日本書紀

日本書紀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本書紀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本書紀を含むブログ記事

QQQさん
  • 2人の現人神「仲哀天皇」と「垂仁天皇」の謎
  • ていたことが理由らしい。「根」はペルシア語で「ダル」といい、百人一首式の古代日本語の清音では「タル」と読み、漢字では「足」と書く。『古事記』には「帯」を「多羅斯(タラシ・タラス)」と書かれているが、『日本書紀』では「足」の字が使われており、「帯」はマレー語で「タリ」という。「ダル(根=ペルシア語)」「タル(足=日本語)」「タリ(帯=マレー語)」は発音が似ているだけでなく、 「根」は植物の「足」で、 「根」...
  • Brave New WorldQQQさんのプロフィール
青松光晴さん
  • 宗像神を祭る神社データは語る(11)〜宗像神が祭られた時期
  • た時代も、誓約神話は神代の時代であり、天孫降臨(私の推定で紀元前5〜4世紀ころ)より前の話です。ましてこれから出てくる神功皇后の時代(4世紀後半以降)の話からみれば、はるか遠い時代になります。古事記・日本書紀の作者が、これらの話を同時代の話として描いたとは、とても思えません。矢田氏は続いて、次のように述べてます。”これと同一文脈の「日本書紀」の記事として、応神天皇の三年に、処処の海人が命に従わないので、阿...
  • 日本古代史つれづれブログ青松光晴さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 博物館実習レポート(vol.5)
  • 王朝)himiko239ru/◆纒向型前方後円墳と箸墓古墳おっさん/◆纒向型前方後円墳と箸墓古墳メッセージメッセージを送るブックマーク古代日本の歴史を謎解き日本古代史つれづれブログ日本神話・神社まとめ日本書紀、全文検索//邪馬台国大研究//邪馬台国の位置と日本国家の起源全国邪馬台国連絡協議会伝説の扉日本神話.comさわださんちのホームページアジア文化研究プロジェクト私的な考古学縄文と古代文明を探求しよう!...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
さきさん
  • キッチンタイマーアウト!
  • の窓口が坂の上にOCR化中にエラー発生藤井聡太七段の扇子「飛翔」大〜〜きな机が欲しい!羽生マジック観られず、残念!大漢和辞典デジタル版 メイン画面操作方法>> もっと見るカテゴリー将棋(38)古事記・日本書紀(6)ガーデニング(16)古事記(20)参考文献(9)言葉(2)食材・料理(19)ボランティア(54)漢文・漢字(75)日記(625)学習(110)パソコン(50)故事成語(3)TV・映画など(1)グ...
  • 好奇心旺盛なおばさんのワクワク日記さきさんのプロフィール
泰弘君さん
  • 「防災食」のごはんがおいしくなったワケ
  • 地震 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は『日本書紀』にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった。 地震を対象とした学問を地震学という。...
  • News Today泰弘君さんのプロフィール
菊乃さん
  • 神様が座る場所
  • 桜のことを指すようになりました。美しさと儚さ、潔さは、見る人に様々な思いを抱かせたます。 特に「潔さ」は武士道の象徴となり、武士、さらには軍人にも好まれていました。 遥かな昔の日本で、「古事記」や「日本書紀」が現れる以前に日本で信仰されていた、 「さがみ(サ神)」という神様がいます。 福島県・山形県・新潟県の山地狩人仲間では、山の神を「サガミ様」と言っていたそうです。 クラは古代日本語で「神霊が依り鎮ま...
  • Message菊乃さんのプロフィール
倉西雅子さん
  • 政府による‘国民騙しのテクニック’−危ない‘移民政策’
  • 07月ブックマーク倉西先生のご学問所倉西姉妹の歴史学と政治学のホームページ時事随想抄日本国の問題を中心に時事問題を語るブログまあちゃまの今語りまあちゃまが現代という時代の憂いを語るブログ歴史問わず語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が古代史を語るブログゆうちゃまの昔語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が日本書紀と紀年法について語るブログちゃぽくらてすは考えるちゃぽくらてすの哲学的冒険物語gooブログ...
  • 万国時事周覧倉西雅子さんのプロフィール
fishlogさん
  • お札に肖像画が使われている理由
  • 日本で初めて肖像入りのお札が発行されたのは1881年(明治14年)。肖像画の人物は古事記や日本書紀に登場する仲哀天皇の皇后、「神功皇后(じんぐうこうごう)」。つまり、日本で最初のお札の肖像画は女性だったのでした。その後、板垣退助(いたがき たいすけ)、菅原道真(すがわら みちざね)、二宮尊徳(にの...
  • 雑学の小道fishlogさんのプロフィール
館長さん
  • 2018年11月13日のつぶやき
  • 月14日,天武天皇の第三皇子・舎人親王が60歳で世を去りました.元正・聖武2代に仕えた,奈良時代初期の皇親政治の中心的存在.また,勅により正史編修を主宰し,養老4年,全三十巻・系図一巻を撰進.それが『日本書紀』です.? http… at 11/13 21:26fortune_ukyou / 占い師 右京RT @mainichi_kotoba: 【42%読めた】殯宮祗候(ひんきゅうしこう)⇒皇室でのお通夜に...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
♪『The Earth』TVアニメ主題歌+FMラジオさん
  • 【須我神社・熊野大社・八重垣神社〜山陰神社参拝の旅?にて〜♪】
  • 売命清之湯山主三名狭漏彦八島野命宮司様と〜御朱印と御守り穏やかな陽射しと波の精進湖を臨むレストランにて・・・お好みの盛り付けで、鯛めしランチを・・・美味しくいただきました。2社目は、『熊野大社』参拝〜日本書紀の斉明紀には出雲國造に「厳しい神の宮を修造せしむ」とあり、出雲国一宮と祭祀されてきた。主祭神:熊野大神櫛御気野命お天道様の光りのお帽子が、とっても心地良かったです。艶やかなグリーンの苔が印象的!木や藁...
  • ♪『The Earth』TVアニメ主題歌+FMラジオ♪『The Earth』TVアニメ主題歌+FMラジオさんのプロフィール

