インフレ率

インフレ率についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [インフレ率] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

インフレ率を含むブログ記事

ニッキーさん
  • 【来週のNZドル円見通し】市場センチメント波及も堅調地合い維持、来週も好調?(2018年11月19日〜23日)
  • ており、前週終値比でも上昇しています。・NZドル円 2時間足(12〜16日)今週の振り返り中期的にみて、NZの経済指標がおおむね堅調ななか、NZドル円レートもこのところ堅調な推移を保っています。ただしインフレ率は2%未満にとどまっており、政策金利も1.75%に据え置かれたままで景気拡大が望まれている状況となっています。こうしたなか、今週のNZドル円もおおむね堅調に推移しました。週明け12日のNY時間には、米...
  • インデックス投資ブログニッキーさんのプロフィール
ニッキーさん
蝦夷守さん
  • 11月16日(金曜) FX 本日の相場見通し~英閣僚が辞任!いよいよ混迷を深める展開
  • に見られる現象。経済学を学んだ方はよくご存じではないでしょうか。また輸入物価指数(IPI)は跳ね上がりました。関税の影響がデータに表れています。IPIは時差がつくもののCPIへ反映されます。来年序盤のインフレ率を支える要素になるでしょう。 ◎今日の注目点ファンダメンタル情報は、まず英議会によるEU離脱案批准に集まります。批准の見通しは立っておらず、出口のない問題になってしまいました。不透明感が相場の重石に...
  • ファンダメンタルなアウトローのFX蝦夷守さんのプロフィール
風を読むさん
  • 2018.11.16 Newsモーニングサテライト
  • た。来年半ばから議論 FRB政策の再評価へアメリカのFRB=連邦準備制度理事会は15日、金融政策のあり方について来年半ば以降、再評価を行うと発表しました。FRBが政策目標としている「雇用の最大化」と「インフレ率2%近く」がおおむね達成された中で、適切な政策の枠組みを検証する狙いとみられます。パウエル議長は声明で、「FRBが金融政策をどのように策定し、実施し、情報発信するかについて再評価するのに良い時期」と指...
  • 風を読む−Newsモーニングサテライト−風を読むさんのプロフィール
子だくさんトレーダーさん
  • ジョー・コックス氏の悲劇は繰り返さないよう
  • 新興国通貨の強さが目立っており、貴金属相場を下支えしていると考えられます。 【債券】米債2年物利回り2.854(-0.012)、10年物利回り3.107(-0.018)利回り格差26(前日26)期待インフレ率2.016(+0.003)ISD1.763(+0.008)欧州政治リスクを受け、利回りは小幅に低下しました。 【株式】ダウ25,289.27ドル(+208.77)ナスダック7,259.03(+122....
  • 強肉弱食子だくさんトレーダーさんのプロフィール
バフェット太郎さん
  • 大衆がお金持ちになれる権利を放棄する時とは
  • 死するようなこともありません。そのため、比較的安心安全な社会では、「不安」や「心配」といったネガティブな感情は邪魔になります。事実、過去を振り返ると、S&P500ETFに投資して配当を再投資した場合のインフレ率調整済みトータルリターンは年率平均7%弱だったことから、恐怖に打ち勝ち、投資を続けた者は報われました。続きを読む...
  • バフェット太郎の秘密のポートフォリオバフェット太郎さんのプロフィール
ほくほくさん
  • ニュージーランドの失業率が改善
  • .8%)以来の低水準である3.9%(予想4.4%)です。過去最低は2007年リーマンショック前の3.3%となっています。就業者数は前月・前年比共に予想を大きく上回りました。同時に発表された全部門の賃金インフレ率は、前年同期比(2018,2Q)で+1.8%となり、前期2Q の+1.9%より下がっています。また労働参加率は71.1%となり、これも前期比より+0.2%改善しています。NZドル/米ドルは発表前1NZ...
  • o(^0^)o ほくほくポートフォリオほくほくさんのプロフィール
ヨシオさん
マーロさん
  • 薄日射すロシア経済(2) 成長率・金利
  • ち出し、通貨ルーブルは一時対ドルで2年半ぶりの安値を付けました。トルコ・リラの下落などにより、新興国全般の通貨が対ドルで下落。新興国経済全般への警戒感が高まり、ロシアからも資金が流出しています。2. インフレ率が加速国家統計局から11月6日発表された10月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇率は+3.5%と、前月の+3.4%から加速(図表2参照)。市場予想の+3.6%からは下振れ。3. 政策金利を引き...
  • 新興国・金融情報マーロさんのプロフィール
ビスくんさん
  • FRBパウエル議長談話、どこかズレて来ている気がするのは私だけなんだろうか?
  • だ政策策定に当たって金融当局が直面する事態の複雑化を浮き彫りにしている。米利上げは住宅など経済の幾つかのセクターにブレーキとなり始めており、金融状況は引き締まりつつある。一方で、労働市場は活況が続き、インフレ率は当局目標の2%に達している。米大統領のなりふり構わない施策、米国で物を作る、法人税減とかで、経済にようやく強い流れを持ってきたところ、FRBの利上げが急すぎて市場の雰囲気は現在最悪だと思います。?ト...
  • ビスくんのフリースタイルライフビスくんさんのプロフィール

インフレ率を含むブログ村メンバー

  •  

インフレ率を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 消費税のアップについてはどうお考えですかレス: 0/167(503件)政治ブログ
  • 300兆円が少ないわけではないが、税収は200兆円ある。もし実質成長率が0%であった場合で、インフレ率が3%だったとすると税収は毎年6兆円増える。一般会計だけだとしても、1.2兆円づつ増える。...

にほんブログ村

>

キーワード

>

インフレ率について