被告

被告についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [被告] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

被告を含むブログ記事

hike-69さん
  • 無戸籍児の理由!問題は学校や住民票と健康保険?戸籍取得方法は?
  • てきた。では、この無戸籍児が戸籍取得をする方法について見ていこう。まず、現夫がその子供の父親だと法的に認めさせ、戸籍取得する方法がある。それが認知調停という手段である。法律の建前上、母親が原告、現夫が被告という形で調停をし、裁判所がその子供が現夫の子供だと判断すれば、その無戸籍児が戸籍を取得できるという方法だ。また、元夫を父親だと認め戸籍取得する方法もあるようだ。この場合、法務局で母子関係の証明をして...
  • RUMBLEhike-69さんのプロフィール
EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さん
  • 白人至上主義に目をつぶるトランプ氏の危うさ
  • 2年2カ月のあいだで、白人至上主義者による攻撃はフィールズ容疑者の事件で5度目となる。彼らのような「一匹オオカミ」による犯行で、計13人が犠牲となり、28人が負傷している。21歳だったディラン・ルーフ被告は、インターネットで人種差別に傾倒していき、2015年にサウスカロライナ州チャールストンの教会で黒人9人を殺害した。同年、ミネソタ州でも、22歳のアレン・スカルセッラ被告が反差別運動「ブラック・ライブ...
  • EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫EMERALD WEB≪拝啓 福沢諭吉さま≫さんのプロフィール
Harmony スタッフ Saitoさん
  • ウクライナ女性・「ポルタヴァ」カテゴリーです!
  • に詳しいプロフィールは画像をクリックしてご覧ください。 No.4622女性の詳細プロフィールは、「ロシア・ウクライナ・国際結婚 Harmony」の公式サイトでもご覧になれます。 『民事訴訟判決(被告:宮川孝昭氏)についてのお知らせ』・『皆様への重要なお知らせ 【1件目】』・『皆様への重要なお知らせ 【2件目】』・『皆様への重要なお知らせ 【3件目】』・『訴訟担当弁護士からのお知らせ』も併せてご覧...
  • ロシア ウクライナ 国際結婚 Harmony スタッフブログHarmony スタッフ Saitoさんのプロフィール
柴+シェパードさん
  • 2017【No.1012】
  • い、再び歩道を歩く。10 2017年4月5日、午前10時、修吾は京極の指導のもと、過去の刑事裁判の判例について、勉強していた。 「あのー、質問いいですか?」 修吾は、京極に質問する。 「なんだ?」 「被告人が起訴内容と違うと、答えた場合は、弁護側はどう答えたらいいでしょうか?」 「まあ…そういう場合は、『被告人の無罪を主張します』って、答えればいいかな」 京極は質問に答える。11 品川区内にあるパチン...
  • 柴+シェパードのブログ柴+シェパードさんのプロフィール
MRIさん
  • [Twitter]2017年08月20日のツイート
  • んな「本当の犯人探し」をいつまでもやっとるよね。2017-08-20 06:37:23 via Twitter for iPad@KJ_monasouken: RT @cook0731: 相模原殺傷 被告の事件への認識 URL 植松聖「赤ん坊も老人も含め全ての日本人に一人800万円の借金があります。」 大量殺人犯が財務省のデマを犯行原因の一つとしているのですが。無知は人を殺すってか。2017-08-2...
  • MRI(モナー総研HD)MRIさんのプロフィール
北海道サンタさん
  • 『豊田真由子議員』丸坊主で復帰か??近々政治活動再開の噂??
  • ってしまった方ですから。AKB:峯岸みなみ・・言わずと知れた出典:峯岸みなみyoutube?野々村元議員・・意外と知らない【 訂正 】https://t.co/aPplN9ygN3先ほどの野々村竜太郎被告のツイートに関して、正しくは「野々村元県議は頭をスキンヘッドにしており」の誤りです。お詫びして訂正申し上げます pic.twitter.com/hzhWZ8F1aM― ニュース速報Japan (@br...
  • 空手ヲタと人間は共存できる北海道サンタさんのプロフィール
fubukiさん
  • 2017.07.12 「コスメディ製薬 v. バイオセレンタック」 知財高裁平成28年(行ケ)10160
  • 訂正が特許請求の範囲の減縮を目的とするものであるというためには: 知財高裁平成28年(行ケ)10160【背景】被告(バイオセレンタック)が保有する「経皮吸収製剤,経皮吸収製剤保持シート,及び経皮吸収製剤保持用具」に関する特許第4913030号に対して原告(コスメディ製薬)がした無効審判請求について、本件訂正を認め...
  • 「医薬系 "特許的" 判例」 ブログfubukiさんのプロフィール
介護被害者会代表さん
佐季papaさん
  • ようこそ刑事さん
  • ようこそ刑事さん2017年08月20日 |お仕事先日、お盆休みに入る前のことですが、八千代警察署の刑事さんが私の事務所にやってきました。なんでも、私が昨年証人尋問を受けた民事裁判(被告は不動産取引業者のKさん。私が携わったのは2件の不動産登記申請)に関し詳細を伺いたいとのこと(2016/10/6付け初めての証人尋問参照のこと)。刑事さんからの最初の電話は7月だったのですが、用件のみ...
  • 司法書士佐季papaの毎日が一期一会佐季papaさんのプロフィール
恋夜姫さん
  • [転載]検察は籠池氏を詐欺罪で起訴してはならない:郷原信郎が斬る
  • これを根拠に、国の補助金の不正受給に関して、検察官は、詐欺罪と不正受交付罪のいずれで起訴することも判例上許容されているとしているようだ。しかし、この最高裁決定は、適化法が施行される直前の昭和30年に、被告人ら3名が国庫補助金を不正に受給しようと「共謀」し、同31年に施行された後に、それを実行して不正受給を行った事実を、検察官が適化法違反で起訴したことが「刑罰の不遡及」を定める憲法39条に違反するのでは...
  • 恋夜姫恋夜姫さんのプロフィール

