ラテン語

ラテン語についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 実践ビジネス英語(5月27日)を聴いて
  • [ラテン語] ブログ村キーワード"caveat emptor" という難しい言葉がでて、それは「買い手注意、買い主危険負担」といった法律用語でした。"caveat" が「差し止め請求、警告、仮出願」といった意味、"emptor" は「購入者、買い手」と辞書にありました。英語の中にはラテン語の言葉がときどき出てきますが、それらみーんな難しい。高松式 英語30分楽習 カリスマ英語トレーニング法トークるズ 目的目標・・・続きを読む
  • 英語の勉強日記 いいともさんいいともさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ラテン語を含むブログ記事

しろたさん
  • 夢々・・
  • ノートの表紙は、光沢のあるカーキ色。玉虫色とまでは参りませんが、何だか不思議な感じ。?表紙に書かれた「SOMNIUM」の文字。恥ずかしながら意味も分からず買ったものですから、帰宅後、調べてみると・・・ラテン語で「夢」という意味だそうです。夢づいていた三連休、夢が夢を引き寄せたのでしょうか^^*??この頃は前線の影響なのか?変わりやすいお天気。お出かけの際はお気をつけて。ご訪問ありがとうございます*...
  • しろの暮らししろたさんのプロフィール
Masakiさん
  • ミニマムな暮らしは、創造主の意図/起業して上手く行かなくなるケース「起業時の深層心理は?」
  • いシンプルライフに近い言葉です。数字の「1」は、望みに集中するサインナンバーとても有名ですけれど、望みの意識は、不要な感情に振り回されず、真っ直ぐ抱いて行く事で思いが広がる事を意味するのが「1」です。ラテン語:uni、英語:oneです。センターに有る文字「n」ヌーは、宇宙の叡智では、「n」は、極小、極性の意味です。創造主様は、私達人間を創造した根源のソースですので、時代の過渡期に高次元時代にスムーズに共調...
  • ACE OF EARTHブログMasakiさんのプロフィール
a pilgrimさん
  • 私の辿ってきた道ーーデイビッド・アンダーズ師の信仰道程
  • 信仰”を見い出すことができるに違いないと思ったからです。しかし不幸なことに、初期教父たちは、アウグスティヌスのそれよりもひどい有様でした。救いに関する初期教父たちの一致した見解に驚くアウグスティヌスはラテン語圏の北アフリカ出身の人でした。他の教父たちは小アジア、パレスティナ、シリア、ローマ、ガリア、エジプトとさまざまな地域にまたがっており、異なる文化を反映し、異なる言語を話していました。そして異なる使徒た...
  • 巡礼者の小道(Pursuing Veritas)a pilgrimさんのプロフィール
横浜月子さん
  • 見事な
  • 真。湯島天満宮に向かう階段に燃えるような鮮やかな花色と波打つように反り返った華やかな花姿が素敵です。グロリオサリリー昔から好きな花です。緑と赤のコントラスト、エキゾチックな花姿が好きです。グロリオサ→ラテン語で「見事な」が語源。花言葉は「栄光」見事な花姿で栄光に向かって階段を歩く、、、気分が盛り上がりそうデス。...
  • 横浜月子物語横浜月子さんのプロフィール
minaiさん
  • ワレモコウ
  • 序をつける。花は花弁がなく、4枚の萼筒裂片が花弁状になっていて、色は暗赤       色で、上から下へ咲いてゆく。雄 しべは4本、雌しべは1本。         学名について:sanguisorba ラテン語起源。血を吸い込むという意味のようであ         る。この植物が止血、火傷、湿疹等の薬草として利用されたからだろう。officinalis         英語やフランス語の辞書には薬用のという...
  • デイリーバイテンminaiさんのプロフィール
セラフィリアさん
  • LL会 カテドラル教会と肥後細川庭園へ
  • 婚に際しての説法をしてました。行ってることがスピと同じだなと思いつつ、楽しく聞いていました。他の人たちも皆、「自分たちのために言ってる」と思ってたそうです(w) ちょっとびっくりしたのは、聖書の引用がラテン語ではなくヘブライ語というところでした。カトリックだからラテン語なのかと思ってましたが(いや、なんとなく)、読んだ一節が旧約ということもあり、焦点の単語がヘブライ語だったというわけです。 前回は気づかな...
  • seraphiliaセラフィリアさんのプロフィール
スパニッシュ・オデッセイさん
  • コスタリカ 2018年(8)San Miguel にて昼食
  • ndai と Kia の自動車を数台見かけたほかは、全部日本車といってもいいぐらいである。1980年ごろとあまり変わらない。よろしくね↓↓↓スペイン語 ブログランキングへスペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書) 好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。『コラム』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほん...
  • スパニッシュ・オデッセイスパニッシュ・オデッセイさんのプロフィール
awakeyさん
  • 心耕す!アーティストになろう?
  • com/events/1113946778758039/?ti=clカルチャーの語源も話されててこれまた目からウロコ?(・。・)---【カルチャーの語源・由来】 「culture」は「耕す」を意味するラテン語「colere」に由来し、初めは土地を耕す意味で用いられていたが、英語に入り、「心を耕すこと」の意味で用いられるようになった。 そこから「教養」「文化」も意味するようになった。http://gogen...
  • awakey's magazineawakeyさんのプロフィール
調布フルート教室プレリュード原嶋由紀さん
  • ☆発表会〜小さな発見と経験
  • って、お話がすごく面白い方で、アイディアが豊富。その後何年かたって、子供達の音楽の取り組みに疑問を抱いていた頃再開するチャンスがあり、ぜひ先生にお願いしたいと思って、それからもう5年経ちます。今回は、ラテン語の歌詞での子供達の小さな合唱に参加したり、子供達が歌うヘンデルの「ハレルヤ」の伴奏の超ミニオーケストラ!?で演奏したり、演奏に参加させていただきました。子供達は、子供達の世界の中で、子供達自身の力で、...
  • 調布フルート教室プレリュードのブログ調布フルート教室プレリュード原嶋由紀さんのプロフィール
pocknさん
  • ヴォーカル・アンサンブル アラミレ 第11回演奏会
  • 「アラミレ」による演奏は、いつもながら極上のハーモニーで、この上なくデリケートに進んでいった。響きの伸縮や膨らみが常に穏やかで柔軟。今回はフランドルの作曲家ということで、フランス語の発音に順じたというラテン語の発音も柔らかく繊細で、穏やかで静謐な祈りの歌を、礼拝堂の隅々まで優しく響かせた。プログラムに印刷されたテキストを追いながら聴いていると、主の栄光を讃える場面、憐れみを請う場面、イエスが人として降臨す...
  • facciamo la musica!pocknさんのプロフィール

