末期

末期についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [末期] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

末期を含むブログ記事

歩王(あるきんぐ)さん
  • 【まったり駅探訪】根室本線・御影駅に行ってきました。
  • 影駅は列車の行き違いが可能な相対式ホーム2面2線構造でした。 対面のホームにはチューブっぽい形状の跨線橋を渡って進入します。 上り線ホームから見た御影駅の全景でしたよ。ホームは元は2面3線構造で、国鉄末期の昭和61年に上り線側の島式ホームが廃止されて棒線化されましたが、平成2年に交換設備が復活したらしく。上り線側のホームはその際に造り直されたようです。対面のホームが新しかったのはそのためだったんだ。...
  • 歩王(あるきんぐ)のLet'sらGO!歩王(あるきんぐ)さんのプロフィール
true_blueさん
  • 最近思ったこと(7月21日)。
  • ってしまったために今一つ乗り切れなかったのは私にとっては不運でしたが、ここぞというところでW杯に乗り切れなかったと言えば2002年もそうでした。W杯の自国開催という最高に楽しめるお祭りがあった時、父が末期がんで入院していたため、私は毎日泣きながら病院に通っていました。(父は2002年の7月末に亡くなりました)なので、これも私の運命かなと思って受け入れます。気持ち的には100%通常運転に戻ったわけではな...
  • 初心者的ARTな生活true_blueさんのプロフィール
NightWalkerさん
  • インデックス投資と実経済のお勉強
  • かっています。で、気が付くのが、 サラリーマンも世界経済の荒波と戦っているということ。たとえば、最近、話題なのが、米中の経済バトルです。サラリーマンも実際の仕事では、大きく影響を受けます。かつて、冷戦末期に日本がいい気になって世界の工場の座から転げ落ちたように、今度は中国がお役御免となって、その地位から転落してしまうかもしれない。中国に生産拠点を展開している会社であれば、さて、どうしようかと悩むわけで...
  • NightWalker's Investment BlogNightWalkerさんのプロフィール
mo_richさん
  • 『西郷どん』革命編スタートで幕末期の有名どころが続々登場!
  • ch@Re:コメントのこと(01/01)shiburoさん、少し遅くなりましたがあけま…ニューストピックス新着記事一覧(全4752件)過去の記事 >2018年07月20日『西郷どん』革命編スタートで幕末期の有名どころが続々登場!テーマ:大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』(81)カテゴリ:九州の話題今日は『土用の丑の日』です。現代日本ではこの日になるとうなぎの消費量が大きくなりますが、NHK大河ドラマ『...
  • 九州出身者がつくる九州情報館。mo_richさんのプロフィール
タガメさん
  • いざ、死の現場へ
  • ピスみたいなところです。 高齢者施設で認知症のおじいちゃまたちと追いかけっこする生活は終わりました。 タガメの今回の仕事は、 死にゆく人々のお世話でございます。 高齢とは限らないので、 40代でも末期がんの方とかいます。 死を待つ人々のお世話でございます。 高齢者の施設でも 「生きるって何だろう。長生きってめでたいことなのかな」と 悶々と考えましたが 今度は若くても命を終える人たちが 静かに残...
  • タマクローといっしょ♪タガメさんのプロフィール
安らぎの里さん
  • 昭和ー22
  • ろいろ発信しています。昭和ー222018-07-20 22:12:06 |古典昭和ー22(明治・大正・昭和)金子 みすゞ  1903年(明治36年)4月11日〜1930年(昭和5年)3月10日大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴ったとされる。西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。が・・・決し...
  • 安らぎの里安らぎの里さんのプロフィール
ジョイントスター302さん
  • 東京にある国宝は速やかに他の地域へ持ち出すべし〜脅威に備えて〜
  • のも多いのです。例えば島津家文書という国宝は、鹿児島県の領主であった島津家の保管していた書類の束なのですが、なぜか東京にあります島津家文書(しまづけもんじょ)は、惟宗忠久を初代とする島津氏が、平安時代末期から明治時代初期までの約700年間、代々伝えてきた文書であり、政治、外交、社会経済、家督相続など多岐にわたる総数15,133通の大規模な武家文書群である。 そして重要なことは島津家文書の保管場所である...
  • ソシアルアドバンテージジョイントスター302さんのプロフィール
Osamu Shigematsuさん
  • 今日は涼しくて捗りました
  • 。贅沢をする前に、除草剤の散布です。 見ての通りのツートンカラー、掃除のおじさんに除草剤を散布するようにいったんですが、この体たらくですよ。 掃除のおじさんは、農家です。 アル中ハイマー病にかかって、末期症状で、2 週間ほど入院したくらい、のんびりした感じですから、まともに仕事はできません。 結局二度手間、除草剤の無駄でした。明日は予報では、日中、雷マークがついているので、仕事にならなさそうですが、午...
  • 晴耕雨読Osamu Shigematsuさんのプロフィール
バロンさん
  • 投資を楽しむために、まず必要なこと?
  • 会社も無事開設出来ました。(もしくは開設済)次は、実際に金融商品を選ぶことになりますが、当然ながら目的は利益を上げることとは言え、だれでも利益が上がるわけではありません。全員が利益に酔う・・・、バブル末期には確かにそうなりますが、(;^_^Aたとえ、銀行でも・・・、この辺の話は別なテーマで取り上げたいと思います。今回は、私の今ままでの失敗を含む経験から学んだ点を幾つかご紹介させて頂きたいと思いますので...
  • 投資の森バロンさんのプロフィール
標高330mのモノローグさん
  • 美里町の日中友好「大使蓮」:水車のある阿那志の池と代表格の「長岡池」の蓮の花
  • 、災害のことを考えると2階がよく、病気発症を考慮すると1階がよいのか?自浄とリスク管理の二つを失った与党。視察や言葉だけでなく、もっと危急の支援を...猛暑の中、今年も咲いていた斜面のヤマユリ江戸時代末期に本邦初の帝王切開術が行われた地を訪問どんな災害でも、生活に欠かせない水を供給できる技術やシステムの開発を願う。七夕で思い出す、まぼろしの函館の「ローソクもらい」の風習記事一覧 | 画像一覧 | 読者...
  • 標高330mのモノローグ標高330mのモノローグさんのプロフィール

