黄体ホルモン

黄体ホルモンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [黄体ホルモン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

黄体ホルモンを含むブログ記事

hogushianさん
  • 痩せない原因は【肋骨かも?】開いた肋骨は締めよう!!
  • ・周辺筋肉の衰えであるのかもしれません。『お腹いっぱいなはずなのに食べちゃう』も肋骨のせいかも?始めに言っておきます。食べても食べてもお腹がいっぱいにならない原因は、多々あります。ストレスであったり、黄体ホルモンの分泌であったり、寒さだったり、色々。そんな風に、『お腹いっぱいなはずなのに食べちゃう』の原因のひとつとして、【肋骨の開きもある】かもよ という事です。肋骨が開いた状態だと、その中に納まる胃が骨でガー...
  • 40代、50代でも痩せる!!と信じるゆきこのブログhogushianさんのプロフィール
pari88さん
  • アラフォー必見!男性を引きつける「女性ホルモン」を取り戻せ
  • っと知りたい「女性ホルモン」』(角川学芸出版)など。http://koyamatakaoclinic.jpカギを握るのは「エストロゲン」女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、2つがバランスを取りながら女性の体をコントロールしています。2つの役割を簡単に言えば、エストロゲンは「女性らしさを司るホルモン」、プロゲステロンは「妊娠のために必要なホルモン」です。 「一般...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
  • 冬はホルモンバランスが乱れがち!女性の過半数を占める「高温期ギザギザタイプ」とは?
  • タイプ」 年代別で体温タイプを分析した結果、25〜29歳の女性の過半数が、高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある「高温期ギザギザタイプ」であることが分かりました。 「高温期ギザギザタイプ」は、黄体ホルモンの働きが十分でないため、妊娠しにくい傾向にある。その原因としては、ストレス、生活習慣の乱れ、血液循環が悪くなっていることが考えられます。 特に、冬の時期は「冷え」などが原因で、自律神経の乱れが生じるこ...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
胃腸良子さん
  • ナチュラルホルモン補充療法は私達の救世主になるのか?がんリスクが少ないホルモン剤とは?
  • ていたからです。 しかし、この治療には落とし穴がありました。「がん」を作ってしまうのです。ホルモン補充療法が全盛期の時には直視しなかった問題です。 人間の体は全てがバランスです。卵胞ホルモン、黄体ホルモン、成長ホルモン、テストテロン、様々なホルモンが、私達の年齢相当の体を支えています。一部の側面だけをみて、薬でホルモンを補充してもそのツケはどこかに出てしまいます。まだまだ人間の知恵では「老けない体」を...
  • 胃腸良子のアンチエイジングサプリメント外来胃腸良子さんのプロフィール
早希さん
  • 【ご質問】女性ホルモンを増やすには、ストレス軽減していくでいいですよね?
  • 低温期が長すぎると、卵胞ホルモン(エストロゲン)過剰の可能性もあり、 もしエストロゲン過剰なら、エストロゲンに似た作用をもつ 環境ホルモンを減らした方がいいです。 高温期が短いなら、(11日以下など)黄体ホルモン(プロゲステロン)が少ないでしょう。 * こちらなら、 抗ストレスホルモン の コルチゾールが多くなってる事が多いので、 そうなっちゃうストレスを減らすことですよね。 * あと、高温期への移行が数日か...
  • 妊娠占い−不妊治療・不妊症・不育症の女性を応援早希さんのプロフィール
Kaoriさん
  • 「よもぎ蒸し」で温活してきました!気になったので、効果を調べてみました
  • 理由の一つです。「よもぎ蒸し」に通うのに効果的なタイミングは?「よもぎ蒸し」が一番効果的なのは、排卵前の「低温期」です。生理終了後から、排卵までの間の期間です。低温期の間に体をしっかり温めることで、「黄体ホルモン」の分泌を促します。その結果、子宮内膜が厚くなり、妊娠しやすい状態を作る事ができます!一つ注意点が、高温期に「よもぎ蒸し」をしてしまうと、血流を良くしすぎて着床ができなくなってしまう可能性や、精子が熱...
  • 幸せ未来工房Kaoriさんのプロフィール
チャオカーネさん
  • ご家族様決まりました!
  • をご希望のご家族様がもうお待ちだったんです!ずっと待たれてて・・・無事に生まれますようにってお守りまで頂いて本当に申し訳ありませんハルは久しぶりのヒート(1年半ぶり)だったんで万全を期すために、事前に黄体ホルモンの検査をして排卵日を特定しての交配だったんですがなんでなんだお待ち頂いてたご家族様本当にごめんなさいっで、ミルクもなんかあやし〜い下がミルクねw上はココアとにこちゃんミルクもエコーで診てもらいました!...
  • Dog House CIAO CANE チャオカーネチャオカーネさんのプロフィール
木村嘉代子さん
  • 更年期の月経不順による不調を整えるハーブ
  • を緩和させる働きがあります。月経のいやな気分を解消し、リラックスさせてくれるでしょう。チェストベリーチェストベリーは、クマツヅラ科の植物で、ヨーロッパでは月経前症候群などの治療薬として知られています。黄体ホルモンの分泌を促進する働きがあり、月経を正常化し、月経の不快な諸症状を改善します。ワイルドヤムワイルドヤムは、植物性エストロゲン(女性ホルモン)を抽出する原料として知られています。月経時の痛みなどを緩和し、...
  • らくだの休憩時間木村嘉代子さんのプロフィール
めぐ&ジュリーさん
  • 再発情のQ太郎、手術へ!!
  • いては、こちら●私たちについてはこちら3歳になった、おしゃれキャット・Q太郎♀。避妊手術済みなのに、8月末に再発情が1週間あり、9月にも会ったので、受診。詳しくは→→こちら  と こちら と こちら 黄体ホルモンを注射してもらい、モルモンの値を計りました。その時に、エコーを見て貰ったけど副卵巣、取り残しの卵巣は見つかりませんでした。 それでも、私は絶対に他の病気ではなく副卵巣や取り残しの卵巣による発情期だと確...
  • それゆけ☆みけっこ!めぐ&ジュリーさんのプロフィール
トコミさん
  • D11 来週旅行に行くことになりました(時差問題)
  • そうです。そして紆余曲折を経て、海外旅行が決定しました。 不妊治療の検査の結果が出たというのも大きなきっかけではありました。旦那は全く問題なかったし、私は黄体機能不全以外は全て正常値。治療と言っても黄体ホルモンを飲むくらいで、特に病院に通わなきゃいけないこともない。黄体ホルモンを飲んでちゃんと効果が出たら、妊娠できるかもしれない。そしたら、夫婦2人で旅行に行けるのは最後になるかもしれない。じゃあ、行っちゃお...
  • 26歳、不妊治療始めます。トコミさんのプロフィール

黄体ホルモンを含むブログ村メンバー

  •  
花菜さん
ましゅマロさん
トト子さん
チャーミー♡さん
hanaさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

黄体ホルモンについて