躑躅ヶ崎館

躑躅ヶ崎館についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 武田信玄公ノ命様の神霊が鎮座される場所(武田神社その2)
  • [躑躅ヶ崎館] ブログ村キーワード武田神社拝殿です。'''堂々と立派'''で、信玄公がこちらで政務を行っていらっしゃった'''館'''もこのようであったと推察されますね♪自分はいつもこの拝殿の前に来ると、 心臓がどきどき足はがくがくで まさに信玄公様がそこにいらっしゃる かのような興奮があります。 神職の方々が日々のお祀りをきちんとされていらっしゃるの・・・続きを読む
  • 山太郎の気ままな旅 山太郎さん山太郎さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

躑躅ヶ崎館を含むブログ記事

さみーさん
  • 城プロ 武蔵と相模
  • ね。ということで、早速回収。新顔さんは3名。松江城。これで現存十二天守は、あと二城になりました。松輪ちゃんにしか見えない。犬山城。夏バージョンじゃない方が来てくれました。いつか、併せて使いたいですね。躑躅ヶ崎館。槌が充実して来ました。ただ最近のうちの近接は、盾>槍>刀>槌みたいになってるので、出番があるかどうか・・・あと6チケが残ってるので、誰にしましょうかね。未だ未着任の杖にするか、マルボルクにするか悩み...
  • 空母スキーの艦これ雑記さみーさんのプロフィール
タマシイ ユレオさん
  • 「レイリ」の感想。 岩明均と室井大資による武田家の最後を描く漫画のご紹介
  • は尾張織田氏・甲斐武田氏の両属関係にあり龍勝院は信長の養女として永禄8年(1565年)に武田家へ嫁ぎ、永禄10年(1567年)に信勝出産の際に死去したという。元亀2年(1571年)に勝頼と信勝は甲府の躑躅ヶ崎館へ移っている。元亀4年(1573年)4月12日には信玄が死去し、『甲陽軍鑑』によれば信玄は遺言として自身の死の三年秘匿と信勝成人まで勝頼が陣代(後見)を務めることを命じたという。勝頼期には武田氏は天正...
  • 魂を揺さぶるヨ!タマシイ ユレオさんのプロフィール
横手聡さん
  • 城の再発見!「京の城」の伝統的な天守の位置 →聚楽第の「北西隅」はむしろ新機軸の異端か
  • 、隠然たるコントラストを見せていました。一方、東国の金箔瓦の城を見ても、半数以上(黄緑色の四角付き)が「聚楽第式」では「聚楽第式」の方を少し見比べてみますと、ご覧の図は、甲府の金箔シャチ瓦を加藤光康の躑躅ヶ崎館のものと仮定させていただき、さらに二俣城の天守台(本丸の西隅)もこれらに含めた場合ではありますが、半数以上が聚楽第にならったことになります。で、これらの中でいちばん興味深いケースと言えば、仙石秀久の「...
  • 天守が建てられた本当の理由横手聡さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

躑躅ヶ崎館について