芥川龍之介

芥川龍之介についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 芥川龍之介の小説は法医学的にみても矛盾のない精緻さだ
  • '16年2月23(火) [芥川龍之介] ブログ村キーワード京都・山科の山林で、旅の途中の若夫婦が盗賊に襲われる。現場には、夫の死体だけが残されていた。一体、誰が殺したのか。盗賊と妻、そして夫の死霊も、巫女の口を通して語っている。▼ただ、内容は全部違っていた。芥川龍之介の『藪の中』は、犯人が明かされないまま終わる。大正11年の作品発表以来、多くの作家が真相をめぐって、論争を続けてきた。▼相模原市内の墓地で昨年6・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

芥川龍之介を含むブログ記事

散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
  • よく言われる「職場のストレス解消法」を懐疑的に評価してみる。
  • ンキングにほんブログ村コメントTweet«北条早雲の血脈 |トップ |このブログの人気記事山縣有朋と帝国主義の時代三男坊が継ぐ朝鮮北条早雲の血脈偏向右翼教師の哀愁「ブラックペアン」の感想文芥川龍之介と柳生石舟斎史実である必要はないが、リアリティは必要教育勅語、軍人勅諭と山縣有朋徳川秀忠は恐妻家じゃなかったんじゃないか。史上最高の「徳川家康」 誰が一番よかったか。コメントを投稿ブログ作成者から承認...
  • 散文的で抒情的な、わたくしの意見散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール
sayotsukiさん
  • 最近のお気に入り
  • いて去年の12月頃アマゾンでFire HD 8 タブレットなるものを購入欲しいと思った本がすぐに読めるので気に入っている著作者死後50年たつと著作権の保護期間がおわるのでキンドルの無料本には夏目漱石や芥川龍之介や太宰治などながく読み継がれてきた本も無料で手に入れることができるそのほかのキンドル無料本はコミックがほとんどみたいついつい0円購入していると間違えて有料本も購入プチッとしてしまうキャンセルできるよう...
  • 小夜月sayotsukiさんのプロフィール
お絵かきと漢字とさん
  • 「身体の文学史」養老孟司
  • で、一番、難解に感じた作品でした。眉根にシワを寄せて難しい顔して読んでみたけど、そんなことで理解できるわけはもちろんなかった。何が分からないのかも分からないという・・・もう、お手上げです。ばんざーい。芥川龍之介のところまでは、何とか読みましたよ。取り上げられていた芥川さんの作品はほとんど読んだものでしたが、ただ、私が好きな作品は「舞踏会」や「秋」なんですねー。それも切なくて良い!という理由で。この二作品は、...
  • お絵かきと漢字とお絵かきと漢字とさんのプロフィール
宮澤さん
  • 芥川龍之介『羅生門』読書会のもよう(2018 5 25)
  • 2018.5.25に行った芥川龍之介『羅生門』読書会のもようです。メルマガ読者さんの感想文はこちら朗読はこちら解説はこちら私も書きました。「下人に欠けていた勇気」『羅生門』は、洛中(権威にささえられた社会秩序)と、洛外=猿山みたいな自然...
  • 信州読書会宮澤さんのプロフィール
宮澤さん
  • 芥川龍之介『羅生門』読書会のもよう(2018 5 25)
  • 2018.5.25に行った芥川龍之介『羅生門』読書会のもようです。 メルマガ読者さんの感想文はこちら 朗読はこちら 解説はこちら 私も書きました。 「下人に欠けていた勇気」 『羅生門』は、洛中(権威にささえられた社会秩序)と、...
  • 信州読書会宮澤さんのプロフィール
べにおさん
  • 「山月記」に思う。
  • 作中で哀しく咆哮する舞台だ。詩(芸術)という魔物に魅せられて、妻子を置き去りにし、はてには虎になってしまった李徴。絵という魔物に魅せられて、最愛の娘が焼ける様を恍惚の表情で観察し、屏風絵に描いた良秀(芥川龍之介「地獄変」)にも通じるものがある気がする。してみると、スケートという魔物に魅せられて、何度も身体を壊し痛み止めを注射しながらリンクに立つ選手もまた、「虎」なのではないか…? なんて、思ったりして。人間...
  • 想ひいろいろべにおさんのプロフィール
パライバさん
  • 吉増剛造との遭遇
  • 巾を広げる 吉増氏の作品は、 写真、 映像、 造形、 そして 展覧会の根幹をなす 手書きの原稿です。 驚きは 吉増氏が 影響を受けてきた 様々な著名人の原稿や作品の実物も 展覧会を構成していました。 芥川龍之介、 石川啄木、 浦上玉堂、 川端康成、 高村光太郎、 松尾芭蕉、 南方熊楠 、、     あげれば キリがなく、沖縄では初公開の作品資料も多くあります。   原稿の校正、 下書きの跡、 書簡、 日記、...
  • 沖縄〜 パライバブルーな季節風パライバさんのプロフィール
QBさん
  • QB作詞「赤いリボン―フルートソナタ―」
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━https://qb2525.com/?p=17300━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆トロツコ(芥川龍之介先生)です☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━https://qb2525.com/?p=7194━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...
  • ニコ生の詩人がノーベル文学賞を受賞します!!QBさんのプロフィール
散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
  • 北条早雲の血脈
  • 援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«偏向右翼教師の哀愁 |トップ |このブログの人気記事「ブラックペアン」の感想文史実である必要はないが、リアリティは必要芥川龍之介と柳生石舟斎西郷隆盛と「明治維新の輸出」ヴォラプチュアスな表情に富んでいる女優さんは誰か。関ヶ原の復習 三中老とは何か明治維新最大の功労者三男坊が継ぐ朝鮮TVドラマ「シグナル」の感想文行かないで 玉置...
  • 散文的で抒情的な、わたくしの意見散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール
散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
  • 偏向右翼教師の哀愁
  • いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«山縣有朋と帝国主義の時代 |トップ |このブログの人気記事「ブラックペアン」の感想文史実である必要はないが、リアリティは必要芥川龍之介と柳生石舟斎西郷隆盛と「明治維新の輸出」ヴォラプチュアスな表情に富んでいる女優さんは誰か。関ヶ原の復習 三中老とは何か明治維新最大の功労者三男坊が継ぐ朝鮮TVドラマ「シグナル」の感想文行かないで 玉置...
  • 散文的で抒情的な、わたくしの意見散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール

