茶壷

茶壷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [茶壷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

茶壷を含むブログ記事

沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 宇治茶の茶摘が5月初旬として、 そこから半年間まず抹茶の製造過程からすれば、蒸して、乾かして、荒茶となり、茎や不要な部分を取り除いて、石臼で挽く段階まで来たお茶の名として碾茶となり、この碾茶の状態で、茶壷などに入れられ半年間冷暗所に寝かせ熟成させたものを、開炉の正月祝いに合わせた「新抹茶」としてお披露目されるということです。 「口切の茶事」と一言われますが、 床に荘れる名物の壷があり、そして茶室内の畳...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 宇治茶の茶摘が5月初旬として、 そこから半年間まず抹茶の製造過程からすれば、蒸して、乾かして、荒茶となり、茎や不要な部分を取り除いて、石臼で挽く段階まで来たお茶の名として碾茶となり、この碾茶の状態で、茶壷などに入れられ半年間冷暗所に寝かせ熟成させたものを、開炉の正月祝いに合わせた「新抹茶」としてお披露目されるということです。 「口切の茶事」と一言われますが、 床に荘れる名物の壷があり、そして茶室内の畳...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
沼尻真一さん
  • 炉開き、亥の子餅、ぜんざい、口切りの茶事、さんべ/沼尻宗真
  • 宇治茶の茶摘が5月初旬として、 そこから半年間まず抹茶の製造過程からすれば、蒸して、乾かして、荒茶となり、茎や不要な部分を取り除いて、石臼で挽く段階まで来たお茶の名として碾茶となり、この碾茶の状態で、茶壷などに入れられ半年間冷暗所に寝かせ熟成させたものを、開炉の正月祝いに合わせた「新抹茶」としてお披露目されるということです。 「口切の茶事」と一言われますが、 床に荘れる名物の壷があり、そして茶室内の畳...
  • 沼尻真一/デザイナー沼尻真一さんのプロフィール
貴泉堂さん
  • 9月の貴泉堂
  • 湾烏龍の杉林渓高冷茶。香り高いこのお茶は、やっぱり皆さんからハッと声が漏れます。昨日お茶仲間のお友達が、使わないからとくださった茶船を早速使わせてもらいました。コンパクトだけど、湯をたっぷり回しかけて茶壷を熱々に保てるので優れものです。ありがとうございます!大切に大切に使わせていただきます。こちらは、トランプのマークや数字が読めなくても絵柄で神経衰弱のように遊べるマリメッコのメモリーカード。下の娘も3...
  • 貴泉堂〜中国茶と中国茶器〜貴泉堂さんのプロフィール
茶猫さん
  • 空色の昼顔を愛でながら15年前の老叢水仙を
  • とされているようです。 そんな空色の昼顔を愛でながら淹れたお茶は老叢水仙(ろうそうすいせん)。いつのまにか15年も経っていたこの茶葉は、熟した果物やドライフルーツを思わせる香りがしました。 温めた茶壷からは熟したいちじくのような香りがしていたのに、茶湯はわずかにみかんを思わせる香り。 15年の眠りから目覚め、二煎目からはとろりとした口あたりといよかんを思わせるやわらかな香り、そしてほのかな甘みが...
  • 茶と猫と。茶猫さんのプロフィール
水晶(みずき)さん
  • シノワズリな空間でプリザーブドフラワーレッスン♪
  • くりとした色に大好きなピンクを合わせたい、との事で花材をご用意致しました。白い小花もアクセントに散らして大人可愛いアレンジの完成です。仕上げにリボンも添えてみました。ティータイムは大好きなミニサイズの茶壷のを初おろし??手作りのパイナップルケーキでシノワズリなティータイム。出窓に置いて下さるそうです。Y様、レッスンお疲れ様でした。atelier MIZUKIレッスンスケジュール9月21日(木)11時...
  • 華やかに清らかに〜薔薇とワインの日々水晶(みずき)さんのプロフィール
水晶(みずき)さん
R88さん
wanosutekiさん
  • 「君の絵は神ってる!」 売茶翁のお話し? 
  • ものまでにも「ありがとう」と思える和の心が、この星をいつも笑顔あふれる幸せな毎日にしてくれると思っている葉室です。先日に続いて今日も売茶翁のお話しを。売茶翁の詠んだ詩「売茶翁偶成」の中にも出てくる「一茶壷(いっさこ)」という言葉。後漢の費長房が市中で薬を売る老翁の壷に一緒に入ると、そこは仙境だったという「壷中の天地」の話になぞらえて売茶翁が目指した境地のことだそうです。改めて、売茶翁に興味津々。さあ、...
  • 和の素敵wanosutekiさんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 足利義昭を奉じて〜織田信長の上洛
  • 行列ができたとか・・・その中には、先日まで三好三人衆と同じ立場にあった松永久秀もいて、彼は、信長に名物の誉れ高い九十九髪茄子(つくもなす)の茶入れを献上して、また、今井宗久(いまいそうきゅう)も名物の茶壷「松島」&茶入れ「茄子」を献上して、この時に信長の傘下に入っています。10月14日には、信長は京都に戻り、一旦、本国寺(ほんこくじ=京都市下京区・本圀寺)に入った後、軍勢を引き連れて清水寺(きよみずで...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール

茶壷を含むブログ村メンバー

  •  
茶壷さん
茶壷さん
やむちゃさん