参拝者

参拝者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 伊万里の金光さま
  • [参拝者] ブログ村キーワード昨日は、このブログを毎日見ておられるという県内の40代の女性が、初参拝されました。1年半ほど前から、欠かさずお読みくださっているそうで、毎日の記事や言葉を楽しみにしているとのことでした。ある時は「今日は更新が遅いな」と心配までしてくださっていたそうで(笑)、そこまで楽しみにしてくださるとは、本当に有難いことですね。お話を聞かせていただく中で、こちらとの不思議な御縁もいただ・・・続きを読む
  • 安心と喜びの神様 和賀心さん和賀心さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

参拝者を含むブログ記事

きびさん
  • 御朱印集め?☆日枝神社の御朱印について
  • 鳥居をくぐり、階段またはエスカレーターで上へ登っていくと、神様がいらっしゃる社へ行くことが出来ます。エスカレーターを登り境内に入っていくと、都内とは思えない閑静な環境で、心がほっと落ち着きます。平日の参拝者はそれほど多くはなく、8月の半ばの平日で参拝のために待った時間は2〜3分でした。ですが、お正月(1月2日の夕方)は1時間以上は並んだ記憶があるので、初詣は時間に余裕をもってお出かけした方が良いですね。...
  • Every Time Happy!きびさんのプロフィール
ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさん
  • 「大覚寺」の「宵弘法」。先祖を敬い霊を送る。「護摩祈願」と「送り火法要」など
  • いよ〜」とお友達に言われ、「あ、そう?今行く〜」と柵から飛び降り、お友達の後に続きます。池のそばに立つお堂には、僧侶が次々にやってきました。 「ホント〜」 そして、間もなくお堂では、僧侶の読経が響き、参拝者の願いを書いた護符を火にくべ祈願する「お護摩祈願」が始まりました。 ミモロは、その傍らでじっと見つめています。30分後、「お護摩祈願」が納められ、送り火法要まで、ミモロは、ほかの場所を見に行くことに。...
  • ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさんのプロフィール
Mauaさん
  • 樹齢500年
  • 08-23 09:25:52テーマ:フォトセラピ先日の良く晴れた日。ぷらっと、穂高神社へ寄ってみました。樹齢500年のご神木。風雪に耐え、500年!!500年生きつづけ、安曇野を見守っているんですね。参拝者に撫でられ続けたのでしょうね。樹皮がつるつる・ピカピカになっている部分がありました。一体、どれほどの人がこのご神木を撫でたのでしょうか。(35億。とか?)その一人ひとりに生活があって、人生のドラマがあ...
  • 安曇野 グラスアート MauaMauaさんのプロフィール
上州人さん
  • パワースポット「貴船神社」(みどり市)
  • 恩恵を受けているため水の神様の信仰により幅広く、家内安全、商売繁盛、厄除、諸願成就、交通安全とされています。初詣の際には、元旦午前0時に新年の訪れを告げる太鼓で始まる元旦祭が31日まで行われています。参拝者数はおよそ12万人参られるそうです。毎年初詣は、正月の期間は込み過ぎるので、1月15日以降の空いてきた時にお参りに行っています。アクセスについて最寄の駅からは、 わたらせ渓谷鉄道上神梅駅より徒歩約15...
  • 熱いぜ!上州・北関東 食べ歩き情報上州人さんのプロフィール
Zezesyさん
  • 京都 岩屋寺  2017/03/22
  • でも荒廃期が長かったためか詳しい記録が残されていない「岩屋寺」、本堂には内蔵助が愛用した文机など当時の暮らしを垣間見るような遺品が残されています。説明していただいたお寺の方によると、大石神社に来られる参拝者のなかですぐ近くの岩屋寺にはそのほんの一部ということです。大石神社にも宝物殿がありましたが私的には断然こちらに魅かれます。なんともったいないこと (^.^)/~~~忠誠堂大石内蔵助の邸宅跡...
  • Zezesy's 古都をゆくZezesyさんのプロフィール
ひろさくさん
  • 【里山めぐり・かつてのアミューズメントパークを歩こう〜地附山】
  • 十一年(一八二八年)には現在の社号となっており、本殿は文久三年(一八六三年)に再建されたものである。古くから式内名神大・水内神社の奥社と伝えられている。水内神社は神仏習合時代、善光寺「奥の院」と称され参拝者が多かった。当神社は善光寺との関連が深く、社紋は卍(まんじ)であり、本殿は善光寺と同じ「撞木(しゅもく)造り」である。二月一日には、境内にある善光寺堂童子斎場にて正月行事で用いられた注連等の祭具を焼却...
  • 季節の話題(長野県内の市町村)ひろさくさんのプロフィール
きーらくだまさん
  • 平成29年、駒木諏訪神社祭礼
  • 市街を結び、江戸時代、物流と諏訪神社への信仰の道としてにぎわった。今の社殿は弘化三年(1846年)に完成。松戸の小金城主高城氏や、徳川御三家の水戸光國などの信仰があつく、江戸時代の末頃からは江戸からの参拝者も多く、その信仰は関東八州にまで及んだ。大祭は8月23日で、参拝者は江戸川を舟で上ってきた人、利根川流域の下総の人達など諏訪道はたいそう賑わった。鳥居の右脇には、「おすわさま」と彫られた大きな石が参拝...
  • でれすけ。きーらくだまさんのプロフィール
Oikawaさん
  • 平成29年 平取町・義経神社「初午祭」
  • 入してあり、牧場関係者による「初午祭」ということになります。平取町は馬産地ですが、日高町、新ひだか町も有名な馬産地です。門別競馬場も近くの町・日高門別にあり、夏の時期にはナイター競馬が行われています。参拝者は、牧場関係者でした。必勝祈願や、これからデビューする馬の祈願もあり、義経神社の「初午祭」が執り行われています。本来の「初午祭」とは、稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降り...
  • 良き候・松前神楽Oikawaさんのプロフィール
myaoさん
  • 耳明(みみご)神社にて回復祈願
  • るくて、景色も気持ちの良い神社でした。大山神社の境内に「耳明(みみご)神社」はあります。別名「有徳神社」、耳を明るくして、人の事を聞くと徳があり、道を開く神様としても信仰されているそうです。幸い平日で参拝者も少なく、ゆっくり参拝する事が出来ました。多くのファンの方々も堂本剛さんの回復祈願の絵馬がたくさん奉納されていましたが、他にも全国から参拝されているのは、珍しい耳の神様だからでしょう奥、絵馬を奉納して...
  • 就活・病気なんくるないさ!myaoさんのプロフィール
tabiblogさん
  • 第七十三番札所 出釈迦寺 | 旅と散策
  • は伊勢参りと共に、金刀比羅宮に詣でる金毘羅参りが盛んになりました。長く続く参道の石段786段が有名で、奥社まで登ると1368段にもなります。海の守り神として信仰され、金毘羅講に代表されるように古くから参拝者を広く集め、参道には当時を偲ばせる燈篭などが今も数多く残っています。金刀比羅宮のホームページは、http://www.konpira.or.jp/所在地:香川県仲多度郡琴平町892 こんぴら温泉郷江...
  • 旅と散策tabiblogさんのプロフィール

参拝者を含むトラコミュ

仁和寺
  • 仁和寺
  • 仁和寺は、京都府京都市右京区御室(おむろ)にある真言宗御室派総本山の寺院である。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇である。皇室とゆ...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:旅行ブログ

参拝者を含むブログ村メンバー

  •  
諦観さん
金運神社参拝者さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

参拝者について