無人探査機

無人探査機についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [無人探査機] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

無人探査機を含むブログ記事

梟の子さん
  • 過去問チェックの状況
  • -07孫子の兵法【3年分の過去問】 もう一ヶ月以上も前になるが、二級建築士の…2017-10-26二級建築士の受験対策【建築技術教育普及センターのホームページ】 昨日、思わぬ人か…2017-06-25無人探査機?を購入【無人探査機?】 昨夜からの雨は今朝になってもすっきりしない…コメントを書くもっと読むヘルマン・エビングハウスの忘却曲線»プロフィールid:dark-eyes-owlet読者です...
  • 梟の子の日記梟の子さんのプロフィール
keiryukidさん
  • 文章読み上げ区切り位置の音声認識への影響を検証
  • 017年12月3日9時15分) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ボイジャー1号のエンジン、37年ぶり噴射成功米航空宇宙局(NASA)は1日、太陽の影響下にある「太陽圏」を離れて飛行中の無人探査機ボイジャー1号に搭載され、1980年以来使っていなかったエンジンを37年ぶりに噴射させることに成功したと発表した。 探査機の寿命を2〜3年延ばすことが可能になるという。 2014年から姿勢制御に使うエ...
  • 音声認識ソフトの実力評価と学習能力活用keiryukidさんのプロフィール
着々と侵略する中共と手先・NHKとマスコミ・日教組かさん
  • 「はやぶさ2」来夏にも小惑星リュウグウに到達
  • ぶさ2」来夏にも小惑星リュウグウに到達2017-12-15 08:54:37 |Weblog宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は14日、地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」を目指している無人探査機「はやぶさ2」が、来年の6月21日〜7月5日頃に到着の見込みと発表したはやぶさ2は2014年12月に打ち上げられた。現在は地球から約3億500万キロ・メートル、リュウグウまで約560万キロ・メートルの...
  • 着々と侵略する中共と手先・NHKとマスコミ・日教組か着々と侵略する中共と手先・NHKとマスコミ・日教組かさんのプロフィール
でんすけ@スマイルさん
  • 「はやぶさ2」来夏にも小惑星リュウグウに到達
  • .12.15「はやぶさ2」来夏にも小惑星リュウグウに到達テーマ:ニュース(72872)カテゴリ:scienceJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」を目指している無人探査機「はやぶさ2」が、来年の6月21日〜7月5日頃に到着の見込みと発表しました。はやぶさ2は2014年12月に打ち上げられました。現在は地球から約3億500万km、リュウグウまで約560万kmの位置を飛行...
  • 中小企業診断士が通信制高校教師へ(@埼玉)でんすけ@スマイルさんのプロフィール
ykkyyさん
  • 青春の詩碑
  • に内陸部、四川省の衛星発射センターから打ち上げられた無人の月探査機「嫦娥3号」(じょうが)は、月の上空およそ15キロの周回軌道から徐々に高度を下げ、日本時間の午後10時10分すぎ、月面に着陸しました。無人探査機による月面着陸に成功したのは、旧ソビエトとアメリカに続いて世界で3番目で、1976年に旧ソビエトが打ち上げた「ルナ24号」以来、37年ぶりです。着陸の模様は国営テレビを通じて中国全土に中継され、国の威...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
健康を科学する!さん
  • ボイジャー1号
  • 打ち上げた探査機「ボイジャー1号(Voyager 1)」の噴射エンジンを37年ぶりに動かすことに成功したと発表したそうです(AFPBB NEWS)。太陽系外惑星を探索するために40年前に打ち上げられた無人探査機ボイジャー1号は、人類史上、地球から最も遠くを飛行する人工物となっているそうです。一方で、地球との通信を続けるためにはアンテナの向きの微調整が必要となっていたそうです。NASAのジェット推進研究所(J...
  • 健康を科学する!健康を科学する!さんのプロフィール
理系ニュースさん
  • 無人探査機の調査で〉火星のしま「水ではない」 砂が模様形成とNASA
  • 火星表面には、暖かい時期にだけ現れ、寒くなると消える幅5メートルほどの細いしま模様があることが知られている。 NASAは氷が解けて水が流れてできていると推定していた。 続きはソースで 画像:無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターが撮影した火星のしま模様の写真(NASA提供)=共同 http://www.sankei.com/photo/images/news/171121/dly171121...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
イソヤ界 具さん
  • 12月11日(月)のつぶやき
  • B News (@afpbbcom)2017年12月11日 - 06:03宇宙に存在する生命体はわれわれだけなのだろうか──? この問いに対する答えを見つけるため、NASAの科学者らは40年前、双子の無人探査機「ボイジャー」を打ち上げた。2機は現在もなお… afpbb.com/articles/-/314… ― AFPBB News (@afpbbcom)2017年12月11日 - 09:03twitter...
  • イソヤ界 具イソヤ界 具さんのプロフィール
なみ たかしさん
watch_compassさん
  • [転載]陸幕長、英・仏陸軍参謀総長と会談 陸軍種間の防衛協力強化
  • 12月8日更新 空自浜松救難隊のUH60J救難ヘリが浜松沖に墜落し乗員4人が行方不明になっている事故で空自は11月29、12月4日、浜松沖の海底で乗員とみられる2人の遺体を発見、収容した。 カメラ付き無人探査機による捜索で29日、海底で1人を確認し、船に引き揚げ、ヘリで浜松基地へ搬送した。空自は遺体が機上整備員の吉田貴信2空曹であることを明らかにした。 さらに4日にもう1人を発見し収容。遺体は機長の花房明寛...
  • くにしおもほゆwatch_compassさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

無人探査機について