日本書紀を含むトラコミュ

日本神話
  • 日本神話
  • これまで、古事記・日本書紀に書かれた「日本神話」は8世紀に天皇家によって作られた架空の物語とされてきました。ここでは、「日本神話」は、紀元1〜2世紀のスサノオ〜...
  • トラックバック数:117 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
神風
  • 神風
  • 神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰す...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:哲学・思想ブログ
官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治」理論の簡単なレジメ1. 民による官の統治」という幻想の失敗 英国のサッチャリズムに始まる「官領域への民の侵食」は、ブッシュ・ジュニア米政権に於い...
  • トラックバック数:47 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:政治ブログ
天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
多武峰から明日香
  • 多武峰から明日香
  • 多武峰(とうのみね)は中大兄皇子と中臣鎌足との談合の場ですが、今日は紅葉の名所として有名です。別称は関西の日光です。曽我氏討滅の談合との故事のある多武峰から山越...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:アウトドアブログ

日本書紀を含むブログ村メンバー

  •  
南紀白浜応援団さん
eskky28さん
M・ITOさん
snowymothさん
卑弥呼様は天照大神さん

日本書紀を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • とは、およそ考えられません。この点も、偽作説論者はまったく説明できていません。 この白鳳年号は『日本書紀』には記されていませんが、『続日本紀』の聖武天皇の詔報中に見える他、『類従三代格』所収天平九年三月十...
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • 来るものであり、流刑として日本に来たわけではありません。たしかに渡来人や帰化人が大勢いたという記録も日本書紀にありますが、中国の史料には、生活が豊かで文化水準も高く平和で安定している日本に、新羅・高句麗・百済...

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本書紀について