芥川龍之介を含むトラコミュ

青い文学
  • 青い文学
  • 夏目漱石「こころ」&太宰治「人間失格」をデスノートの小畑健キャラデザ。芥川龍之介「地獄変」をBLEACHの久保帯人デザイン。太宰治「走れメロス」をテニスの王子様の許斐...
  • トラックバック数:108 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:アニメブログ
芥川賞・直木賞・本屋大賞
  • 芥川賞・直木賞・本屋大賞
  • 芥川龍之介賞・直木三十五賞・本屋大賞受賞作家、候補作品小説の読書感想・書評・レビューお待ちしています。
  • トラックバック数:135 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:本ブログ
カッパ(河童)
  • カッパ(河童)
  • カッパ、かっぱ、河童に関することなら何でもOKでーすっ♪イラスト 画像 ミイラ おんなの河童 女の河童 河童の川流れ ラーメン 河童のクゥと夏休み 映画 花河童 河童寿司...
  • トラックバック数:29 TB参加メンバー数:16人カテゴリー:その他ペットブログ
芥川賞受賞歴代作品レビュー
  • 芥川賞受賞歴代作品レビュー
  • 芥川龍之介賞の読書感想、書評、レビューを語ろう!受賞作家、候補作家の一般文芸小説・ライトノベル作品ドラマ化映画化マンガ化アニメ化舞台化などの映像化その他、関する...
  • トラックバック数:29 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:哲学・思想ブログ

芥川龍之介を含むブログ村メンバー

  •  
喜多床五代目さん
ぱんさん
クロヤさん
etsuさん
  • 夏目漱石の手紙etsuさんのプロフィール
  • 夏目漱石の手紙の魅力を、現代語訳をまじえて、できるだけわかりやすくていねいにご紹介します。
yumiさん
  • 坪井祐実の〜声の空間〜yumiさんのプロフィール
  • 朗読の空間です。様々な本と出会い、読んでいきたいと思っています。

芥川龍之介を含むアンケート&掲示板

  •  
  • あなたは”憑依”を知っていますか?レス: 0/32(98件)メンタルヘルスブログ
  • 様達が送ってくる強い亡霊的インシピレーション、さらに、キリスト様、チューラパンタカ様(釈迦の弟子)、芥川龍之介様達の亡霊も、インスピレーションという形で私に取り付いているからだと思います。霊や憑依は、こ...
  • どうして民主党を支持できるの?レス: 0/1000(1872件)政治ブログ
  • が目についてしまうからです。(ゲーテ)●阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じてゐる。 芥川龍之介 「河童」 2ちゃんねるのニュー速+に行かれるときは、IEなどの一般的ブラウザではなく、2ち...

にほんブログ村

>

キーワード

>

芥川龍之介について