研究者

研究者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [研究者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

研究者を含むブログ記事

研究でsurviveさん
  • 起業と研究室の立ち上げについて共通すること
  • と似ているのではないかと感じました。研究室を立ち上げる(PIになる)前に、論文になりそうなテーマ、あるいはすでにデータを持っていることが、その後の研究室運営に経営と研究の違いは、そういう視点でいくと、研究者が海外留学する意味とは何になるのでしょうか?日本では論文のネタを見つけられなかった人が、海外で見つける、あるいは人脈を構築する、英語力をあげるなどいろいろです。留学中にNature、Science、C...
  • 海外留学中の研究者が生き抜くためのblog研究でsurviveさんのプロフィール
お魚さんさん
  • うまいもん 金久右衛門 梅田店
  • 治まり、義がなければ乱れるマスコミに載らない海外記事みんな楽しくHappy?がいい♪2011年3月11日。その後私は変わりました。古本屋の研究日誌本郷、東大赤門前の古本屋・大山堂書店で働きつつ、在野の研究者として生きる道を模索。書いとかないと忘れちゃうから「読書記録」ウジャウジャ書いてる読書記録など。私は「日本チャチャチャ」の応援団長。 バレーじゃなくって、 日本と日本文化。内田樹の研究室みんなまとめて...
  • ブログのサカナお魚さんさんのプロフィール
KABUさん
  • 思い出の本を教えて!・・・リベラル派の駄目さを確信した「「邪馬台国」はなかった」、鴨。
  • 彦・古代史コレクション』シリーズ発刊にあたって、その広告惹句に「なぜ四十年間も、古田理論は学界から無視されてきたのか」とあるように、それが最初に朝日新聞から上梓された1970年代前半から、プロの古代史研究者はほぼ一貫して本書を相手にしてきませんでした。けれども、それは当然のことではないか。そう私は考えています。なぜか。それについては、以下、本書を俎上に載せた書評の自家記事転記と自家解題をご一読いただけれ...
  • 英語と書評 de 海馬之玄関KABUさんのプロフィール
bnjさん
  • ライチョウ保護、「地元の情熱大事」 妙高で大会開幕【新潟日報モア2018年10月19日】
  • >2018年10月19日ライチョウ保護、「地元の情熱大事」 妙高で大会開幕【新潟日報モア2018年10月19日】「ライチョウ会議新潟妙高大会」で行われた研究者らによるパネルディスカッション=19日、妙高市文化ホール 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のライチョウの保護について考える「第18回ライチョウ会議新潟妙高大会」が19日、ライチョウの生息地・火打山がある...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
kurazohさん
  • なぜ学会に参加するのか
  • 力が向上するか。その近道が書いてあるのが,「学習指導要領の解説」のはずである。 しっかりと書いてあることがたくさんある。それを実行していないから,学力が向上しないのか,書いてあることがいい加減なのか,研究者たちにはしっかりと分析してほしい。 教育系の研究者たちが書いた論文が,相当に集積しているはずである。  優れた論文というものも,この世にはたくさんあるのだろう。ただ,そういう論文に対する評価も,教師に...
  • 教育失敗学から教育創造学へkurazohさんのプロフィール
見もの・読みもの日記さん
  • インドネシアと中国/世界史のなかの文化大革命(馬場公彦)
  • の諸国や発展途上国だけでなく、アメリカやフランスなど西側諸国にも影響を与えた。高橋和巳や小田実、大宅壮一、藤原弘達など、日本人の反応を丹念に整理しているのが興味深い。また、同じ頃、アメリカの若いアジア研究者の間では、従来のアジア研究が政府の対アジア政策実行の道具となっていたことの反省に基づき、CCAS(Committee of Concerned Asian Studies)という運動体が生まれ、ここか...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
残しておきたい今日の1枚さん
  • ハロウィンナイトで“花火”の打ち上げ...
  • “西郷どん”函館空港に登場...秋の深まり感じる“香雪園”...“台風一過” の秋晴れ...駒ヶ岳と“ひまわり畑”...季節を進める“秋の雨”...今年2度目の寄港、大型練習帆船“日本丸”...郷土史研究者に贈る“神山茂賞”...函館湾に“豪華クルーザー”?...最近の画像[もっと見る]ハロウィンナイトで“花火”の打ち上げ...5分前季節外れ?“エゾムラサキツツジ”咲く...1日前練習帆船・日本丸、感謝...
  • 残しておきたい今日の1枚残しておきたい今日の1枚さんのプロフィール
yuki194さん
Lily Plus+さん
  • ★ブログについて&ローズのお勉強★
  • ーズのたくさんの品種ができたのが19世紀以降。 ナポレオン1世の后妃「ジョセフィーヌ」がローズを発展させフランス品種を中心にイギリス・ドイツ・オランダや東洋の品種をたくさん集めました。 そしてその頃、研究者たちが中国から白・ピンク・薄い黄色などの品種と掛け合わせ、ハイブリッド・チャイナなど、四季咲きの大輪のローズが生まれたそうです。 1867年以前の品種→オールドローズ 1867年以降の品種→モダン...
  • 西宮・神戸・大阪 Lily Plus+  リリープラスLily Plus+さんのプロフィール
ニック西村さん
  • 印旛郡栄町にある関東地方最古の寺・「龍角寺」に行って・近くには「龍角寺古墳群」があります。
  • 龍腹寺」が建てられ、「尾「が落ちてきた場所に「龍尾寺」が建てられたという伝説があります。「嘘っぽい」のですが、それぞれの寺の屋根瓦は、共通点があり、関連して建てられたと「早稲田大学考古学研究所の考古学研究者」が私に申しておりました。{昔々 この地方は日照りに悩まされ、近くの印旛沼の畔で、一人の坊さんが、雨乞いをしました。そうしたら、突然 大雨が降り始め、お百姓さんたちは大喜び、また作物が実り始めました。...
  • 西村治彦の日記ニック西村さんのプロフィール

