開高健

開高健についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [開高健] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

開高健を含むブログ記事

ICHIHARUさん
  • どの成功法則がいいの?/社会に目を向ける成功法則、家族に目を向ける成功法則。
  • 性格も似ている」という女性の生き方を、一番に参考にしています。個人名は出せないのですが、楽焼の陶芸家さんです。成功法則の、最良のお手本は、すぐ近くにいる人だったりします。本日の読書。北康利『佐治敬三と開高健 最強のふたり』講談社北康利『陰徳を積む 銀行王安田善次郎』新潮文庫(回数不明)― 宮毬紗 (@miya_marisa)2018年9月15日ichiharugallery 2018-09-15 14:...
  • Gallery Shop ICHIHARU アートお喋り空間ICHIHARUさんのプロフィール
mitumine 夢幻庵日記さん
  • 「極夜行」 角幡唯介 文藝春秋社 を読んだ
  • に記しています。「極夜行」 角幡唯介 文藝春秋社 を読んだ2018-09-15 14:35:52 |読書 本書は、氏のチベット・ツアンボー渓谷単独探険(2002−3,2009−10「空白の五マイル」−開高健ノンフィクッション賞他受賞)に続く3回目の勝負をかけた旅の記録である。脱システムという考え方を旅の中にぶち込んで、行動によって思想を表現したい思いだった(あとがき)。20012年から3回のカナダ・グリ...
  • mitumine 夢幻庵日記mitumine 夢幻庵日記さんのプロフィール
cazittoさん
  • レヴォーグ日記 - 十和田湖ドライブ(田代平グダリ沼)
  • 雰囲気の中を進む。人気も人家も全くない高原の怪しい道にも関わらず、青森市内からも近いからか、思ったよりクルマの往来は多い。 十和田湖から1時間弱で、目的地グダリ沼へ着く。40年前の1978年に開高健サンの「私の釣魚大全」を文庫本で読んで以来、その中の「高原の鬼哭」というエッセイに書かれているグダリ沼が小骨のように心に刺さって離れず、いつかここを訪れたいと思っていたんだが、カンレキになってやっと実...
  • cazitto (blog)cazittoさんのプロフィール
ざうらーさん
  • 古文書探訪(16) 湿原のカムイ・佐々木栄松
  • ている。著者の生家は、この白糠町で製紙工場を経営していたそうだから、息子が絵を描いていられる裕福な家庭だったのだろう。幼い頃から湿原で遊んだ著者は、長じてイトウ釣りの名人と呼ばれるようになった。文豪・開高健に、夢にまで見たイトウを釣らせ「一点の曇りも無い、完璧な一日」と言わせたのも、この佐々木栄松だ。この湿原のカムイ。探して読む価値がある・・・と断言しちゃおう。釣りキチ三平の、開高健の、あの興奮が鮮やか...
  • コリドラス 7.2cmざうらーさんのプロフィール
AT&TTさん
うしがえるさん
  • Shine: The Music of Julie Giroux
  • れる曲が多い。真面目だったり深刻な雰囲気の曲はない。収録されている作品は小粒で、特に傑出した作品は見当たらないが、どの曲もほどほど水準に達していて、つまらない曲はない。「Opa!」というと当ブログなど開高健の同名小説を思い出してしまうが、もともとの意味はポルトガルで驚きを意味する感嘆詞「おお!」「わお!」だ。ギリシャのトラディショナルの「karaguna」が使われている。釣りは全く関係ないが、途中のゆっ...
  • 音楽雑記帳 クラシックとジャズうしがえるさんのプロフィール

開高健を含むブログ村メンバー

  •  
aochamaさん
  • 『颯風録』aochamaさんのプロフィール
  • あおちゃま一家の日常、釣り、車のことなどをテキト〜な感覚で綴っているのであります。
ホセ・クエルボさん
torancetoripperさん
kaikoさん
  • 開高健 名言集kaikoさんのプロフィール
  • 開高健の名言・格言・アフォリズム集
tsume0809さん

開高健を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

開高健について