和歌集

和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

和歌集を含むブログ記事

なおじいさん
  • みのり・とき・秋霖・秋波・秋水・秋扇──秋の言葉
  • す意味だけではなく、「みのり」「とき」といった意味もあります。和歌の場合には、同音の「飽き」にかけて使われることもあります。〈わが袖にまだき時雨(しぐれ)の降りぬるは君が心に秋(飽き)や来ぬらむ〉古今和歌集「まだき」は「まだその時期にならないうちに」という意味。(晩秋のものとされる)時雨が降り始めたのは、あなたの心に季節の「秋」が来て(その季節と同じ名前のように)、私に「飽き」てしまったのでしょう、とい...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
Seasonsさん
  • トウワタ
  • 花が咲いていますあははあはは(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)トウワタの蜜は昆虫には人気です。上の写真ではアリ下の写真ではカメムシが吸蜜していますあははあはは・新古今和歌集巻第四秋歌上百首歌に式子内親王308 うたたねの 朝けの袖に かはるなり ならすあふぎの 秋の初風撮影場所:行徳野鳥観察舎ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブログ...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 9月21日(金)のつぶやき
  • 9月13日(木)のつぶやき9月2日(日)のつぶやき9月1日(土)のつぶやき8月31日(金)のつぶやき8月30日(木)のつぶやき>> もっと見るカテゴリーお気に入りのつぶやき(549)万葉集(47)古今和歌集(4)新古今和歌集(2)千載和歌集(1)続古今和歌集(1)拾遺和歌集(2)古事記(2)バックナンバー2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月20...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
yu asadaさん
  • 陰陽 黒と白? 大友黒主の正体は大伴家持だった?
  • 黒主。 いったい、彼はどのような人物だったのか。 祇園祭 黒主山 ?大友黒主は古の猿丸大夫の次なり 大伴黒主は遍照・在原業平・文屋康秀・喜撰法師・小野小町らとともに六歌仙の一である。 六歌仙とは「古今和歌集仮名書」において、名前をあげられた6人の歌人のことをいう。 古今和歌集仮名書とは仮名で記された古今和歌集の序文で、紀貫之が記したと考えられている。 ただし、仮名序やには六歌仙という言葉は使われていない...
  • 旅 free styleyu asadaさんのプロフィール
平成和歌所さん
  • 「和歌」を鑑賞する価値
  • もしれませんが、当時の歌人はそうはしなかった。なぜなら、そもそも「和歌」というネーミングが、「漢詩」に対する日本の詩歌という対立性を持って生まれた言葉であったため、自ずと日本史に輝く初代勅撰集は「古今和歌集」と成ったのです。時代は下り、明治の革新的な歌人達は三十一文字を「和歌」ではなくもっぱら「短歌」と呼びました。これは「和歌」に“つまらぬ伝統”というネガティブな意味を感取していたからです。以後、和歌と...
  • 「古今和歌集を遊び倒せ!」平成和歌所平成和歌所さんのプロフィール
くもさん
  • 水戸市で唯一の萬葉遺跡「曝井」はこんなところでした
  • 所)から東北の方、粟河(那珂川)をはさんで置かれた駅家の南、坂の中ほどに水量豊富な大層清らかな泉が湧き出ている。これを曝井という」と記載されています。万葉集とは7世紀末から8世紀末に編まれた日本最古の和歌集。曝井は「三栗の中にむきたるさらし井のたえすかよかはんそこにつまもが」と詠われています。詳しく解説はできませんが、古い時代から泉が湧き出てる人びとが集う場所だったということが伺えます。現在はひとではな...
  • みとさんぽくもさんのプロフィール
葵 北風さん
  • 街道紀行 3 東海道 小夜の中山
  • の峠道のことで、古くから、箱根峠や鈴鹿峠と共に、東海道の三大難所として知られ、また長い傾斜の続く約1里 (約4キロ)の道のりは、歌枕として古今集や勅選集などで歌われ、鎌倉時代初期に西行法師が詠み新古今和歌集に入れられました。「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」この歌は、西行が源平合戦の折り、平 重衡の兵火により灰塵に帰した東大寺再建のために東国へ砂金勧進の旅路で読んだ歌碑などがあり、ま...
  • 日本歴史紀行葵 北風さんのプロフィール
Seasonsさん
  • タヌキ
  • 8タヌキが2頭いましたよあははあはは(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)上の2枚が親ダヌキ下の2枚が子ダヌキだと思います。2頭とも割と痩せてる・・・あははあはは・新古今和歌集巻第四秋歌上月前松風寂蓮法師396 月は猶 もらぬ木の間も すみよしの 松をつくして 秋風ぞ吹く撮影場所:行徳野鳥観察舎ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブログラ...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 9月20日(木)のつぶやき
  • けみれば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも: 阿倍仲麻呂 : 歌意:大空を振り仰いぐと月がでている。懐かしい春日の三笠山に出ていた月と同じなのだなあ。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #古今和歌集 第九巻 より■□■ ― 言の葉花壇 (@kotonohakadan)2018年9月20日 - 17:50ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほ...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
Seasonsさん
  • ヒガンバナ(白花)
  • th MZD ED 300/4.0 + MC-14)ユリ科ヒガンバナ属の多年草です。マンジュシャゲ【曼珠沙華】とも呼ばれます。近年あちこちで白花のヒガンバナが目立つようになりましたあははあはは・新古今和歌集巻第四秋歌上題しらず上東門院少将407 かはらじな 知るも知らぬも 秋の夜の 月待つほどの 心ばかりは撮影場所:行徳野鳥観察舎ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブ...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール

和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
くえんさん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
平成和歌所さん
積 緋露雪さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

和歌集について