開高健

開高健についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [開高健] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

開高健を含むブログ記事

maoppaさん
  • 『ニコイチ』の記録係かっ(笑)
  • ど☆ホッツキ歩き☆していつもの公園に帰って来ました ↓ ちゅっゆーよーな金・土・日のニコイチの動きを書きました小生は『ニコイチ』の記録係かっ(笑)そんな小生のささやかな楽しみはコレ ↓ 大好きな「故 開高健」さんが別注していた「パイプタバコの葉のレシピ」が残っていてドイツのメーカーが復元して販売してるのを見つけましたついでにパイプもひとつ増やしましたで『JAZZ喫茶 Mambi』を開店してこんなCDをか...
  • 真央亭日乗maoppaさんのプロフィール
yosi0544さん
  • 2017-09-10〜12 裏越後三山?
  • で。荒沢岳登山口Pに着。終わりましたー!白銀の湯は入ったことがあるので、今日はかもしかの湯へ。キャンプ場と併設の施設。りっぱなロビーを通り抜け、温泉は別棟。 道の駅ゆのたにで遅い昼。  「開高めし」 開高健が好んだという 山菜入りの焼き飯、紅ショウガ付き。自分へのご褒美は 「八海山 魚沼で候」 八海山の純米酒、魚沼地方限定で販売。駒の小屋 600小倉山 740道行山分岐 840明神峠 940石抱橋 11...
  • いなかの240yosi0544さんのプロフィール
日向亮司さん
  • 夏終る
  • 絵を大切に抱えながら伝統芸能である「水上人形劇」を見、最後の夕食を済ませ空港に到着した。飛行機は真夜中0時の出発である。3時間程の余裕があった。ラウンジでシャワーを浴び、ソフトドリンクなどを飲みながら開高健の「輝ける闇」を読んでいた。旅行中、空港やホテルの就寝前に読み続け、あと数ページを残すだけとなっていた。小説は作者がベトナム戦争取材のため従軍し、激しい戦闘に巻き込まれながらも奇跡的に生還した経験をも...
  • ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
office_kmotoさん
  • 川本 三郎 著 『マイ・バック・ページ―ある60年代の物語』
  • 著 『大人の流儀』  『続・大人の流儀』  『別れる力』 サントリー...田辺 茂一 という人 もう少し田辺茂一という...高山 文彦 著 『エレクトラ―中上健次の生涯』 この本は副題にもあるよ...開高健の「勉強部屋」とその死  南木さんの小説で、主人...佐伯 一麦 著 『渡良瀬』  茨城県西部の渡良瀬遊水...ブログジャンル画像一覧もっと見るファン申請※ メッセージを入力してください外部サイトRS...
  • 私の引き出しoffice_kmotoさんのプロフィール
NAOさん
  • 【BOOK】ベトナムに死す ? ーあるベトナム人女性の日記
  • ナム戦争は特別だったのでしょう。向かう先が死のリスクのある戦場であるにもかかわらず、彼らが功名心や冒険心を持ち合わせていたということを、わたしは理解できる気がします。正直に言うと、沢田教一、近藤紘一、開高健、石川文洋、日野啓三、本多勝一、ロバート・キャパ、そうした現地で生活しながら取材したり、従軍して戦争を体験したりして、自分の考えを持つに至った人たちが、まぶしく思える。リスクとそれに見合う意義のある場...
  • TRAVELER’S JOURNALNAOさんのプロフィール
風城しんさん
  • 身近の記念館
  • 人が足を向けるのは結構混んでいるのはショッピングモールなどではないか。道すがらの「ららぽーと平塚」のパーキングへ入る車列は凄いものでした。 私が選んだのは、自宅からほど近い(約20kmはありますが)「開高健記念館」(神奈川県茅ヶ崎市)、ここでやっている『開高健・城山三郎二人展』(〜9月30日、観覧料300円)を見に行く。 二人とも茅ヶ崎に居があり、ここで制作し生涯を終えた作家だということを、割と近くに住...
  • 風城ひとりごと風城しんさんのプロフィール
ぱんこさん
  • オーパ!
  • さて、入院中に嫁様からの差し入れオーパ!定期的に持ってきてもらっていたのだがその中の1冊当時はツアーなんぞ無くはるか遠い未開の河川故開高健氏の冒険と釣りとの融合さすがに行くことはできないが読むことによって妄想にひたるこういう釣りには憧れさえ感じるはるかかなたの地にて・・・...
  • ぱんこのまんまぱんこさんのプロフィール
ぱんこさん
  • オーパ!
  • さて、入院中に嫁様からの差し入れオーパ!定期的に持ってきてもらっていたのだがその中の1冊当時はツアーなんぞ無くはるか遠い未開の河川故開高健氏の冒険と釣りとの融合さすがに行くことはできないが読むことによって妄想にひたるこういう釣りには憧れさえ感じるはるかかなたの地にて・・・...
  • ぱんこのまんまぱんこさんのプロフィール
kisaragibookさん
  • アンクル船長いざ出航!柳原良平の海・船・港 苫小牧市美術博物館H29年9/9-11/12
  • 内をご覧ください→こちら ■柳原良平プロフィール1931 東京に生まれる1954 京都市立美術大学工芸科卒業1956 壽屋PR雑誌「洋酒天国」創刊(〜'64)表紙と本文カットを担当(開高健が編集長)1959 TVコマーシャル「トリスバー」に二等身半のアンクルトリスのキャラクター登場(柳原・開高・酒井睦雄の合作)   個展(せんたあ画廊)毎年開催 1977 横浜海洋科学博物館理事就...
  • 如月出版のお仕事kisaragibookさんのプロフィール
winkmirrorへら彦☆さん
  • 戦場のデルタ(万年筆)
  • をするものではないのだが、ペンを挿すのに重宝している。砂による擦り傷、人生において何よりも楽しい時間をともにすごす。アウトドアにデルタ ウエストバッグに万年筆を挿してトレジャーハンティングに出掛ける。開高健がアマゾン川の釣り紀行にモンブランを持ち歩いたのと同じように。 新たなフィールドを求めて、人間を知らぬ野生の巨大魚(野生のような鯉)を探し、焚き火の明かりで一日の釣行日記を万年筆で書く。見知らぬ地へ旅...
  • 癖文字スタイル winkmirrorへら彦庵winkmirrorへら彦☆さんのプロフィール

開高健を含むブログ村メンバー

  •  
クボトモさん
  • Nurse Log Blogクボトモさんのプロフィール
  • ルアーフィッシング、旅、カメラ、車など、自己満足な趣味を綴ってます。
  • ブログ引越
aochamaさん
  • 『颯風録』aochamaさんのプロフィール
  • あおちゃま一家の日常、釣り、車のことなどをテキト〜な感覚で綴っているのであります。
ホセ・クエルボさん
torancetoripperさん
kaikoさん
  • 開高健 名言集kaikoさんのプロフィール
  • 開高健の名言・格言・アフォリズム集

開高健を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

開高健について