小津安二郎

小津安二郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 突貫勘太
  • サミュエル・ゴールドウィン制作、A.エドワード・サザーランド監督の『突貫勘太』(1931)。バスビー・バークレーの振付けがもの凄い。撮影のグレッグ・トーランドは、まだ『果てなき船路』も、『市民ケーン』も撮っていない。音楽監督は、アルフレッド・ニューマン。開始 5分過ぎが見所![小津安二郎] ブログ村キーワードにほんブログ村 映画ブログブログ王・・・続きを読む
  • nmaru's blog nmaruさんnmaruさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

小津安二郎を含むブログ記事

馬之助の災い転じて福となすさん
  • 田村正和「引退宣言」
  • いている。Fridayより引用終わり馬之助の感想今年4月中華料理店から出てきたときの田村正和のアップ写真。随分とお爺さんになったわね。74といえばまだまだ若いけど田村正和が爺さん役は似合わないからね。小津安二郎監督作品常連の笠智衆は30代から爺さん役をやっていたからどれだけ年を取ってもイメージは変わらなかったけど田村正和はそういうわけにはいかないわ。原節子も引退宣言することなく映画界からフェードアウトして生...
  • 馬之助の災い転じて福となす・・・か?馬之助の災い転じて福となすさんのプロフィール
asaさん
  • 家族の崩壊を虚無的に描く〜映画「ハッピーエンド」
  • 家族の崩壊を虚無的に描く〜映画「ハッピーエンド」 ?  フランス・カレー地方に住む裕福な家族の崩壊を描く。その視線は虚無感に満ちている。  …と、ここまで書いて、このテーマ設定は小津安二郎に似ている、と思った。そしてこの作品では、スマホ画面が「勘どころ」といえるシーンで登場する。登場人物を録画する画面が、スクリーンに広がる。そこには既視感がある。小津が、ローアングルにカメラを置くことで...
  • 夕陽の回廊asaさんのプロフィール
森の空想ブログさん
  • 映画「東京物語」/ 白い花の咲く頃(17))[詩人・伊藤冬留のエッセイと画人・高見乾司の風景素描によるコラボ]
  • 7))[詩人・伊藤冬留のエッセイと画人・高見乾司の風景素描によるコラボ]2018年04月21日 |Weblog白い花の咲く頃(17)映画「東京物語」伊藤冬留毎日新聞夕刊土曜版の《昭和ことばの宝石箱》が小津安二郎監督の映画「東京物語」(1953年)を取り上げていた。2012年の世界の監督投票で最優秀映画に選ばれたからだ。「家族と時間と喪失に関する普遍的な映画」というのが理由。私はこの映画のビデオを買っていたの...
  • 森の空想ブログ森の空想ブログさんのプロフィール
星田直彦さん
  • 小津橋
  • 、その公園の上をまたぐ「小津橋」という橋を見つけた。 何の気なしに写真を撮った。 そこから10〜15分ほど歩いただろうか、今度は、下のような「場所」を見つけた。 ん〜、関係があるのかどうか……。   小津安二郎誕生の地    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。   清澄通り 深川1丁目   3枚目の写真の説明板は、この歩道橋の向かって右側で見つけた。    ※画像をクリックすると、大き...
  • 雑学のソムリエ星田直彦さんのプロフィール
asphaltさん
  • ★ 『その場所に女ありて』
  • 鮮な喜びがある作品だった。  "# me Too"運動が世界中を席巻しているニュースを見ているときに、ふと日本映画の名作とされているあれやこれやが、すでにアウトな存在になりつつあるような不安を感じた。小津安二郎の映画のあの場面やこの場面は"# me Too"の視点からみると完全にアウトではないのか、思えば原節子は小津映画を心底から嫌悪していたというエピソードが評伝で語られていたりもした。 人間としては最悪の...
  • 映画の感想文日記asphaltさんのプロフィール
くろちゃんウォーキングさん
  • 勝浦で久々にきれいな雲
  • 午後 8:59朝焼け、夕焼け、日の出、太陽光散歩 勝浦の我が家に居る時は、朝焼け、夕焼け、雲を楽しみにしており、海を眺め、空を眺めている。  雲一つない快晴は面白くない。  蓼科のプール平に、映画監督小津安二郎と脚本家野田高梧が語り合った別荘跡があるが、その別荘に二人は「雲呼荘」(うんこそう)と名付けた。  二人の気持ちはよく分かる。  4月15日、勝浦上空はきれいな雲に覆われた。この記事に>趣味とスポーツ...
  • 房総、信州のウォーキング記録くろちゃんウォーキングさんのプロフィール
マミー☆さん
スケッチブックさん
  • 日本映画 戸田家の兄妹
  • -16 10:33:36 |映画1941年作だから、77年前の作品です だから音声も画像も荒れています。しかも、中国語字幕付きですから、 見にくいでしょうが、慣れればドラマについて行くことができます。小津安二郎監督 主演 高峰三枝子と佐分利信 最後までご覧になれば、胸のつかえが降りることでしょう※ 著作権の関係で日本語版を入手することができませんでしたジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援...
  • スケッチブックスケッチブックさんのプロフィール
〇言さん
くうこさん
  • 2016年劇場で観た映画myベスト10
  • いるので今回観ることができてよかったです。おもしろかったなぁ・・・・バベットの晩餐会・・・食事や食卓の力、というのを見せつけられた一本でした!最高によかったです!・お早よう、生まれてはみたけれど・・・小津安二郎監督作品で子供が主演です。どちらも大好きです!!・こねこ・・・アクシデントで遠くに運ばれてしまったこねこが必死で飼い主の元に帰ろうとする冒険劇なのですが、どの猫も本当にかわいい!!!そして猫仲間も人間...
  • シネマド館くうこさんのプロフィール

小津安二郎を含むトラコミュ

小津安二郎
  • 小津安二郎
  • 小津安二郎についてなら何でもトラックバックしてください。
  • トラックバック数:29 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:映画ブログ

小津安二郎を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

小津安二郎について