卵胞ホルモン

卵胞ホルモンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [卵胞ホルモン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

卵胞ホルモンを含むブログ記事

ひろさんさん
  • 体を温めるのは自律神経と女性ホルモン?!
  • 交感神経の働きで 熱を血流に乗せて巡らせているのが副交感神経の働きです。 女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)が 脳の視床下部からの指令で 全身、お腹の周りを温めるわけです。 女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)は肌や髪の新陳代謝を促し 若さをキープする役目があります。 両方のバランスが崩れると体調も崩れるわけですね・・・・。 冷えが原因で起こる症状として  抜け毛・白髪・薄毛 くすみ・たる...
  • 足立区美容室 美容室ブルー 南舘弘子の美容師ブログひろさんさんのプロフィール
pariさん
  • 日本人女性の平均閉経年齢って?生理不順と閉経の違いを知ろう
  • 閉経」と定義しています。原因はいろいろあるようですが、中でも40歳未満で無月経となってしまう場合は、早発卵巣不全の可能性があります。◆閉経はなぜ起こるのか まず、年齢を重ねることで卵巣の機能が低下し、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ることで起こります。 一般的には、20歳代から30歳代くらいまでは、卵巣の重さは14gくらいあるといわれています。しかし40歳代になると急に重さが減り、50歳代くらいでは、...
  • 幸せ呼ぶ猫神の呟きpariさんのプロフィール
Bさん
  • 生理中のダイエットはどのようにしたら良いのか?
  • ように、なるべくストレスを溜めないということを大事にして過ごしましょう。そして生理が終わり。。。そこからがダイエットのチャンスです!なぜかと言うと、生理が終わってから2週間のうちは、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、心も体も快調で、痩せやすい時期に入るからです。この時期に、運動、特に有酸素運動をすれば、内臓脂肪を効率良く使うことができるので、積極的に体を動かしましょう。食欲も生理前と比べると落...
  • 美のblogBさんのプロフィール
malus38さん
  • 生理周期に合わせたダイエット法【前編】
  • 痩せやすい時期と生理周期がどのように関係しているのか… 「2つの女性ホルモン」に注目しながら、詳しく見ていきましょう。 ダイエットを左右する2つの女性ホルモン  女性のホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)という、2種類のホルモンがあります。これらのホルモンの量は、おおよそ28日前後の周期で変化しています。 エストロゲン・・・女性らしさを作るホルモン!生理の終わり頃から...
  • 美容と健康malus38さんのプロフィール
可成さん
  • プロゲストクリーム
  • 初の一週間はニキビも増えたけど落ち着いてきたっぽい? さて、肝心の髪ですが、早くもうねりが解消!前髪の変な流れがなくなりました。 ということで女性ホルモンが減ってきていたことに確証を得たわけですけど、卵胞ホルモン補充のほうがよかったかな?黄体ホルモンのほうが早く減り始めるらしいのでそっちの商品を買ったのですが、ミスったかも。...
  • 美しい弱者になる可成さんのプロフィール
konanさん

卵胞ホルモンを含むブログ村メンバー

  •  
まこさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

卵胞ホルモンについて