躑躅ヶ崎館

躑躅ヶ崎館についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 武田信玄公ノ命様の神霊が鎮座される場所(武田神社その2)
  • [躑躅ヶ崎館] ブログ村キーワード武田神社拝殿です。'''堂々と立派'''で、信玄公がこちらで政務を行っていらっしゃった'''館'''もこのようであったと推察されますね♪自分はいつもこの拝殿の前に来ると、 心臓がどきどき足はがくがくで まさに信玄公様がそこにいらっしゃる かのような興奮があります。 神職の方々が日々のお祀りをきちんとされていらっしゃるの・・・続きを読む
  • 山太郎の気ままな旅 山太郎さん山太郎さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

躑躅ヶ崎館を含むブログ記事

Tribute to G.J.Lさん
  • ~御旗盾無もご照覧あれ~ 甲斐武田氏発祥の地
  • 聖な儀式のシーンが、何度も登場します。 新羅三郎義光公(清和源氏の棟梁であった八幡太郎義家公の弟)から伝わったとされる日章旗と盾無の鎧(※鎧は現在、国宝指定)は、重要な戦に際して武田氏の甲府居館である躑躅ヶ崎館主殿に持ち出され、当主以下居並ぶ家臣たちが御旗盾無に向かって拝礼し、「御旗楯無も御照覧あれ」と誓い出陣したと伝えられています。 ※盾無の鎧が奉納されている、山梨県甲州市菅田天神社。 ※大河ドラマ「武田...
  • Tribute to G.J.LTribute to G.J.Lさんのプロフィール
joshさん
  • まつえ若武者隊との出合いがしらに…ということ
  • 、「ほうほう」と思うこともありましたけれど、せっかくですからちと振り返っておくといたします。今の時代に「お城」と聞いて思い浮かべるのは松本城だったり、姫路城だったりしますけれど、例えば武田信玄の本拠は躑躅ヶ崎館でそれこそ松本城や姫路城とは趣の異なる佇まいであるもこうした砦(というには大掛かりですが)なども含めて城といった場合に、戦国前夜の室町時代には全国に三万から四万の城があったのだそうな。やがて戦国末期に...
  • 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
dougenさん
  • 武田氏館(常陸国・茨城県ひたちなか市武田)
  • なし城地種類館天守なし築城年代平安時代末期築城者武田義清廃城年代大治5年(1130年)主な城主武田義清、武田清光遺構なし現状(案内等)武田氏館(館(模擬復元)、解説板、石碑)関連wiki武田氏関連記事躑躅ヶ崎館攻城団 写真写真1:武田氏館(模擬復元)/写真2:武田氏館(模擬復元)/写真3:馬屋(模擬復元)サークルで関連記事を探してみよう!旅行この記事に>趣味とスポーツ>レジャー>旅行コメント(0)コメント投...
  • 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
歴史風味さん
  • 武田神社はただの観光スポットではない!躑躅ヶ崎館は山梨の心臓という話
  • じです。写真からもわかりずらいですが、ゆるやかに下っているのがわかります。写真がずれてる・・・・気になる・・・笑 今度からはゆっくり撮ります。すいません。武田神社から甲府駅方面を望む 武田神社はずばり躑躅ヶ崎館であるさて、武田神社の位置はまず甲府という極めて重要かつ中枢な位置にあること、また高台にあることが分かりましたよね?これってとある特徴の1つなんです。何かというと「戦国大名が居城を構える場所」です。大...
  • 歴史風味歴史風味さんのプロフィール

躑躅ヶ崎館を含むトラコミュ

甲府
  • 甲府
  • 甲府という名称は、武田信虎が居館を躑躅ヶ崎館(現在の武田神社)へ移した際に、甲斐国の府中という意味から甲府と命名したことに始まる。戦国時代には武田氏の本拠地とな...
  • トラックバック数:42 TB参加メンバー数:16人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ
武田神社
  • 武田神社
  • 武田神社は山梨県甲府市古府中町にある神社。武田信玄公を祭神とする。躑躅ヶ崎館の跡地に建てられている。旧社格は県社。明治維新後、歴史上の忠臣に追贈を行うことが行わ...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

躑躅ヶ崎館について