小林一茶

小林一茶についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [小林一茶] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

小林一茶を含むブログ記事

どくだみさん
  • 有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。遊びをせんとや俳句と遊びます全体表示リスト絵本雪クリップ追加素敵な句俳句、川柳2018/1/15(月) 午後 9:22雪ちらちら一天に雲なかりけり小林一茶今朝も朝おきれば 地面は真っ白寒い朝を迎えた句集をめくっていればこの句が目に飛び込んだこんな寒い日は一点の雲もないのに雪がちらちらと ふることがある。そういえば どんどの火に雪が 舞い込む景色をよくみ...
  • どくだみの俳句日記どくだみさんのプロフィール
MAOMIKKOさん
  • 門松や、思へば一夜・・
  • を詠んだものには、こんな句もあるようです。『去年(こぞ)今年貫く棒のごときもの』高浜虚子『日本が ここに集る 初詣』山口誓子『子を持たぬ身のつれづれや松の内』永井荷風『めでたさも中くらゐなりおらが春』小林一茶高浜虚子の句は、正月いうても昨日からの続きやしどうってことないじゃん、山口誓子の句は、今年こそ私にも良いことがありますようにと願う善男善女の人の波、また永井荷風の句は、今どき増えている”お一人様”のち...
  • 肴菜屋「わたり」MAOMIKKOさんのプロフィール
八田真田八さん
  • フォト俳句 No.98
  • 衛費(軍事費?)の予算案が提示され… 隣国には「圧力を」「圧力を」と盛んに国民に促し… これまで以上に軍事大国のいいなりとなり… 一体、この国は何処に向かうのでしょう? 誰が方向修正するのでしょう? 小林一茶は「うす壁にづんづと寒が入りにけり」とユーモアを持って表現したらしいです。 私は「づんづ」を深刻に捉えてみました。...
  • 八田真田八わーるど八田真田八さんのプロフィール
阿部珈琲館さん
  • 2018年01月12日のつぶやき
  • 06:25 RT @pinpinkiri: 昨年秋に公開予定だった俳人、小林一茶の生涯を描く映画「一茶」が、撮影を完了しながら、製作会社の破産などで公開できない事態に陥っているそうです。他にも完成しているのにお蔵入りの邦画が続々。日本映画の悲しい事情に迫ります。 https:/...
  • 阿部珈琲館な時間阿部珈琲館さんのプロフィール
japanculturelabさん
  • 二日灸とは?2018年はいつ?お灸をすえる場所はどこ?いつの季語?
  • り、「二日灸」のほかに「春の灸」ともいいます。旧暦8月2日の二日灸は「後の二日灸」または「秋の二日灸」として秋の季語になります。有名な俳句には以下のものがあります。『かくれ家や 猫にもすえる 二日灸』小林一茶『死はいやぞ 其きさらぎの 二日灸』正岡子規2018年二日灸をすえる日はいつ?旧暦と新暦(現在の暦)は一か月ほどのズレがあり、毎年同じ日になるわけではありません。旧暦2月2日は、2018年3月18日(...
  • 日本文化研究ブログ – Japan Culture Labjapanculturelabさんのプロフィール
TICさん
  • 2018年2月21日(水)開催「LNG受入基地の設備・要素技術と最新動向」セミナーのご紹介!
  • 。今回はそんな「冬日和」「冬晴」「冬麗」を季語に詠まれた句を選んでみました。 天照るや梅に椿に冬日和(天照るや=あまてるや)上島鬼貫(うえしま おにつら) (1661-1738) 家一つ畠七枚冬日和小林一茶(こばやし いっさ) (1763-1828) 冬麗ら花は無けれど枝垂梅(枝垂梅=しだれうめ)高浜虚子(たかはま きょし) (1874-1959) 冬晴や水上たかく又遠く前田普羅(まえだ ふら) (18...
  • (株)技術情報センター スタッフブログTICさんのプロフィール
福岡筆文字工房 書画人木原隆治さん
  • 今日の第一感を文にする  これがまあ
  • 今日の第一感を文にするこれがまあ2018-01-11 06:15:06 |今日の駄作これがまあ終の棲み家か雪五尺小林一茶の有名な句である 新潟に移り住んだ一茶が豪雪に驚いた様子が---ジャンル:ブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村コメントTweet...
  • 福岡筆文字工房 書画人木原隆治福岡筆文字工房 書画人木原隆治さんのプロフィール
朝寝のカプさん
  • 愛でたさも 中ぐらいなり おらが春
  • 愛でたさも 中ぐらいなり おらが春2018-01-11 04:11:07 |日記ご存じ小林一茶の句。言い得て妙というしかない句だが、一茶がこの句を読んだのが文政2年(1819)の元旦のこと。御年、57歳のことでした。一茶は、3歳で母を失い、不遇の幼少期を送ります。その後、江戸で奉公しながら、俳...
  • 朝寝のカプ朝寝のカプさんのプロフィール
2型糖尿病を治療中さん
  • 蝋梅の季語は冬。別名は唐梅。有名な俳句は芥川竜之介の…
  • 食べていいの? 結論から言いますと…・アカポリアプラス。定期コースの価格と送料について・糖尿病でもラーメン食べたい。糖質は多いけど血糖値が高くなければ…・寒椿の季語は冬。別名は冬椿・早椿。有名な俳句は小林一茶の…...
  • 2型糖尿病を治療中!2型糖尿病を治療中さんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 平成29年1月10日、「黒板ジャック」児童驚き
  • 「浦」は末の意味である。(松下邦夫さんによる)吉祥寺のある村が根本に、東照院の村は中根となった。東照院は馬橋に移転して中根寺と改めた。(※今の場所で言うと旧水戸街道沿いとなるから馬橋駅東口になる。俳人小林一茶のスポンサーであった大川立砂が営む油屋の近く。)「東葛飾郡誌」には「根本の吉祥寺は大同2年(807)に弘法大師が当地に来錫(らいしゃく)して建てた寺である。本尊は大師が一刀三礼をもって一夜にして製作し...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール

小林一茶を含むブログ村メンバー

  •  
オプトパパさん
信濃中生徒さん
  • 信濃町の紹介信濃中生徒さんのプロフィール
  • 信濃中学校の生徒、5人で運営しています。私たちが住んでいる『信濃町の紹介』をしています。

にほんブログ村

>

キーワード

>

小林一茶について