研究者を含むトラコミュ

ウナギ
  • ウナギ
  • ウナギ(鰻、うなぎ)は、ウナギ目ウナギ科 Anguillidae に属する魚の総称。その内の一種 Anguilla japonica (英名:Japanese eel)を指し、これをウナギ属 Anguilla に属...
  • トラックバック数:107 TB参加メンバー数:48人カテゴリー:グルメブログ
科学者・研究者・大学教員
  • 科学者・研究者・大学教員
  • 科学者・研究者・大学教員に関する記事を書いたときにトラックバックしてください。ニュースで見聞したことでもかまいませんし、あるいは自分自身が研究者として考えたこと...
  • トラックバック数:300 TB参加メンバー数:46人カテゴリー:教育ブログ
地震予知(緊急地震速報)
  • 地震予知(緊急地震速報)
  • 地震による被害を軽減するために、人類は揺れに強い建物を造る努力を続け、現在では大地震に耐えられるような建物を造ることができるまでになった。一方で、地震の発生時期...
  • トラックバック数:73 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:科学ブログ
アナキズム 無政府主義
  • アナキズム 無政府主義
  • 「アナキズム」は「政府を持たない、政府の権力を最小にする、全ての権力を最小にする」という思想や主義の総称である。日本語では通常「無政府主義」と訳されるが、必ずし...
  • トラックバック数:68 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:哲学・思想ブログ
太陽フレア
  • 太陽フレア
  • フレア(Flare)とは、太陽の大気中に発生する爆発現象であり、多波長の電磁波による増光によって定義される。太陽の活動が活発なときに、太陽黒点の付近で発生する事が多...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:科学ブログ

研究者を含むブログ村メンバー

  •  
グラさん
reeさん
ミスターXさん
クロノさん
Chipさん

研究者を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 化学はお嫌いですか?レス: 0/28(55件)受験ブログ
  • 好きです〜化学+生物=医学 という図式が成立するはず 理系で化学嫌い? もったいないねぇ 医者・研究者は就職楽勝☆で、「お金持ち」になれるのにでも、化学×生物=マッド・サイエンティスト...
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • このアンケートの結果を考古学者に見せたいですね。結構ショックを受ける研究者が多いと思う。十分な説明責任(偉そうに「教え」れば済むというものじゃない)を怠ってきた結果です。...
  • 佐々木倫子作品どれが好き?レス: 0/3(19件)漫画ブログ
  • 読んでいない「月館の殺人」以外は全て好きですが、私自身が理系の研究者の端くれなので、「お医者さん」はとりわけ思い入れがあります。ファンレターも書きましたし。佐々木先生は...

にほんブログ村

>

キーワード

>

研究者について