ステロイド剤

ステロイド剤についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ステロイド剤の副作用?足のあざ
  • [ステロイド剤] ブログ村キーワード痒みが治まるプルミー*お見苦しい画像が続きます間違ったステロイド剤の副作用で「あざ」みたいになってる。と書いた。【痒みが治まるプルミー 9月8日の記事】物心ついた頃から、足がいつも掻き傷で血がにじんでた状態。その時は多分市販の薬。20歳過ぎた頃、顔の痒みや、蕁麻疹、金属アレルギー、花粉など年中、からだのアチコチにアレルギー症状が出て、その度皮膚科受診。ステロイド剤の知・・・続きを読む
  • ネットで見つけた嬉しい情報 さきさんさきさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ステロイド剤を含むブログ記事

kanpuakufudokufuさん
  • 6か月検診
  • 上位成長曲線内頭囲はもう少し下座位立位チェックで成長早め 注射3本+シロップ(ロタ)インフル1回目(次1か月後2回目)検診は3か月後 9か月 ショックだったのは肘裏と首の赤みは完全に私からのアトピーでステロイド剤を勧められた事貰うけどできれば使いたくないよね...
  • 悪婦ノ子育テkanpuakufudokufuさんのプロフィール
godai ∞さん
  • 耐性菌による皮膚感染症の治療
  • 抗生物質入りのステロイド軟膏を長年、塗りたくったせいで、耐性菌が生じてしまった。ステロイドというのはもともと細菌のエサになるものである。そこで、抗生物質の入ってるステロイド剤が出回っている。もともと慢性皮膚疾患の患者は「バリア機能」の欠如した肌だったりする。その上、アレルギーだったり、いろんなストレスから免疫のバランスも崩れてしまっていることがある。そんなとき、普通の人よ...
  • Mr.ロンリーgodai ∞さんのプロフィール
ろくさん
  • 紅葉〜♪
  • S[NINJA_STYLE_MAILFORM]アフィリエイトPowered By 画RSS最新の記事紅葉〜♪電話にて、、、7×7=49日”■がん がんになりにくいカラダ作り! #慢性炎症#ステロイド剤#亜麻仁油#EPAとDHA”てんちゃん、10歳!六七日。五七日。月命日おもちゃ”■シニア 大腿二頭筋の筋トレ #BCAA#筋トレ#FITPAWS”一覧を見るテーマブログ ( 936 )ななの脳腫瘍 (...
  • なな・はち・くー・てんトイプードルの家族のお話ろくさんのプロフィール
バドミントンが拓くあなたの未来さん
  • 薬の大量処方
  • 更され、大変と言っています。管理組合は犬嫌いが理事長になると大変です。 医者に良く連れて行っていました。家の家族と立ち話する頃は、家も世話になった評判の良い獣医に行っていました。その獣医は自信家です。ステロイド剤を処方され食欲が戻り、元気になったと喜んでいました。でも、副作用かは分かりませんが、足の指にイボが発生するようになりました。数か月に一回はイボを除去する手術をしていました。治療費が大変だと言っていまし...
  • バドミントンが拓くあなたの未来バドミントンが拓くあなたの未来さんのプロフィール
ふるふるさん
  • また会おうね!
  • A?? 12年ぶりの…更新yuru-poteさんひとつぼし更新ms-meさんMs.Meの日常一覧を見る【2017年5月現在の投薬内容】ネオーラル(免疫抑制剤)ブレディニン錠(免疫抑制剤)プレドニン錠(ステロイド剤)プレドニゾロン錠(ステロイド剤)(ステロイド系は朝7mg、夕5mg)オフェブ(チロシンキナーゼ阻害剤, 抗線維化剤)タケキャブ錠(消化器用剤)テプレノン(胃炎潰瘍治療薬)バクタ錠(抗菌剤)アレンドロ...
  • ふるふるのブログ(特発性間質性肺炎に罹患して)ふるふるさんのプロフィール
はるさん
  • 帯状疱疹はステロイドの内服が必須?外用は禁忌?徹底解説!
