井伏鱒二

井伏鱒二についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [井伏鱒二] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

井伏鱒二を含むブログ記事

釣り竿さん
  • 酒井茂之「渓流釣りの名人たち」
  • 。鮎の友釣りを始めたことをきっかけに、釣りの本を次々と刊行。やがて全国に知られるようになった。 「釣り竿を持つにはまず邪念があってはいけない。自分は山川草木の一部であれと念じなければいけない」 垢石は井伏鱒二に向かってこう説いたそうだ。今に通ずる金言である。にほんブログ村...
  • 釣りの図書室〜雨の日の釣り師のために〜釣り竿さんのプロフィール
なおきさん
  • 【書評】『朝、目覚めると、戦争が始まっていました』
  • あったのか。軍でもメディアもでも政治家でも天皇でもない。国民にあったのだということが分かります。NHKの臨時ニュースで宣戦布告の報せを受け、感動し、涙を流したのです。新美南吉が、坂口安吾か、伊藤整が、井伏鱒二が、横光利一が、室生犀星が、高村光太郎が、斎藤茂吉が。もちろん、開戦に落胆したり反対したりした方々もいました。岡本太郎や金子光春など。国際連盟脱退、日独伊三国同盟締結、日ソ中立条約締結を指揮した松岡洋...
  • なおきのブログ(200冊読了/年)なおきさんのプロフィール
平野伸明さん
  • 留学生による日本語スピーチコンテスト
  • 「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「ありがとうございます」などは、彼らの日常生活の中に習慣化しています。日本の大学生はどうかな? 会昌の詩人の作品に「勧酒」という詩があります。この詩を井伏鱒二が四行に訳した。留学生たちと、この詩を「あて」に一杯やりました。 ■【早大・慶大・上智大学の学生のための「西村欣也のマスコミ合格・添削講座」】上智大学、慶應義塾大学、早稲田大学にお子さんを通わせ...
  • 就職アドバイザー平野伸明の就職対策ブログ平野伸明さんのプロフィール
oinsenkiさん
  • 小3/読書/364:今週の読書(2018年12月2日(日))
  • 2018年12月2日(日)。 今週の読書。たったの一冊。。 ・364:『少年少女日本文学館12 走れメロス・山椒魚』(太宰治・井伏鱒二/講談社/241ページ) 僕:「なんで今週は一冊しか読めなかったの?」 娘:「他の宿題とかに時間を使っていたから。」 僕:「時間の使い方を見直す。読書時間は毎日30分確保する。それでも、他の課題が進ま...
  • 『桜蔭戦記』-2022年中学受験の反省録-oinsenkiさんのプロフィール
BIRD READERさん
  • 2018.11.25-11.30 飛光よ飛光
  • 1.28(水)ダイニングでつまみ読みしていた本を読了。1冊は「神が愛した天才数学者たち (角川ソフィア文庫)」。数学は苦手だが、数学者は面白い。もう1冊は「清水町先生 (ちくま文庫)」。清水町先生とは井伏鱒二氏のこと。著者の小沼丹氏は、井伏氏を師と仰いでいたが、その交流について記した様々な文章を集約したもの。近代文学界における師と弟子の交流、影響、巣立ちというのに惹かれたのだが、僕が芥川龍之介―堀辰雄―立...
  • ちょっとヨクナレ 〜読書と日記〜BIRD READERさんのプロフィール
八木 保(やぎ たもつ)さん
  • 【人生は足し算論】
  • ても「お金」は出ていく一方です。 もちろん「お金」以外のものであっても「何かを得れば何かを失う」というのが人生の本質ではないでしょうか。 「花に嵐のたとえもあるぞ サヨナラだけが人生だ」という井伏鱒二の有名な言葉もあります。 言い換えるならば、人生とは「引き算」そのものであり、自ら引き算しなくても、永遠に引かれ続けていく宿命にある。 ですので、人は「足し算」よりも「掛け算」を求めて、短い人...
  • 残酷な成功のアンチテーゼ八木 保(やぎ たもつ)さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

井伏鱒二について