和歌集

和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

和歌集を含むブログ記事

kjさん
  • 月の異名一覧!由来や意味についても詳しく解説!
  • は由来が古すぎて今でもはっきりしません。月の異名に何か感じたら!?楽しくわかる万葉集 図解雑学 絵と文章でわかりやすい! [ 中西進 ]月の異名は万葉集にも出てきます。 この万葉集というのは日本最古の和歌集で、作られたのは650年〜750年の間です。つまり今から1300年〜1200年ほども前です。 和歌を詠んだ人は貴族から防人まで色々でまさに「日本全国の人の声を集めた」と言っても過言ではありません。 月...
  • つぶやきブログkjさんのプロフィール
海外の反応さん
さちこさん
  • 万葉集でもディスられるワキガ人‥昔の人もワキガに悩んでいた!
  • も広い世界を見たとされる人物である。 穂積さんのワキガをディスった平群さんですが、ものすごい苦労された人みたいで、悪口が言えなくなっちゃいましたね。 参考えっ、そんなことを和歌に?意外とお下品な最古の和歌集「万葉集」の世界 : Japaaan 和歌は上品で風流?和歌といえば平安貴族のイメージで、雅やかで風流な「もののあはれ」を体現している印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?広く親しまれている百人...
  • わき臭、どきどきっ!ーわきが女のわきが対策ブログさちこさんのプロフィール
borderlineさん
殿上人夢穂さん
  • 秋の永観堂は七不思議のハズなのに、八つとは如何に
  • てしまったと言われる 臥龍廊や多宝塔付近の急斜面に生えている 紅葉は、寺が建立される前にこの地に住んだ 藤原関雄の和歌にちなんで岩垣紅葉と言うおく山の岩垣紅葉散りぬべし照る 日の光みる時なくて (古今和歌集)「菟芸泥赴」の中には「本堂の傍に聖衆来迎の 松があり。永観説法の時、この松に弥陀如来 影向ありしとなり。今は枯てなし」とあり、 山号の由来を示す伝承で、阿弥陀堂の右手に ある松がそれなんだとかと数え...
  • 殿上人日記殿上人夢穂さんのプロフィール
茫猿さん
  • 木槌、西行、T. Kikuchi
  • に筵《むしろ》を敷き藁を打って縄や俵を編んでいた母の姿を思い出す。母の汗や時には涙もしみ込んでいるかと思えば、とても捨てられない。「親父の蔵書」西行、芭蕉を中心にして良寛や秋櫻子、楸邨、和泉式部、古今和歌集、新古今、句集などなどである。別の書棚には法然や親鸞、蓮如など仏教関連の数々、いずれもハードカバーである。たまには書棚から抜き出して読んでみようかと思えど、手に取ることはない。現役を引退してから、親父...
  • 鄙からの発信茫猿さんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 12月5日(火)のつぶやき
  • 年12月06日 |お気に入りのつぶやき#冬やきぬらん……★☆ をきあかす 秋のわかれの そでのつゆ 霜こそむすべ 冬やきぬらん: 皇太后宮大夫俊成 : ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #新古今和歌集 第六巻より■□■ ― 言の葉花壇 (@kotonohakadan)2017年12月5日 - 10:00ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほん...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
あきさん
  • フィギュアスケート関係の雑誌・書籍など
  • /18)発売日: 2017/10/18 豊臣秀吉と徳川家康が転機を迎えた「史上最強のパワースポット」とは。秀頼は本当に秀吉の子なのか。著者が発見した龍馬や西郷の書状の中身は。「昭和天皇を育てた男」の和歌集に秘められた思い――。当代随一の人気歴史家が、日本史の謎の数々に迫る。古文書の中から見えてくる、本当の歴史の面白さがここに!【目次】第1章 古文書発掘、遺跡も発掘油酒樽に詰まった埋蔵金羽生君、「殿」を...
  • il nome della rosaあきさんのプロフィール
polio0さん
桜田 史弥さん
  • 20171204-11
  • をもっている人に協力を呼びかけており、大会には測量関係者の子孫約70人をはじめ、200人ほどが参加 ...国語学者、早大名誉教授・秋永一枝さん=9月29日死去・89歳 毎日新聞 文献資料に基づく「古今和歌集声点(しょうてん)本の研究」により博士学位を取得、新村出賞も受けている。 早稲田大で初の女性教授となったが、大学でも学界でも秋永姓で通したのは、研究者として一貫性を、何よりも大切に考えたからであった。...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール

和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
平成和歌所さん
七会静さん
くえんさん
日和さん
  • アニキの徒然和歌集日和さんのプロフィール
  • 大好きな韓国ドラマ、韓国旅行、最近ハマっているキム・スヒョン君のこと、その他色々好きなものを徒然と。
新選組副長さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

和歌集について