星野富弘

星野富弘についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 鈴の鳴る道〜1
  • ☆★☆写真は富弘さんが描かれたものではありません(私が撮った下手な写真なんですよ)富弘さんは、とても素敵な画を描かれます是非、お買い求め下さって本物をごらんになることをお勧めします。私は、富弘さんの詩画集は殆んど持っています(*^_^*)群馬県の草木湖のほとりにある富弘美術館も素敵です[星野富弘] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • kicyan四季の調べ kicyanさんkicyanさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

星野富弘を含むブログ記事

ちょいよし専門家 みやちゃんさん
  • ちょいよし No.2329 晴れの日も雨の日もあるから…
  • 晴れの日も雨の日もあるから…2018-03-08 16:17:06テーマ:座右の銘今日の?ちょいよしワード?晴れた日と雨の日があって ひとつの花が咲くように悲しみも苦しみもあって 私が私になってゆく星野富弘(詩人・画家)の言葉。明けない夜はないですものねADいいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(0)|リブログ(0)ツイートちょいよし みやちゃんさんの読者になろうブログの更新情報が受け...
  • ちょいよし わ→るどちょいよし専門家 みやちゃんさんのプロフィール
yunjinsuさん
  • 小さなことにも感謝
  • あり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。(ルカ福音16:10)【今日の黙想】               私にできることは小さなこと。でも、それを感謝してできたら、きっと大きなことだ。(星野富弘)今日も主と共に歩む一日でありますように祈ります。...
  • 毎日の黙想と聖句yunjinsuさんのプロフィール
信さん
  • 「足で歩いた頃のこと」
  • JUGEMテーマ:自分が読んだ本 花の詩画集 足で歩いた頃のこと 著者 : 星野富弘 偕成社 発売日 : 2017-06-02 ブクログでレビューを見る» 星野富弘さんの本はだいぶ以前から読んでいて、今回の「タイトル」がなかったら、スルーしたかも。読...
  • 移りゆく「季節」の中で生きる信さんのプロフィール
binkoさん
  • 3月弥生に向けて
  • 詩が… ある日とつぜん庭にやってきて何年かいたと思ったら いつのまにかいなくなってしまって まるで寅さんみたいな草だった 今はどこに行って咲いているのかねえ そういえば花がさくらににていたっけ (星野富弘 詩画集カレンダー)より はかなくて移ろいゆく草花を根無し草のように生きる「男はつらいよ」の寅さんにたとえるなんて… 面白い発想ですね。 寅さんってなんてチャーミングな人でしょうかね。 寅さんの...
  • 黄昏の国へいつかbinkoさんのプロフィール
ピーチランドのママさん
  • 物思う秋ならぬ・・・春 (#^.^#)
  • ふくらんできたような気がするひがみだろうか 自分が正しくもないのに 人を許せない苦しみは 手足の動かない苦しみを はるかに上回ってしまったただ 花を見て白い紙に向かっている時だけ その苦しみを忘れる。星野富弘さんの詩です。  改行は私の解釈でしました。暖かくなって どこか行きたい病が 毎日24時間全力発症中です (^^ゞって 富弘美術館に行って 洗ってもらいたい。...
  • ピーチランドBLOGピーチランドのママさんのプロフィール

星野富弘を含むトラコミュ

詩画集
  • 詩画集
  • 自然のものをみて描きそこから想像する言葉を綴る。どなたか星野富弘さんのような詩画を描いていらっしゃる方はおられませんか。
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:イラストブログ

星野富弘を含むブログ村メンバー

  •  
暢雲さん
恵子さん
  • 星野富弘さんに魅せられて恵子さんのプロフィール
  • 統合失調症の陰性症状を抱えながらも毎日を過ごしていく。その日々をありのままに書けたらと思います。
  • 卒業
Haruさん
  • Japanese Poem & SongHaruさんのプロフィール
  • 相田みつをさんや星野富弘さん、その他の詩や歌をご紹介しています。
マコタカさん
  • 就寝までの ひとときをマコタカさんのプロフィール
  • アラフォーのパパのプログです。育児や週末の出来事など、印象に残った日常生活を想うまま飾らずに紹介。
cherryさん
  • こころ(いのちの)糧cherryさんのプロフィール
  • 心に残る 詩・音楽・言葉・本の紹介・日記をクリスチャンという私の一番大事な部分から綴ります

にほんブログ村

>

キーワード

>

星野富弘について