徳川家

徳川家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川家を含むブログ記事

leo-royさん
  • 2018G.W.?名古屋城観光と矢場とん
  • 階ごとにいろいろな展示物があって、それほど歴史に興味がない私でもワクワクしちゃいます。でも、外ではロイと子供達が待っているので足早に見学(その後交代して子供達が見学に行きました)名古屋城の築城を命じた徳川家康石垣の石を運びこむ様子の再現。昔の人って凄いっ!!!展望台まで上るとお土産屋さんでした各階へは螺旋階段を使います。下を覗き込むと引き込まれそうな恐怖現在の天守閣(もう入れないけれど…)にはエレベータ...
  • Leo-Roy's Dialyleo-royさんのプロフィール
kenさん
  • 宮崎あおい子供 岡田准一
  • 」も含まれていて、イッキ見をしています。篤姫は2008年に公開された、第47回の大河ドラマシリーズ。明治維新の時代の話で、資金的に窮地に追いやられた状況でも、故郷の薩摩藩からの援助を断り、輿入れ先の「徳川家」の人として生きたという伝説は、今でも語り継がれている有名な話。2週間の無料トライアル元気な赤ちゃんを産んでくださいね。...
  • 情報シェアする日記kenさんのプロフィール
皿尾城の空の下さん
  • 夕暮れの渡良瀬遊水地
  • 皇海山を源とし、いくつもの渓流を合わせて、桐生足利を下り茨城の古河にて利根川本流へと注いでいる。流路延長107.6kmの利根川水系最大の支流だ。 一方本流となる利根川は、かつては東京湾に流れていたが、徳川家康が江戸に入り、関東平野の開発が進むと、江戸を洪水から守るために銚子沖に流れるよう付け替えた。(利根川の東遷)これにより渡良瀬川は元和元年(1621)利根川を渡良瀬川に流す新河道が開拓され、その支流と...
  • 皿尾城の空の下皿尾城の空の下さんのプロフィール
寧祢さん
  • 大須観音
  • 三代住職としては任瑜法親王がおつぎになり、寺領も一万余石におよび、伊勢・美濃・尾張・三河・遠江・信濃六ヶ国の真言宗寺院を末寺としました。そののち戦国の世となりましたが、織田信長公も寺領五百石を寄進し、徳川家康公に至っては、名古屋を建設経営するにあたり、慶長十七年、まず第一に、当寺を、いまのこの地に移されたのであります。はたせるかな霊験、日に日に新に、善男善女の参詣きびすを接し、市の一大中心として繁栄し、...
  • ジグジグ☆秘密基地寧祢さんのプロフィール
ぴいさん
  • 手相の話し(マスカケ線) 2018.5.19
  • ています。有名人に多い手相でもあるとの事。明石家さんまさん、志村けんさん、岡村隆史さん 他 お笑いが多いのかな?(笑)両手に持ってる有名人はイチローさん、福山雅治さん、浜田雅功さん 他歴史上の人物では徳川家康、豊臣秀吉 など でも努力をしなければ至って普通の人生になるそうですよ。今の私もただ線を持ってるだけではどうにもなってません(笑)けど悪い線ではないようなのでポジティブに考えていい暗示を自分にいっぱ...
  • 安居楽業.comぴいさんのプロフィール
私の広場〜写真大好きさん
  • 【高岡御車山祭】余禄
  • を持つ「瑞龍寺」両寺は曹洞宗本山の「永平寺」につぐ第二第三の本山とも言われる名刹である。山門を潜ると鉛瓦葺の仏殿が見える。白く輝く鉛瓦葺の屋根は全国でも金沢城の石川門と瑞龍寺だけである。この瑞龍寺は、徳川家康にその生涯を翻弄され続けた加賀二代藩主・前田利長が眠っている。瑞龍寺の荘厳さは家康を祀った日光東照宮に対抗したものと言われている。20年の歳月を要して三代藩主・前田利常によって建てられたものである。...
  • 私の広場〜写真大好き私の広場〜写真大好きさんのプロフィール
八海山の仲間たちさん
  • 千川上水-1(境水衛所から武蔵野大学前) - 雄'Page
  • )完成の江戸六上水の一つ。設計は河村瑞賢、開削に当たったのは多摩群仙川村の太兵衛、徳兵衛。 玉川上水を水源とし、境橋から江戸城の城北地域ー小石川御殿(綱吉の別荘)、湯島聖堂(幕府学問所)、上野寛永寺(徳川家菩提寺)、浅草浅草寺(幕府祈願所)、及び六義園(綱吉寵愛の家臣、柳澤吉保下屋敷)ーへの給水を目的として掘削された総延長約22kmの用水路(上水)である。(Wikipediaからの参照) 元々はこのよう...
  • 八海山倶楽部八海山の仲間たちさんのプロフィール
悠々愛々さん
  • 京都てくてく(2)養源院と三十三間堂 。。。
  • 豊臣秀吉の側室淀殿が、文禄三年(1594年)に父浅井長政の21回忌 追善の為、秀吉に???依頼して開山したもの。養源院の寺号は、長政の院号。その後 火災にあって消失しましたが、??徳川秀忠が再建し以来徳川家の菩提所と なりました。??? 本寺本堂の廊下の天井は、伏見城落城の時鳥居元忠以下が自刃し、血塗られた 板の間を??天井としてその霊を弔ったもので、世に< ?血天井? >として 知られています。 ? ...
  • 想い出は心の宝石箱にしまって。。。悠々愛々さんのプロフィール
ファミリーキャンパーさん
  • 会津の家訓・・・・
  • 会津藩主だったのが松平容保、会津松平家に養子に来た人で、元は美濃高須藩の第10代藩主松平義建の七男です、実はこの人の実の兄弟たちがなかなかにとんでもなくてですね、次男の慶勝は徳川御三家筆頭、尾張藩尾張徳川家に養子に行き尾張徳川家を継いでいます、五男の茂栄は御三卿の一つ一ツ橋徳川家に養子に行き一ツ橋徳川家を継いでいます、徳川将軍家や御三家に世継ぎが無い場合、世継ぎとなる後継者を供給する役割を担う家柄です。...
  • キャンプと温泉の雑談ファミリーキャンパーさんのプロフィール
マダムkeiさん
  • 宇都宮 大谷地区〜文挟〜日光例幣使街道 ショートトリップ
  • らもオシャレすでにオープン前から並んでいる人が!大谷石景観公園を横目に多気山を眺めながら、ふたたび日光ルートへ古賀志地区を抜けると日光市(旧 今市)鹿沼方面から日光方面へ向かう例幣使街道へ例幣使街道は徳川家康の没後、東照宮に幣帛を奉献するための勅使(日光例幣使)が通った道で、中山道を経て京の都と日光が繋がっている古道です今もなお昔のたたずまいが残る、うっそうとした杉並木がなんともいえない雰囲気をかもしだ...
  • マダムkeiのLOHAS LIFEマダムkeiさんのプロフィール

徳川家を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

徳川家を含むブログ村メンバー

  •  
アツさん
鳴月さん
ミカさん
よしぶんさん
GPさん

徳川家を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川家について