膀胱がん

膀胱がんについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [膀胱がん] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

膀胱がんを含むブログ記事

ぶぎのせさん
  • [転載]医師たちが告発「がん免疫療法、うかつに信じてはいけない」
  • さんは現役時代、大手の新聞社で働いていた。いわば情報のプロ。だが、そんな彼が自分の病気については、なにが正しく、なにが誤った情報なのか見極められず、すっかり混乱しているようだった。 晴山さんは3年前に膀胱がんで余命1年と宣告された。手術は難しいと言われ、抗がん剤の副作用に苦しみながら余命を延ばすしかなかった。晴山さんの息子が語る。 「いったんは運命を受け入れたようでした。しかし、見舞い客が持ってきた一冊の...
  • 存在証明不全症候群ぶぎのせさんのプロフィール
アダムさん
  • がん保険の上皮内新生物とは?がんとの違いや保障内容について
  • 公表されています。出典国立がん研究センターがん対策情報センター「がん診療連携拠点病院院内がん登録 2008年全国集計報告書」上記はあくまで特定部位による上皮内新生物の割合を表示していますが、子宮がんや膀胱がんなどは上皮内新生物の割合が高いと言えます。女性が心配される女性特有の病気は主に「乳がん」や「子宮がん」など指しているケースがおおく、これらのがんは「上皮内新生物」である割合も高いです。 性別によって大...
  • 医療保険サポートアダムさんのプロフィール
ドロシーさん
  • 愛犬の膀胱癌の原因になる飼主さんが絶対に注意すべき5つ事とは?
  • できてはいませんが、膀胱癌の発症確率が通常よりもかなり高いものが原因ではないか?というように報告がされています。 それでは順を追って見て行きましょう。 1.メスである!? メス犬の場合、オス犬と違い、膀胱がんの発症率は多くなります。 発症率はオス犬の2倍近く、1.7〜1.9倍の発症率になっています。 膀胱炎になる確率もメス犬の方が高いことから考えても、排尿器官の影響が考えられています。 2.特定の犬種 犬...
  • 犬と暮らして35年が教える!犬の病気、怪我の対処法ドロシーさんのプロフィール
musabon-11さん
  • 台風と解散風
  • 本文へジャンプ次のページヘブログのトップページへ最新の記事一覧ページへAmeba新規登録(無料)ムサボン爺ちゃんのブログ 「まだまだ負けんでぇ〜」人生、まさか!のがん宣告膀胱がん(44歳)〜食道がん(52歳)あれから21年 もう大丈夫!安心してたら、またこけた(笑)前立腺がん&膀胱がん(67歳)三歩進んで二歩下がるがんサバイバー爺ちゃんのチャレンジライフまだまだ!夢の続きは終...
  • ムサボン爺ちゃんのブログmusabon-11さんのプロフィール
ドロシーさん
  • 犬の膀胱癌が最も転移しやすい3つの絶対に注意すべき場所とは?
  • 愛犬に膀胱がんが見つかった時に気になることが、癌の進行による転移です。 癌の場合、その癌が発症した部位によって、転移しやすい箇所が違ってきます。 今回は、そんな膀胱癌の進行に伴う転移しやすい場所について見て行きまし...
  • 犬と暮らして35年が教える!犬の病気、怪我の対処法ドロシーさんのプロフィール
ゆーだいさん
  • 癌の痛みはどれくらい?原因や末期症状の痛みを緩和する方法【激痛】
  • に耐えがたいものであることが分かります・・・更に大腸がんが進行していくと、外壁にまで癌が浸潤していき、骨盤腔内にまで入り込んでいきます。これもまた、骨盤や腰付近に強烈な痛みを発生させる要因となります。膀胱がん膀胱がんとは、その名の通り私たちがおしっこを貯めている膀胱にがんが発生した状態を指します。この膀胱がんが大きくなるにしたがって、徐々に下腹部に痛みが発生するようになります。また、膀胱癌からの出血が見ら...
  • 高齢者のための役立ち情報ブログゆーだいさんのプロフィール
ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒さん
  • 膀胱がんの手術後の血尿、すぐキレイに。ハリが効いた!
  • 膀胱がんの手術後の血尿、すぐキレイに。ハリが効いた!2017-09-15 19:12:15 |症状? 循環器・泌尿器系・内分泌系膀胱がんの手術後の血尿、すぐキレイに。 ハリが効いた!膀胱がんの再発で再手術。...
  • ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒さんのプロフィール
タバコ研究会さん
  • 食品添加物の危険性
  • 4年には合成保存料のフリルフラマイド(AF2)、に発がん性が見つかり指定取消。オルトフェニルフェノール(OPP)はレモン、グレープフルーツなどの防カビ剤で、睾丸肥大、肝障害等を引き起こします。ラットで膀胱がん、成長抑制が確認され、繁殖能力への影響や、発ガン性などが動物実験で確認されている。遺伝子にキズをつけることも認められており、アメリカでは使用禁止となっているものですし、人工甘味料のアスパルテームは危険...
  • 悪玉はタバコ?それとも人工物質?タバコ研究会さんのプロフィール
マチルダさん
  • 介護認定に不服です(在宅介護の場合)
  • 介護認定に不服です Bさん介護対象者 義母義父(左手麻痺)と二人暮らし認知症なし要介護度:要支援2診断名 :腎ろう、末期ガン車で40分ほどの義母の介護認定の件で相談させてください。義母は、13年前から膀胱がんで管をつけています。治療の副作用で日常生活が困難だったため、介護認定をとったところ介護1でしたが、結局使わずに期限が切れてしまいました。現在末期ガンで治療不可能のため、自宅療養になりました。菅の管理の...
  • 特養に入る!!親を二ヶ月で入所させた私の記録マチルダさんのプロフィール
ドロシーさん
  • 犬の膀胱癌の重要な2つの手術方法とチェックすべき大体の費用とは?
  • か? 膀胱三角に癌が発症した場合は、先ほどお話した場合の様に大掛かりな手術になり、膀胱は二度と再生しません。 そして、尿管と尿道を直接つなぐ手術のために、詰まってしまうというケースがあります。 また、膀胱がんの手術をする場合も、完全に癌を克服できるわけでもなく、術後の余命は、おおよそ膀胱全摘出の場合は、1年ほどというデーターがあります。 また、部分切除で押さえられたとしても、リンパや他の臓器に転移していな...
  • 犬と暮らして35年が教える!犬の病気、怪我の対処法ドロシーさんのプロフィール

膀胱がんを含むブログ村メンバー

  •  
ぱややーむさん
musabon-11さん
大舞我さん
saliaさん
庵主さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

膀胱がんについて