血管壁

血管壁についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [血管壁] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

血管壁を含むブログ記事

703△さん
  • 自家製カルシウムのススメ〜白内障、気管虚脱、てんかんにも〜
  • 促進する。神経や筋肉の興奮が高まり、テタニー(筋肉の痙攣)やてんかん(全身の痙攣)が起こる。骨から溶け出したカルシウムの量が多すぎると、膵臓の細胞に詰まってインスリンの分泌が低下して糖尿病になったり、血管壁に付着して動脈硬化になったり、腎臓に尿路結石をつくる。心臓の筋肉の収縮にもカルシウムが関連しているのでカルシウムが低下すると心臓が動けなくなる。そして、以外と知られていないのが、白内障の原因のひとつに...
  • れ〜ろ☆幸せを一日でも長く…703△さんのプロフィール
SBR         さん
  • ★科学技術ニュース★産総研、カーボンナノチューブで褐色脂肪組織内の異常を細胞レベルで検出
  • て用いて、マウス全身のNIRF造影と今回開発したNIRF顕微鏡による組織観察を行った。 その結果、絶食させたマウスではSWCNTが褐色脂肪組織(BAT)に集積する現象を発見した。また、それが、BATの血管壁透過性が亢進してSWCNTが血管外に漏出するためということを見出した。 SWCNTのNIRFを利用したマウス全身造影とNIRF顕微鏡による細胞レベルでの組織観察は、臓器・組織の異常発見とその機序解明に...
  • “科学技術書”読書室?SBR?          SBR         さんのプロフィール
kanda食堂さん
  • 10月19日の健康通信〜ストレス〜
  • ールアミン」というホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されると、頭痛、発汗過多、血糖の上昇や、動悸(どうき)、やせ、胸痛、視力障害などを起こします。ストレスは悪玉コレステロールを増加させ、これが血管壁に付着すると、動脈硬化や血栓の原因にもなるのです。ストレスの受け方には個人差があり、生活環境や個々の性格が大きく影響します。 何かにイライラしたり、落ち込みそうな時は、心の中でゆっくり3つ数えてみて...
  • Kanda食堂のブログkanda食堂さんのプロフィール
アーユルヴェーダセラピスト ゆうさん
  • 病気の原因とも言える?毒素?最初は、胃の中で作られます
  • アグニが弱ければ、未消化物を作ってしまいます。それが、毒素と呼ばれるものになってしまうのです。胃の中で作られら毒素は、胃の中がいっぱいになると体内のいろいろな組織に散らばっていきます。血管に溜めれば、血管壁にへばりついて、動脈硬化や心筋梗塞など、引き起こすかもしれないほど、恐ろしいものなんです。でも、その症状はすぐに出るものではありません。その前になんらかのシグナルを体内から発します。それは、・アクビが...
  • 東京西新井アーユルヴェーダサロンゆうのブログアーユルヴェーダセラピスト ゆうさんのプロフィール
信さん
  • 「医者が教える食事術」
  • れる一方、食品にも含まれます。とくに、こんがりと焼けた焦げのような部分に多く含まれます。(略)「糖尿病の患者さんは健常者よりも血管が10年早く老いる」と言われるのは、総じてAGEが高く、炎症を起こして血管壁を劣化させるからです。(略)糖尿病になるような状態(血糖値が高くてAGEがつくられやすい状態)が、あらゆる病気を招くということです。マリネするだけでAGEは減る。酢やレモンを調味料代わりに使うAGEは...
  • 移りゆく「季節」の中で生きる信さんのプロフィール
とくおかレディースクリニックさん
  • 美味しい魚で健康維持
  • 肪分を蓄えていき、エネルギーの放出を少なくしようとします。その為、水温が下がるほどに脂肪分は増えていきます。魚の脂に含まれるDHAやEPAはω3という脂肪酸に分類されます。ω3脂肪酸は…血管を保護する血管壁にくっついた悪玉コレステロールを取り去る善玉コレステロールを増やして中性脂肪を減らすなどの効用があり、体に良いとされています。焼きも良し、煮るも良し??美味しい魚を食べ、健康な体作りを目指しましょう?...
  • とくおかレディースクリニック 徒然なるままにとくおかレディースクリニックさんのプロフィール
pari88さん
  • 放置でうつ症状も…老人の貧血には怖い病気が隠れている
  • いというから恐ろしい。  田中勝昭さん(83歳、仮名)は今月3日に風呂場の脱衣室で息苦しくなり、救急搬送された。高血圧による心不全だった。 「お医者さんからは『高血圧で心臓に負担がかかり、心臓の筋肉や血管壁が厚く硬くなって伸縮性・柔軟性が失われた。その結果、ポンプとしての機能が低下して心臓が虚血状態になった』と説明されました。以前から足がむくむ、おしっこの量が減った、疲れやすく体が冷える、息切れがすると...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
節電対策で頑張るおじさん!!さん
ぷからすさん
  • お客様からのお題で、覚醒♪♪
  • ピンと来た香りキャロットシードとゼラニウムで施術させて頂きました。上半身はしっかり解すリラックスアロマ下半身は滞りを揉みほぐして流すスリミングアロマでトリートメント♪♪「小脳梗塞!!???だから...血管壁を軟らかく..拡張させる...あ、さらさらに..ということは. .」というように(笑)、お客様からお題を頂く度に脳がフル回転します。さすがに、浮腫や肩凝りではフル回転させる必要はありませんが^^;覚醒...
  • 女性ランナー様がお得なプライベートサロンぷからすさんのプロフィール
くろしんさん
  • 高血圧について
  • ントに病気なのかな?」との疑念も湧き出てきますが、ひとまずスルーしておきます。 そもそも血圧は常に変動しやすいものです。 血圧が上がる主な要因をみておきましょう。 ○心拍出量の増加○血管内腔の狭小○血管壁の弾力性低下○血液粘性の増大○末梢血管抵抗の増大 何らかのきっかけで上記どれかの状態になれば、血圧はすぐに上がります。 実際、私たちの中でも日常で高血圧は起こっています。 たとえば運動時、「心拍出量」...
  • 梅ヶ丘 くろしん接骨院のブログくろしんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

血管壁について