余震

余震についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 強い余震が多いな…
  • [余震] ブログ村キーワードここ最近やたら強い余震が多いです。4月11日17時16分ごろ福島県浜通りを震源地とする深さ10km、マグニチュード7.1の地震が発生しました。この地震では茨城県と福島県で最大震度6弱でしたが、うちの方もゆっくりでしたが強めに揺れていましたね。その後、震度5弱の地震が2回と20時42分ごろには最大震度5弱で茨城県北部を震源地とする深さ10km,マグニチュード5.9の地震が発生。4月12日の朝には長野県北部と・・・続きを読む
  • 夏の道 やこさんたさんやこさんたさんのプロフィール
  • 11/04/12 21:54ちょっと不安ピアノ犬メイプルさんピアノ犬メイプルさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

余震を含むブログ記事

ふうこあきさん
  • 阪神淡路大震災に寄せて
  • かいます。仁川で風呂炊くから手伝いに○人必要。芦屋の住宅地に○人応援。不思議な事に全壊もあればそのままの家もありました。向きなんですねぇ〜。一軒一軒声を掛けて回ります。お年寄りは壊れた家を離れません。余震で危険です。「昨日のお握り腐ってたわ?」向こうから、おじさんが叫びます。腹が立つから誰かに言いたいんです。学校のプールの水は大事な生活用水。近所の人達はもらいに行きますが、水はとても重たいんですねぇ〜...
  • ふうこあきの何でもトークふうこあきさんのプロフィール
我武者羅さん
  • 阪神淡路大震災から23年
  • いと思います。神戸の街は見事に復興しました。自分は同じ兵庫県でありながら、私の住む地域が体感した震度は5。雪の多い年で大寒波の続く午前5時46分。神戸にはM7.3、震度7、190回以上もの震度1以上の余震が続く地震が襲いました。6434人もの人の命を奪った大地震。現在でも神戸の街は震災の爪痕が残ります。しかし、人々の表情は明るくこの街の悲劇を忘れるほどです。映画監督でもあるタレントの北野武さんは、『こ...
  • 我武者羅日記我武者羅さんのプロフィール
asakoさん
  • あれから23年
  • いつも寝ている部屋のブラウン管のテレビがひっくり返り、タンスが歩く姿を見ました。当時の重たいブラウン管のテレビを戻して電源を入れると速報の嵐。時間を追うごとにその被害の大きさに心が締め付けられました。余震も怖かった。そして神戸や大阪、西宮などで働いてる同僚の安否を確認するのにも数日を要しました。働いていた事務所に様子を見に行くことも叶わず、身重だったこともあり、早めに里帰り。その時出産したムスメはこの...
  • イギリスを感じるヴィンテージスタイルなおうちasakoさんのプロフィール
行雲流水さん
  • 阪神・淡路大震災から23年、忘れてはならない
  • 9.0)と思いつくままでも巨大地震が続いた。自分が現役の頃、現地に乗り込んで目に焼き付いているのは奥尻島の津波の悲惨さであった。当時、電機業界ですぐ被災者に贈るためカラーテレビを200台かき集め、まだ余震が続く中を訪れたが何の混乱もなく静かなのには驚いたが、混乱した震災現場でも強奪などの犯罪が起きなかった。スーパーダイエーの若い人達がボランティアで支援活動をしていた。その後、スパーダイエーの本拠地神戸...
  • 行雲流水行雲流水さんのプロフィール
☆まんが喫茶 秘密基地☆さん
  • 震災
  • 当日の朝の緊急ニュースを観て、言葉を失う程のショックを受けた事を    今でも覚えています。    そして、3月11日には、自分も体験した東日本大震災から7年、という日がやってきます。    震災後、余震が続くなか、またすぐに大きな地震が来る事を警戒して    防災に対する知識や備えを身に付けていました。    あれから7年経過した今、自分の中で少しずつ備えの意識は薄れてきて    今では、その意識は...
  • ☆みんなの秘密基地☆☆まんが喫茶 秘密基地☆さんのプロフィール
りんさん
  • 防災対策:身に着けておくとよい防災グッツ
  • つんですね。当時のことは、鮮明に覚えています。地獄のような光景でした。ベランダから見える景色は、真っ暗な闇の中、あちらこちらで火の手が上がり、今にもこちらまで迫ってきそうな勢い。そんな中で何度も起こる余震。当時の映像をご覧になった方も多いと思いますが、がれきに埋もれて、亡くなった方が本当にたくさんいらっしゃいました。ヘリコプターの音で、救助の声がかき消されたり、狭い道が多く、消防車が通れなかったり、悲...
  • たにまのひめゆりりんさんのプロフィール
茉亞子さん
  • 01/17
  • かずを探しに。キッチンで油をかぶってベタベタになってるかずを発見し抱っこして床の間へ避難。父「あ!かずおった!」母「良かった!かずちゃん大丈夫?かわいそうに…」そんなやりとりが聞こえてました。それから余震の続く中数十分後…「あれ?茉亞子ちゃんは?」テレビと本棚飛んできてベッドから出られないんですけどー。父がようやく私の部屋にきて「あんた、大丈夫?」一人娘を忘れるか。いや、かずも娘だしな。今となっては笑...
  • 母はうつ病父は小細胞肺がん・1人娘の私は3人の子持ち茉亞子さんのプロフィール
*はなママ*さん
  • 23年経ちました。。。
  • は地震が少ないところなので、初めての経験でした。飛び起きて、階下に行くと、水槽の水がこぼれ、その中をゴンがウンチをしながら走り回ってました。怖かったでしょうね。少しして、落ち着いてから外に出たら、まだ余震で電線は揺れていたし、マンホールから水が吹き出していました。会社に行こうと、駅まで行くと、電車はストップ。また、家に戻り、ゴンを抱いて2回の陽当りのいい部屋で1日過ごしていました。(写真は関係ありませ...
  • 柴犬はなのノンビリな日々*はなママ*さんのプロフィール
たこりんさん
  • 鎮魂の日
  • って何?って知らない世代も増えています。まさか、あんなことが自分が住んでいるところで起きたことが、理解できないってわかります。体験しないとわからないものです。地震のときも怖かったのですが、同じくらいの余震がくるかもと言われ、毎日、怖い思いをしていました。地震後、朝、雀の鳴き声がしていなかったのがしばらくして、雀の声が聞こえてきたときはちょっとほっとしました。でも、いつ、また、大地震はくるかわかりません...
  • ほんわか写真帳たこりんさんのプロフィール
子ぶたのつぶやきさん
  • 阪神大震災から23年
  • 事が起こったと、取り敢えず両方の実家に電話早朝だったため「何なのよ」と怒られましたが、あとで電話が全く繋がらなくなったようで、「あの時電話をくれたから、生きてる事だけはわかった」と言ってもらえました。余震も続いていたため、自分の住んでいるマンションも潰れるかもと思ったら家に入れず、車で近くの公園へでも、ガソリンも補給できないので、何日も公園で過ごすわけにも行かず。そんな時、とっても仲良くさせてもらって...
  • 子ぶたのつぶやき子ぶたのつぶやきさんのプロフィール

余震を含むブログ村メンバー

  •  
questさん
cheesnさん
  • 東日本大震災の主婦の日記cheesnさんのプロフィール
  • 東日本大震災で、品切れ・余震の多さ・放射能など、 初めての出来事に必死な日記デス。
田舎もんさん
  • 地震による天井崩落事故報告田舎もんさんのプロフィール
  • 4月11日の震度6弱の余震で発生した大手スーパーの巨大な天井崩落事故のお知らせ