川端康成

川端康成についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 古都 川端康成
  • 川端康成の名作「古都」が映画化するそう。原作の小説はこれですね↓古都 (新潮文庫)って、私は読んだことないですけど。レビューを見ると、川端康成は言葉選びの美しさがよく評価されてるみたいです。雪国読んで特に何も感じなかった私は一体・・(;´Д`)ブログ村タグ[川端康成] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • まくろさん日記 まくろさんさんまくろさんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

川端康成を含むブログ記事

喜楽クイズの山チャンさん
  • 楽しく脳を活性化する 喜楽クイズ(第6回)
  • で、私はあっけにとられた。  「まあ!厭らしい。この子は色気づいたんだよ。あれあれ・・・」と四十女が呆れ果てたというふうに眉をひそめて手拭いを投げた。踊子はそれを拾って、窮屈そうに畳を拭いた。    川端康成(注1)● 博物館の中は例の如く静かだった。(中略)制服を着た監視の一人が「 」「 」そうにカッタン、コットン、カッタン、コットン、とわざと靴で調子を取りながら腰の上に後ろ手を組み、靴の爪先を見つめな...
  • 楽しく脳を活性化する 喜楽クイズ喜楽クイズの山チャンさんのプロフィール
てんてんさん
  • 離婚当事者どうしの言い分
  • さんはひさしが再婚後生まれた一人息子であったとのことである。Wikiの訂正が必要かも。   閑話有名作家の家にはいろんな方が訪れるらしい。精神に異常をきたした方が来た時の話である。その方は三島由紀夫や川端康成の文章をそっくり丸写してくる。そしてある時「君ね、この原稿、至急出版社に届けてくれないか」といい、彼はシャツを脱ぎ、ズボンを脱ぎ始め、好子氏を自分の妻と思い込んでいるようだったと。 作家志望が講じると...
  • てんてんの記てんてんさんのプロフィール
トレイルランガイドさん
  • 夏恒例:8月18日(土)京都一周トレイルでそうめん企画を開催します!
  • 性の方がいました。 川ドボン!お手すきの方は、川で泳いでいてください。 道中はこんな場所で写真撮影できます。 沢の池、京都北山の秘境中の秘境。苔むしたグリーンの池と青空のコントラストが美しい。 川端康成の長編小説、『古都(こと)』にも登場する北山杉。眺めていると自然と姿勢が伸びます。京都に来た!という感じのする場所です。 当日は、参加者一人一人そうめんの具材を手分けして、ザックで運んでいただきます。...
  • はじめてのトレイルラン講座トレイルランガイドさんのプロフィール
新百合ヶ丘さん
  • 浅草でアイスコーヒーにケーキいかがですか?
  • 浅草は多くの作家たちを引きつけた街である。 『あめりか物語』 『ふらんす物語』 『墨東奇譚』などを書き、三田文学を創刊した永井荷風をはじめとした多くの作家の心をつかみ、離さなかった。 そんな浅草で、...
  • ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術!新百合ヶ丘さんのプロフィール
琴音さん
  • 日本ハム交流戦勝ち越し決定 上原が投打に活躍 プロ1号&5回1失点
  • 382KEN) 2018年6月18日[世界の結婚名言集] そう、君らにはわかるまいが、五十六十の堂々たる紳士で、女房が恐ろしくてうちへ帰れないで、夜中に外をさまよっているのは、いくらでもいるんだよ。 川端康成(日本)— 桐谷美玲@相互フォロー (@instead38alone) 2018年6月18日RT @katsuyatakasu: 一番早いお見舞い。台湾と日本は真の朋友。 https://...
  • 今日から健康生活琴音さんのプロフィール
クロマッサンさん
  • 独身のいいところ
