泉鏡花

泉鏡花についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 『わが恋は 人とる沼の 花菖蒲(はなあやめ)』(泉鏡花
  •    [泉鏡花] ブログ村キーワード 「婦系図」などの小説で知られる泉鏡花先生は俳句も沢山残しておられます。  「わが恋は  人とる沼の  花菖蒲(はなあやめ)」も有名ですが 他にも この時期に因んだ「花二つ 紫陽花青き 月夜かな」この句も 私は大好きです。  今日は花菖蒲の白を・・         私が 花菖蒲を撮ると拙い写真にな・・・続きを読む
  • 動物園訪問日記・いのちある花 りりーさんりりーさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

泉鏡花を含むブログ記事

KAGURATOURさん
  • 場所は泉鏡花・北原白秋の旧居前。「吾」のランチ定食は良いお味。
  • 「吾(われ)」へ。こちらも以前から気になっていたものの、入店は初めて。神楽坂通からですと、ポルタ神楽坂のビル1階の吹き抜けを通って熱海湯通りに抜けると、右側すぐです。 熱海湯通りを挟んで目の前には、泉鏡花・北原白秋の旧居跡の史跡が。この有名な文人二人は、同じ場所に住んだことがあるのですね(時期が違うので同居ではない)。不思議なことです。しかし、この看板の正面には電信柱が立っていて、写真を撮るのに本当に...
  • 東京・神楽坂ぶらぶらKAGURATOURさんのプロフィール
悠華さん
  • 人間良くなるも悪くなるも一寸の間だ
  • ム過去の記事新しい記事新着記事上に戻る2017/08/23人間良くなるも悪くなるも一寸の間だテーマ:暮らしを楽しむ(185245)カテゴリ:ミニマル&シンプルライフ人間良くなるも悪くなるも一寸の間だ(泉鏡花)寝ている間に熱中症になっていたよう。皆様お気をつけください。個人的に、美しいペンネームランキング第1位の泉鏡花さん。ご本人はダンディなおじさまです。数年前は大きな節目だったようで、各地でイベントが催...
  • 二十歳のミニマリスト悠華さんのプロフィール
Reiさん
  • ネットで話題!3000年に一度咲く優曇華(うどんげ)の花の正体とは?
  • いう。日本の古典文学では、『竹取物語』、『源氏物語』若紫、『うつほ物語』などに用例があるらしい。近代文学では、岡本綺堂『半七捕物帳 人形使い』、蒲原有明『仙人掌と花火の鑑賞』、斎藤緑雨『かくれんぼ』、泉鏡花『白金之絵図』、田山花袋『道綱の母』、夏目漱石『虞美人草』などに用例がある。現代文学では、宮本輝『蛍川』などに用例がある。しかし、古典から現代に至るまで、いずれも架空の花、つまり3000年に一度咲く花...
  • 日常を彩る花日記Reiさんのプロフィール
桃歌さん
  • 湯島天満宮☆湯島
  • くじ雑記帳湯島天満宮☆湯島湯島天神の名前で広く親しまれている湯島天満宮。境内には多くの受験生の方が願いをこめた絵馬がところ狭しと結ばれていました●境内にある素敵な庭園には泉 鏡花の「筆塚」があります。泉鏡花の作品「婦系図」では俗世間に押しつぶされそうになりながら命を削ってまで真心を貫き通そうとした人々の姿が描かれています。●施設名 湯島天満宮☆湯島 ●営業期間 6:00 〜 20:00(開門時間) 8:...
  • 「Ameba公式」タロット占い師桃歌桃歌さんのプロフィール
人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
おかちゃんさん
  • 大友直人指揮東響 東京オペラシティシリーズ第99回
  • コンサートマスター)大友直人指揮東京交響楽団・芥川也寸志:弦楽のための3楽章「トリプティーク」・團伊玖磨:管弦楽幻想曲「飛天繚乱」・黛敏郎:饗宴休憩・千住明:オペラ「滝の白糸」から序曲と第3幕(原作/泉鏡花、台本/黛まどか)(演奏会形式)後半は、2014年に作曲され、15年に改訂された、泉鏡花の「義血侠血」を原作とする千住明のオペラ「滝の白糸」から序曲及び第3幕全曲。その音楽は、ほとんど映画音楽の如しで...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール
NAKANOさん
  • 弁天坂(箪笥町)
  • 期の『新撰東京名所図会』には、南蔵院門前に甘酒やおでんを売る屋台が立ち、人通りも多い様子が描かれている。 坂上近くの横寺町47番地には、尾崎紅葉が明治24年から36年10月病没するまで住んでいた。門弟泉鏡花、小栗風葉らが玄関番として住み、のちに弟子たちは庭続きの箪笥町に家を借り、これを詩星堂または紅葉塾と称した。」 都の説明板もよく読むと上の道路が弁天坂だとわかるが、何も大久保通りに立てなくてもとは思う...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
玄文社主人の書斎さん
  • ピーター・バナード「つた つた つた」(3)
  • ジャパニーズ・ゴシック」というものがあり得るとしても、それはヨーロッパやアメリカにおける「ゴシック」とは似て非なるものと言わなければならない。 だからヨーロッパ文学の影響をほとんど受けることのなかった泉鏡花のような作家が「ジャパニーズ・ゴシック」の代表だとしても、彼は語の本来の意味におけるゴシック作家ではない。 話はわき道にそれるが、バナードが折口の『死者の書』における泉鏡花の影響を言っていることは正し...
  • 玄文社主人の書斎玄文社主人の書斎さんのプロフィール
na2ka4さん
  • 幻の「幽霊画」発見!鏑木清方作、谷中「全生庵」で公開
  • て開いている幽霊画展で公開している。午前十時〜午後五時。入館料五百円。  <鏑木清方> 東京・神田生まれ。13歳で挿絵画家の水野年方(としかた)に師事。 挿絵や美人画、風俗画のほか、樋口一葉や泉鏡花など文学を題材にした作品も残した。 肖像画「三遊亭円朝像」は国の重要文化財に指定。帝展審査員や帝国美術院会員などを歴任。1954年に文化勲章を受章。3:名無しさん:2017/08/16(水) 17:...
  • あのころのna2ka4さんのプロフィール
寒月さん
  • はやわかり『三州奇談』 下
  • 」といえる。  全体をつかむためには、個人の力ではあきらかに限界がある。『三州奇談』の存在を知り興味を持った各位が、これをきっかけに『三州奇談』の各話を読み解いてくだされば幸いと考える。  最近また、泉鏡花が読まれているようだが、『三州奇談』との関係を探り出典を求める研究もさらに広がりを見せるだろう。『三州奇談』を読む醍醐味は、怪異の面白さにふれることは勿論だが、そこに入りこむことによって歴史の側面を探...
  • それから寒月さんのプロフィール

泉鏡花を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

泉鏡花を含むブログ村メンバー

  •  
Tohru@写真撮ってストーリーも書いてますさん
ラブすずさん
Misaki Suzukaさん
  • すゞはらひMisaki Suzukaさんのプロフィール
  • 燭光のさす ひとときのあかるみに 〜Poem & fantasy〜

泉鏡花を含むアンケート&掲示板

  •  
  • あなたの好きな小説は?レス: 0/53(129件)小説ブログ
  • 日本の小説家は唯一、村上春樹(死んだ方を含めると安部公房、泉鏡花など)、海外では挙げきれないのですが、ドストエフスキー、ヴォネガット、カポーティ、(生きてる方はB・...

にほんブログ村

>

キーワード

>

泉鏡花について