在職老齢年金

在職老齢年金についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 在職老齢年金の支給停止について(65歳以上の場合)
  • 65歳から老齢基礎年金がもらえます。が、在職老齢年金は老齢厚生年金にかかるものなので、老齢基礎年金は65歳以降の収入にかかわらず減額されることはありません。[在職老齢年金] ブログ村キーワード老齢基礎年金の年金月額(加給年金を除いたもの)と総報酬月額相当額(ボーナス含む年収を12で割ったもの)が・47万円以下で老齢厚生年金は全額支給されます。・47万円を超える場合、47万を超えた額の二分の一の年金が減額されます・・・続きを読む
  • 俺の年金 俺さん俺さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

在職老齢年金を含むブログ記事

社労士池口人材定着コンサルタントさん
  • 年金を66歳からもらっている人は何%?
  • Pで第6回社会保障審議会年金部会の資料が公表されました。 議題は 雇用の変容と年金(高齢期の長期化、就労の拡大・多様化と年金制度)で ・年金の繰り上げ・繰り下げ請求 ・働きながらもらう老齢年金(在職老齢年金) などについての制度のしくみなどが紹介されています。 就業者総数に占める高齢者(65歳以上)の割合は、過去最高の12.4%です。 (詳細は過去最多! 働く人の12.4%が高齢者にをご覧ください...
  • 人材定着率がグンとUP!社労士が教える人材定着講座社労士池口人材定着コンサルタントさんのプロフィール
yumede-ai  『夢逢人』さん
  • 年金の損益分岐点 95歳まで生きなければ元がとれない時代へ、年金生活の私は学び、やがて溜息ばかり・・。
  • に不利益になる変更もある。北村氏が続ける。「70歳支給開始とセットの65歳雇用延長です。これによって“年金保険料を65歳まで納める”流れが進み、5年分多く保険料を支払うことになるのは確実です。一方で、在職老齢年金制度(※注)によって“年金カット”が行なわれている。【※注/60歳以上の年金受給者が働くと、収入に応じて年金がカットされる制度】このように納付額は増え、受取額は減る傾向が一段と強まっており、損益分岐点...
  • 夢逢人かりそめ草紙yumede-ai  『夢逢人』さんのプロフィール
兼好さん
  • 年金・・ 95歳まで生きなければ元がとれない時代へ
  • に不利益になる変更もある。北村氏が続ける。「70歳支給開始とセットの65歳雇用延長です。これによって“年金保険料を65歳まで納める”流れが進み、5年分多く保険料を支払うことになるのは確実です。一方で、在職老齢年金制度(※注)によって“年金カット”が行なわれている。【※注/60歳以上の年金受給者が働くと、収入に応じて年金がカットされる制度】 このように納付額は増え、受取額は減る傾向が一段と強まっており、損益分岐...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
トレーダーさん
アンダンテの社労士受験日記さん
  • ◆・・・第50回・本試験の反省【択一式】厚年法 問4
  • 年金保険法)問 4厚生年金保険法に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。A (アとイ) B (アとウ) C (イとエ)D (ウとオ) E (エとオ) ア 在職老齢年金の仕組みにより支給停止が行われている特別支給の老齢厚生年金の受給権を有している63歳の者が、雇用保険法に基づく高年齢雇用継続基本給付金を受給した場合、当該高年齢雇用継続基本給付金の受給期間中は、当該特...
  • アンダンテの社労士受験日記アンダンテの社労士受験日記さんのプロフィール
60upさん
  • 年金は何歳まで生きてたら全額回収できる?!
  • 転職3回、自営も経験した僕の場合は  約1650万円 でした。 モデルケースと比べると若干少ないような気がしますが、まぁ、仕方ないです。 この金額を年齢ごとに試算してみました。62歳からは、厚生年金(在職老齢年金)のみの支給です。65歳から満額支給です。 自分が徴収された厚生年金負担額だけで試算すると、70.5歳でトントンになります。自分+会社の厚生年金負担額で試算すると、79.5歳でトントンになります。と...
  • シニア的備忘録・アラ還の気になる情報メモ60upさんのプロフィール
アンダンテの社労士受験日記さん
  • ◆・・・第50回・本試験の反省【択一式】厚年法 問2
  • は、その者に老齢厚生年金を支給する。一 六十歳以上であること。二 一年以上の被保険者期間を有すること。三 第四十二条第二号に該当すること。っとなります。★★★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イ 在職老齢年金の仕組みにより支給停止が行われている老齢厚生年金を受給している65歳の者が、障害の程度を定めるべき日において障害手当金に該当する程度の障害の状態になった場合、障害手当金は支給される。 ▼ 問イの解...
  • アンダンテの社労士受験日記アンダンテの社労士受験日記さんのプロフィール
pari88さん
  • 同僚が「65歳以降働くと年金がカットされるので損だって言うのです」 本当?嘘?
  • 円の赤字となっています。90歳まで生きるとして、単純計算すると25年間で約1,639万円不足します。65歳までに最低限これだけの貯蓄ができなければ、65歳以降も働く必要があります。年金カットのしくみ、在職老齢年金とは在職老齢年金は、60歳以降も働き、給料や賞与などが支払われる人に対して、給与と厚生年金合わせて一定額を超える場合、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止されるしくみです。支給停止されるのは老齢厚生...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
  • 【老齢年金を本格受給】65歳からのもらい方で損得がでる。有利に受け取るために注意すべきこと。
  • さい。60歳以上の厚生年金加入者は有利60歳以上で厚生年金加入者は退職時、または65歳に加入の期間が再計算されて受給できますので、受給額が増額されて有利です。しかし、65歳以上も在職すると60台後半の在職老齢年金となり、増額された老齢厚生年金額が調整の対象です。65歳からは経過的加算がつく定額部分が国民年金(老齢基礎年金)です。77万9300円×(分母は480月、分子は二重加入の20歳から60歳になるまでの月...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
巴里さん
  • 同僚が「65歳以降働くと年金がカットされるので損だって言うのです」 本当?嘘?
  • 円の赤字となっています。90歳まで生きるとして、単純計算すると25年間で約1,639万円不足します。65歳までに最低限これだけの貯蓄ができなければ、65歳以降も働く必要があります。年金カットのしくみ、在職老齢年金とは在職老齢年金は、60歳以降も働き、給料や賞与などが支払われる人に対して、給与と厚生年金合わせて一定額を超える場合、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止されるしくみです。支給停止されるのは老齢厚生...
  • 法律(知って得する)と暮らしの知恵!巴里さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

在職老齢年金について