心肺機能

心肺機能についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [心肺機能] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

心肺機能を含むブログ記事

kintotediteさん
  • 中学生で筋トレをする場合の注意点。おすすめの筋トレメニューまとめ。
  • が発達過程にあるかは年齢によって異なります。子供の発達、発育パターンのグラフ(子供のスポーツ医学:宮下充正 著)を参照してもらえれば、ひと目で分かりますが、簡単に要約すると小学生では脳と神経系中学生は心肺機能高校生は骨格と筋肉が発達過程にあります。まだ筋肉の成長が来ていない中学生が高強度(負荷の大きい)な筋トレを行なうと、筋肉が断裂してしまったり、骨格の異常をきたしてしまう恐れがあります。なので、強度を上...
  • 筋トレ知識倉庫kintotediteさんのプロフィール
たのくるさん
  • 失速の閾値走
  • る感じで表皮に血流が集まり、動かずべき脚の筋肉へ十分な酸素と栄養が回らず後半は呼吸も苦しいですがどちらかと言うと脚が動かない感じでした。心拍数だけ見ると閾値トレーニング以上が出来たと言えますが、それは心肺機能だけです。本来の閾値トレーニングでは、筋肉の血液から溜まり始めた乳酸を分解し除去する事。これ自体は失速していても頑張って除去はしていて閾値走トレーニングにはなっているかも知れません。ただ本来ならマラソ...
  • 凝り性、たのくるのマラソン研究日誌たのくるさんのプロフィール
JINさん
  • 目的に合わせた運動強度で泳ごう!−基礎知識編?−
  • ルダウン頻度は毎回運動強度55〜65%基礎持久力の強化。エネルギー源は脂肪ダイエットには最適の強度。短めの休憩時間でゆったりと長く泳ぎ続けるとよい。頻度はできるだけ毎回運動強度65〜75%全身持久力や心肺機能の強化。エネルギー源は脂肪とグリコーゲン乳酸が貯まりやすくなる強度※なので、乳酸処理能力の向上が目的※乳酸が貯まりすぎて分解が追い付かなくなると疲労を感じて筋肉の動きが鈍くなる頻度は2〜3日に1回運動...
  • Lifelong SwimmingJINさんのプロフィール
エノカツさん
  • ダイエットの間違った常識“ランニングで基礎代謝が高くなるというのは嘘?”
  • くなった以前と同じスピードを低い心拍数で走れるようになった階段を駆け上がっても息切れしなくなった疲れにくくなったこのようなことはランニングをしている人なら、誰もが経験することではないでしょうか?理由は心肺機能が強化されたことにあります。肺はより多くの酸素と二酸化炭素を交換し、心臓は沢山の血液を送り出し、血管を通じて栄養を体の隅々まで運び、老廃物を効率よく処理することができるようになるのです。つまり、ランニ...
  • 自由すぎるオヤジエノカツさんのプロフィール
bailandoさん
  • 第175回ZUMBAサークル無事終了 みんな一球入魂のダンスでした。すばらしいー!!ブラボー!!
  • 九月にまたお会いしましょう。そして平日ズンバのみなさま7/26(水)、7/31(月)、8/7(月)で、当サークルは長い夏休みに入ります。それを逃すと九月まで無しなのねん間が空きすぎると、せっかく鍛えた心肺機能や筋肉が目減りして、もったいないので、夏休みに入っちゃう前に、ぜひ遊びに来てくだされー本日お会いできてとてもうれしかったです。ありがとうございました!!ADリブログする|リブログ(0)ツイートバイラち...
  • 吉祥寺のズンバ(ZUMBA)サークルのバイランドですbailandoさんのプロフィール
町奉行さん
  • 笑うとどんな効果が
  • うとしているが、表情が笑っていない、硬さがあるようでなるべく前の方に座るのを避けている昨今である。 笑いの効果はストレスの」解消。笑うと若さが保てるという。怒ると歳をとるという。笑うと腸の運動が活発に心肺機能を丈夫にするらしい。少しでも長生きするように笑う時間を増やす努力をせねばならぬと思ったところテレビの速報で平尾まさあきさんの死が流れた。79歳であったとの事。ご冥福をお祈りいたします。...
  • 無職からの脱出成功!町奉行さんのプロフィール
優菜さん
  • たまには練習の話でも
  • ょう。1年前の数値に戻りました。軽くなった感覚がありません。4月 110km5月 109km6月 116km7月 113km6月半ばから、仕事後走れるようになってきました。6月半ば〜7月上旬は、筋力・心肺機能の回復に努めました。LSDですら、途中で立ち止まって休む始末。7月になってからは、縄跳びやサーキットトレーニングも取り入れ、体力がついてきました。骨盤を使って走れるようになり腹斜筋が使われているのを感...
  • 自由を手に入れる優菜さんのプロフィール
なーくんさん
  • 昼間・晴れ間の32℃の中の5キロTペース走
  • 日は中盤に六甲山縦走コースにつながる塩尾寺まで行って折り返してくるコース前半・後半はフラットな河川敷ということで中盤だけの標高図今日の練習でしたかったのは1週間後の富士登山競走五号目コース参戦に向けて心肺機能アップにつながるようなものすること脚にはほどほどの負荷でおさえてあまり疲労をためないこともまずアップジョグしてから河川敷に向かいそこから本練習開始最初の河川敷フラットな5キロをTペースで走り閾値走のよ...
  • なーくんのランニング日誌 目指せグランドスラム!なーくんさんのプロフィール
たのくるさん
  • サブ3のスタミナ
  • サブ3で走り切るスタミナとはこれらのピッチ数とストライドを維持し脚を動かし続けるスタミナ。それらの着地衝撃に耐えて走り続けるスタミナ。身体へ酸素と栄養(グリコーゲンと脂肪から取出したエネルギー)を運ぶ心肺機能を総合したものでしょう。ストライドもそれなりに広く取る事になります。脚の耐久力もこれらの組合せで継続出来る事が必要←これも当たり前実はこのあと、タラタラと書いたのですが、LSD論になりそうなので止めて...
  • 凝り性、たのくるのマラソン研究日誌たのくるさんのプロフィール
siroさん

心肺機能を含むブログ村メンバー

  •  
Kazさん
カッシェンさん
ゴリオさん
quootaさん
クルクルさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

心肺機能について