開高健

開高健についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [開高健] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

開高健を含むブログ記事

あーちゃんさん
  • 浅草染太郎でもんじゃを  仕上げに  あんこ巻きを
  • です 一度は寄ってみてください 浅草 染太郎は昭和12年( 1937年)創業のお好み焼き店。 高見順の小説「如何なる星の下に」に”惚太郎”として登場するなど、作家・芸人に愛されてきました。江戸川乱歩、開高健、野坂昭如、勝新太郎、渥美清など、様々な著名人が通ったのだとか。 店員さんにつくってもらいました おいしくいただきました \(*T▽T*)/うますぎるぅ...
  • あーちゃんのブログあーちゃんさんのプロフィール
全国グルメマップさん
  • 越前カニの雌である"せいこがに"を豪快に使った開高丼がスゴイ!「こばせ」−福井県グルメ
  • そが超美味しいんです。色とりどりなカニみそに、せいこがにの卵、そしてカニの身が沢山入っており、8杯分も使われているので、お値段的には相当安い。越前地方では、「せいこ丼」といわれているものですが、作家の開高健※1が、料理旅館の「こばせ」で食した「せいこ丼」を絶賛したことから「開高丼」と言われています。旅館に予約すると、4人前ではなくて、1人前に分けてくれて用意もしてくれます。※1 開高健(1930〜198...
  • 全国うまいグルメ料理「UMABURO」全国グルメマップさんのプロフィール
まろの人生いっぱい&いっぱい!さん
  • 天使のはしご
  • のはしご」である。気象学的には「薄明光線」と呼ぶらしいがどうしても「美人薄命」という言葉を連想して好きくない。かの宮沢賢治は「天使のパイプオルガン」と呼んで何かの文章に書いていたような気がする。晩年の開高健は確か「レンブラント光線」と名づけてしきりにその美しさを絶賛していた。数多の文豪を魅了した「天使のはしご」だが文豪ではない私はその秀逸なネーミングにため息をつくばかりだ。いったい誰が名づけた名前なのだ...
  • まろの人生いっぱい&いっぱい!まろの人生いっぱい&いっぱい!さんのプロフィール
Velvet Motelさん
  • 「証人の椅子」
  • ◆日本 大映 (1965年5月15日)監督:山本薩夫 脚本: 井手雅人 (原作:開高健) 音楽:池野成出演:奈良岡朋子、吉行和子、新田昌玄、福田豊土、永田靖、樋浦勉、日色ともゑ、浜田寅彦、加藤嘉...
  • つめかわうその群馬一匹暮らし (・.・;)Velvet Motelさんのプロフィール
うさパラさん
  • いよいよ入館 ♪
  • 意見広告が出された。そこには、大きな字でひとこと、「殺すな」 と書かれていた。この全面広告の発起人となったのは、いずみたく、鶴見俊輔、永六輔、岡本太郎、桑原武夫、淡谷のり子、小田実、久野収、城山三郎、開高健、松本清張、加藤芳郎、小松左京の13名だった。「ベトナムに平和を!市民連合」 が広告主となり、「殺すな」 の書字は岡本太郎が書いた。展覧室の境が窓になって隣室から こちらも見えてる1996年 雷人ここ...
  • うさパラ-Gうさパラさんのプロフィール
RIKIさん
  • ペナンでニョニャ料理のお昼
  • はありません。びっくりです。私が選んだのはお肉はポークのココナツカレー風味、野菜は、これもホウレンソウのココナッツカレーで↓アラカルトでPerut Ikan(魚の胃)というメニューを頼んで、↓小説家 開高健氏の「魔味」を期待していましたが、魚の胃そのものはクタクタに煮込まれているのでしょうか、あまり存在感は無く、煮込んであるピリ辛のソース、香辛料のみの味わいで、ちょっと期待外れ。とはいえ、ランチのセット...
  • mimirubyのブログRIKIさんのプロフィール
mimirubyさん
  • ペナンでニョニャ料理のお昼
  • はありません。びっくりです。私が選んだのはお肉はポークのココナツカレー風味、野菜は、これもホウレンソウのココナッツカレーで↓アラカルトでPerut Ikan(魚の胃)というメニューを頼んで、↓小説家 開高健氏の「魔味」を期待していましたが、魚の胃そのものはクタクタに煮込まれているのでしょうか、あまり存在感は無く、煮込んであるピリ辛のソース、香辛料のみの味わいで、ちょっと期待外れ。とはいえ、ランチのセット...
  • ペナン移住のHow Tomimirubyさんのプロフィール
喜楽クイズの山チャンさん
  • 楽しく脳を活性化する 喜楽クイズ(第23回)
  •  」をむだ使いなさらぬがよろしい。「  」「  」こそ、人生を形作る材料なのだから。    フランクリン(注2)問2  ● 時差ボケとよくいう。 乗物が早すぎて、人間の生理が追いつかないのである。開高健さんの話であるが、空港で青ざめた男がひとり、スーツケースに腰掛けて、虚脱したようにしている。 「どうしたのです」と尋ねたら、「おれはこの国に旅に来たんだが、ジェット機で先に着いて、おれの「  」が追い...
  • 楽しく脳を活性化する 喜楽クイズ喜楽クイズの山チャンさんのプロフィール
RIKIさん
  • ペナンの味暖簾のサンマ定食とピーナッツ缶の発見
  • ンマに大根おろし、いいですね・・サンマの腹の黒いところの苦いところが大好きで、綺麗にいただきました。お勘定のレシートを失くしてしまいましたが、たぶん、ビール込みで43RM強(=1,161円)。小説家の開高健氏は、お魚の内臓を「魔味」と言われていました。ただ、それを賞味できるのは、漁師さんや、日本人だけではなく、マレーシアでは、ニョニャ料理に、独立した一皿のメニューまであるということです。ニョニャ料理のレ...
  • mimirubyのブログRIKIさんのプロフィール
mimirubyさん
  • ペナンの味暖簾のサンマ定食と?花生の缶詰の発見
  • ンマに大根おろし、いいですね・・サンマの腹の黒いところの苦いところが大好きで、綺麗にいただきました。お勘定のレシートを失くしてしまいましたが、たぶん、ビール込みで43RM強(=1,161円)。小説家の開高健氏は、お魚の内臓を「魔味」と言われていました。ただ、それを賞味できるのは、漁師さんや、日本人だけではなく、マレーシアのニョニャ料理には、その一皿の独立したメニューまであるということです。ニョニャ料理の...
  • ペナン移住のHow Tomimirubyさんのプロフィール

開高健を含むブログ村メンバー

  •  
aochamaさん
  • 『颯風録』aochamaさんのプロフィール
  • あおちゃま一家の日常、釣り、車のことなどをテキト〜な感覚で綴っているのであります。
ホセ・クエルボさん
torancetoripperさん
kaikoさん
  • 開高健 名言集kaikoさんのプロフィール
  • 開高健の名言・格言・アフォリズム集
tsume0809さん

開高健を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

開高健について