徳川家康

徳川家康についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 岡崎城の徳川家康像たくさん
  • [徳川家康] ブログ村キーワード岡崎城には徳川家康の銅像としかみ像と出世ベンチなるものがあります。まずはスタンダードに家康像。家康像は色んなところにありますが、これ駿府城の家康像の次に好き。岡崎で晩年は過ごしていないので、そういう意味では何か違うんだけど晩年の家康のイメージ近いのでwやっぱり家康といったらある程度の貫禄がないとダメなのよ。浜松城の銅像はやっぱ違うわよね。ここの家康像は高い位置にあって・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

徳川家康を含むブログ記事

マッキンさん
  • 関ケ原の戦い!合戦に至る経緯を分かりやすく5分でまとめました!映画「関ケ原」を10倍楽しめます!
  • 日本を政治でまとめ上げることなど出来ません! (秀頼公がこの時点で成人し、政治を回していたならばどうなっていたか!関ケ原の戦いはそもそも無かったかもしれませんね!) 秀吉公に後を託されたは5人の大老(徳川家康・前田利家・宇喜多秀家・毛利輝元・上杉景勝)と五奉行(浅野長政、前田玄以・石田三成・長束正家・増田長盛)でした。 大老筆頭の徳川家康公は、秀吉公後の天下を治めるのは俺だ!と言わんばかりに大名間の縁組...
  • 戦国武将・戦国大名たちの日常マッキンさんのプロフィール
港区の整理収納アドバイザー 野村高子さん
  • 家康と直虎をめぐる旅 in 静岡
  • です。ご訪問ありがとうございます。 8/26(土) 親・子の片づけインストラクター2級認定講座 @大井町 先週末から3泊4日で、静岡へ行ってきました。 GWの、信長の足跡をたどる旅に引き続き、今度は徳川家康と井伊直虎をめぐる旅です。(⇒子どもの興味を伸ばしたい!信長を追いかけて) 完全プライベート記事になります。 お盆ということもあり、渋滞を避けるために、なんと3:50AM出発! が、拍子抜けするぐら...
  • 「手抜きはしない。手軽にやる」整理収納港区の整理収納アドバイザー 野村高子さんのプロフィール
Tさん
  • ご先祖様の武勇伝
  • 晩、宴会でした。我が家の初代は、武田信玄公と戦い、戦死しました。武田信玄は、本来なら仇ですが、なぜか、崇拝しています。「とにかく、疾風の如く現れ、武田軍は強かった!」その子、二代目は、真田昌幸に仕え、徳川家康との第一次上田合戦で功績をあげたようです。「家康など、けちらかしてやったわ!」三代は、徳川秀忠に仕え、信繁の兄真田信之軍でした。「第二次上田合戦では、関ヶ原の戦いに間に合わず、主君は、元気が無かったよ...
  • のんびりブレイクTさんのプロフィール
ひでさん
  • 刈谷城主・水野忠重を倒した加賀井重茂望の墓が残る知立市宝蔵寺
  • い しがもち)は別名・加賀井重望ともいわれ、かつて加賀野井城(かがのいじょう:岐阜県羽島市)主でした。  織田信長、羽柴(豊臣)秀吉に仕え、慶長五年(1600)の関ヶ原合戦では西軍となり、石田三成から徳川家康暗殺の命を受け関東に向かいましたが、目的を果たすことができずに引き返します。  帰路の途中、三河国池鯉鮒(ちりゅう:現在の愛知県知立市)宿で、浜松城主・堀尾吉晴(帯刀)に出合い意気投合。  吉晴は...
  • ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座ひでさんのプロフィール
mataponさん
  • 方違神社 [大阪府]
  • 祀り、方違大依羅神社(かたたがへおおよさみのかむつやしろ)と名付けたとされています。以後、当社は方災除けの神として崇敬が篤く、文献には仁徳天皇・孝徳天皇をはじめ、弘法大師(空海)・平清盛・後鳥羽天皇・徳川家康などの名前も載っているそうです。近代には、明治6年(1873年)3月に郷社となり、明治40年(1907年)2月に水天宮社(村社)を合祀し、同年10月に向井神社(郷社)および境内社(愛宕神社・神明社・小...
  • 人文研究見聞録mataponさんのプロフィール
さくらさん
  • 2017年08月16日のつぶやき
  • 1AeFAMsiKL https://t.co/ipvISRh0P4 at 08/16 18:02yukimurabo / バサラボ@戦国BASARA情報収集きゃらふぉるむ005 戦国BASARA4 徳川家康 https://t.co/9qToA0AUQc 6/30発売予定 https://t.co/x2tJWVZPoV at 08/16 17:02yukimurabo / バサラボ@戦国BASARA情...
  • 関連情報さくらさんのプロフィール
ひめたろうさん
たまさん
  • 関ケ原の戦い・小早川秀秋は裏切者ではなかった?真の裏切者はこの4人だ!
  • ります。 本当に西軍側につく振りをして(騙して)、東軍に通じていたなら、確かに、裏切り行為ですね。 でも、最近、彼は単なる裏切者ではなかったという説が注目されているのです。 関ケ原の合戦のとき、秀秋は徳川家康と石田三成の両者から、圧力をかけられていて、本当にどうしようか迷っていたようなんですね。 小早川秀秋は、秀吉の義理の甥で、彼に後継ぎがいなかったため養子になっていたのですが、秀吉に実子・秀頼が授かった...
  • 歴史スタイルたまさんのプロフィール
こらそんさん
  • 活気があってビックリな浜松餃子のお店!@濱松たんと 本店(浜松・第一通り駅)
  • そう思いました。他にも美味しそうなご当地メニューはあったのですが次の機会に回すことにしましょうか。また近いうちに行かなくちゃ♪ところで、店頭にあった酒樽の「出世城」が気になって調べてみたら浜松市にある徳川家康が築いた浜松城は別名「出世城」と呼ばれていて、後に数々の大企業を輩出した地として、現在は出世の街とも呼ばれているそうなんです。そこで、「やらまいか!」の掛け声をお願いするとかけてくれ、そこに「おいしょ...
  • Secret Box of OZこらそんさんのプロフィール
しずおかkさん
  • 徳川家康の神廟 国宝 久能山東照宮 (静岡県静岡市駿河区根古屋390)
  • 久能山城(くのうざんじょう、別名 久能城)は、室町時代末期(戦国時代)の永禄11年(1568年)に今川氏の領国 駿河(静岡県中部)へ侵攻した、甲斐(山梨県)の戦国大名 武田信玄が築城。武田氏の滅亡後は徳川家康の城となり、慶長年間(1596〜1615年)には更に堅固な城に改修。江戸時代前期の元和2年(1616年)4月17日、将軍職を息子の徳川秀忠に譲った後に、駿府城(静岡市)で大御所として君臨していた徳川家...
  • 静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイドしずおかkさんのプロフィール

徳川家康を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

徳川家康を含むブログ村メンバー

  •  
アツさん
AikoUnoさん
kenjoさん
金銀花茶さん
ラムさん

徳川家康を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川家康について