虚偽表示

虚偽表示についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [虚偽表示] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

虚偽表示を含むブログ記事

TETSUさん
  • 2018年度 権利関係 一問一答 意思表示 ?
  • 【取消し】 ・詐欺による意思表示 ・強迫による意思表示 ・制限行為能力者が自己に不利となる単独行為 【無効】 ・公序良俗に反する契約 ・意思無能力者の意思表示 ・心裡留保による意思表示(例外) ・虚偽表示による意思表示 ・錯誤による意思表示 「取消」ができる意思表示と、「無効」となる意思表示はしっかり区別して整理しておきましょう! 【民法 頻出5大テーマ 攻略講義】 民法における超重要項目で...
  • 吉野 哲慎 宅建士 スキルアップブログTETSUさんのプロフィール
遺産相続トラブル男さん
  • 遺産分割協議の手続き徹底解説!!
  • し、持ち回りにて署名、押印して完成するという方法がとられます。2-4.分割協議の法的性格遺産分割協議は、契約の一種であり、意思表示に関する民法の規定が適用されます。そうすると、心裡留保(民法93条)、虚偽表示(民法94条1項)、錯誤(民法95条)、詐欺又は強迫(民法96条1項)があれば、分割協議は無効ないし取消しをなし得るものとなります。無効ないし取消しの場合は、各相続人は改めて他の共同相続人に対して分割...
  • 遺産相続 弁護士相談カフェ遺産相続トラブル男さんのプロフィール
小石川経理研究所さん
  • 当協会が開催した記者会見の概要等について(日本公認会計士協会)
  • いことにより、監査人が経営者による内部統制の評価を尊重するあまり、職業的専門家としての懐疑心を保持し内部統制の評価手続を実施するという監査人の意識が低下していることも懸念されていますが、監査人は重要な虚偽表示リスクに対応した内部統制が適切に整備されているかについて、職業的専門家としての懐疑心を発揮して、実効性のある手続を実施することに留意する必要があります。」(三つ目と五つ目が重複しているようにも思われま...
  • 会計ニュース・コレクター小石川経理研究所さんのプロフィール
小石川経理研究所さん
  • 「内部統制報告制度の運用の実効性の確保について」の公表(日本公認会計士協会)
  • 部統制報告書において、不正の発覚を契機として、企業風土、コンプライアンス意識から内部管理体制といった、財務諸表の虚偽記載に直接結びつかない内部統制の不備が幅広く識別されている状況を鑑みると、財務諸表の虚偽表示の発生・発覚を伴わない限り、経営者にとっても監査人にとっても、開示すべき重要な不備と評価することは難しいようにも思われる。」(同上)「ダイレクト・レポーティングを採用していない我が国においては、内部統...
  • 会計ニュース・コレクター小石川経理研究所さんのプロフィール
小石川経理研究所さん
takkenさん
  • 宅建試験の難易度 試験合格者の方からお聞きしました。
  • ケースから予想ができるわけです。そこで27年度の宅建試験の分析をしてみてください。民法の、占有、遺留分などは難易度がたかかったですよね。同時履行などの基本問題がありました。又、例年の重要項目から、通謀虚偽表示、賃貸借と使用貸借の比較、取得時効、転貸借、借地借家法、区分所有法、動産登記法などが出題されました。宅建業法は、基本問題でありながら、時間を消化させる問題形式になっています。新住宅市街地開発法や消費生...
  • 宅建学習日記takkenさんのプロフィール
takkenさん
  • 宅建試験攻略法 を宅建試験合格者の方にお聞きしました
  • 。民法で毎年出題される可能性大の項目を抽出しました。意志表示(心裡留保)心裡留保の意思表示の効力1 原則2 例外3 第三者との関係における効力民法93条の適用範囲〔考察:民法93条ただし書の類推適用(虚偽表示虚偽表示の効力1 当事者間の効力2 善意の第三者の保護〔解説:94条2項と権利外観法理〕94条2項によって保護される第三者1 民法94条2項の「第三者」の範囲2 民法94条2項の「善意」の意味〔参考...
  • 宅建学習日記takkenさんのプロフィール
ニューエイジさん
  • 宅建独学 過去問見直し用 平成27年度 全選択肢 正しい文章 (問1〜問5)
  • 選択肢を正解文にしてみた!(問1〜問5)条文問1次の記述は、民法の条文に規定されている。債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める旨通謀虚偽表示問2Aは、その所有する甲土地を譲渡する意思がないのに、Bと通謀して、Aを売主、Bを買主とする甲土地の仮装の売買契約を締結した。この場合に関する次の記述は、民法の規定および判例によれば、全て正いものです...
  • 宅建士試験に独学で合格した美容師夫婦のブログニューエイジさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

虚偽表示について