源義経

源義経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 常楽寺の源義経と大道寺政繁のお墓
  • [源義経] ブログ村キーワード埼玉県川越市の常楽寺には川越重頼、源義経と京姫、大道寺政繁のお墓があります。常楽寺は平安時代末〜南北朝時代に、武蔵国(関東)で大きな勢力を持っていた河越氏の持仏寺。常楽寺の真裏には国史跡の「河越館跡史跡公園」なんかもあって当時はこのお寺も館の一部だったとか。山門、鐘楼門を潜ると本堂に至る手前左側に川越重頼と源義経、京姫(郷御前)のお墓があります。真ん中が河越重頼さん。平・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

源義経を含むブログ記事

yuriさん
  • お盆・・弁慶岬など寄り道してお墓参りに。。
  • お墓参りに行ってきました。かの有名な源義経の舎弟、武蔵坊弁慶の石像がある「弁慶岬」。にも寄ってきました とても天気がよく、相変わらず透き通ってキレイな海と空に癒されてきました なぜか斜めに写ってました【奥州を逃れた義経・弁慶一行は蝦夷地に渡り...
  • ハンドメイド大好き♪ビーズアクセ&羊毛フェルトyuriさんのプロフィール
bnjさん
  • 愛之助「新しいスタート」 豊岡で永楽館歌舞伎【大阪日日新聞2018年8月14日】(コウノトリ)
  • 地元の人と一緒に盛り上げたい」と話す片岡愛之助(左)と中貝宗治豊岡市長=大阪市内のホテル 今年の演目は「御所桜堀川夜討/弁慶上使」と「神の鳥」の2題に、「お目見得口上」が付く。前者は懐妊のため静養中の源義経の正室、卿の君のもとを、源頼朝の上司として訪れる武蔵坊弁慶の話で「ここで初めて弁慶を演じる」と愛之助は力を込める。 弁慶は実は反逆人の平時忠の娘・卿の君の首を討つように命令されており、侍従太郎が卿の君...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
樋口山城守与六さん
  • 美尾屋十郎廣徳館 埼玉県川島町
  • 美尾屋氏は、源義経の重臣・鈴木三郎重家が義経とその兄頼朝との仲が不和となり、奥州平泉へ逃れるため義経を慕って熊野を出て田木の吉田(現:東松山市)まできたとき、大雨により河川が氾濫し川を渡ることができずこの地に逗留。重家...
  • 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
カムカムビートさん
  • 三十三間堂
  • 、、なんだかややこしい時代で(この時代もいつの時代もややこしいですね!あっ今もか、、じゃあこの先もきっと、、) あの藤原氏や平清盛、源義朝という有名人と絡み合いながら手玉にとり、、軍事の天才と呼ばれた源義経を口車でそそのかし、破滅の道へと追いやっていく。果ては鎌倉幕府の棟梁、源頼朝とも渡り合うという、、この時代の歴史のストーリーには必ず出てくる後白河法皇とよばれた彼の人生もややこしくもともと天皇となる予...
  • 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
帰宅部長さん
  • 高館義経堂(御朱印あり) 平泉町
  • ラフォーOLの雑食ブログ[1252] [1251] [1250] [1248] [1247] [1246]高館義経堂(御朱印あり) 平泉町先月いただいた御朱印は、高館義経堂(たかだちぎけいどう)より。源義経、最期の地である。よっぽど高いところまで階段上りきらないと・・・と覚悟したものだが、階段それほどまで苦痛でなく安心。この写真、階段を踏みしめる母の背中が見える。ちなみに母、このときコーヒーを持ち歩いて...
  • 万年帰宅部帰宅部長さんのプロフィール
鯨影さん
  • 義経伝説への誘い2日目 船魂神社 @北海道
  • 平取町の義経資料館で船魂神社が源義経の伝説が残る場所であると知ったので来てみました。 本殿は残念ながら工事中で全貌は見れませんでしたが、義経の伝説が残る童子岩は見ることができました。 しっかし、函館に何度も来ていますが、義経資料館でこの...
  • 963-7837鯨影さんのプロフィール
へーぼーさん
  • 地蔵寺
  • ・淳和・仁明の3代の天皇の帰依が篤かった。熊野権現の導師であった函上人が、権現の霊木に2尺7寸(約80cm)の延命地蔵尊を刻み、大師が刻んだ地蔵菩薩を胎内に納めたという。本尊が勝軍地蔵というところから源義経などの武将の信仰も厚くかった。当時は伽藍の規模も壮大で26の塔頭と、阿波・讃岐・伊予の3国で300あまりの末寺を持ったという。しかし、天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火によりすべて焼失。江戸...
  • 神社巡って南船北馬〜神社と御朱印〜へーぼーさんのプロフィール
へーぼーさん
  • 金泉寺
  • 天皇在位1259〜1274)の信仰が厚く、京都の三十三間堂をまねた堂を建立、千躯の千手観音を祀った。また、背後の山を亀山と名付け山号を亀光山と改めた。また、『源平盛衰記』には、元暦2年(1185年)に源義経が屋島に向かう途中本寺に立ち寄ったとの記載がある。1582年(天正10年)には長宗我部元親による兵火にて大師堂以外の大半の建物を焼失したが、建物はその後再建され現在に至る。境内からは奈良時代の瓦が出土...
  • 神社巡って南船北馬〜神社と御朱印〜へーぼーさんのプロフィール
IROYASUさん
  • れもん 戦国武将ダブル缶バッジ 09. 竹中半兵衛(A4571384653299Z)
  • 魔小太郎 家紋入缶バッジ計2個入 武将 北条氏康 風魔小太郎 缶バッジ カッコいい北条氏康 風魔小太郎缶バッジ An116(A4512457004976Z)SAMURAI WARRIORS 戦国武将 源義経 DRAGON フィギュア(A89195200679Z)S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォーム(A4543112559531Z)黒地文様ストラップ 戦国武将 16. 島左近(A4...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
IROYASUさん

源義経を含むトラコミュ

源頼朝
  • 源頼朝
  • 平安時代末期に河内源氏の棟梁である源義朝の三男として生まれる。平治の乱で父が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平...
  • トラックバック数:212 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:歴史ブログ
源義経
  • 源義経
  • 源義経について
  • トラックバック数:112 TB参加メンバー数:15人カテゴリー:歴史ブログ
源義経が都落ち
  • 源義経が都落ち
  • 1185年:源義経が都落ち に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。全ての学問の根幹は表現力。文章表現・言葉・読解...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

源義経を含むブログ村メンバー

  •  
しずかさん
歴史男さん
源義経FANさん
トラジディうしわかさん
  • 源義経トラジディうしわかさんのプロフィール
  • 鞍馬で打倒平氏を誓い、捲土重来のうえ壇ノ浦で悲願を果たした源義経30年の軌跡。

源義経を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

源義経について