卵胞ホルモン

卵胞ホルモンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [卵胞ホルモン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

卵胞ホルモンを含むブログ記事

ゆっき〜さん
TAIKEIDOダイエット姉妹さん
  • お肌の5月病(´;ω;`)
  • ・・・? ホルモンバランスと連動して皮脂量、そして外部からの異物の侵入を防ぎ、肌内部の水分が外に逃げないように止めているバリア機能が変化しているのです。図を見ていただくと分かるように生理後の1週間は卵胞ホルモン(女性ホルモン)がたくさん分泌され、それに伴ってバリア機能も高くなります!この時はキメが整い、化粧ノリの良さを感じるなど絶好調の時逆に生理前1週間は卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモン(男性ホルモン)が増...
  • キレイに痩せさせることが大得意です♥TAIKEIDOダイエット姉妹さんのプロフィール
里奈さん
  • 女性ホルモンを味方に心も体もキレイをキープ。体調を崩しがちな“今”を賢く乗り切る方法って?
  • ?もしかすると、その原因は“ホルモンバランスの乱れ”かもしれません。ホルモンバランスの乱れが与える影響って?女性の体の調子に大きく影響する「女性ホルモン」は、女性らしさをつくるホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、妊娠を助けるホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。一定のリズムをもって卵巣から分泌されていますが、その分泌の指令を出すのは脳の視床下部。この視床下部は自律神経を司る部分...
  • Ballerina〜美姿勢&美脚メソッド〜里奈さんのプロフィール
shibireniraさん
  • 「薬草学」:1日目
  • ブタから副腎皮質ホルモンを作った。ブタ1万頭に対して、数gしかホルモンは作られない。それに対して、現在はMexican Yamという山芋の仲間からジオスゲニンの成分を取り出し、副腎皮質ホルモン系製剤や卵胞ホルモン系製剤、男性ホルモン系製剤が作られるようになった。この芋、1個が30〜40kgというとても大きな芋だが、このおかげで、養豚農家は収入が減ったとか。 医薬品(生薬)と食品(薬草茶)の違いは驚きました。内...
  • ヨルコンハジャ!!shibireniraさんのプロフィール
ゆっき〜さん
  • ヽ(・、 .川 ノ ))  またまた!移植手術は、お流れ。。  (?Д?; 川 
  • 省いてあります。。)余分な余白と、ケータイでの文字化けはご容赦下さいねん『 L H 』 ⇒ 黄体形成ホルモン 『 FSH 』 ⇒ 卵胞刺激ホルモン 『 E 2 』 ⇒ 「エストラジオール」という 卵胞ホルモン『 P 4 』 ⇒ 黄体ホルモン 『 β‐HCG 』 ⇒ ヒト絨毛性ゴナドトロピン 20156/307/ 87/10L H4.910.515.3FSH10.015.7−E 226.4395.1842....
  • ぷちスピリチュアル生活ゆっき〜さんのプロフィール
ねむママさん
  • 妊娠後期になって夜眠れなくなりました…そして1日中眠い。原因と対策は?
  • 中期は日中眠くなってしまう人も多いと言います。妊娠後期も黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量は増え続けるのですが、妊娠後期の特に臨月近くになると増え方はいったん落ち着き、もう一つの女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量の増加がより大きくなります。これにより、それまで眠気を誘発していた黄体ホルモン(プロゲステロン)の力が弱まるため妊娠後期になると夜目が冴えてしまったり、寝つきが悪くなることがあ...
  • MamaLifeねむママさんのプロフィール
漢方薬舗 長春堂さん
  • 40代からは『お腹から太る』そのワケは…
  • ったエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうからです。また、代謝を促す筋肉の量が減ることも影響しています。これらに加え、女性の肥満の大きな要因になっているのが、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」(卵胞ホルモン)の更年期による減少です。エストロゲンは生理や妊娠と深くかかわっているだけでなく、丸みを帯びた女性らしい身体を作ったり、髪をつややかに保つ働きをしています。また、血管を強くしなやかにし、心筋梗塞や脳卒...
  • 阿倍野区のくすり屋さん 漢方薬舗長春堂ブログ漢方薬舗 長春堂さんのプロフィール
レイさん
  • 顔のシミに効果がある食事を積極的に摂取しましょう。
  • 関係していると言われています。 頬、額、口の周りにぼんやりと左右対称の薄いシミが出ているのであれば、 女性ホルモンの乱れを整えることを意識してみるといいでしょう。 女性ホルモンには、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンがあります。 両者のバランスが乱れ、プロゲステロンが過剰に分泌されると、メラノサイトが刺激されてしまい、 メラニンが多く作られることになります。また、女性ホルモンが乱...
  • 顔のシミ対策と予防ガイドレイさんのプロフィール
さとみさん
  • GWはタイミング取れました (2018.5)
  • に行くことになるんだろう。明日の体温次第でどうなるか分かりそうで怖い、いやもう分かってる気もするけど。体温下がっちゃってるし(;_;) この日の診察ではさらにホルモン検査の為に採血をしました。高温期の卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量を確認し、正常に機能しているか確認するようです。この結果は次回病院で聞けることでしょう。 私の病院では先生は基礎体温は見ません。基礎体温は人それぞれだから参考にしない!ということ...
  • さとみの妊活別居生活さとみさんのプロフィール
アンチエイジングライフさん
  • 生理前のむくみはなぜ起こるの?いつもキレイでいるための基礎知識
  • るの?いつもキレイでいるための基礎知識1.生理前に体がむくんでしまう原因は?生理の前になると体がむくんでしまうのには、女性ホルモンが深く関係しています。この女性ホルモンには以下の二つの種類があります。卵胞ホルモン(エストロゲン)生理が終わって排卵が起きるまでの間は「卵胞ホルモン」がたくさん分泌されている時期で、受精前と受精後にこのホルモンが働き、妊娠できるように準備をする役割があります。黄体ホルモン(プロゲス...
  • アンチエイジングライフアンチエイジングライフさんのプロフィール

卵胞ホルモンを含むブログ村メンバー

  •  
まこさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

卵胞ホルモンについて