徳川家康

徳川家康についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 岡崎城の徳川家康像たくさん
  • [徳川家康] ブログ村キーワード岡崎城には徳川家康の銅像としかみ像と出世ベンチなるものがあります。まずはスタンダードに家康像。家康像は色んなところにありますが、これ駿府城の家康像の次に好き。岡崎で晩年は過ごしていないので、そういう意味では何か違うんだけど晩年の家康のイメージ近いのでwやっぱり家康といったらある程度の貫禄がないとダメなのよ。浜松城の銅像はやっぱ違うわよね。ここの家康像は高い位置にあって・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

徳川家康を含むブログ記事

黄昏モモンガさん
  • 人相のお話 Vol.3 人相のお話 年齢別相 と 戦国三代武将、信長、秀吉、家康の相の比較
  • として頭部が発達していて耳がピンと立っています。頬骨が発達し逆三角形の顔立ちです。これは、賢く頭脳プレーに優れています。頬骨の下から貧弱なのは実は側近や子孫に恵まれないとい相です。最後に「富」を得た【徳川家康】は、上停は幅が狭く、幼少期に母と生き別れになったり、人質として生きた孤独を現していますが、深く刻まれたほうれい線と豊かな肉付きの顎をもち、中停、下停と徐々に発達しています。特に耳たぶは肩につきそうな...
  • 黄昏モモンガのあなたに伝えたいこと黄昏モモンガさんのプロフィール
アトリエハーフムーンさん
  • 食器棚整理&お気に入りの器&プレミアムラーメン
  • しゴムはんこ オーダー シルエット★今日は新月&九州ラーメン&ダイエット&(笑)漫画一覧を見るブログ背景は 日本さくら名所100選に 選定された 東海地区屈指の お花見スポット 岡崎公園の夜桜です (徳川家康公が生まれた 岡崎城周辺を整備した公園) 夜はライトアップされた桜に 天守閣が浮かびあがり 昼間とはひと味ちがう 幻想的な雰囲気が 楽しめます♪ ソメイヨシノなど 約1000本の桜が咲き誇っていますエ...
  • アトリエハーフムーンアトリエハーフムーンさんのプロフィール
IROYASUさん
板垣英憲さん
ドルアーガさん
  • 国盗りクイズ 3月30日の答え
  • 問題:「たいこうき」といえば豊臣秀吉の伝記ですが、「しんちょうこうき」といえば誰の伝記?1. 足利義輝2. 織田信長3. 徳川家康正解:2. 織田信長人気ブログランキングへ解説:「たいこうき(太閤記)」は豊臣秀吉の生涯を綴った伝記ですが、「しんちょうこうき」とは「信長公記」のことで、織田信長の生涯を綴った伝記です。信長を「しんち...
  • ケータイ国盗り合戦 戦国クイズの回答ドルアーガさんのプロフィール
おんぷさん
  • 駿府城公園 2
  • たくさんあったのきっと素敵な方が季節ごとに植えてくださっているのねだれかさんありがとうございますハリーちゃんも大喜びよいい香りもするし華やかでキレイねそれからね…なんとあの超超超有名人にお会いしたのよ徳川家康公よ貴重な3shotになったわハリー「やさしそうなおじちゃんだね」おんぷ「日本人みんなのおじいちゃんという感じがするわよね」ハリー「駿府城公園さんっていろいろなものがあってすごいね〜」おんぷ「そうね、...
  • 魔法少女がもふもふポメラニアンに籠絡されたおはなしおんぷさんのプロフィール
えどっこっこさん
  • 神奈川県 小田原城
  • 政、北条氏直父子の時代まで戦国大名北条氏の5代永禄4年(1561)小田原城の戦い 上杉謙信が越後から侵攻天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原征伐。数十万の大軍で小田原城を総攻撃。3ヶ月の篭城後開城。徳川家康家臣 大久保忠世入城元和5年(1619)阿部正次入城寛永9年(1632)稲葉正勝(母・春日の局)入城貞享3年(1686)大久保忠朝入城、以後大久保氏。馬出門平成21年復元馬屋曲輪から住吉橋、銅門平成9...
  • 気合 根性 やせ我慢えどっこっこさんのプロフィール
よかぽんさん
  • 2017桜〜第一弾〜のつもりが今年もやってしまった
  • く、桜が咲いてさらに楽しめそうです 東京芸大の校舎でしょうか?  桜は少しですが絵になります 上野公園はこんな感じです、人はたくさんいました、アジアン公園になっています 上野東照宮、ご存じ徳川家康を奉っています 日光が一番有名ですが、ここと京都にもありますよ 不忍池を抜け、湯島天神経由で神田川を「お茶の水」から「水道橋」へ この辺で5Km経過、記録が消えたので詳細は不明(理由は後で)...
  • よかぽんのマイイベント頁よかぽんさんのプロフィール
cocoroさん
  • わらび饅頭
  • み写真家的こころの日日譚プロフィール携帯URL携帯にURLを送るブログ村ランキングお勧めサイトPHOTO ROMANCE初めての小菊盆栽西尾舞衣子のほんわか日記海外旅行記月並み寫眞堂俳人十湖讃歌寒牡丹徳川家康ゆかりの寺 秋葉総本殿 可睡斎(あきはそうほんでん かすいさい) 静岡県袋井市  牡丹のお寺としても地域では名高く、この時期室内で牡丹の庭園が鑑賞できます。ボタンに名句を添えて紹介します。 中でも一茶...
  • PHOTO ROMANCEcocoroさんのプロフィール
西山ココさん
  • 桜の季節には静岡まつり。
  • りますが、今、私が楽しみにしているのが今週末の3月31日、4月1日、4月2日に開催される、静岡まつり2017年の静岡まつりは、どんな感じなのか調べてみました。静岡まつりとは静岡まつりとは、「ここ駿府で徳川家康公が家臣を連れて花見をした」という故事からきた、桜の咲く季節に行われる静岡市民のお祭りです。今年は3月31日、4月1日、4月2日に開催されます。静岡まつりの見どころ?大御所花見行列静岡まつりの見どころ...
  • 子育て支援No1!静岡在住ママライターのブログ西山ココさんのプロフィール

徳川家康を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

徳川家康を含むブログ村メンバー

  •  
アツさん
ラムさん
kenjoさん
AikoUnoさん
輝さん

徳川家康を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川家康について