徳川家康

徳川家康についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 岡崎城の徳川家康像たくさん
  • [徳川家康] ブログ村キーワード岡崎城には徳川家康の銅像としかみ像と出世ベンチなるものがあります。まずはスタンダードに家康像。家康像は色んなところにありますが、これ駿府城の家康像の次に好き。岡崎で晩年は過ごしていないので、そういう意味では何か違うんだけど晩年の家康のイメージ近いのでwやっぱり家康といったらある程度の貫禄がないとダメなのよ。浜松城の銅像はやっぱ違うわよね。ここの家康像は高い位置にあって・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

徳川家康を含むブログ記事

riso5さん
  • 富士山と抹茶
  • 土曜日、友人と子供たちと駿府城公園へ行ってきました。 曇も多かったのですが、なんと富士山がきれいに見えました! ボランティアガイドさんの説明では、徳川家康は駿府の街づくりで、元々今川が作った道があったにもかかわらず、西から駿府城へ行く道を、天守閣と富士山が見えるようにわざわざ平行する別の道を作ったそうです。 現在の地名では、今川が作った道を本通り、家康...
  • ローマ育児日記riso5さんのプロフィール
静岡商工会議所 広報室さん
  • 駿府静岡と私7 パクス・トクガワーナ
  • ANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。駿府・静岡の歴史散歩静岡商工会議所報掲載記事。小和田哲男さん/駿府と今川氏。徳川家康公と駿府。富士山と静岡の人々。?川恒孝さん/駿府静岡と私。お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]芸術と人文>歴史>日本史コメント(0)コメント投稿名前パスワードブログ絵文字×オリ...
  • 駿府・静岡の歴史散歩静岡商工会議所 広報室さんのプロフィール
ヨッサンさん
  • 愛知県のお城 岡崎城
  •  写真をあまり撮れていませんでした・・・暑さに耐えるのに必死過ぎてwなんてこった!かろうじて撮ってあった写真たち・・・いや〜ダメですね〜公園内は いろいろ周ってますが 記録に残らないや・・・岡崎城は 徳川家康さんが生まれたトコです資料館では徳川家関連のばっかり夏休みで小学生が多くて 少しざわついてて・・・ちょっと長居はできませんね(-_-;)資料を見たくても・・・見れない・・・暑すぎて もう 休憩所でへば...
  • カブでふらふらヨッサンさんのプロフィール
kanaさん
  • 日本の花火は平和の象徴
  • となる火薬「硝石」が発見されその後火薬はヨーロッパに伝わり13世紀の中頃にイタリアで花火が登場。日本へは15世紀(1543年)種子島に鉄砲とともに火薬が初めて伝わり1613年に現在のような観賞用花火を徳川家康が最初に鑑賞したとあった。こうして歴史をたどると確かに日本の花火は歴史が浅い。しかし争いが絶えなかった他国に比べ、日本では大きな争いも無く火薬の製造技術は花火の調合技術へと進化。これが日本の花火文化を...
  • わが家の時間kanaさんのプロフィール
諸星くるとさん
  • 小山田秀生氏や古田元男氏、周藤健氏をはじめとする家庭連合の幹部たちを拘束している邪悪な力!
  • 紐解きなさい』と語った意味が分かってくれたんだね。」 お父様が聖和される前年の一月頃、朝の訓読会のみ言をビデオで見ていると、お父様はそのみ言の中で、「日本の歴史を紐解きなさい」と語られました。続いて「徳川家康」と「西郷隆盛」の名前を挙げられたのです。それまで、私は二十年にわたって、原理的観点から日本史を学び研究していました。自分なりに、何故に二人の名前を挙げられたのか分かったつもりでいました。 それが今朝...
  • 聖霊とともに―メシヤの涙諸星くるとさんのプロフィール
MINATOさん
  • アメリカカブレかもろ日本人か分からぬ食卓 29 塩ムスビ
  • てしまう最近である。「この世で一番美味いものは塩、素材の味を引き立てるのです」「では一番まずいものは?」「それも塩でございます。どんなに美味いものでも、塩味が過ぎると食べられません」このエピソードは、徳川家康と側に仕えた英勝院とのやり取りである。家康はそこで気付くのだった。人心を掴むも遠ざけるも、政治は塩加減次第なのだと。...
  • RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATHMINATOさんのプロフィール
白兎さん
  • エエ話しばっかりは、疑いの始まり?
  • させてしまう文言が並んでいます。 しかも、コピペではなくてそれぞれの人に合わせてメッセージを丁寧に書いているような雰囲気を漂わせています。 かなりの手練(てだ)れですね。 ところがよ〜く読んでみると、徳川家康やな〜と感じたのです。 徳川家康さんって、戦が終わって天下を取ったあと、主立った藩の藩主さんにわざわざご挨拶に行きはったそうです。 そして必ず言ったことは「あなたのお陰で 天下を平定できました」。 そ...
  • 小学2年生からのスーパー飛び級で難関校合格白兎さんのプロフィール
かあさんさん
  • 連休最後〜♪
  • を載せときたい 岡崎にある奥殿陣屋 岡崎の歴史の事をいつも丁寧に説明して頂きありがとうございます(頭に入らな事をお詫びします) 幸せな事にちんくま家の近くは徳川家や松平(一緒か)などが沢山感じれます 徳川家康しか知らないしぃ〜徳川家の世子は竹千代と呼ばれる・・・歴史もの見てたら竹千代竹千代・・・最近理解した内容だから・・・  詳しくは解らない けど かあさんが好きなところではあった(ブログに載せる知識が...
  • ちんくんとくまとの生活日記かあさんさんのプロフィール
ちーしょこさん
  • カラスの落とし物
  • ヨウの蜜を吸うハチさん。花粉だらけですね〜。 フヨウの葉。斑が入っているのは、斑入りの品種なのか?病気なのか? 公園内には、旧東金街道が横切っています。 九十九里方面での鷹狩のために徳川家康が命じて作らせた道路。船橋〜東金間約37キロメートルをほぼ一直線に結んでいた。 ミズヒキ 小さくてピント合わせが大変。 これも斑入りですね。 低木の陰に、小さな青いバケツを見つけ...
  • ママと愛犬の快適な生活をサポートちーしょこさんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 鵠沼皇大神宮例大祭
  • が始まると、三層式・総高約8m の山車の上に立つ歴代の天皇や武者の姿は、実に勇壮で凛々しく素晴らしいものでした。山車の上に立つ人形は、日本の歴史上に名を遺す英雄の「那須与一・源頼朝・神武天皇・源義経・徳川家康・楠木正成・浦島太郎・日本武尊・仁徳天皇」と続き、屋台囃子が競演しながら参道を進み三の鳥居前広場に勢揃いします。青い空を背景に山車の上に立つ約2mの人形の姿も、約百年以上前の明治時代に作られたもので壮...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール

徳川家康を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

徳川家康を含むブログ村メンバー

  •  
アツさん
ミカさん
ラムさん
AikoUnoさん
kenjoさん

徳川家康を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川家康について