一日ほとんど何も食べなかったので(前日のカレーが消...
  • 意味をあたえるバビロン東長崎さんのプロフィール
秋田隆輝さん
  • 越後湯沢へ行こう ロンドン100連発[112/100]
  • ット読み込めばよかった。せっかく「フジロックフェスへ行こう」を作って来たのに・・・ 来年は出られるかな・・・越後湯沢へ行こう 歌詞越後湯沢へ行こう新潟県は南魚沼郡 湯沢町 三国街道 宿場町 温泉地 川端康成 小説書いたよ 長編 雪国 国境のトンネルを抜けるとそこは雪国であった越後湯沢へ行こう日本有数 リゾート開発 別荘地 湯沢高原パノラマパーク に フィッシングパーク オールシーズン ゲレンデ GALA...
  • 秋田隆輝のノウハウ&ナレッジブログ秋田隆輝さんのプロフィール
さおりピアノ教室さん
  • 夫婦けやき
  • そのうちの1本は、18年前の風がとても強い日に倒れました。地震が起き(自分の家だけでしたが…)玄関を出たところ…地震ではなく、木が倒れた振動だったことに、びっくりしました。この2本の木、1944年に、川端康成先生が、家の「はなれ」に疎開された時に「双樹庵」と名付けられたそうです。このけやきのことも書いてある「しばたの歴史ガイド」が「柴田の郷土館」で販売されています。...
  • さおりピアノ教室のブログさおりピアノ教室さんのプロフィール
樂さん
  • 【保存版】大学生がおすすめする 日本文学の名作 6選
  • 年代#2 夏目漱石『三四郎』明治40年代#3 島崎藤村 『破戒』ー自然主義#4 谷崎純一郎 『刺青』ー耽美派#5 志賀直哉 『暗夜行路』ー白樺派大正#6 小林多喜二 『蟹工船』ープロレタリア文学#7 川端康成 『伊豆の踊子』ー新感覚派おもしろさ順こちらは僕の独断と偏見によるランキング。基本的には★5つから読むのがおすすめ(つまり『伊豆の踊子』)ですが、僕と感性が合わない人は下からでもいいかもしれません。ま...
  • 楽 books樂さんのプロフィール

川端康成を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
雪の天城越え
  • 雪の天城越え
  • 関西から、雪の天城越えに挑戦しました!川端康成さんの「伊豆の踊り子」は映画化され、伊豆の観光に大きく寄与したが、書生と旅芸人の踊り子の同行のドラマ。ほのかな恋情...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:旅行ブログ

川端康成を含むブログ村メンバー

  •  
尾道貴志さん
Mokotoさん
  • 明日もさわやかにMokotoさんのプロフィール
  • うつ病、吃音症。主に私の好きなことについて書いています。
みのおの猿爺さん
乙川喜作さん
  • 乙川喜作のヘルニア日記乙川喜作さんのプロフィール
  • 椎間板ヘルニアに悩まされながらも頑張っている、60歳を目前にした「乙川喜作の毎日のつぶやき」です。
中嶋一博さん
  • 無知の極み中嶋一博さんのプロフィール
  • 月に100冊ほど本を読みますが、その中でも経済や歴史を中心に知識の糧となる書籍をご紹介します。

にほんブログ村

>

キーワード

>

川端康成について