泉鏡花

泉鏡花についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 『わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ)』(泉鏡花
  •    [泉鏡花] ブログ村キーワード 「婦系図」などの小説で知られる泉鏡花先生は俳句も沢山残しておられます。  「わが恋は  人とる沼の  花菖蒲(はなあやめ)」も有名ですが 他にも この時期に因んだ「花二つ 紫陽花青き 月夜かな」この句も 私は大好きです。  今日は花菖蒲の白を・・         私が 花菖蒲を撮ると拙い写真にな・・・続きを読む
  • 動物園訪問日記・いのちある花 りりーさんりりーさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

泉鏡花を含むブログ記事

libsaitamaさん
  • 作品で読む明治文学
  •  夏目 漱石 谷崎 潤一郎予約数: 0予想待ち時間: なし図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】明治を代表する文学作品を概観すべく、森鷗外「舞姫」、樋口一葉「たけくらべ」、泉鏡花「高野聖」、田山花袋「蒲団」、夏目漱石「三四郎」、谷崎潤一郎「刺青」の6編(うち5編は抄出)を収録。「日本の近代文学」概説付き。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
樋口智(ひぐちとも)さん
  • 小説の書き方・のメソッド
  • 能性を探り当てていくつもりでいなければ、作家にはなれないのです。?短編の名手と聞いて、まずどの作家が思い浮かぶでしょうか。私なんかは大学時代に習ったO.ヘンリーやカポーティーが浮かびます。日本文学なら泉鏡花、芥川龍之介、梶井基次郎、志賀直哉、太宰治……沢山いますね。ただ文豪の名前を挙げているだけのようですが。「短編」であることを作家性としている意味では星新一や筒井康隆が挙げられます。最近でいうと川上弘美...
  • 古くて新しい小説の書き方樋口智(ひぐちとも)さんのプロフィール
オトメラボさん
Sirkoさん
  • 今日の御飯〜9月20日
  • べる暇も惜しんだ感じ。どこへ行ったかというと、郷さくら美術館で「RINPA TO NIHONGA 現代日本画に見る琳派の様相」上野の森美術館で「世界を変えた書物展」弥生美術館・竹久夢二美術館で「文豪・泉鏡花×球体関節人形展」食べた物ブログなので詳細は割愛するけれど、どの展覧会もそれぞれ濃く、それぞれの魅力にうちのめされて、くらくらしっぱなしだった。東京メトロ1日乗車券を買っていて、まだまだ遊ぶことは可能...
  • 食事と食費と体重のブログSirkoさんのプロフィール
カーツさん
  • 東郷神社 [東京都]
  • 1862−1933)徳富蘇峰(1863−1957)河口慧海(1866−1945)山本玄峰(1866−1961)夏目漱石(1867−1916)正岡子規(1867−1902)大島徹水(1871−1945)泉鏡花(1873−1939)椎尾辨匡(1876−1971)池田仲博(1877−1948)?有島武郎(1878−1923)と、都会で郷土を感じながら、その日は、もうひとつの目的地、穴八幡宮 へと足を向けたにし...
  • カーツの歴史散策&御朱印作庭カーツさんのプロフィール
とんぼらさん
  • 金沢2泊3日(2018年7月)
  • やっとたどり着いた、逆光の裏門を見た時とんぼらは、とっても感動したのでした。 なにか、神々しい出会いみたいな一度も来たことないのに、帰ってきたようなそんな不思議な気持ちになりました 最終日は、帰る前に泉鏡花博物館(生家が博物館になってた)主計町地区と、暗がり坂(いけないお店に通う時に使った裏路地)力尽きたみたいで、あんまり写真がない。 そして、東茶屋街を駆け足で。 金沢は、ごはんがおいしくてどこも素敵...
  • 霧雨のノルマンディとんぼらさんのプロフィール
tsucchiniさん
  • 『雁』森鴎外
  • でみて知って)、読んでみたわけなのだけど、訓読体ということでいいのか、なにしろ読みにくくて、短いのに挫折してしまった。同じような漢文の読み下しみたいな文体でも、福沢諭吉とかはよみやすいし、もっと独特の泉鏡花のようなひとも最近経験したけど、慣れたらどうということもなかった。相性の問題もやはりあったかとおもわれる。 しかし、そんなふうに放っておける存在でもない。芥川龍之介や、三島由紀夫や、現代だと平野啓一...
  • すっぴんマスターtsucchiniさんのプロフィール
なぁさん
  • 商売繁盛の神様「久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)」に行ってきました
  • だそうです。夕方に行ったので、涼しくて、この時間帯の神社も風情があってよかったです。お賽銭して、お参りして、おみくじは なぁさん大吉でした\(^o^)/娘は中吉?まぁまぁです(^^) すぐ目の前に泉鏡花記念館もありました。この時間の浅野川もとっても風情があってよかったです。ちょっと歩けばひがし茶屋街があるので、観光客の方がとても良さそうなカメラを持って撮影していましたよ(*^^*) 金沢に来られたら...
  • なぁさんのブログなぁさんのプロフィール
場所にまつわる記憶と省察さん
  • 「江戸切絵図」を携えて 本郷三丁目〜菊坂
  • 私の妻の祖父(銀座万久)が兼安10代目の婚礼時(昭和の初め)の仲人であった、という話を聞いたことがある。  本郷三丁目交差点を渡り左折する。このあたり、かつて真砂丁と呼ばれていたところである。真砂丁は泉鏡花の『婦系図』の舞台になったところでもある。 近くにあった真光寺(戦災で廃寺になった)の門前町として、寛永年間に開かれた町屋で、神霊を京都の北野天満宮から勧請したところから、地元では北の天神の名で親しま...
  • 場所にまつわる記憶と省察場所にまつわる記憶と省察さんのプロフィール
おかやすてん子さん
  • 28年付き合いある友人&人形作家紹介
  • 聞きますが ありがたいことにそんな寂しいこととは無縁 本当に貴重〜な友人たちです。 で 今回集まったのはそんな友人の中の一人 人形作家・陽月の人形を見るためで〜す* 陽月作品集と展示会案内 文豪・泉鏡花??球体関節人形展9月24日まで弥生美術館(東京都) 泉鏡花作品をテーマに人形を製作 7人の作家の人形が展示されています。 今回のイチオシ ご本人の許可をいただいて撮影・掲載しています。 彼女が...
  • 本日もお疲れさまおかやすてん子さんのプロフィール

泉鏡花を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

泉鏡花を含むブログ村メンバー

  •  
Tohru@写真撮ってストーリーも書いてますさん
ラブすずさん
Misaki Suzukaさん
  • すゞはらひMisaki Suzukaさんのプロフィール
  • 燭光のさす ひとときのあかるみに 〜Poem & fantasy〜

泉鏡花を含むアンケート&掲示板

  •  
  • あなたの好きな小説は?レス: 0/53(129件)小説ブログ
  • 日本の小説家は唯一、村上春樹(死んだ方を含めると安部公房、泉鏡花など)、海外では挙げきれないのですが、ドストエフスキー、ヴォネガット、カポーティ、(生きてる方はB・...

にほんブログ村

>

キーワード

>

泉鏡花について