アブラゼミ

アブラゼミについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • せみ
  • [アブラゼミ] ブログ村キーワードセミの鳴き声が聞こえてくると、『夏到来!』を感じます。クマゼミの鳴き声が一番うっとおしいですけど、一番「夏」を感じさせてくれます。日本各地にセミって生息してますが、地域が変われば種も変わりますね。自分が住んでる地域でよく聞く鳴き声は、クマゼミ・アブラゼミ・ニイニイゼミ・ツクツクボウシです。テレビドラマなんかでミンミンゼミがよく鳴いていますけど、このあたりは少 ...・・・続きを読む
  • 革雑貨屋Vertigoの妄想BLOG 革雑貨屋ヴァーティゴさん革雑貨屋ヴァーティゴさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

アブラゼミを含むブログ記事

あね子さん
  • 虫が平気になったきっかけを考察
  • って心には決めてたんです。決めてたんですよ。なのでこの夏、マンションの中庭で弱ったセミが落ちてるのを子どもが取ってくれって言うのでね。ビニール手袋着用でがんばってみたんですけどね。ちょっと無理でした。アブラゼミってゴキに似てません?色の構成が。急にジジジジッって動くのも怖いし。子どものころはセミ取りもしたんですけど、今は触れないです。虫、克服しても大人になってまたダメになる、私みたいなパターンもありますね。...
  • いっちょまえ姉妹を育てていますあね子さんのプロフィール
蘭丸さん
  • アブラゼミ
  • ブログログインランダムgooアンバサダー募集中!!記事を書く検索ウェブこのブログ内で一日一蟲 徒然なるままに『蟲』への思いを綴ります アブラゼミ2018年09月25日 |半翅目(カメムシ以外)雨の降りだす前に Z Fild へ行きました。。。目的は決めてあるので、現場へ。。。『今日の蟲』は、【 アブラゼミGraptopsaltria nigr...
  • 一日一蟲蘭丸さんのプロフィール
日々くさぐささん
  • 南の島へ渡りましたか ・・・
  • 押してください。コメントを投稿する「日記」カテゴリの最新記事南の島へ渡りましたか ・・・一気に秋ですピーナツ豆腐って・・・ 岡山県だけなの???8月も終わりに・・・お盆 過ぎて・・・ちょっぴりドジな アブラゼミと〜〜蝉は わずか 鳴いていますこの夏 蝉が鳴きません台風の近づく朝・・・ほのぼの〜〜でした!記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 一気に秋ですgooブログ お...
  • 日々くさぐさヨキリサ日々くさぐささんのプロフィール
ゆめこさん
  • ● ムーアシロホシテントウ ・ テントウムシ科
  • ウムシ種類 №12 ・ テントウムシ科● 北海道の虫 ?● ・・・ヒョウタンナガカメムシ3種・カ...● クロクシコメツキ ・ コメツキムシ科● 人面蛾・・・クロメンガタスズメ ・ チョウ目...● アブラゼミ ・ セミ科● クロハネシロヒゲナガ最近の画像[もっと見る]● ムーアシロホシテントウ ・ テントウムシ科28分前● ムーアシロホシテントウ ・ テントウムシ科28分前● ムーアシロホシテントウ ・ ...
  • ゆめこが虫を撮るゆめこさんのプロフィール
花のカタリベさん
  • ツミはアブラゼミを咥え
  • きなかったのです。暫くして、割合近いところです、ケヤキの木にツミが飛んできました。枝に留まったツミを見ると、若鳥だったのです。そのツミを見ると、何か食べている様子が見えたのです。よくよく見ると、嘴にはアブラゼミが咥えられていました。今日のツミは、アブラゼミを食べていたようです。今日、掲載する写真はツミです。撮影機材は、キャノンEOS7D、レンズがキャノンEF500mmF4Lに1.4×テレコンバージョンレンズ...
  • 野鳥の観察を都内で花のカタリベさんのプロフィール
オニメさん
  • 遠い太鼓の音をききながら小説をかいています。麻屋与志夫
  • 索ウェブこのブログ内で田舎住まい吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。遠い太鼓の音をききながら小説をかいています。麻屋与志夫2018-09-24 11:36:20 |ブログ9月24日 Mon.●アブラゼミの鳴き声がとけこんでいるような熱風の記憶がうすらいだとおもっていたら、秋の長雨の季節になった。毎年のことだが、鹿沼の秋まつりが終わらないと季節は定まってこない。●膝の関節の痛みもこのところおちついてい...
  • 田舎住まいオニメさんのプロフィール
komagata owlさん
  • 実りの秋(2018年)
  • のにチャレンジして楽しんでいます。そんな日々の生活の中で、感じたこと、思ったことなどを気まぐれに書き込んでいます。最新記事実りの秋(2018年)ごぜんやまラーメン異常値金砂郷プレミアムあんぱん?バッタアブラゼミ百日紅空蝉コキア車中泊小旅行記(南東北)-4>> もっと見るカレンダー2018年9月日月火水木金土123456789101112131415161718192021222324252627282930...
  • 田植え機に乗ったサラリーマン(常陸の国から)komagata owlさんのプロフィール
とんびさん
  • ヒダリマキマイマイを発見
  • 投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「虫」カテゴリの最新記事ヒダリマキマイマイを発見カブトムシのオスは長生きなのか?又しても何の卵かセグロアシナガバチの巣セミの習性エントツドロバチクマゼミとアブラゼミカブトムシの親子種の綿毛かと思ったらカブトムシ関連の〆記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 瓢箪から駒のトヨムスメプロフィール読者登録中読者になる読者になるtw...
  • 鳥瞰ニュースとんびさんのプロフィール
244さん
  • 【必聴名盤】- アルバムレビュー -すとーりーず /ZAZENBOYS
  • 奏。泥沼にはまってずぶずぶでぬけだせない。やはり何かにたいするいらいらを感じる。そんな緊迫感のなかで「つるっとさわってするめのように」などすっとリラックスさせてくれるのが向井流。10. すとーりーず アブラゼミの泣き声。汗でベトベトのTシャツ。子供のころ夏休みが無限に続いてほしいと思っていた。そんな気持ちが夢遊病のように頭の中でリフレイン。 11. 天狗「電線にぶらさがる紫色の天狗」不気味な光景だ。その不条...
  • Budda meets Rock244さんのプロフィール
アンテナバンドマンさん
  • 【Yellow Studs・山人音楽祭 2018】「また帰って来るからな!」故郷の群馬で錦を飾った
  • と、十数年前を振り返るMCから「汚い虹」を披露。Yellow StudsYellow Studsさらに、高野玲(Dr)がキックでリズムを刻みながらヴァイオリンを奏でる驚きのスペシャル編成で届けられた「アブラゼミ」は、秋になった今、哀愁が一層増していてグッとくる。群馬を発ち、東京で何度も秋を迎えた彼らだからこそ鳴らせる音があり、届けられる歌がある。繰り返される毎日には、喜んだり楽しんだりする明るい感情だけが湧...
  • 邦楽バンドの最新まとめサイト!アンテナバンドマンさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アブラゼミについて