産油国

産油国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [産油国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

産油国を含むブログ記事

蝦夷守さん
  • 7月17日(火曜) 本日の相場見通し〜パウエル発言にマーケットは注目!
  • 人事(NY連銀総裁にウィリアムズ・サンフランシスコ連銀前総裁)●エルドアン・トルコ大統領の勝利がトルコリラ買いにつながる可能性●エルドアン大統領は、タカ派のシェムシェキ副首相を入閣させず ●OPECの産油国で日量100万バレル規模増産の動き(原油値下がり要因)●米で逆イールドカーブ発生の可能性あり(発生すればリスク回避)●米・長期金利(10年債は)2.831%と、2.8%割れ寸前●日本は地震&大雨の影響...
  • ファンダメンタルなアウトローのFX蝦夷守さんのプロフィール
北浜の虎さん
  • 原油市場
  • 画であることも伝えられております。ロシアのノバク・エネルギー相は13日、「日量100万バレルの増産が必要なら、早急に協議し決定する可能性がある。」と述べ、供給不足で世界市場に影響が及んだ場合、らの主要産油国と共に更に増産する可能性があることを述べました。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルは13日、ナイジェリア産ポニーライト原油で発動していた不可抗力条項を解除しました。ナイジェリアの石油パイプラインの1...
  • 松永総研北浜の虎さんのプロフィール
菊川弘之さん
  • 世界経済見通し(IMF)
  • ぶりの下方修正。19年は0.9%で修正なし。 ユーロ圏もドイツやフランスの減速で18、19年のいずれも引き下げた。 中国は18年が6.6%、19年は6.4%と、従来予測を維持した。原油高の恩恵を受ける産油国は上方修正した。 IMFは、日本やユーロ圏を念頭に「一部主要国の成長ペースがピークに達したようだ」と、世界経済の拡大が曲がり角に差し掛かっている可能性に言及。米国が仕掛けた制裁関税をめぐり、「保護主義...
  • 菊川弘之の月月火水木金金菊川弘之さんのプロフィール
watokunさん
蝦夷守さん
  • 7月16日(月曜) 本日の相場見通し〜日本祭日のためミセスワタナベの影響力を考慮
  • 人事(NY連銀総裁にウィリアムズ・サンフランシスコ連銀前総裁)●エルドアン・トルコ大統領の勝利がトルコリラ買いにつながる可能性●エルドアン大統領は、タカ派のシェムシェキ副首相を入閣させず ●OPECの産油国で日量100万バレル規模増産の動き(原油値下がり要因)●米で逆イールドカーブ発生の可能性あり(発生すればリスク回避)●米・長期金利(10年債は)2.831%と、2.8%割れ寸前●日本は地震&大雨の影響...
  • ファンダメンタルなアウトローのFX蝦夷守さんのプロフィール
バフェット太郎さん
  • 【原油】供給不安でエネルギー株に追い風か
  • ル/日】目標生産量というのは協調減産の生産目標です。現在、ベネズエラの原油生産量は目標を大きく下回っていますが、資金難や人手不足が解消される見込みがないことから減産傾向は続くと見られています。さらに、産油国のリビアで反政府勢力が原油輸出港を封鎖するなど、地政学的リスクが高まっていることから供給不安のリスクが常にあります。一方で、需要の拡大は加速する見込みで米EIA(エネルギー情報局)によれば、世界全体の...
  • バフェット太郎の秘密のポートフォリオバフェット太郎さんのプロフィール
サンワード貿易さん
  • 7/14 「新興国通貨」の行方
  • 社アナリストの奥村、平賀が加わって、さらに新興国通貨について考えます。中でも興味深かったのは新興国通貨と原油価格の連動性。一般に原油価格と新興国通貨は逆相関と思われていますが、メキシコやブラジルなどは産油国ですから、そうとは限らないというお話。また、市場の予想では直近のトルコ政策金利の引き下げが言われているのですが、エミンさん予想では「引き上げ」。もし本当に金利上げとなればサプライズですから、相当なイン...
  • サンワード貿易公式ブログサンワード貿易さんのプロフィール
土屋正裕さん
  • ベネズエラ原油の生産量が激減
  • いる。ベネズエラ政府は石油減産措置を採っており、国際石油価格の上昇に影響を及ぼしている。この記事に>地域>世界の地方>ラテンアメリカコカイン密輸でグアテマラ人を逮捕コメント(5)ベネズエラは世界5位の産油国です。 ところが「超重質油」と言ってアスファルトのような高粘度の油のためパイプライン輸送が困難で、石油精製施設の設備を腐食させる硫黄分の含有量も多いため開発は遅れています。 要するにベネズエラ産石油(...
  • 土屋正裕のブログ土屋正裕さんのプロフィール
トレードナビゲーターさん
  • 海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
  • された。ただ、リビアでの供給不安後退が依然相場を圧迫しているほか、ロシアのノバク・エネルギー相が、ベネズエラなどの供給混乱が石油市場に不足をもたらすならば、石油輸出国機構(OPEC)とOPEC非加盟の産油国は増産に踏み切る意向であることを示唆し、上値は重くなった。更に詳しい情報はこちらへ      ↓◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や...
  • トレードナビゲータートレードナビゲーターさんのプロフィール
assyuさん
  • 18.7.14の要人発言
  • 首相「ブレグジットに伴い、米英が自由貿易協定を追求することで一致した」「両国が恩恵を受ける野心的な協定の締結を目指す」・ ロシアのノバク・エネルギー相「原油の供給不足が世界市場に影響を与える場合、主要産油国がさらに増産する可能性がある」「日量100万バレル以上が必要になれば、早急に協議し、決定する可能性がある」・イタリア銀行(中央銀行)「2019年までの経済成長見通しを引き下げ。エネルギー価格上昇や製造...
  • UC-BUSTERassyuさんのプロフィール

産油国を含むトラコミュ

石油輸出国機構(OPEC)
  • 石油輸出国機構(OPEC)
  • 石油輸出国機構(せきゆゆしゅつこくきこう、英:Organization of the Petroleum Exporting Countries)は、石油産出国の利益を守るため、イラン、イラク、クウェート、サ...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:政治ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

産油国について