  • 出るのではないかと思います。 また、 「気を付けていたのに誤って市販のステロイド外用薬を使ってしまった」 ということがないよう、ステロイド外用薬についての知識をつけましょう。 ステロイド外用薬についてステロイド剤には免疫抑制作用があります。 そのため、アレルギー反応により発症しているアトピー性皮膚炎などには高い効果が期待できます。 また、強い抗炎症作用もあり、炎症の強い湿疹に効果があります。 しかし、帯状疱疹...
  • 今日からはじめる、美容と健康のマメマメ通信はるさんのプロフィール
20代SEさん
  • ■day143 復帰早々再入院(・∀・;)
  • 態です( ˘ω˘ )さらに、”明日、他の医師も交えて再診します。たくさん医師が来るけど驚かないでね。”と言われ、全身の写真と皮膚生検を行い病室へ戻りました。その日の夜、血液内科の一番偉い先生が来られ、ステロイド剤の点滴投与が決まりました。今日になり(11月16日)、ステロイド剤の点滴がとても良く効いたようで、身体の痒みもかなり引き、皮膚の状態が良くなりました。昼過ぎに大勢の皮膚科の先生の前で裸になったけど、先...
  • 急性骨髄性白血病はじめました。(27歳で発病)20代SEさんのプロフィール
hemitotsyさん
  • 骨粗鬆症 Osteoporosis の予防
  • と65歳以上の高齢者にみられる老人性骨粗鬆症があり、これらで全体の約90%を占めています。一方、続発性骨粗鬆症の原因としては、内分泌疾患、代謝性疾患、炎症性疾患、先天性疾患、薬物性などがあり、副腎皮質ステロイド剤の投与も原因となります。3.骨密度低下の原因 骨には、古くなって老化した骨を分解して排除する「破骨細胞」と、血液中からカルシウムなどの栄養素を取り出して新しく骨を生成する「骨芽細胞」とで形成されており...
  • アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアルhemitotsyさんのプロフィール
ミツバチさん
  • 白血病はガンではなかった
  • 155−2760年中無休で診療しています。今日も明るくお元気で!ミツバチ自然療法病気を治すのは、この自然界に必ず存在しています安易に薬に頼ると、一生涯治らない病気になる可能性が高いです。リュウマチも、ステロイド剤などの薬を服用すると、一生治らない病気となってしまいます。薬も長期に服用すれば、当然副作用も伴い別の病気を誘発してしまいます。ホームページhttp://www009.upp.so-net.ne.jp/...
  • 腱鞘炎からリュウマチ、難病にミツバチ蜂針療法ミツバチさんのプロフィール
八代まきさん
  • 制吐剤              リンパ腫 再燃946日
  • は嘔吐は制御できるが、悪心は客観的評価が難しいと書かれていました。最近の制吐剤の進歩によりデータとしては嘔吐を制御できるとしている。セロトニン受容体(5-HT3)拮抗剤のカイトリル(グラニセトロン)やステロイド剤のデカドロン(デキサメタゾン)は有名ですが、09年に承認されたNK1阻害剤のイメンド(アプレピタント)、10年に承認された効き目の長いセロトニン拮抗剤のアロキシ(パロノセトロン)により、これらを組み合...
  • がんばりません!八代まきさんのプロフィール

ステロイド剤を含むブログ村メンバー

  •  
datusutedatuhosituさん
川井筋系帯療法治療センターさん
ひらりんさん
  • まさかの糖尿病ひらりんさんのプロフィール
  • 大人喘息を発症、ステロイド剤で現在も治療中。副作用で2015年まさかの糖尿病になってしまいました。
高良美佐代さん
  • 高良美佐代のブログ高良美佐代さんのプロフィール
  • 19歳でSLEを発症。多量のステロイド剤投与の為、視覚と身体に重度の障がいをもつ
Yoshikoさん
  • Love-MacrobioticYoshikoさんのプロフィール
  • 〜Yoshikoのマクロビオティック料理生活〜アトピーからの脱出の経緯を綴ります。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ステロイド剤について