血管壁

血管壁についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [血管壁] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

血管壁を含むブログ記事

fukeiさん
  • 高コレステロール血症の予防・血管を拡張させる食品と運動
  • 法です。見た目が若い人は、血管年齢も若い傾向にあります。高コレステロール血症の予防・血管を拡張させる食品と運動コレステロールが増えすぎると、血液がドロドロになり、詰まりやすくなります。コレステロールが血管壁に蓄積すると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。イカ、タコ、牡蠣などにコレステロールを下げるタウリンが多く含まれています。コレステロールとは コレステロールは脂質の一種で、卵や肉などに多く含まれていま...
  • アン血エイジングfukeiさんのプロフィール
maekenさん
  • 夏よもう一度?( ・◇・)?本日の透析終わりました〜(8/18)
  • kg(DWの2.5%)食事量をヘラシタワケデモないのに増えませんでした。もう身体が慣れたのか?季節的に今だけなのか?前回飲食分600g合わせて2.4kgの除水量でした。今日は脱血側の穿刺時に、ちょっと血管壁に当たるような違和感が…そのせいか、取れが悪く、QB350ml/minで透析スタート。しかし、30分後の血圧測定と針先確認のときにはQB400ml/minに上げても問題なく取れるようになりました。今日...
  • 透析者はサイボーグだ!maekenさんのプロフィール
fukeiさん
  • 高血圧を予防するには・カリウム摂取で毛細血管の血流を改善
  • ンチエイジングに最も重要な、血管の老化を予防する方法です。見た目が若い人は、血管年齢も若い傾向にあります。高血圧を予防するには・カリウム摂取で毛細血管の血流を改善血圧が高くなると血管の弾力がなくなり、血管壁が傷ついたり脂肪やコレステロールが蓄積しやすくなります。バナナ、ナス、レンコン、モロヘイヤ、ヨーグルトなどに、高血圧を予防する効果があります。高血圧とは 塩分の摂りすぎ、食べすぎ、肥満、運動不足、飲酒...
  • アン血エイジングfukeiさんのプロフィール
fukeiさん
  • 動脈硬化が老化を促進させる・血管を若く保つ食品
  • を予防する方法です。見た目が若い人は、血管年齢も若い傾向にあります。動脈硬化が老化を促進させる・血管を若く保つ食品動脈硬化が起きると、血管が老化して弾力がなくなり、シワやタルミの原因になるだけでなく、血管壁が傷ついたり、詰まりやすくなり、血圧も高くなります。トマト、ブロッコリー、タマネギ、納豆などに動脈硬化を予防する効果があります。見た目が老けている人 老化物質であるAGEが溜まったり血管が老化すると、...
  • アン血エイジングfukeiさんのプロフィール
さおりさん
  • 水素は効果がない? 水素は万能薬? どっち?
  • どが口腔内に限局して予防を行ってきました。しかし、水素水の摂取で、全身への抗酸化作用が期待でき、歯周病対策にもなるということが証明されたのです。水素で動脈硬化予防動脈硬化とは、血液中のコレステロールが血管壁に蓄積し、血管壁が弾力を失って脆くなる状態です。これは、悪玉(LDL)コレステロールが活性酸素によって傷つけられ酸化LDLとなることで起こります。動脈硬化は、心筋梗塞、脳血管障害など重大な病気の原因と...
  • 美容オタクのブログさおりさんのプロフィール
黒龍さん
  • 乳製品は超危険 カゼインフリー
  • どの消化不良を起こす人が多いきわめつけは牛乳は超高温殺菌と超有害なホモジナイズ処理をほどこしているホモジナイズ処理をすると牛乳の分子はバラバラになるので日持ちがするし腐りにくくなるが体内に吸収されると血管壁や内臓にダメージを与えるここまでくると乳製品を摂取するメリットがまったくと言っていいほどない乳製品がほしくなる人はヤギミルクをオススメするヤギミルクの乳は牛乳と違い母乳と同じようなタイプの乳でカゼイン...
  • 黒龍の健康とスピリチュアルなブログ黒龍さんのプロフィール
toyoさん
  • ストレスが体に与える具体的な影響とは・・・
  • 、加齢などによって抗酸化系の働きが弱くなると、活性酸素をコントロールしきれなくなります。 他にも、過剰に発生した活性酸素は、体内のコレステロールや中性脂肪を酸化させ、過酸化脂質に変化させます。それらは血管壁に付着して、血管を塞いだり、もろくしたりするため、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。 ストレスは血流を悪くし、免疫力を低下させる 免疫細胞は、血流に乗って体中を駆け巡ります...
  • RENE リンパ&理学マッサージエステサロンtoyoさんのプロフィール
chieさん
  • チョコホリックに捧ぐ健康おやつライフ!
  • ョコになればいいのにね。カカオポリフェノールの威力チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、摂取すると小腸で吸収され、血中に取り込まれます。そこでなんと血管内の炎症を抑える働きをしてくれるのです!血管壁に炎症が生じると、血管が狭くなり、赤血球が通り抜けにくくなっている状態に・・・。そこにカカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され狭まっていた血管が広がる効果が期待できます。これによって、赤血...
  • 東洋美人の作り方chieさんのプロフィール
strep-kさん
Mikiさん
  • 筋肉が出すマイオカイン。種類や作用、増やす方法についてのまとめ
  • オカインの健康効果マイオカインの健康効果としてまとめると以下のようになります。脂肪細胞では脂肪を分解する肝臓では溜まりすぎた脂肪を取り除くことで血糖代謝を改善脳では認知機能の改善骨では骨を強くする作用血管壁では動脈硬化を予防免疫力アップに貢献コラーゲンを増やして肌の弾力アップ糖尿病への作用マイオカインのIL-6などがAMPキナーゼを活性化して筋肉への等の取り込みを増やし、脂肪燃焼を促進することがわかって...
  • ダイエットdietMikiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

血管壁について