被告を含むトラコミュ

人権団体
  • 人権団体
  • 権団体(じんけんだんたい、human-rights group, rights group)は、特殊な事情にあってその人間としての基本的な人権が踏みにじられていると考える人たちの人権擁護などを...
  • トラックバック数:226 TB参加メンバー数:66人カテゴリー:政治ブログ
冤罪(えんざい)
  • 冤罪(えんざい)
  • 冤罪(えんざい)とは、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉である。つまり「濡れ衣(ぬれぎぬ)」。捜査や裁判の過程に問題が指摘されている刑事...
  • トラックバック数:1151 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:政治ブログ
裁判員の参加する刑事裁判に関する法律
  • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律
  • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(さいばんいんのさんかするけいじさいばんにかんするほうりつ、平成16年5月28日法律第63号)とは、裁判員制度について規定する日本...
  • トラックバック数:638 TB参加メンバー数:25人カテゴリー:政治ブログ
アウトロー
  • アウトロー
  • アウトローは語源的には犯罪等により法の保護を受けられなくなった人物をさす。しかし、現代ではもっぱら西部劇での無法者及びそのような生活スタイルを示す語として用いら...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:哲学・思想ブログ
無罪
  • 無罪
  • 無罪(むざい)とは、刑事訴訟において、被告事件が罪とならないとき、もしくは被告事件について犯罪の証明がないこと、またはその時に言い渡される判決をいう。広義には、...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:政治ブログ

被告を含むブログ村メンバー

  •  
ソーシャルワーカー原田和明さん
Xx被告人さん
  • 森羅万象Xx被告人さんのプロフィール
  • Maple Storyみずきサーバーで活動している森羅万象のギルドサイトです。
ムザイさん
R.Nさん
gotosaibanさん

被告を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 北方領土問題に関する意識調査レス: 0/114(1043件)政治ブログ
  • に属する国後島は、日本国には属しないこととなったものと解する、との決定が下った。出入国管理令違反被告事件 (昭和34年02月25日) 最高裁判所第二小法廷 決定(原審裁判所名 札幌高等裁判所)...
  • 「死刑制度」は存続か?廃止か?レス: 0/244(1043件)政治ブログ
  • 択することは絶対に許されないと思います。理由は、必ず裁判に現れない部分があるだろうからです(もっとも被告人に有利なことかもしれませんが)。その上で、女子高生コンクリート詰め殺人事件、光市の母子殺人...
  • 「死刑制度」は存続か?廃止か?レス: 0/244(1043件)政治ブログ
  • が必要に思います。 そして三つ目は、これは本来、現行法で定まっている事で、「疑わしきは被告人の利益に」という、推定無罪の原則を順守すること、特に、現行法で定まっているのに無視されてまかり...