左フック

左フックについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [左フック] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

左フックを含むブログ記事

戸川 晃雄さん
  • 英語で「台風とか雨とかもううんざりだ!!」って何と言う?
  • 。さて今回のお題は、「台風とか雨とかもううんざりだ!!」これを英語では何と言うのでしょうか?特に今回は2週連続で台風がやってきていますし、ホント嫌ですよね。しかも日本直撃コースかもしれない。何とも嫌な左フックを日本全体に食らいそうな雰囲気(しかも2週連続で)しているのですが、自然の脅威には勝てません。誰かが意図的に台風を作ってるんじゃないかとかそういう風に思いたくもなるワケです。まぁ人工的には作れないと思...
  • 日常英会話は、1500だけ覚えれば、話せます。戸川 晃雄さんのプロフィール
わしボクさん
moccos2@boxさん
  • 《海外注目世界戦3試合》10月21日(日本時間22日)英国・米国/No.800
  • ー同士の対決! ダウン応酬の末、マチャドが新王者!〈試合経過〉初回、コラレスが変則的動きから左右で積極的に攻める好スタートを切った。マチャドは押され気味も突破口を探る展開。5回、1分過ぎコラレスが左フックでマチャドからダウンを奪った。マチャドは立ち上がって動きで躱す。6回、今度はマチャドの右カウンターでコラレスがよろめきダウン寸前に陥る。7回、コラレスが再び変則スタイルから左右攻撃で巻き返す。迎えた8...
  • 海田イサヲの〜My Favorite Boxing!moccos2@boxさんのプロフィール
ボクシングりょうさん
  • 2017年10月22日、比嘉大吾 vs トマ・マソン
  • 序盤から両手をこめかみにおき、防御ブロッキングしつつボディーワークとフットワークでギアを上げて動きます。スタミナに自信のある動きですね。マソン選手も頭をずらして動きたいところ。比嘉選手のダッキングから左フックが当たります。ダッキングからのパンチが有効に見えました。全体のおおまかな流れとしてはマソン選手がブロッキングして、比嘉選手がサイドのボディからアッパーでガードをこじあけようという展開。マソン選手は後半...
  • 大阪のボクシングマンツーマンレッスンボクシングりょうさんのプロフィール
エーゲさん
  • 羽生結弦、平昌五輪後の現役続行を示唆
  • させて一気に盛り返しました。8R終了時の採点では1人がイーブン、残り2人は割れ、勝負は残るラウンドに委ねられました。  ゲバラも気力を振り絞ったが、王者はますます加速しました。ボディーの連打を浴びせ、左フックも命中させました。最終12R、前に出た拳四朗は至近距離で打ち合いを展開となりました。「拳四朗」コールの後押しを受けて、最後まで攻め抜きました。インタビューでは「試合はしんどかったんですが、みなさまの応...
  • 雑貨ワンダフルエーゲさんのプロフィール
NOBUさん
  • 【ボクシング】< #村田諒太 > 王者・アッサン・エンダムに勝利!
  • た。  1995年12月の竹原慎二以来2人目の日本人ミドル級世界王者、日本人初の五輪メダリスト世界王者となった。  第1ラウンドから積極的に攻撃をしかけた村田は、第4ラウンドでは右ストレートと左フックを的確に決め、優位に立つと、その後もエンダムを圧倒。  5月の世界初挑戦ではダウンを奪いながら1―2と不可解な判定で敗れた相手へのダイレクトリマッチに勝利した。  この試合のレフェリーはケニー...
  • おいどんNews24NOBUさんのプロフィール
あずきブログ管理人さん
  • ボクシング 村田諒太が王者・アッサン・エンダムに勝利!、WBA世界ミドル級タイトルマッチ
  • た。  1995年12月の竹原慎二以来2人目の日本人ミドル級世界王者、日本人初の五輪メダリスト世界王者となった。  第1ラウンドから積極的に攻撃をしかけた村田は、第4ラウンドでは右ストレートと左フックを的確に決め、優位に立つと、その後もエンダムを圧倒。  5月の世界初挑戦ではダウンを奪いながら1―2と不可解な判定で敗れた相手へのダイレクトリマッチに勝利した。  この試合のレフェリーはケニー...
  • あずきブログ@2chまとめあずきブログ管理人さんのプロフィール
双葉さん
  • WBA世界ミドル級ボクシング速報!村田諒太がエンダムに勝利!決定打は何ラウンド?
  • ストでラウンドを振り返ってみます。 ★第1ラウンド:はじめから村田諒太が優勢。エンダムは逃げ腰も。 ★第2ラウンド:右ストレートが繰り出され、エンダムの恐怖心をあおる。 ★第3ラウンド:右ストレート・左フック・アッパーなど常に村田諒太が優勢。笑顔もみせ、余裕の村田諒太の姿が印象的。 ★第4ラウンド:終始落ち着いた様子の村田諒太。エンダムはふらつきもみせる。 ★第5ラウンド:接近戦の中、エンダムのクリンチが...
  • 双葉のQOL向上.com双葉さんのプロフィール
海外の反応 ディミヌートさん
プクーさん
  • 村田・比嘉・拳四朗
  • いけるかもしれない。相手に恐怖を与えることが不可欠だ。回復力のあるエンダムがノーダウンで棄権とは意外であったが、倒れなくとも右とボディをしこたま食っていた。やっぱり村田にはジャブと右とボディしかなく、左フックが極端に少ない。明らかに苦手意識のあるパンチだろう。エンダムが倒れないのはあの右に慣れてしまうからだ。返しの鋭い左があればなぁといつも感じる。現時点で、本当の意味でのミドルの頂点は個人的には無理だとお...
  • ボクシング動画配信局プクーさんのプロフィール

左フックを含むトラコミュ

ノニト・ドネア nonito donaire
  • ノニト・ドネア nonito donaire
  • WBC・WBO世界バンタム・WBA世界スーパーフライ級暫定・IBF世界フライを制したPFPボクサードナイレ(2011年リングマガジン pound for pound 4位)マニー・パッキャオと同...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:格闘技ブログ

左フックを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

左フックについて