末期を含むトラコミュ

坂本龍馬
  • 坂本龍馬
  • 江戸時代末期の土佐藩士である。父は土佐藩郷士・坂本八平で次男、母は幸。兄は権平、姉は千鶴、栄、坂本乙女(おとめ)。「龍馬」は本来は「りゅうま」と読むべきであるが...
  • トラックバック数:1012 TB参加メンバー数:126人カテゴリー:歴史ブログ
平清盛
  • 平清盛
  • 平安時代末期,平氏の全盛期をきずいた武将。保元の乱・平治の乱で源氏をおさえて中央政界に進出し、1167年に太政大臣となり、むすめの徳子を高倉天皇の后(きさき)と...
  • トラックバック数:423 TB参加メンバー数:36人カテゴリー:歴史ブログ
医療・介護 (いりょう・かいご)
  • 医療・介護 (いりょう・かいご)
  • 医療に関することなら何でもOKです。トラックバックお待ちしてます!医療事務 求人、医療保険 人気、医療法人、医療センター、医療用語、チーム医療、自立支援医療、医療情...
  • トラックバック数:54 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:病気ブログ
源頼朝
  • 源頼朝
  • 平安時代末期に河内源氏の棟梁である源義朝の三男として生まれる。平治の乱で父が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平...
  • トラックバック数:212 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:歴史ブログ
北方領土四島は日本です(領土問題)
  • 北方領土四島は日本です(領土問題)
  • 日露での外交問題。日露戦争以降の歴史的背景もあり、太平洋戦争末期の理不尽な侵攻、冷戦への突入。千島樺太の帰属は未だ確定せず日本の地図には白い領土となっています。...
  • トラックバック数:87 TB参加メンバー数:21人カテゴリー:政治ブログ

末期を含むブログ村メンバー

  •  
ROUGEさん
ドレミさん
チロルさん
mimiさん
素人大工さん

末期を含むアンケート&掲示板

  •  
  • みんなの自己紹介レス: 0/1蒸気機関車・現役時代
  • 5,6年前より趣味が復活し、当時出来なかった鉄道部品の収集をしたり、資料では蒸機末期から戦前もの迄奔走したりと現役時以上に熱が入っています。特に南九州地区「砲金製区名札」装着機の調...
  • 好きな時代は?レス: 0/51(320件)歴史ブログ
  • この時代の人物が好きです鎌倉末期かららへんが好きなので、蒙古襲来後と悩みましたが...でもやっぱり、南朝と北朝の戦いが好きなんで...