泉鏡花

泉鏡花についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 『わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ)』(泉鏡花
  •    [泉鏡花] ブログ村キーワード 「婦系図」などの小説で知られる泉鏡花先生は俳句も沢山残しておられます。  「わが恋は  人とる沼の  花菖蒲(はなあやめ)」も有名ですが 他にも この時期に因んだ「花二つ 紫陽花青き 月夜かな」この句も 私は大好きです。  今日は花菖蒲の白を・・         私が 花菖蒲を撮ると拙い写真にな・・・続きを読む
  • 動物園訪問日記・いのちある花 りりーさんりりーさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

泉鏡花を含むブログ記事

現代日本語百科    けふも  お元気ですかさん
  • 爛漫
  • 皇沢。不顧欠盈之天真(シン)」*新編覆醤続集〔1676〕二・詠懐「鳥鳴眠午寂、魚躍見天真」*小公子〔1890〜92〕〈若松賤子訳〉九「眼に天真な処を現はした顔を眺めるに付けて」*義血侠血〔1894〕〈泉鏡花〉一六「白糸の鉄拐(てっか)は之を天真(テンシン)に発して、極めて純血清浄なるものなり」*樅の木と薔薇〔1947〕〈竹山道雄〉二「その手紙にも々とした天真の情があふれています」*魏志‐胡昭伝「天真高潔...
  • 現代日本語百科   けふも  お元気ですか現代日本語百科    けふも  お元気ですかさんのプロフィール
遊(ゆう)さん
  • 芥川賞・直木賞・本屋大賞の違い:純文学とエンターテイメント小説の違い
  • 受賞作はこんな人にお薦め私は、小説にも映画にも、「芸術」とか「美」を求めちゃう人なので、基本的には「B」のあたりの作品が好き。学生時代は「A」のいかにも純文学、という小説も良く読んでいた(三島由紀夫、泉鏡花とか、初期の頃の小川洋子さんの作品とか)。 図にも書いたけれど、私は「純文学」は、「線(ストーリー)」より「点(一つのシーンの描写とか、一人の人の心情とか、一つ一つのシーンの世界観みたいなもの)」を大...
  • 働くビタミン・生きるミネラル遊(ゆう)さんのプロフィール
brother-tさん
  • 春休みは聖地巡礼&お花見へGo!!
  • 開催します。ラリーポイント【スタンプ設置キャラクター】  市営地下鉄横浜駅 【中島敦】  市営地下鉄 桜木町駅 【太宰治】  横浜ブルク13【中原中也】(市営地下鉄・JR桜木町駅徒歩)  横浜大世界【泉鏡花】(みなとみらい線元町中華街駅下車徒歩、中華街・中華街入口バス停下車)  マルイシティ横浜【フョードル・D】(横浜駅東口)  神奈川近代文学館【織田作之助】(みなとみらい線元町中華街駅下車徒歩、港の見...
  • つれづれなるままにbrother-tさんのプロフィール
ALEXさん
  • 「今際(いまわ)の際(きわ)」に書かれたトルストイの文字
  • アルベール・カミュの手記に『トルストイは臨終の時、空中に何やら文字を書いた』というくだりがある。「空中に文字を書く」というので、まず思い出されるのは泉鏡花。鏡花が原稿を書いているときに、どんな文字だったか漢字がわからず、奥方に訊いたりしたという。その時、奥方は、泉鏡花に向けて、ハネやハライなどを気にしながら筆順を整え、空中に書いたという。わかったとばか...
  • Boots strapALEXさんのプロフィール
アンダンテさん
  • 歌舞伎座「三月大歌舞伎」やはり美男美女でしょ!
  • ただ 玉三郎さんのお六は旧主に頼まれお金を工面しようとした訳で本当に悪女という訳ではないです悪人ってのも 魅力があるんですね「滝の白糸」は二幕目まで観て 途中退場玉三郎さんか演出なさっているそうですが泉鏡花の作品の中では チト苦手自己犠牲?って洋の東西を問わず 引いてしまう本作に関しては 白糸が自分の好意からスタートしているので自己犠牲とは言えないけれど泉鏡花と玉三郎コンビなら「天守物語」が好きだ!玉さ...
