ブドウ糖

ブドウ糖についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ブドウ糖] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ブドウ糖を含むブログ記事

ろんり〜うるふさん
  • 食後血糖値は、軽い運動でも効果があるネ。最近の食前・食後の血糖値。そして更新!
  • 。5分の運動後で、ピーク時も血糖値は140くらい(以内)に収まるし。 やらないと(又は運動前)、150オーバーになる。来月辺りから筋トレとHIIT(高強度インターバルトレーニング)で、 筋肉をつけて、ブドウ糖の貯蔵庫のキャパを大きく、耐糖能も改善出来れば。食後1時間は「たった5分」を習慣化しよう。エルヴィス聴きながらツイストも良いかも!いい年こいて「筋肉が」と思う人も多いと思うけど、 自分にとって、筋トレ...
  • 「エルヴィスを聴きながら」 ご機嫌50'sろんり〜うるふさんのプロフィール
ムコキュートさん
  • 暴君ハバネロ パク盛
  • さの目安の唐辛子マークも5つで、暴君ハバネロとしては控えめな方である。パクチーももっと強いかと思ったら意外とこちらも控えめ。パウダーはパクチー100%と漠然と思い込んでいたが原材料を見たら違うようだ。ブドウ糖が最も多く含まれており、パクチーの風味だけでなく甘みを足す形になる。別添えのパウダーの印象もあって、さぞパクチーの主張が強烈なのではないかと思いきや、パクチーも程々、辛さも程々の仕上がり。クセが強いの...
  • ポテトチップス!ポテチ王への道ムコキュートさんのプロフィール
ブーちゃん1号さん
  • ランとウォーキングは全然違う
  • 費することは分かっていた だけど血糖値までは分かってなかった 少し糖分をとりそしてウォーキングするぐらいなら低血糖まではそう簡単にいかない しかし 走ることはドンドン血糖値が下がっていく 途中 途中でブドウ糖をとっても下がっていく、、、これは私のことです それなので今日は走るちょっと前に甘いものをとり血糖値をあげ それから走りだしました まずはいつもと同じ1kmのウォーキングからそしてランにしたら今日はな...
  • DM 1型主婦がマラソンに挑戦しますブーちゃん1号さんのプロフィール
KIさん
  • 文化的アプローチ
  • 食のケトン代謝であり、年に数か月は果実を頬張っていたものと想像できるし、現にケトンコミュニティーで有名なジミー・ムーアやマーク・セッソンだと思ったが、狩猟採集時代は1年の3分の2がケトン代謝で、残りはブドウ糖代謝であったと推測しているほどだ。吾人の基本は、毎日16?18時間の断食で、高脂肪食、抑えられるだけの蛋白摂取と満腹になるほどの緑色野菜のケトン食で、特に運動量の多い時は、最低でも週に2?3食は糖質を...
  • 愛蘭土時事雑筆;アイルランド雑記KIさんのプロフィール
ウォーターマンさん
  • 食欲の秋を迎えるにあたって おいしいご飯と水
  • なっていきますと水でお米を研ぐのは結構つらいですよね。じゃあ「お湯で研いじゃえばいいでない?」・・・それはNGです。なぜなら、お米の成分を考えてみてください。その成分は主に「でんぷん」です。でんぷんはブドウ糖が合体したものです。このブドウ糖を分解する酵素「アミラーゼ」をお米は持っているため、お湯で研いでしまうと「アミラーゼ」が生成され、お米のでんぷんを糖に分解してしまいます。糖は水やお湯に溶けやすいため、...
  • 水は大切 自然の貴重な恵みウォーターマンさんのプロフィール
Sorahanaさん
  • 夜バナナダイエットの効果は?便秘解消!美容効果も
  • 糖を含むため腸内の善玉菌を増やし整腸作用を促す効果やデトックス作用があり、便秘の改善も期待できるため下腹のポッコリにも効果的です。 バナナに豊富に含まれるビタミンB6は酵素の働きを助ける補酵素であり、ブドウ糖が効率よくエネルギーとなって消費されることを助け、脂肪となって蓄積されることを防ぎます。バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含んでいるため、血糖値の急な上昇を抑え、糖分やコレステロールの吸収を抑...
  • ダイエット、美容のヘルスケアラボSorahanaさんのプロフィール
yummyさん
  • 低炭水化物と血糖値
  • で、G I 値(グリセミック指数)として表わします。一般的に穀類(トウモロコシ、小麦、米など)は高 G I 食品に分類されます。G I 値とは、食品の炭水化物を50g摂取した際の血糖値上昇の度合いを、ブドウ糖を100とした場合の相対値で表わしたものです。高 G I 値を持つ高 G I 食品は食後の血糖値を急上昇させます。G I値が70以上は高GI、69〜56が中GI、55以下が低GIとされています。G L...
  • 犬と飼い主さんが幸せになるためにyummyさんのプロフィール
tanpopoさん
  • 糖尿病ではなくてひとまず安心
  • 先日、ブドウ糖負荷試験をうけてきました。結果は妊娠糖尿病ではありませんでした。尿糖は出ているけど、血液検査では異常なし。三回の血液検査の結果全部基準値以下です。よかった。ちょっと気が抜けて少しの間我慢していたお菓子...
  • 妊娠生活はじまりましたtanpopoさんのプロフィール
hogushianさん
  • 【体重44?台】をキープしようとしている41歳・・・
  • な原因!6時間は確保したい痩せるための睡眠時間1?の体重を減らすのに必要な消費カロリーは7,000kcal?!肝臓をいたわって代謝を上げる肝臓温めダイエットは運動嫌いな人の強い味方?脳を使えば使うほどブドウ糖が消費されるわけではない?残念!砂糖には依存性がある?!意外と深刻な砂糖中毒症目線を変えてダイエットしたい時8時間ダイエットで食事回数を減らすのと1日5食ダイエットで何回も食べるのどっちがいいそんなに...
  • 40代、50代でも痩せる!!と信じるゆきこのブログhogushianさんのプロフィール
Sorahanaさん
  • 甘酒の効果がすごい!ダイエット、美容に役立つワケ
  • 良くなり新陳代謝が活発になります。 米麹甘酒の効果ダイエット甘酒に含まれるアミノ酸の1種である「アルギニン」は脂肪を燃焼する酵素であるリパーゼを生成し食欲を抑える効果があります。甘酒の甘みはでんぷんがブドウ糖やオリゴ糖に変わるための甘みなので砂糖のように太りません。腹持ちも良いためダイエット中に甘いのもが欲しくなったときは甘酒を飲むことがオススメです。 美肌甘酒にはビタミンB群やアミノ酸、葉酸など美肌に役...
  • ダイエット、美容のヘルスケアラボSorahanaさんのプロフィール

