大英博物館

大英博物館についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大英博物館] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大英博物館を含むブログ記事

販売員のスキルアップ講師&現役販売員 前田妙さん
  • ただいまー
  • こんばんは。夕方、成田に到着しましたロンドン、装飾文化オタの旅は無事?に終え、吹雪のため、5時間待機して、大幅遅れですが日本に戻りました今回私は、大英博物館とロンドン塔、ビィクトリア&アルバート美術館が目的同級生の連れはプロのガイドですから、バスや地下鉄を乗りこなし、自由に動きまわれましたしかし、連れは宝飾品にまったく興味がないので、現地で単独行動を言い...
  • ジュエリーコーディネーターの売上が伸びる接客術販売員のスキルアップ講師&現役販売員 前田妙さんのプロフィール
あっぴぃさん
  • イギリスその10・イングランドで一番美しい村「バイブリー」
  • その10・イングランドで一番美しい村「バイブリー」イギリスその9・ボートン・オン・ザ・ウォーターイギリスその8・シェイクスピアの生家イギリスその7・ホーリートリニティ教会とコテージパイイギリスその5・大英博物館イギリスその4・バッキンガム宮殿イギリスその3・ウェストミンスター寺院イギリスその2・セントポール大聖堂イギリスその1・所要時間約14時間バーナーで焼いてみた一覧を見る画像一覧を見るテーマブログ (...
  • あっぴぃの“のほほん生活のおススメ”あっぴぃさんのプロフィール
NAMONAI MILERさん
  • 卒業旅行にオススメ!往復+ホテルが10万以内の人気海外旅行先7選
  • 覧ください。ロンドン&パリまずは何度でも行きたいロンドンとパリ!ロンドンはファッションと芸術の街であり、美術館や博物館、観光スポットが入場無料のところが多い。一流ブランドのショップをハシゴしても良し、大英博物館やテート・モダンで現代アートを体験しても良しの定番観光都市。?パリも大人気観光都市の一つ。こちらは街並みが芸術そのもので、歩いているだけで楽しめるロンドンのご飯は残念なので、代わりに食事の美味しいパリ...
  • MINIMALIST MILERNAMONAI MILERさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 地図で台湾史をひもとく特別展 世界的に希少な一枚も初公開
  • た地図約70点から台湾の歴史をひもとく特別展が始まっている。なかでも18世紀末、漢民族と原住民族(先住民)が住み分けた境界線が手に取るように分かる古地図「18世紀末御製台湾原漢界址図」は、英ロンドンの大英博物館や中国大陸・北京の故宮博物院の所蔵品を含め、世界で6点しか確認されていないという貴重な一枚。9日に予定されている特別展の開幕式で初公開される。同図は、領地の状況を清朝の皇帝に報告するために作成されたも...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
じょこまんまさん
  • 夢というより妄想
  • んだね。わたしも時々、もし宝くじが当たったらなんて口にするけれど、つれはそんな話には一向に乗ってくれません。わたしが夢を見るとしたら…暖かい田舎に冬だけ住む家が欲しいとか、シカゴに行っててみたいとか、大英博物館やメトロポリタンミュージアムに行ってみたいとか、今の家をリフォームしたいとか、屋根にソーラーパネルをつけたい、新しい車や新しい薪ストーブ、新しいビルトインコンロがほしい等々…夢がイッパイ!ちょっとちょ...
  • 風が通り抜ける庭からじょこまんまさんのプロフィール
ともひろさん
  • London 〜場所編〜
  • が、、、 なんこか!ここは絶対行きたいって言う場所はあります(^^) 1. 美術館 museumなんと!ロンドンの美術館は基本的に入場料が無料!!!!! さすがアートの街。。。 大英博物館 自然史博物館 これがみたい。。。 ナショナルギャラリー など、有名なところはもちろん そのほかに graffiti、ストリートアートで有名なBanks...
  • 旅する保育士のToyBlogともひろさんのプロフィール
awakomatsuさん
  • 広開土王(好太王)碑文の新解釈
  • 小アジア(今のトルコ共和国)にあったヒッタイト王国がシリア周辺の覇権を争ったカデシュの戦いの和平協定を記録した碑文、これはヒッタイト象形文字で刻まれている。次に、古代エジプトのツタンカーメン碑文や今、大英博物館にある有名なロゼッタストーン(アレクサンダー大王の後継王国、エジプトのプトレマイオス朝の碑文、BC196年)、これら一連の象形文字碑文、三つ目は古代ペルシャのベヒストゥン碑文(ダリウス碑文)、これは古...
  • 小松格の『日本史の謎』に迫るawakomatsuさんのプロフィール
あっぴぃさん
  • イギリスその8・シェイクスピアの生家
  • クセスが簡単になります読者になる記事一覧|イギリスその7・ホ・・・ »同じテーマ 「イギリス」 の記事イギリスその7・ホーリートリニティ教会… 2017-12-08 1 2イギリスその5・大英博物館 2017-12-07 4 4イギリスその4・バッキンガム宮殿 2017-12-04 6 6もっと見る >>最近の画像つき記事もっと見る >>イギリスその7・ホー…昨日イギリスその5・大英…おとといイ...
  • あっぴぃの“のほほん生活のおススメ”あっぴぃさんのプロフィール
londepaさん
  • お肉屋さんの豚さんサンタ☆彡
  • 50こんにちは。 ハムリー..by グリュッツィゆうな at 21:38ありゃぁ〜! 紙幣も変わ..by くみこぉぉ at 16:07Momoさん、そうなんで..by londepa at 09:52大英博物館のそばに、お好..by Momo at 22:28検索ブログパーツ最新の記事お肉屋さんの豚さんサンタ☆彡at 2017-12-09 00:116時間もかけてXマス・ショッ..at 2017-12-08...
  • ロンパラ!(LONDON パラダイス)londepaさんのプロフィール
あっぴぃさん

大英博物館を含むブログ村メンバー

  •  
おだしまさちこさん
tabikomiさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大英博物館について