脳下垂体

脳下垂体についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [脳下垂体] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

脳下垂体を含むブログ記事

hapiyogaさん
  • 直感とわがままの違いとは?
  • ? 2月は{直感」にフォーカスしたヨガをします。 〜目に見えないカラダのためのヨガ〜チャクラヨーガセラピー2月は第6チャクラです。みなさんがよく知っている「第3の目」があるところ。 脳下垂体から体の全面にエネルギーを発していて松果体とも関係しています。 このチャクラが活性化すると驚くほど「よく見える」ようになると言われていますが、 さて 何がよく見えるようになるのでしょう? 「識る...
  • はぴヨガの幸せの粒つぶhapiyogaさんのプロフィール
北の旅人さん
  • 生き返ったぜ!
  • らの食欲不振、低血圧、低血糖、それに伴い目眩、、ふらつき、そして死にもの狂いの透析、。 そして 1/6 入院 はァ〜…散々な目に遭ったぜ! 入院中も副腎不全の原因が分からず…というか副腎自体が悪いのか脳下垂体からの副腎への何かが悪いのか分からずのままホルモン剤の服用で元気を取り戻して1/27退院をした。 1/27退院したばっかなのに、何が悪いのか調べるためなのか 1/31、一泊二日で内科の検査入院。 薬の...
  • 人工透析  北の旅人北の旅人さんのプロフィール
快晴さん
Tune×Ableさん
  • れる。つまりV2K(ボイストゥスカル)とばかり書いてきたので、それ以外の場所から音声など送信するように変えてきたのだ。サイボーグになったと思わせるような機会音も単なる音声送信でしかない。また、そこから脳下垂体に影響を与えられる模様。...
  • πνευμα (プラウマ)Tune×Ableさんのプロフィール
mayunaさん
  • 朝血圧が高いタイプの早朝高血圧について
  • ^^^^^^^^^^^^^^^^^^高血圧の人は、常に高い数値になっている状態ですが、とくに朝の血圧が高いという人は、「早朝高血圧」です。人は通常、寝ているときには血圧は低くなっていて、目覚めの時に、脳下垂体の指示で副腎皮質ホルモンが血管を収縮し、この時に血圧が上がって、起きることができます。続きはこちらから→朝、血圧の数値が高いタイプ・・・====ワンディ開運講座で風水気学の極意をお伝えしています。整え...
  • アロマと無痛整体でGENKIREImayunaさんのプロフィール
京都☆世界一痛い足つぼさん
  • 【23時になりましたシリーズ】☆目次☆
  • 〈ショルダー〉 ◆さ行◆坐骨神経 三叉神経 子宮 小脳 自律神経 ショルダー 十二指腸 心臓 腎臓 膵臓 背中? 背中? 前頭洞 僧帽筋 鼠蹊部 ◆た行◆胆嚢 腸(小腸・直腸・結腸) 痰が絡む◆な行◆脳下垂体 脳幹 喉◆は行◆肺 鼻脾臓 尾骨 膝上  副腎 腹腔神経叢膀胱◆ま行◆耳胸目盲腸◆や行◆陽明胃経 湧泉 輸尿管◆ら行◆卵巣上・下半身リンパ肋骨 ■リンパケア■全身に800か所もあるといわれているリン...
  • キラキラネイルがやるなぜか?世界一痛い足ツボブログ京都☆世界一痛い足つぼさんのプロフィール
binokaori-sistersさん
  • 運動後のプロテイン補給?
  • 手のパフォーマンスがさらに向上するように、私も、”栄養”面でサポートしています。空手の練習がある日には、運動中の水分補給はもちろんのこと、運動直後の栄養摂取も欠かせません。強度の高い運動をした後には、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは肝臓でインスリン様成長因子1に変化し、筋グリコーゲンの充填や筋修復を促してくれます。 この成長ホルモンが分泌されるタイミングは、3回あります。1回目は運動...
  • 美のかほりbinokaori-sistersさんのプロフィール
soft-balanceさん
  • 僕が内臓を一番に考える理由
  • 感(嗅覚 触覚 味覚 視覚 聴覚)といわれる中枢があり、それらの感覚にも悪影響を及ぼします。めまい、耳鳴り、頭痛、吐き気、鼻づまり、味覚障害、視力の低下など、様々な症状が発生します。その他にも脳幹には脳下垂体といったホルモン分泌の司令塔でもありますので、ホルモンバランスも崩れてしまいます。生理痛、生理不順、冷え、むくみなどの症状にも関連して起こります。内臓負担はは自律神経に影響を及ぼすことで、精神的な不安...
  • ソフトバランスはり灸整体院ブログsoft-balanceさんのプロフィール
メビー・ラックさん
  • 動物の感染症 6
  • 用も持っている。”コルチゾール”が過剰に分泌されてしまう病気で有名なのは、副腎皮質機能亢進症だ。この病気を発症してしまうと、必然、免疫力が低下してしまうことになる。ご参考までに。副腎皮質機能亢進症は、脳下垂体の過形成や腫瘍、副腎皮質にできた腫瘍によって、”コルチゾール”が過剰に分泌されることが原因で起こる病気である。また、アトピー性皮膚炎などの症状を抑える目的で、長期間、あるいは大量のコルチコステロイド剤...
  • メビー・ラック BLOG〜今も明日もLucky Life〜メビー・ラックさんのプロフィール
豊橋の学習塾さん
  • 生物基礎授業動画?【自律神経系・ホルモン・フィードバック調節】
  • って他の部分に運ばれて、特定の器官や組織のはたらきを調節する物質→ホルモンを分泌する器官を内分泌腺、ホルモンが働きかける器官を標的器官という? ヒトの主なホルモンA 放出(抑制)ホルモン【視床下部】 脳下垂体前葉ホルモンの分泌の促進・抑制B 成長ホルモン【脳下垂体前葉】 タンパク質の合成、骨などの成長促進C 甲状腺刺激ホルモン【脳下垂体前葉】 甲状腺ホルモンの分泌促進D 副腎皮質刺激ホルモン【脳下垂体前葉...
  • 豊橋の学習塾「とよはし練成塾」豊橋の学習塾さんのプロフィール

脳下垂体を含むブログ村メンバー

  •  
魚夢さん
ひめままさん
monkey1975さん
ゆかちるさん
  • 気まま本舗ゆかちるさんのプロフィール
  • 女独り、外人と旅した45日間!ヨーロッパ16カ国の旅の記録と、旅で感じた文化の違いを綴ってます!
股旅庵馬ん次さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

脳下垂体について