  • !!来ましたねぇ。実は6月頭に1週間ほど京都の実家に帰省してたんですが、その際遊びに訪れた阪急『茨木市駅』の電光掲示板がホームに落下したとツイッターで知って諸行無常を感じています。その時の目当てだった川端康成記念館(茨木市にある)は職員さんも展示も無事だったそうで、安心いたしました。当然、京都にある私の実家も大丈夫だったようです。『ようです』というのも両親から安否確認の返信が来ないからです。まぁ実家から徒...
  • 輝かないブログクロマッサンさんのプロフィール
HALさん
  • 糞長−い日本滞在記? 6・別れる人には
  • なんだけどね、その中で、男の子が「遠くに行く人には花の名前を教えてあげなさい。花は毎年咲くから、その花を見れば、教えてくれた人の事を思い出すから」って母親に言われた事を女の子に話してあげるんだ。もとは川端康成だったかな?の小説で「別れる男の人には花の名前を教えてあげなさい。」って事だったらしいんだけど、なるほどなぁって私も早速この花の名前をあぶこに教えてあげたよこの花をどこかで見かけたら、私はあぶこを思い...
  • HALの国際結婚&アメリカ生活絵日記HALさんのプロフィール
junさん
  • 父の日 プレゼント届く
  • 内と乾杯となることでしょう。 何歳になったのだろうと思いネットで検索、早くも50歳、同世代にプロ野球選手の野茂茂雄氏や桑田真澄氏又、世界ではアメリカの北ベトナム空爆停止,日本では三億円事件、東大紛争、川端康成にノーベル文学賞が有った年とのことです。古い出来事なのか新しい出来事だったのか? 息子も娘もそれぞれが一家を構えて25年以上となっています。元気に過ごせていることに感謝です。これからも可能な限り穏やか...
  • 山野草・還風庵junのブログjunさんのプロフィール
新サスケさん
  • 高見順・詩集「死の淵より」kindle版を読む
  • 1965年)は、福井県出身の作家であり、三国町の生家と墓地に、荒川洋治さんに連れて行って貰った事がある。その前に三国町に、高見順の詩碑が出来た時、第1回荒磯忌(ありそき)だったとも思うが、詩碑除幕式(川端康成、今日出海、参列)に参加したのだった。写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。...
  • 風の庫新サスケさんのプロフィール
パライバさん
  • 吉増剛造との遭遇
  • 映像、 造形、 そして 展覧会の根幹をなす 手書きの原稿です。 驚きは 吉増氏が 影響を受けてきた 様々な著名人の原稿や作品の実物も 展覧会を構成していました。 芥川龍之介、 石川啄木、 浦上玉堂、 川端康成、 高村光太郎、 松尾芭蕉、 南方熊楠 、、     あげれば キリがなく、沖縄では初公開の作品資料も多くあります。   原稿の校正、 下書きの跡、 書簡、 日記、、 それぞれの個性が 間近に伝わりま...
  • 沖縄〜 パライバブルーな季節風パライバさんのプロフィール

川端康成を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
雪の天城越え
  • 雪の天城越え
  • 関西から、雪の天城越えに挑戦しました!川端康成さんの「伊豆の踊り子」は映画化され、伊豆の観光に大きく寄与したが、書生と旅芸人の踊り子の同行のドラマ。ほのかな恋情...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:旅行ブログ

川端康成を含むブログ村メンバー

  •  
尾道貴志さん
Mokotoさん
  • 明日もさわやかにMokotoさんのプロフィール
  • うつ病、吃音症。主に私の好きなことについて書いています。
みのおの猿爺さん
乙川喜作さん
  • 乙川喜作のヘルニア日記乙川喜作さんのプロフィール
  • 椎間板ヘルニアに悩まされながらも頑張っている、60歳を目前にした「乙川喜作の毎日のつぶやき」です。
中嶋一博さん
  • 無知の極み中嶋一博さんのプロフィール
  • 月に100冊ほど本を読みますが、その中でも経済や歴史を中心に知識の糧となる書籍をご紹介します。

にほんブログ村

>

キーワード

>

川端康成について