和歌集

和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

和歌集を含むブログ記事

moneさん
  • moneが選んだ、隠れた一品!フレグランス
  • 。この「花かつみ」香水は、郡山市観光協会で、取り扱われています。一般の、ショップでは、販売されていないと思います。「みちのくの 安積の沼の花かつみ かつみる人に 恋ひやわたらん」「ハナカツミ」は、古今和歌集(905年編纂)の恋歌に詠われて以来、古典に数多く、詠われてきました。「松尾芭蕉」(1644〜1694)が、奥の細道紀行において、「あさか沼」の「花かつみ」を、日のくれるまで、訪ね歩いたことは有名です...
  • フレグランスな生活moneさんのプロフィール
rh1さん
  • #1962 春雨の さはにふるごと 音もなく ・・・他一首
  • 【旧 一月四日 仏滅】雨水・土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)岩間とぢし 氷も今朝は とけそめて 苔のした水 道求むらむ  〜西行 『新古今和歌集』 巻1-0007 春上岩の間に閉じ込められた氷も今朝は解け始めて苔の生えた下を流れる水が通り道を探していることであろう 今日は二十四節気2番目の「雨水」。「陽気地上に発し、雪氷溶けて雨水となればなり...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
beckさん
  • 今日の三枚
  • カの演奏を聞きながら、、、 同じ下宿にいて、時々、何本かの小さなブルースのハーモニカを吹いていた、K大生を思い出していた。語感、音感に独特の鋭い感性を備えていて、和歌はなんと言っても新古今だ、、新古今和歌集は凄い!と話していたことなども、、、ところで、懇親会、昨年は1月22日、、https://www.facebook.com/bekkuya/posts/10210383476415817夜は「習志野の...
  • ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、beckさんのプロフィール
ワンさん
  • 筝と梅
  • 観梅会 「梅がえにきゐる鶯春かけて 鳴けどもいまだ雪はふりつつ」古今和歌集より 冬将軍はいつ去るのか...
  • のんびりLifeワンさんのプロフィール
Lunaさん
  • [オペラ] 細川俊夫「松風」 (2018/02 新国立劇場)
  • 松風」は、Wikipediaによれば、「観阿弥のオリジナルを世阿弥が改修したと考えられる。須磨に流された貴公子(在原行平)と海人(松風・村雨)との深交を記した『撰集抄』・『源氏物語』の説話、及び『古今和歌集』の在原行平の歌を元にした秋の曲」とあります。 (月岡芳年画。松風・村雨と在原行平) 物語の主人公は、在原行平(818-893)という平安時代の貴族・歌人。 「古今和歌集」にも歌を残す勅撰歌人で、百人...
  • Blog di LunaLunaさんのプロフィール
ブルークリーンさん
  • 春は「お花見」の季節!! 由来や起源を知ってもっとお花見を楽しんでみましょう!!
  • 〜1185年)に嵯峨天皇が梅の代わりに桜を愛でる「花宴の節(かえんのせち)」を行ったことで、花見の「花」が梅から桜に代わったといわれています この頃は、花見は貴族の楽しみであり、万葉集や古今和歌集には桜を詠んだ歌が数多く残されていますね また、その頃に平安時代の庭づくりには桜が欠かせないものとなり、京都の寺社や山に桜が植えられたのもこの頃と考えられています そして、鎌倉時代(...
  • 特殊清掃・生前遺品整理のブルークリーンブルークリーンさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 雪にまじりて
  • 雪にまじりて2018年02月16日 |古今和歌集第 0335◆ ◆梅の花に雪の降れるをよめる花の色は 雪にまじりて 見えずとも かをだににほへ 人のしるべく小野 篁◆ ◆古今和歌集 第六巻 より::: 読み ::: はなのいろは ゆきにまじりて み...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
こち(東風)さん
  • 古典のすすめ/谷知子
  • かづき』ほか・教育ということー『風姿花伝』ほか・働くことー『日本永代蔵』ほか・恋することー『曾根崎心中』ほか・結婚することー『源氏物語』ほか・自然と共存することー『方丈記』ほか・名前ということー『古今和歌集』ほか・理想ということー『新古今和歌集』ほか・美しいということー『平家物語』ほか・差別ということー『宇治拾遺物語』ほか・旅ということー『海道記』ほか・祝祭ということー『万葉集』ほか・日本ということー『...
  • ほんにきくこち(東風)さんのプロフィール
気軽に茶道をしてます。さん
  • 今日は西行忌?
  • 釈迦様が入滅された日とされております。なお旧暦では兼好忌や西行忌が上がって来ました。でも西行さんが亡くなられたのは本来2月16日なのですが、「願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃」(新古今和歌集)『きさらぎの望月のころ』とは、二月十五日(満月)をいい、釈迦入滅と同じ15日を忌日とされております。お稽古に駅まで歩いていく途中の遊歩道に、栴檀(せんだん)の木の白い実が地面に落ちておりました。昔の...
  • 気軽に茶道をしてます。気軽に茶道をしてます。さんのプロフィール
ねこんでるねこたまさん
  • 万葉集の言葉「冬ごもり春さりくれば」
  • と歌われるときの、「冬ごもり」には、春を迎える準備期間、エネルギー蓄積のために「こもる」時であるという意味が込められていると考えられる。たとえば、次の歌では、その対比がわかりやすく表されている。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序難波津に咲くやこの花冬ごもりいまは春べと咲くやこの花この歌を記した木簡(7世紀のものらしい)が各地で発見されているそうで、古今集の成立(10世紀)よりも、だいぶ古い歌であるのは...
  • 湯飲みの横に防水機能のない日記ねこんでるねこたまさんのプロフィール

和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
平成和歌所さん
七会静さん
くえんさん
日和さん
  • アニキの徒然和歌集日和さんのプロフィール
  • 大好きな韓国ドラマ、韓国旅行、最近ハマっているキム・スヒョン君のこと、その他色々好きなものを徒然と。
新選組副長さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

和歌集について