ラテン語を含むトラコミュ

テレビ
  • テレビ
  • テレビとは、「テレビジョン」の略語であり、一般には次のような文脈で用いられる。・テレビジョン:放送あるいは通信や遠隔監視に使用される、遠方へ映像を送る技術(映像...
  • トラックバック数:131 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:テレビブログ
プロパガンダ
  • プロパガンダ
  • プロパガンダ(Propaganda)とは国家や政府、政権政党が権力のもとに特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する国策宣伝。有事下の情報・心理戦の技術の一つであり、しばしば...
  • トラックバック数:58 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:ニュースブログ
リンク栃木ブレックス
  • リンク栃木ブレックス
  • 栃木県を本拠地とする男子プロバスケットボールチーム。チーム名の「ブレックス」は打ち破る意味の「ブレーク・スルー」とラテン語で王様を意味する「レックス」を合わせた...
  • トラックバック数:90 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:その他スポーツブログ
積乱雲
  • 積乱雲
  • 積乱雲(せきらんうん、ラテン語学術名cumulonimbus、略号Cb、キュムロニンバス)とは何らかの原因で発生した強い上昇気流によって雲頂が時には成層圏下部にも達することが...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:環境ブログ
ユヴェントス
  • ユヴェントス
  • ユヴェントス・フットボール・クラブ(Juventus Football Club s.p.a) は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。ユヴェントスはラテン語で「青春」という...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:サッカーブログ

ラテン語を含むブログ村メンバー

  •  
時雨 湊さん
paxさん
Asyさん
グレゴ13さん
forestearraさん

ラテン語を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 英語といえば、どっち?レス: 0/42(218件)英語ブログ
  • われます。どちらも、様々な歴史的な背景を背負い、順次進化している言語だと思いますが、ラテン語をルーツとする古い言語である英語、様々なヨーロッパ言語と語源を共にする、古い英語を私個人は愛...

にほんブログ村

>

キーワード

>

ラテン語について