デビュー作

デビュー作についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [デビュー作] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

デビュー作を含むブログ記事

midoriさん
  • 「おかえり!」のお返事(^^)
  • 紙にお土産もいっぱい同封して送ってくれましたそれはそれは素敵な旅だったようでお手紙を読んでいると「空想の世界に入れる!」手紙とお土産と共にそんな雰囲気まで送ってくれましたよ!(^^)bノーベル賞作家のデビュー作カズオ・イシグロ作品は「日の名残り」他2冊を図書館で借りて読んだことがあります図書館でも書店でも、受賞直後は手にするのば難しかったから予約、入れておきました雨続きの10月、読書の秋にほんブログ村いつも...
  • Today's Letter ~from Hiroshima~midoriさんのプロフィール
そうたつさん
  • 秋の華
  • なり色んな本読んでました 体使ったら頭、と足りないものを充足させたくなるんでしょうかね デスクワークの今確かに時間あれば体動かしたい 昔たまたま通販の月替わりで送られてくるもので北村薫さんのデビュー作『空飛ぶ馬』がありました ミステリーと言えば中学時代の赤川次郎さんまでさかのぼらないといけないほど履歴にありません この時は他にも宇江佐真理さんの伊三次シリーズ(一昨年亡くなられて非常にショックを受...
  • 赤ちゃんとネコとマンガといろいろ。そうたつさんのプロフィール
BOOKBANKさん
  • 蛇の世界への誘い!川上弘美の芥川賞受賞作を読む!『蛇を踏む』【読書屋!】
  • のを皮切りに、数多くの文学賞を受賞している方です特に、芥川賞を受賞した『蛇を踏む』、谷崎潤一郎賞を受賞した『センセイの鞄』は代表作といえるんじゃないでしょうか川上弘美さんの小説はよく動物が出てきます。デビュー作の『神様』では熊が、この「蛇を踏む」ではもちろん蛇が。しかも、この動物たちのセリフはいつも人間離れした品があり、同時にどこか儚さを持っているように感じます”蛇を踏んでしまってから蛇に気づいた。秋の蛇な...
  • 読書屋!BOOKBANKどっとこむ!BOOKBANKさんのプロフィール
くみんずさん
  • 宝塚のおすすめ作品一覧(ショー編)
  • 。『デパートメントストア』《三木章雄》☆猫が似合うトップコンビでした『美麗猫ーミラキャツトー』《谷正純》☆日本物でも美しいかったです宝塚舞踊詩『さくら』ー妖しいまでに美しいおまえー《野口幸作》☆大劇場デビュー作とは思えない良作『THE ENTERTAINER!』他にも、皆さん一押しの作品がありますよね個人的には『ラ・カンタータ』岡田敬二『パッサージュ 硝子の空の記憶』萩田浩一『バビロン』荻田浩一『ミロワール...
  • 小華の観劇ブログくみんずさんのプロフィール
HSTZさん
  • ハンナのお花屋さん? ‘17年・花組・ACT 「This is Ueda’s Quality」
  • 未だに全く思えず...(あえて言えば、一番の難点は、ヒロインが絶世の美女には見えづらいこと位でしょう)。私には、もう一人のうえだ先生に比べて、常に「過○評価」されているように思えてなりません。確かに、デビュー作は、○作評価されても仕方ないところがあると思いますが、決して凡作ではない。その翌年には、大劇場デビューされていることからしても、分かる方にはきちんと分かるのでしょう。○Originalデビューから19...
  • To TAKARAZUKA once a month at leastー観劇・備忘録HSTZさんのプロフィール
カプリコさん
  • 【ミステリー小説】おすすめ推理小説5選【大どんでん返し/叙述トリック編?】
  • 代表的なネタで、私のブログですら大どんでん返し系の作品に対するGoogle検索流入が沢山きますが、この作品が書かれた1973年においては、まだまだ全然浸透していませんでした。?そんな背景を持つ時代に、デビュー作として発表された今作。文句なく「傑作」ですね、これは。「大どんでん返し/叙述トリック」が大人気の現代、ようやく時代が中町信に追いついたと言えるでしょう。推理小説好きならば、日本における叙述トリックの先...
  • かぷりころぐカプリコさんのプロフィール
楽水さん
  • ラストレシピ
  • みなんやけどなあ。幼い頃から頭角を現す天才を麒麟児て言う。天才的な味覚の持ち主ってことやろうけど、初めて聞いた言葉や。著者の田中経一氏は伝説的テレビ番組『料理の鉄人』のディレクターをやってた人物。そのデビュー作やけど、この経歴やから書けた小説家かもしれへん。料理と料理人に対する思いが溢れるほどに込められている気がする。読み終えてから本屋が掛けてくれたカバーを外したら本の帯が目に入った。購入時には気にも留めて...
  • 水の茶の湯の徒然楽水さんのプロフィール
たうんたうんさん
  • ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017 -秋の上映会-
  • トフィルムの魅力を広めること、若手映像作家の育成を目的に毎年開催されている「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」。 日本初上映となる人気英国人俳優たちの作品に加え、伊丹十三監督の幻のデビュー作『ゴムデッポウ』なども上映。さらに、『東京喰種トーキョーグール』で長編デビューした萩原健太郎監督、映画・ミュージックビデオなど多岐の分野で活躍する松居大悟監督ら、注目の日本人監督作品も、無料で楽しめま...
  • タウン情報東京都たうんたうんさんのプロフィール
sou.さん
  • 「Wake Up, Girls!」一挙放送
  • Wake Up, Girls!の皆さんはリアルで活躍しててにわかファンながらうれしい限りですね。本作を飛び越えて他作品でもOP曲なども歌っています。声優としてのWake Up, Girls!は本作ではデビュー作だったこともあり最初は不安なところもありましたが話数を重ねるにしたがって成長していき違和感はなくなりました。これもそうですが他作品でも出演していて活躍されていますね。メンバーの一人である田中美海さんは...
  • 投資とかアニメとかだらだらとsou.さんのプロフィール
scarlet222さん
  • Tokyo in Books――・・・・・・・・・の思想的背景について
  • ルや観光であるのか、アイドルであるのかという違いがある、ということだと考えることができる。実際、ドッツのコンセプトのキーワードの一つとして「都市の幽霊」を挙げることができるが、この幽霊という言葉は東のデビュー作である『存在論的、郵便的』のキーワードに他ならない。ここからも東とドッツのコンセプトとの関わりは明らかだろう。とはいえ、ドッツのコンセプトは宇野と濱野の議論も参照した方がより理解しやすくなると考えられ...
  • アイドル批評空間scarlet222さんのプロフィール

デビュー作を含むトラコミュ

咎狗の血
  • 咎狗の血
  • ニトロプラス キラルのデビュー作「咎狗の血」がアニメ化になりました!それに関する情報や感想などお待ちしております。
  • トラックバック数:271 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:アニメブログ
デビュー作
  • デビュー作
  • 最近デビューされた作家さん、既に大活躍されている作家さん、洋の東西を問わず、とにかくデビュー作ならばなんでもOKです。デビュー作について書いたら迷わずTBしてくださ...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:本ブログ

デビュー作を含むブログ村メンバー

  •  
久遠 泉さん
HanaBananaさん
高藤ジュニアさん
篠原悠希さん
裕次郎さん

デビュー作を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • 理』『ここに古代王朝ありき』『倭人伝を徹底して読む』の復刻予定とのこと。 特に初期三部作は古田史学のデビュー作と言うだけでなく、その学問の方法を徹底して重視した論証スタイルに古代史学界が受けたインパクトもかなり...

にほんブログ村

>

キーワード

>

デビュー作について