  • アンダンテ あっち行ってホイアンダンテさんのプロフィール
しろくまさん
  • 消滅の光輪1−3 眉村卓著 ハヤカワ文庫
  • の移住−−−それは、かざりものとなりさがってしまっている司政官にとって、とてつもなく困難に思えた・・・・・惑星を覆う壮大なドラマを背景に、体制内で真摯に生きるひとりの司政官の生きざまを見事に描き出し、泉鏡花文学賞に輝いたSF巨編。 2: 太陽新星化にともなう全住民退避という課題を与えられた惑星ラグザーンの司政官マセは、かざりものの司政官から、絶対権力者たる司政官へと変貌をとげた。 そして緊急事態対策会議...
  • しろくま日記しろくまさんのプロフィール
『黒幕と言われた男』の著者の戯言さん
  • 文楽 桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
  • で大阪船場育ちの四姉妹を花見に京都へ行かせている。菊池寛は『身投げ救助業』で疎水は身投げに最適の場所だと書く。森鴎外の『高瀬舟』は罪人を伏見へ送った当時とそのままに京都の中心地を流れる桜の美しい小川。泉鏡花『祇園物語』は題名通り芸子が登場するが彼女が立ち寄った京料理ちもとは今も同じ西石垣(さいせき)にある。長田幹彦『祇園』は京極から先斗町さらに祇園で遊ぶ様子が詳しく描かれている。 外国人では明治時代初期...
  • 『黒幕と言われた男』の著者の戯言『黒幕と言われた男』の著者の戯言さんのプロフィール
てくっぺさん
  • 我が家にある百科事典。^±^;
  • カ♪Wowowに入ろうかな、やっぱりやめようかな・・・φ^±^ノ 優柔不断だなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±xノφ========== 「狂歌の泉」、一巻の終わりの巻。^±^; えー、「狂歌の泉」(泉鏡花ではない)というシリーズをやろうと思って、たちまちにして、挫折しました。    国会に 官僚閣僚 呼び入れば                   皆音楽家 「ベー答弁」に頓挫の理由は、これしか狂歌が出...
  • 高橋さんの写真館(分館)てくっぺさんのプロフィール
t2001t2001さん
  • 「あたり芋」と阿呆グーグル
  • 青空文庫で泉鏡花の「深川浅景」を読んでいると、然《しか》も頬骨《ほゝぼね》の張《は》つたのが、あたり芋《いも》を半分《はんぶん》に流《なが》して、蒸籠《せいろう》を二枚《にまい》積《つ》み、種《たね》ものを控《ひか》...
  • t2001t2001のブログt2001t2001さんのプロフィール
S-KURITAさん
  • 角田光代「かなたの子」感想
  • 作目でしたが、「八日目の蝉」同様、非常に感動しました。 角田光代作品の書評記事↓角田光代「なんでわざわざ中年体育」小説「八日目の蝉」角田光代 奇跡のような救い、その秀逸なラストシーン 「かなたの子」は泉鏡花文学賞を受賞したというだけあり、主人公たちが陥る「世にも奇妙な物語」的短編8編からなる連作短編小説集です。各2編ずつが同様な主題を持った4組の対になっていて、各組とも、時代設定は最初の話が昔で、次が現...
  • えすぶろ S blogS-KURITAさんのプロフィール

泉鏡花を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

泉鏡花を含むブログ村メンバー

  •  
Tohru@写真撮ってストーリーも書いてますさん
ラブすずさん
Misaki Suzukaさん
  • すゞはらひMisaki Suzukaさんのプロフィール
  • 燭光のさす ひとときのあかるみに 〜Poem & fantasy〜

泉鏡花を含むアンケート&掲示板

  •  
  • あなたの好きな小説は?レス: 0/53(129件)小説ブログ
  • 日本の小説家は唯一、村上春樹(死んだ方を含めると安部公房、泉鏡花など)、海外では挙げきれないのですが、ドストエフスキー、ヴォネガット、カポーティ、(生きてる方はB・...

にほんブログ村

>

キーワード

>

泉鏡花について