井伊直弼

井伊直弼についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [井伊直弼] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

井伊直弼を含むブログ記事

ilovecbさん
  • ★西郷どんに木内みどり、ツーショットを思い出し。
  • ま(愛加那、二階堂ふみさん)から聞き、がくぜんとする吉之助。嵐の夜、悲嘆にくれる吉之助に追い打ちをかけるような衝撃的な内容の手紙が届くという展開。風間俊介さん演じる橋本左内の最期が描かれ、左内が大老・井伊直弼(佐野史郎さん)の政治弾圧「安政の大獄」により処刑されたことも知ります。さて、主演は「西郷吉之助/隆盛」を演じるのは鈴木亮平さん、二番目の妻で、愛称「愛加那(あいかな)(とぅま)」の「龍愛子」は二階堂...
  • CB750が自慢のおじさんilovecbさんのプロフィール
junjunさん
  • 西郷どん 第18回 ちょっと感想
  • 斉彬も、奄美のことは考えてもいなかったのですね。 吉之助が、今まで何も知らなかったことを恥じ、島のことを知ろうとしたのが、彼らしい。吉之助と行動を共にしていた橋本佐内が死罪になってしまいました。幕府は井伊直弼が権力を持っていて、まだ時代が動く気配は無さそうです。 これからは、奄美の生活がメインですね。それはそれで良いけど、歴史の本筋の方も、交えて欲しいです。...
  • テレビ番組に一言junjunさんのプロフィール
Sakura Junichiさん
  • 西郷武屋敷跡
  • 西郷隆盛洞窟2018/05/05西南戦争薩軍本営跡2018/05/04私学校跡2018/05/03有村雄助・次左衛門誕生地2018/04/28西郷吉二郎の墓2018/04/28探勝園タグお由羅中原猶介井伊直弼伊集院須磨別府晋介勝海舟大久保利通大久保次右衛門大山巌寺島宗則山県有朋島津久光島津光久島津家久島津忠義島津斉宣島津斉彬島津斉興島津歳久島津義久島津重豪川村純義徳川家定月照村田新八桐野利秋橋本左内水戸斉...
  • かごぴく!Sakura Junichiさんのプロフィール
aoikaraさん
  • 西郷どん 第14話「慶喜の本気」感想 本気になるのは遅いがカッコイイ
  • ていた左内ですが、今ではすっかり同志ですね。そもそもは主君である松平と斉彬の関係性によるつながりでしたが、今は気持ちを同じにする者同士としての結束力を感じます。?吉之助は強い男になったそして、吉之助が井伊直弼に呼ばれて対峙するシーンも見応えがありました。斉彬に毒を盛ったのではないかと、斉興と対峙したときに比べて成長しましたね。ブレない芯ができている。?二重スパイ的な役割で働かないかという提案もありました。...
  • 中卒フリーライターほぼ無職aoikaraさんのプロフィール
まほろば俳句日記さん
税務のKさん
ufitさん
  • 『「日本の歴史」4江戸篇 世界一の都市 江戸の繁栄』
  • たようで、歴史を評価するのは難しいと改めて感じる。幕末に江戸幕府が開国した際の失敗は、幕府が鎖国したのだから自己の判断で開国すればいいものを、諸大名や朝廷に意見を求めてしまったことを挙げている。次に、井伊直弼が開国路線を進めたのはいいとして、安政の大獄で橋本左内のように有能な人材を多く殺してしまったことを指摘している。彼らの一部が処刑されずに政局が変わってから釈放されていたら、どれだけプラスになったのかが...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
gitarclaさん
  • NHKドラマ 西郷どん(18) 「流人 菊池源吾」
  • 。そのことを京で知った吉之助(鈴木亮平)は悲しみを押し殺し、月照(尾上菊之助)とともに、なんとか斉彬の志を引き継ごうとする。吉之助は近衛家を通じ朝廷に働きかけ水戸藩を動かそうとするが、その動きを知った井伊直弼(佐野史郎)は、幕府に刃向かう者たちを一気に粛清しようと、吉之助や月照、そして橋本左内(風間俊介)に追っ手を放つ。世に言う安政の大獄の始まりである。2018年4月22日放送「殿の死」https://w...
  • 神秘と学びの館gitarclaさんのプロフィール
りんさん
  • 世田谷散歩? 〜 豪徳寺
  • をかけて持ち帰り、願いが叶ったらこちらへ奉納するもののようです。なので、この膨大な招き猫の数だけ、願いが叶ったってことなんですね。それはすごい。歴史好きの友人と私は、井伊家の墓所もしっかりお参り。あの井伊直弼のお墓もありました。なんだか不思議な気がする。緑豊かで、静かでゆったりとした時間が流れており、「なんか遠くに来ているみたな気になるね〜」と、ちょっとした旅情を楽しみつつ、豪徳寺を後にしたのでありました...
  • ab heute *あぷほいて*りんさんのプロフィール
宮内則幸さん
  • 桜田門外ノ変・下(吉村 昭):書評「その時歴史は動いた!」
  • うで、例えばこの作品に登場する西郷隆盛は当時吉兵衛と呼ばれたいた時代でよくいわれる吉之助ではなかったとか、そういう細かい事実の積み重ねで、吉村氏の歴史小説が出来上がっているといえる。 歴史上有名な大老井伊直弼の暗殺を描いたこの作品でも、その首謀者である関鉄之介を主人公に据えたのは、彼の日記が多く残されていたからと「あとがき」に書いているように、日記という事実があればこそ吉村氏の筆が動いたのであろう。 いよ...
  • 本のブログ ほん☆たす宮内則幸さんのプロフィール

井伊直弼を含むトラコミュ

頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
井伊直弼と春の彦根城
  • 井伊直弼と春の彦根城
  • 日本に残る昔のままの城の中でも、国宝となっている彦根城の探訪記録。近江のシンボルたる彦根城、春は遅く、桜はまだツボミでした。
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:旅行ブログ

井伊直弼を含むブログ村メンバー

  •  
瀞子さん
  • I'll See You In My Dreams瀞子さんのプロフィール
  • 主に戦国・幕末史を中心に史跡・イベントレポ、書籍や人物の紹介をしています。

井伊直弼を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

井伊直弼について