ブドウ糖を含むトラコミュ

糖尿病:高血糖と上手に付き合おう!
  • 糖尿病:高血糖と上手に付き合おう!
  • 糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な...
  • トラックバック数:1595 TB参加メンバー数:139人カテゴリー:病気ブログ
生活習慣病
  • 生活習慣病
  • 糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な...
  • トラックバック数:1385 TB参加メンバー数:130人カテゴリー:病気ブログ
石焼き芋
  • 石焼き芋
  • 石焼き芋(いしやきいも)は、サツマイモを熱した小石の中に埋めて、間接加熱によって焼いたもの。間接的にゆっくり加熱することで、アミラーゼ(デンプン分解酵素)が、デ...
  • トラックバック数:35 TB参加メンバー数:23人カテゴリー:スイーツブログ

ブドウ糖を含むブログ村メンバー

  •  
alohacynさん
アマローネさん
  • 肺がんを自力で治す人体実験アマローネさんのプロフィール
  • 肺ガンになりました。手術や抗癌剤といった標準治療は受けずに糖質制限で様子を見ています。
ブドウ糖中毒さん
  • 勉強中毒への道ブドウ糖中毒さんのプロフィール
  • 東大理一志望のブドウ糖中毒による東大受験までの道のりと、参考書レビュー、勉強用プリント配布等々。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ブドウ糖について