病床

病床についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [病床] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

病床を含むブログ記事

崔吉城との対話さん
  • タラの芽
  • 記事タラの芽新刊紹介「慟哭の場」「傍観」「竜馬四重奏」「嘘はつけない」5.16軍事クーデター記念日「先生の日」平和には不和堀晃>> もっと見るカテゴリー旅行(813)日記(307)エッセイ(3308)病床日記(10)講義(111)研究業績(28)ログイン編集画面にログインブログの新規登録最新コメント黒羊/表敬訪問西原経徳/表敬訪問黒羊/表敬訪問崔吉城/表敬訪問黒羊/表敬訪問崔吉城/セクシー岩下です/セ...
  • 崔吉城との対話崔吉城との対話さんのプロフィール
achieveさん
  • 井手口陽介は嫁や子供と海外移籍先も視野に!すでに高校時代から飛びぬけていた!
  • 婚を急いだという事情もあったといわれています。 2015年に付き合い始めてすぎに、夏海さんの母に膵臓がんが見つかりました。 父もがんで失っていた夏海さんに、井手口選手はすぐにプロポーズしたようです。 病床の夏海さんの母に「娘さんをください」と断りを入れ、「頼むな」と託されたようです。 その半年後の2016年3月に、夏海さんの母は帰らぬ人になりましたが、きっと安心して旅立つことができたでしょうね。 見た...
  • トレンド!!すっきりachieveさんのプロフィール
もりさん
寒月さん
  • 大食の正岡子規
  • の感傷も暗い影もなく、死に臨んだ自身の肉体と精神を客観視し写生した優れた人生記録と、現在まで読まれているという解説があります。ここには日々の日記形式で、その日その日のことが詳しく書かれています。苦しい病床で見聞した細かなことが記されています。ブログに書くことは何もないなどと言ってはおられません。今回は毎食何をどれだけ食べていたかについて驚愕しました。明治34年9月2日から記録が始まっていますが、その日...
  • それから寒月さんのプロフィール
ゆまさん
  • 希望なく入った個室の差額ベッド代は払わなくてよい
  • 。ところが、2018年3月5日付の「保医初0305第6号」の通知で、「病棟管理等の必要性から特別療養環境室(差額ベッド料の必要な病室のこと)に入院させた場合」の例示として、「特別療養環境室以外の病室の病床が満室であるため」という場合は請求できないと明記されています。つまり、3月5日以降、「空きベッドがない」という理由で同意書の提出を求め、差額ベッド料を請求することはできなくなったということです。(ここ...
  • ゆまの「さよならしこり」ゆまさんのプロフィール
36たろうさん
  • 兄弟の写真
  • 。前日に遠方より親戚の人が見舞いに来てくれたようで、入院している親の兄弟が旅行で全員揃って撮影した写真を置いていってくれた。親は末っ子なので、兄弟はみんな亡くなっている。仲のいい兄弟だったようで、親の病床から見える位置に貼っておいた。...
  • 御朱印マニア ∞ 36たろうラジオ36たろうさんのプロフィール
松食い虫さん
  • 子蔓2本仕立の4果採り?
  • 目になって、松つぁんの先手先手の野菜作りは今日も快調です。? じつは、野菜作りが自慢だった爺さんがなぜかスイカだけは上手く作れなかった。連作障害やカラスや獣害にも、手を焼いていた。そのスイカを作って病床の爺さんに 「オイラが作ったんだけど食べてみて」と切って差し出すと、信じられなかったのだ。「お前がな、スイカを?」「…お前がな」を何度も唸った。そのはず、介護をするようになって初めてキッチンに入り、...
  • 究極のマイガーデンを目指して松食い虫さんのプロフィール
ヒッター7777さん
  • 第2275回 永訣の波濤
  • ーだが、スーティの保護を最優先とする《ミラルカの琥珀》は簡単には許さなかった。 ここに《闇の司祭》グラチウス、《ミラルカの琥珀》、《狼王》ウーラ、そしてスーティという奇妙なドリアン救出隊が誕生した。 病床明けのパロ宰相ヴァレリウス、弟子のアッシャ、ドライドン騎士団、そしてアグラーヤ王女アルミナ一行はヴァラキアに到着した。 友カメロンの遺骨を前に、ゴーラへの対応を深慮するロータス・トレヴァーン大公。 沿...
  • まるでダメな男の日記ヒッター7777さんのプロフィール
さくらさん
  • ☆☆ 神様お願い ☆☆ 
  •   〜 神様お願い。 この病院から抜け出して、七日間の元気な時間を下さい 〜 神奈川県在住の宮本英司さん(71)の奥様が、 癌で亡くなる直前の7日間に病床で語られた「七日間」の 詩を ご主人が今年の3月に朝日新聞「声」欄に投稿されると、たちまちSNSで拡散されて、「涙がとまらないです」などのメッセージが寄せられ続けていたそうです☆その後 取材を受けられ...
  • 言葉の花びらさくらさんのプロフィール
ひょうすんぼさん
  • 民譚
  • でもない。そこで何故掃除をしているのか尋ねてみた。すると掃除をしているのみならず、像まで寄進しているという。そして強い信仰を持った経緯を語ってくださった。 その人が重い病に倒れ生死の境をさまよった時、病床に白髪の老人が現れそして2匹の龍に変化したという。龍が「目を覚ませ」と言うと、意識が戻り病が回復に向かった。龍は神社の守り神に違いないと考えたそうだ。何故なら龍に変化した白髪の老人に心当たりがあったか...
  • ひょうすんぼひょうすんぼさんのプロフィール

病床を含むブログ村メンバー

  •  
Tonyさん
shineさん
ヒキュン☆さん
麻酔いちごさん
はい虫さん
  • まにめら。はい虫さんのプロフィール
  • 双極性障害2型患者の日々とか病床メモとかいろいろもろもろ
  • 2年と3ヶ月