相続人

相続人についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • [雑記:0005] 「預金取引記録開示請求事件」最高裁判決(H21.1.22)
  • [相続人] ブログ村キーワード本日(平成21年1月22日),最高裁判所第一小法廷(東京都千代田区隼町4-2)において,「遺産の預金口座につき,相続人のうち一人からでもその取引記録の開示請求ができる」旨の判決(平成19年(受)第1919号 預金取引記録開示請求事件)が言い渡されました。その要旨は,下記のとおりです。1 金融機関は,預金契約に基づき,預金者の求めに応じて預金口座の取引経過を開示すべき義務を負う。2 預金・・・続きを読む
  • blog 行政書士・海事代理士事務所の舞台裏 行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所さん行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

相続人を含むブログ記事

北奥法律事務所(弁護士小保内義和)さん
おまつさん
  • 本日は終日外出です
  • ジャンプ次のページヘブログのトップページへ最新の記事一覧ページへAmeba新規登録(無料)行政書士おまつ Go !名古屋市昭和区の行政書士おまつの備忘録ブログトップ記事一覧画像一覧記事はありません親も相続人です本日は終日外出ですNEW!2017年07月27日(木) 17時02分40秒テーマ:思うこと地元飛騨方面に外出です。涼しいといいなあ。。ADいいね!コメントするリブログするツイート行政書士おまつさん...
  • 行政書士おまつ Go!おまつさんのプロフィール
おまつさん
  • 親も相続人です
  • 相続の相談をしていると、配偶者と子どもが自身の相続人であることを知っている人は多いです。 ところが子どもがいないという人からよく、「夫(配偶者)と兄弟姉妹が私の相続人ですよね?」という風に質問されることがあります。 「ご両親は?」ときくと、「います」と...
  • 行政書士おまつ Go!おまつさんのプロフィール
シーサー芸能さん
  • 松居一代、怒りの矛先が前夫の遺族に?「あたしは100歳まで戦えますよ」
  • 離婚条件は1億7500万円の夫の借金を私が肩代わりすることでした」と唐突に綴り、前夫との泥沼離婚の内幕を暴露した。 さらに松居はその借金は06年12月に完済したことで、前夫に代わって返済した借金を法定相続人に請求することができる立場だとし、「前夫の、ご家族に幸せになって…もらいたい」という温情によってこれまで請求の手続きをしていなかったものの、「週刊誌に、ペラペラ私のことをしゃべられている様子ですからね...
  • 芸能ネタあらかるとシーサー芸能さんのプロフィール
ほにょさん
  • 別々に開かれるバースデーパーティー
  • ある。ただ二十年前にピーナ叔母と元夫ジェン叔父さん(三兄弟の実父)は骨肉の争いを経て離婚したし、このエド叔父さんとジェンも2年前に冷戦状態に入っているから何も今始まったわけでは無いのだが、まるでこれは相続人の一人が創価学会員のせいで葬式を別々にやらざるをえない困った家庭のようだ。こうなると筆者は関係したくないのでとりあえず今週日曜日は当日すっぽかすが、一見仲が良さそうな一家にも実はいろんな対決軸が内部に...
  • アジア南溟通信ほにょさんのプロフィール
清瀬の行政書士さん
  • 遺産分割と果実!
  • の使用の対価として受けるべき金銭その他の物・・・賃料等が該当します。 では、遺産分割をするにあたって遺産から生じる果実(遺産共有中に生じたもの)は誰に帰属するのか?考え方は3つ?元物たる財産を取得した相続人に当然に帰属する?遺産の自然的増大だから遺産と同一視するべき?相続開始後に発生した財産は相続人の共有財産  であり、各相続人が相続分に応じて取得する賃料(法定果実)に関して最高裁は遺産から生じる賃料は...
  • 東京・清瀬の市民法務手続サポーター清瀬の行政書士さんのプロフィール
さんぼうさん
  • 適当な日数の認識の話
  • 遺言(自筆証書) ( 18 )研修 ( 7 )遺言能力 ( 3 )NPO定款 ( 16 )思い出 ( 10 )NPO法人運営 ( 2 )NPO法 ( 1 )法改正 ( 3 )NPO法人事業 ( 1 )相続人 ( 49 )相続手続き ( 54 )相続形態 ( 10 )法人 ( 2 )本 ( 4 )NPO法人 事業 ( 1 )遺言撤回 ( 3 )契約 ( 7 )相続財産 ( 22 )遺言 ( 26 )バカ話...
  • 行政書士 なんでも研究室さんぼうさんのプロフィール
TETSUさん
  • 2017 民法 一問一答 相続 ?
  • すが、今回偽造したのは、F(Aからみて孫)であって、C(Aの子)ではありません。今回の問題ではCは存命していますし、欠格事由でもなく、廃除もされていません。 つまり、代襲原因が生じていないため、Cが相続人となり、Fは相続人とはなりません。難しい問題ではないため、間違ってしまった方は、よく文章を読んで考えるクセをつけましょう!【根拠条文】民法891条5号・次に掲げる者は、相続人となることができない。一...
  • 吉野 哲慎 宅建士 スキルアップブログTETSUさんのプロフィール
座間コミニティーさん
  • テトス2章14節
  • て義についてさばきについて教えてくださる聖霊様がいなければ、私は真に悔い改めることはできないと激しく思わされます(詩篇51:6、箴言1:20-33、ヨハネ16:7-8参照)。私たちはキリストと共に共同相続人ですから、キリストにある苦しみ、つまり十字架の道を歩む必要があります(ローマ8:17参照)。イエス様は罪人ではありませんでした。すなわち十字架に架かる必要は全くありません。恵みを受けるに値しない私たち...
  • 座間コミニティー座間コミニティーさんのプロフィール
所長(Y税理士)のひとりごと・・・さん
  • あなたにも起こりえるかもしれない相続の話・・・
  • 来られた税務署の調査官にお礼を述べたケース ?相続対策のため、アパートを建築し始め、完成した翌月に、その建築なしであるご主 人が亡くなったケース ?思わず涙が流れたほどの感動の遺言書があったケース ?相続人が誰も財産をもらいたくないと言い出したケース その1 ?相続人が誰も財産をもらいたくないと言い出したケース その2 ?相続税の申告期限までぎりぎりに分割協議がまとまったケース ?相続開始後10年以上た...
  • 所長(Y税理士)のひとりごと・・・所長(Y税理士)のひとりごと・・・さんのプロフィール

相続人を含むブログ村メンバー

  •  
hayajimuさん
富士市相続さん
寺岡さん
てつじさん
てっちゃんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

相続人について