源義経

源義経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 常楽寺の源義経と大道寺政繁のお墓
  • [源義経] ブログ村キーワード埼玉県川越市の常楽寺には川越重頼、源義経と京姫、大道寺政繁のお墓があります。常楽寺は平安時代末〜南北朝時代に、武蔵国(関東)で大きな勢力を持っていた河越氏の持仏寺。常楽寺の真裏には国史跡の「河越館跡史跡公園」なんかもあって当時はこのお寺も館の一部だったとか。山門、鐘楼門を潜ると本堂に至る手前左側に川越重頼と源義経、京姫(郷御前)のお墓があります。真ん中が河越重頼さん。平・・・続きを読む
  • 武将の銅像と墓参り あもさんあもさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

源義経を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180527-5
  • 午後6 ... びょうぶに合戦の義経読売新聞展示は開館40周年を記念して、同館が企画。びょうぶ絵や掛け軸など30点を紹介した。26歳の頃の作とされる代表作「平家物語 宇治川先陣・ 弓流図屏風 ...●源義経● 丹波生まれの画家・川端謹次さんの画業たどる展示神戸新聞同館の國井和哉学芸員は「若いころの切磋琢磨が見えるスケッチなど、これまでの展示とは異なる味わいがあるはず」と話す。 午前10時〜午後5時。月曜...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
nyancoさん
  • 護衛艦かが天保山岸壁 その2
  • されていたSH-60K操縦席に座らせていただきました。コックピットソナー席の機器甲板にしっかり固定されています。海上自衛隊 第24航空隊(小松島航空基地/徳島県)小松島航空基地のある小松島市ゆかりの「源義経」に鳴門海峡の渦潮のデザイン。サイドエレベーターを何度も上げ下ろしし点検していたのは翌日の一般公開でお客さんを乗せるためだったのですね。(乗った方が羨ましいです〜)この角度も最高でしたその3へ続きます...
  • 青空のゆくえnyancoさんのプロフィール
teruji7さん
  • 判官贔屓
  • ここでは判官贔屓、源義経の歴史的な語源を紐解く訳 ではなくボクの欠点かもしれない、判官贔屓、つまり弱い者に同情するまたは、応援したくなる、性格の事夏の甲子園、高校野球をテレビで見ているとする、どちらの高校も関係がない、しかし...
  • 呑気じじいのひとり言teruji7さんのプロフィール
クロネコさん
  • 北陸旅行〜安宅住吉神社
  • 頂きましたうどんは柔らかめだな〜という感じ友達は、おろしそばです(*^^*)安宅住吉神社へ到着武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像がありました〜武蔵坊弁慶(幼名鬼若丸)の像〜京都比叡山の仏像であったが、幼少の源義経(牛若丸)に心服して以来、義経に仕え怪力無双の武名を挙げる。平家滅亡の後、義経は兄頼朝に追われ北陸路を流浪するが、弁慶は忠実に遂行する。当所「安宅の関」では智力を尽くし主君を守り、後に奥州での戦いでは...
  • 黒猫と私の一日クロネコさんのプロフィール
しう@SOTOさん
  • 龍の背に乗り神威岬
  • 真:左=振り返った風景。写真:右=「女人禁制の門」。昔は、ここから先は女性は立ち入ることができませんでした。「恨みますぞいお神威さまよ、なぜに女の足をとめる」(江差追分)日高地方の首長の娘チャレンカが源義経を慕ってこの岬まで義経一行の後を追ってきたが、既に海の彼方へ去ったことを知って身を投げ、神威岩になったという言い伝えがある。チャレンカの嫉妬心が女を乗せた船を転覆させたことから、岬一帯が女人禁制の地に...
  • キャンピングカー放浪生活+SOTO+しう@SOTOさんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
ladeさん
  • 「氷見番屋街」で海産物をショッピング して「 雨晴海岸」沿いを散策しよう!
  • る絶景には、立山連峰がクッキリと!ポツンと浮かぶ「唐島」を摘まんでパチリ!さらに、このエリアから東方面に車で15分程走らせれば、万葉集にも詠まれた景勝地として名高い「雨晴海岸」もあります!こちらには、源義経が1187年の奥州下りの際に、家来たちと共に雨を凌いだとされる「義経岩」があります。この岩上に建てられた小さな神社「義経社」から見渡す雨晴海岸越しの「女岩」の景色は是非一度はご覧頂きたいものです!また...
  • lade | ライフスタイルWEBマガジンladeさんのプロフィール
Tさん
  • 松尾芭蕉の不易流行
  • 場合が多いですね。私の場合は、着物とは女性が着るもので、男性は和服という気がします。 松尾芭蕉は、「不易流行」を基本としていたようです。・ 不易とは、本来変わることのない本質的なものです。 奥の細道の源義経の亡くなった平泉での作です。 夏草や兵どもが夢の跡・ 流行とは、時代とともに流行するものですが、 新しいものを求める独創的、新鮮な試みを意味します。 古い池や 蛙飛び込む水の音 ・ 芭蕉は、江戸時代の...
  • のんびりブレイクTさんのプロフィール
じゅみーcocoさん
暗闇検校の埼玉県の城館跡さん
  • 大串次郎館跡 1986年(川島町)
  • は、主に、私が1980年代に探訪した中近世城館跡について、当時の写真を交えながらお話しするブログです。大串次郎館跡 1986年(川島町)2018-05-23 20:35:09 |水の神大串次郎館跡は、源義経麾下として源義仲追討に従い、後年、奥州藤原征伐にも参加して、軍功を上げるなどした猛将大串次郎の居館と伝えられています。たしかこの時は、6月頃だったと思います。現在ほど、気温が高くなかった当時ですが、湿...
  • 暗闇検校の埼玉県の城館跡暗闇検校の埼玉県の城館跡さんのプロフィール

源義経を含むトラコミュ

源頼朝
  • 源頼朝
  • 平安時代末期に河内源氏の棟梁である源義朝の三男として生まれる。平治の乱で父が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平...
  • トラックバック数:212 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:歴史ブログ
源義経
  • 源義経
  • 源義経について
  • トラックバック数:112 TB参加メンバー数:15人カテゴリー:歴史ブログ
源義経が都落ち
  • 源義経が都落ち
  • 1185年:源義経が都落ち に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。全ての学問の根幹は表現力。文章表現・言葉・読解...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

源義経を含むブログ村メンバー

  •  
しずかさん
歴史男さん
源義経FANさん
トラジディうしわかさん
  • 源義経トラジディうしわかさんのプロフィール
  • 鞍馬で打倒平氏を誓い、捲土重来のうえ壇ノ浦で悲願を果たした源義経30年の軌跡。

源義経を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

源義経について